キック・ムエタイ・SBの試合:2017.7〜9

2017年10月29日

レン・カイリン VS モニカ・ブレネース 結果&動画 武林風 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年8月5日(土) 中国 河南省
武林風

?kg契約 3分3R
レン・カイリン(中国)
VS
モニカ・ブレネース(コスタリカ)


 武林風の大会では多くの試合が組まれますが、そのすべてが放送されるわけではなく、お蔵入りになってしまう試合もあります。

 少し前にご紹介したファン・リー VS ダウシートゥラン・ブアゲーオ戦でブアゲーオ選手のセコンドに入っていたモニカ・ブレネース選手は、実はその日、自分も同じリングで試合をしていたのでした。

 そしてそのわずか2週間あとにブレネース選手はミャンマーでラウェイをやっているんですね。すごい働き者です。

 武林風での試合はいまのところ中国では放送されていないらしく、公式動画もありませんが、ブレネース選手の所属するタイガームエタイジムさんが記録映像をアップしてくれています。御覧ください。

 ブレネース選手が少しも休まず動き回ってビシッとしまった試合になっています。いい試合なのに放送されなかったのはレン・カイリン選手の黒星だから?

 この、今年は連戦が目立つモニカ・ブレネース選手と、次々に海外オファーが舞い込むUNION朱里選手が香港で激突するのが、12月におこなわれるムエタイのタイトルマッチ。

 両者ともいい時に当たるので香港の試合も期待できそうです。

?kg契約 3分3R
×レン・カイリン(中国)
判定
○モニカ・ブレネース(コスタリカ)
モニカ・ブレネース選手の判定勝利

5th August 2017, China
3x3mins WLF rules
Kai-Ling Ren (China) vs. Monica Brenes (Costa Rica)
Winner Monica Brenes by decision

関連記事 UNION朱里 香港遠征 予定 UNION朱里 VS モニカ・ブレネース WMCIー1 53kg級最高王座決定戦

関連記事 これで減点?! ファン・リー VS ダウシートゥラン・ブアゲーオ 結果&動画 武林風 キックボクシング女子

関連記事 グローブ無しの立ち技格闘技 ミャンマー・ラウェイ ブロニカ VS モニカ・ブレネース 女子ミャンマーラウェイ タイトルマッチ ラウェイ女子

関連記事 モニカ ・ブレネースVS ノーンノック 結果 Queen's Birthday Celebration ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

チャン・イェ VS ケイティー・クイック 中国ニュージーランド対抗戦 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年8月19日(土)ニュージーランド オークランド

60kg契約 3分3R
チャン・イェ(中国)
VS
ケイティー・クイック(ニュージーランド)


wlf_nz 2011年から毎年おこなわれている武林風のニュージーランド遠征(中国での放送は10月28日でしたが、実際におこなわれたのは8月19日)。今年の女子マッチはチャン・イェ選手とケイティー・クイック選手の対戦でした。

 チャン・イェ選手はまったく見た目を気にしない「勝てばいいんでしょ」ふうの22才。散打王者だということですが、逆に言えば、きっと散打しか知らないでしょう。このアマっぽい雰囲気でそれが伝わります。

 一方のケイティー・クイック選手はジムのインストラクターをしながらキックとムエタイの試合に出続けている31才。

 初回はチャン・イェ選手が大きな気合いとともに勢いあるパンチとキックで攻め込みます。クイック選手は攻められながらも、深手を負わないように気をつけて相手の攻撃を見ている感じ。

 第2ラウンドに入るとチャン・イェ選手の弱点を見抜いたケイティー・クイック選手が上下に攻撃を散らしながらジワジワと反撃開始。しばらくするとローが効いてきたのか次第に気合いの声が小さくなるチャン・イェ選手。プロのリングでこんなにハッキリ弱みをさらしちゃダメですね(苦笑)。

 第3ラウンド、もう相手の攻撃を怖がっているのがバレバレのチャン・イェ選手。そこをケイティー・クイック選手が余裕を見せながらのフィニッシュとなりました。

60kg契約 3分3R
×チャン・イェ(中国)
TKO 第3ラウンド
○ケイティー・クイック(ニュージーランド)
イティー・クイック選手のTKO勝利

19 August 2017
60kg 3x3mins
Ye Zhang (China) vs Katie Quick(New Zealand)
Winner Katie Quick by TKO

関連記事 レン・カイリン VS ミッシェル・プレストン 動画 武林風 世紀之戦3 Fight of the Century キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 14:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月24日

これで減点?! ファン・リー VS ダウシートゥラン・ブアゲーオ 結果&動画 武林風 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年8月5日(土) 中国 河南省
武林風

54kg契約 3分3R
ファン・リー(中国)
VS
ダウシートゥラン・ブアゲーオ(タイ)


Daowsitang 中国期待の若手ファン・リー選手(いままでの放送では中国式の数え年で21才と書いてありましたが今回からは日本や西洋と同じ満年齢表記になったらしく20才表記)が8月にタイのダウシートゥラン・ブアゲーオ選手と対戦しました。

