ボクシングの試合:2018.10〜12

2018年11月15日

アメリカのモデルボクサーのプロ3戦目 アヴリル・マシー VS サマンサ・サラザール 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月6日(土)アメリカ フロリダ州
NIGHT OF CHAMPIONS

アメリカ大陸女子バンタム級王座決定戦 6回戦
アヴリル・マシー Avril Mathie(アメリカ)青コーナー
VS
サマンサ・サラザール Samantha Salazar(アメリカ)赤コーナー


 モデル兼プロボクサーのアヴリル・マシー選手が、プロボクシングデビュー3戦目でタイトルマッチに出場しました。続きを読む

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

イベス・サモラ・シルバ VS チャオズ箕輪 WBCフライ級タイトルマッチ 予定 ボクシング女子

 Boxing

ROCA_MINOWA2018年11月17日(土)メキシコ プエブラ州

WBCフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 イベス・サモラ・シルバ Ibeth Zamora Silva(メキシコ)
VS
挑戦者 チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)

 チャオズ箕輪選手がメキシコに行ってイベス・サモラ・シルバ選手のWBCフライ級王座に挑戦します(日本時間11月18日)。続きを読む

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(1)

好カード 塙英理加 VS ジュジース・ナガオワ OPBF女子ミニマム級王座決定戦 予定 DANGAN218 ボクシング女子

 Boxing

2018年11月28日(水)東京 後楽園ホール
DANGAN218 第5回日中親善試合

1128

OPBF女子ミニマム級王座決定戦 8回戦
塙英理加 はなわえりか(UNITED)写真向かって右
VS
ジュジース・ナガオワ Jujeath Nagaowa(フィリピン)写真向かって左

 花形冴美選手(IBFアトム級 チャンピオン)が返上して空位になっていたOPBF女子ミニマム(ミニフライ)級の王座決定戦がおこなわれます。続きを読む

queensofthering at 09:00|PermalinkComments(0)

WBA暫定王座決定戦 宮尾綾香 VS 池山直、日本女子王座 鈴木菜々江 VS 青木沙耶香、モンブランみき、下岡由美子、緑川愛、小泉礼奈、藤原茜、島野りーみん 他 予定 ボクシング女子

 Boxing

202018年11月20日(火)東京 後楽園ホール
VICTORIVA Vol.3

WBAアトム級暫定王座決定戦 10回戦
宮尾綾香 みやおあやか(元WBAアトム級王者/ワタナベ)
VS
池山直 いけやまなお(元WBOアトム級王者/フュチュール)

 WBA同級正規王者のモンセラット・アラルコン選手(メキシコ)が負傷により防衛戦を出来ないために今回は暫定王座が作られることになったそうです。その王座をめぐって宮尾選手と池山選手が対戦します。

 そうです、2016年12月以来のリマッチです。前回の試合は池山選手のTKO勝利でしたが、宮尾選手の足の故障による試合続行不可能という残念な結末だっただけに、その再戦はどちらの選手のファンにとっても朗報でしょう。

 池山選手は岩川美花選手にタイトル防衛戦で敗れたあと引退を表明していますが、思い直しての再起となったもの。彼女にとっては2度めのカムバックですが、気持ちが続くならカムバックは何度でも大歓迎です。続きを読む

queensofthering at 06:15|PermalinkComments(0)

2018年11月09日

A級ライセンス無し 女子3人 東洋タイトル戦 予定 江畑佳代子(A) VS 多田悦子(A) 世界戦、藤原芽子(A) VS 三好喜美佳(A) 東洋戦、タイ人 VS 佐伯霞(B) 東洋戦、松田恵里(B) VS 慶美奈代(B) 東洋戦

 Boxing

real_spirits2018年12月1日(土)大阪 エディオンアリーナ
REAL SPRITS 60

WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
VS
挑戦者 多田悦子 ただえつこ(真正)

OPBF東洋太平洋女子フェザー級タイトルマッチ 8回戦
王者 藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
VS
挑戦者 三好喜美佳 みよしきみか(OPBF同級前王者/川崎新田)

 12月1日に大阪で女子だけの大会があります。

 メインの江畑選手と多田選手は面白そうですね。世界王者の江畑選手に元世界2団体王者の多田選手が挑む試合です。

 藤原選手と三好選手も激戦必至です。藤原選手は三好選手に勝って王者になったばかりで、誰が見ても藤原選手が勝っていた文句無しの内容でしたので、ダイレクトリマッチは気の毒な気がします。しかし、まあ、この階級にアジア圏ではほかに選手がいない、と言われればそれまでなので仕方ないかもしれません。続きを読む

queensofthering at 08:20|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

インドの女子ボクシング4回戦 チャンドゥニ・メーラ VS マヒ 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月20日(土)インド ファリーダーバード

スーパーライト級 4回戦
チャンドゥニ・メーラ(インド)赤コーナー
VS
マヒ(インド)青コーナー


 インドはプロボクシングが始まってまだ2年ぐらいの国ですが、アマボクシングは盛んなのでボクシング人口は多いようです。というわけで、この両選手はどちらも17才の若い選手。青のマヒ選手は今回がプロデビュー戦で、赤のチャンドゥニ・メーラ選手は2戦目です。続きを読む

queensofthering at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

ノエミ・ボスケス VS クリスタル・ホイ アメリカ大陸女子スーパーフライ級王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月6日(土)アメリカ フロリダ州

ABF女子スーパーフライ級アメリカ大陸王座決定戦 6回戦
ノエミ・ボスケス(アメリカ)青コーナー
VS
クリスタル・ホイ(アメリカ)赤コーナー


 こちらの動画は10月におこなわれたアメリカ大陸王座決定戦です。両選手ともにアメリカ人ではありますが、青のボスケス選手が地元フロリダ州の選手、赤のホイ選手がネバダ州、ということでホイ選手にとってはアウェイでの試合です。

 35才のボスケス選手は元WIBAインターナショナル王者ですが、38才のホイ選手はタイトルマッチでは勝利したことがなく、勝てば今回が初めてのベルト。続きを読む

queensofthering at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年11月04日

小澤瑶生 VS アイサー・アリコ 予定 TO THE FUTURE vol.24〜未来へ〜 ボクシング女子

  Boxing

TO THE FUTURE242018年11月25日(日)京都 KBSホール
TO THE FUTURE vol.23〜未来へ〜

フライ級 8回戦
小澤瑶生 おざわたまお(元OPBF女子スーパーフライ級王者/フュチュール)
VS
アイサー・アリコ(フィリピン)

 小澤瑶生選手の対戦相手はフィリピンのアイサー・アリコ選手に決定しました。

小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)19戦14勝(うちタイ人5)5敗5KO(うちタイ人2)
アイサー・アリコ(フィリピン)16戦7勝9敗5KO

*日時 2018年11月25日(日)開始16時30分
*場所 京都 KBSホール
*料金 特別リングサイド 15,000円/リングサイド 10,000円/指定席 6,000円/立ち見 4,000円
*問合せ フュチュールチケット販売係 075-254-1907
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年11月01日

日向野知恵 VS 成田佑美 日本女子ミニマム級王座決定戦 結果 Dangan10月31日 ボクシング女子

 Boxing

10月31日DANGAN2018年10月31日(水)東京 後楽園ホール
Dangan

日本女子ミニマム級王座決定戦 6回戦
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根元)
1−1 ドロー
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)
ドロー
(58−57、56−58、57−57)

 BOXING RAISEさんの有料動画での観戦となりましたが、熱戦でした。

 赤の日向野選手がしっかりと筋肉を鍛え上げたパワーパンチ派なのに対して、青の成田選手は反射神経の良さがうかがえる機動戦タイプ。韓国遠征の際に『ブルドーザー』と言われた日向野選手はこの日もガンガン攻め上がりますが、成田選手は軽快なフットワークで逃げつつ、いいタイミングで打ってきます。

 しかし、成田選手のパンチはきちんと引き手を取らず、いまある拳の位置からそのまま打つので軽い感じは否めません。対する日向野選手は右も左も体の動きと連動するので当たれば倒れるパンチ。実際、左を受けた成田選手は後方に倒れて尻もちをつきますがこれはスリップ扱いに・・。

 後半、成田選手はクリンチに逃げる場面もありましたが、終盤は持ち直して打ち合いながら試合終了。僅差で日向野選手かと思いましたが、ジャッジは3者3様のドロー。日本女子ミニマム級王座は空位のままとなりました。

日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根本)15戦7勝(うちタイ人1)7敗2KO(うちタイ人1)1分
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)8戦3勝(うちタイ人0)2敗3分1KO(うちタイ人0)

関連記事 激闘!世界タイトルマッチ動画 イ・ウネ VS 日向野知恵 WIBAフライ級タイトルマッチ ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(2)

2018年10月29日

スマイル渚 VS 伊藤悠子 結果 関門ドラマティックファイトVol.13 ボクシング女子

 Boxing

関門ファイト2018年10月28日(日)山口 海峡メッセ下関イベントホール
関門ドラマティックファイトVol.13

48kg契約体重 4回戦
スマイル渚 すまいるなぎさ(関門JAPANジム)
判定 3−0
×伊藤悠子 いとうゆうこ(RK蒲田)
スマイル渚選手の判定勝利
(39−38、39−37、39−37)

スマイル渚 すまいるなぎさ(関門JAPANジム)3戦2勝(うちタイ人0)1敗
伊藤悠子 いとうゆうこ(RK蒲田ボクシングファミリー)2戦1勝(うちタイ人0)1敗

関連記事 スマイル渚 VS 鈴木月歩 ダイジェスト動画 関門ドラマティックファイトVol.12 ボクシング女子

関連記事 前進戦法 対 冷静なサウスポー 伊藤悠子 VS 盒粁臚燹DANGANオール4回戦 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ images55

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(0)

注目のリマッチで憎悪は解消? ヘザー・ハーディー VS シェリー・ヴィンセント II WBO女子フェザー級世界王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年 10月27日(土) アメリカ ニューヨーク

WBO女子フェザー級世界王座決定戦 10回戦
ヘザー・ハーディー(アメリカ)赤
VS
シェリー・ヴィンセント(アメリカ)青


 2年前にこのふたりは両者ともにプロ全勝のキャリアで、WBC女子フェザー級インターナショナル王座決定戦で対戦し、2−0でハーディー選手が勝利し、この対戦は2016年の女子最高試合として話題になりました。続きを読む

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(2)

2018年10月26日

WBA暫定王座決定戦 宮尾綾香 VS 池山直、日本女子王座 鈴木菜々江 VS 青木沙耶香、モンブランみき、下岡由美子、緑川愛、小泉礼奈、藤原茜、島野りーみん 他 予定 ボクシング女子

 Boxing

2018年11月20日(火)東京 後楽園ホール
VICTORIVA

宮尾絢香vs池山直

WBAアトム級暫定王座決定戦 10回戦
宮尾綾香 みやおあやか(元WBAアトム級王者/ワタナベ)
VS
池山直 いけやまなお(元WBOアトム級王者/フュチュール)

 WBA同級正規王者のモンセラット・アラルコン選手(メキシコ)が負傷により防衛戦を出来ないために今回は暫定王座が作られることになったそうです。その王座をめぐって宮尾選手と池山選手が対戦します。

 そうです、2016年12月以来のリマッチです。前回の試合は池山選手のTKO勝利でしたが、宮尾選手の足の故障による試合続行不可能という残念な結末だっただけに、その再戦はどちらの選手のファンにとっても朗報でしょう。

 池山選手は岩川美花選手にタイトル防衛戦で敗れたあと引退を表明していますが、思い直しての再起となったもの。彼女にとっては2度めのカムバックですが、気持ちが続くならカムバックは何度でも大歓迎です。続きを読む

queensofthering at 18:45|PermalinkComments(2)

2018年10月25日

本木愛梨 VS 水元ひなた 結果 フェザー級4回戦 GENKOTSU 2 ボクシング女子

 Boxing

GENKOTSU2018年10月22日(月)東京 後楽園ホール
GENKOTSU 2 秋の陣!やるっきゃねぇだろ!!

第2試合 フェザー級 4回戦
本木愛梨 もときあいり(T&T)
KO 第3ラウンド 0分46秒
×水元ひなた みずもとひなた(ARITOMI)
本木愛梨選手のKO勝利

本木愛梨 もときあいり(T&T)1戦1勝(うちタイ人0)1KO(うちタイ人0)
水元ひなた みずもとひなた(ARITOMI)2戦2敗

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 15:15|PermalinkComments(0)

2018年10月24日

どうしてこうなった? 女子ボクシング元強豪の現在 ヨアンナ・パストラーナ VS サムソン・ソー・シリポーン IBFミニマム級タイトルマッチ ダイジェスト動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月5日(金)スペイン アルコベンダス

IBF女子ミニマム級世界タイトルマッチ 10回戦
王者 ヨアンナ・パストラーナ(スペイン)
VS
挑戦者 サムソン・ソー・シリポーン[トー・ブアマー](タイ/元WIBAミニマム級王者)


 10月5日にスペインで王者ヨアンナ・パストラーナ選手に挑んだのはタイのサムソン・ソー・シリポーン選手。10年以上女子ボクシングを見ている人には懐かしい名前でしょう。続きを読む

queensofthering at 18:00|PermalinkComments(3)

ケイティー・テイラー VS シンディー・セラノ WBA/IBF女子ライト級世界タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 そして、アマンダ・セラノ近況 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月20日(土)アメリカ ボストン

WBAおよびIBF女子ライト級世界タイトルマッチ 10回戦
王者 ケイティー・テイラー(アイルランド)
VS
挑戦者 シンディー・セラノ(前WBO女子フェザー級王者/アメリカ/プエルトリコ)


 ケイティー・テイラー選手が自身の持つWBA女子ライト級とIBF女子ライト級の2本のベルトの防衛戦をおこないました。WBAが4度め、IBFが2度めの防衛戦となります。

 相手は2階級下のWBO女子フェザー級を1度防衛(防衛後返上)しているシンディー・セラノ選手。直近の階級が2階級下とはいえシンディー・セラノ選手はもともとはライト級でも戦っており、体格的にはテイラー選手と互角以上。続きを読む

queensofthering at 12:00|PermalinkComments(0)