 ダウシートゥラン・ブアゲーオ選手はタイのスータイジムでムエタイを教えるトレーナー兼選手で、正式なリングネームはダウシートゥラン・ブアゲーオ・スータイ。23才。

 タイではブアゲーオ・スータイと名乗ることが多いようですが、今回は男子のブアカーオ選手との混同を避けるためかダウシートゥランというリングネームになっています。セコンドにはモニカ・ブレネース選手が入っていますね。続きを読む

queensofthering at 05:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月22日

ジェニフェル・フェハス VS ビアンカ・サトルマイヤー 結果&ノーカット動画 Fight Dragon 7 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年9月9日(土)ブラジル グアラレマ
Fight Dragon 7

?Kg スペシャルマッチ 3分3R
ジェニフェル・フェハス (ブラジル)
VS
ビアンカ・サトルマイヤー (ブラジル)


dragon 今回ご紹介するのはブラジルの『ファイト・ドラゴン』という格闘技イベントの試合です。

 このファイト・ドラゴンさんは日本のRISEさん、RIZINさん、HoostCupさん、韓国のROAD FCさん、中国のクンルンファイトさんなどど提携があるらしく「アジアに行って戦おう」を合言葉にいい選手の発掘を目指しているようです。

 青コーナーはビアンカ・サトルマイヤー選手。MMAとキック系の両方で戦っている選手で、21才、体重は50kg台。今度、中国のMMAで藤野恵実選手と戦うアリーネ・サトルマイヤー選手は5才年上のお姉さんです。

 赤コーナーはこれまで3度の来日でおなじみのジェニフェル・フェハス選手。水野志保選手、鈴木万李弥選手には判定負けしていますが、大石綾乃選手とはドローとなっており、決してあなどれないファイターです。

 ルールはおそらくK1系。小さな会場ではありますがお客さんの熱気は上々。それにこたえて入場時からアドレナリンMAXでヤバイ感じのフェハス選手に対し、サトルマイヤー選手は非常におとなしく押され負けしないか、と思われましたが・・・

 試合が始まってみるとレッドゾーンをぶっちぎった爆裂ファイトを見せたのはサトルマイヤー選手のほう。あっという間にフェハス選手を倒して完全KO勝利・・。いやー、びっくりしました。こんな選手がいるんですね。MMAでは7勝9敗と負け越し中だそうで、間違いなく立ち技の方が向いているでしょう。

 HoostCupさん、つぎはビアンカ・サトルマイヤー選手を呼んでくださいね!

9th September 2017, Guararema, Brazil
Jeniffer Ferraz(Brazil) vs. Bianca Sattelmayer(Brazil)
Winner Bianca Sattelmayer by 1st round KO

関連記事 水野志保 VS ジェニフェル・フェハス ノーカット試合動画 HOOST CUP KINGS NAGOYA供.ックボクシング女子

関連記事 大石綾乃ラストマッチ 大石綾乃 VS ジェニフェル・フェハス、鈴木万李弥 VS 米沢知沙 結果 STAND FIGHTING NETWORK「K-ING」 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月21日

グローブ無しの立ち技格闘技 ミャンマー・ラウェイ ブロニカ VS モニカ・ブレネース 女子ミャンマーラウェイ タイトルマッチ ラウェイ女子

 Myanmar Lethwei

2017年8月20日(日) ミャンマー ヤンゴン
2nd Annual Lethwei World Championship

女子ラウェイ世界タイトルマッチ 60kg 3分4R
ブロニカ(ミャンマー)赤
VS
モニカ・ブレネース(コスタリカ)青


 コスタリカのムエタイファイター、モニカ・ブレネース選手(青)が8月にミャンマーラウェイの世界選手権に出場した時の動画を御覧ください。

 ミャンマーラウェイはその名のとおりミャンマーの格闘技。単にラウェイとも言います。試合はヤイという踊りに始まり、勝者の(ドローの場合は両者の)ヤイで終わります。

 選手はグローブをつけずにバンテージだけ。パンチ、キック、ヒジ、ヒザ、さらにヘッドバットも有りのノックアウトルール。勝利はKOのみで決まります。KO出来なかった時はすべてドローという実に明快なルール。判定はありません。

 赤はミャンマーのアマチュアボクシングで注目を集めていたブロニカ選手。6月に来日してラウェイで高橋奈七永選手と対戦し、ダウンを奪いながらもドローとなっています。

 試合はブロニカ選手が鋭いパンチでブレネース選手の顔面とボディーに襲いかかり、序盤から優勢。キックもフォームがきれいですが、ときおり放つバックハンドブローは未完成の印象。1ラウンドに1回ぐらい頭突きを出していますがノーヒット。パッチギとしてはちょっとキレイすぎる出し方ですね。

 ブレネース選手は途中から右目の下が腫れ上がって苦しい戦いでしたが、終盤にはかなり盛り返して意地を見せました。

 いい試合だったと思います。

女子プロミャンマーラウェイ世界タイトルマッチ 3分4R
△ブロニカ(ミャンマー)赤
ドロー
△モニカ・ブレネース(コスタリカ)青
引き分け

20th August 2017, Yangon, Myanmar
4x3mins Lethwei rules
Bronica (Myanmar) vs. Monica Brenes(Costa Rica)
Draw

関連記事 モニカ ・ブレネースVS ノーンノック 結果 Queen's Birthday Celebration ムエタイ女子

関連記事 ヤリス、エクミー、ヨヨイン、KC・カルロス 女子4選手ミニトーナメント The Fighter 結果&動画 ムエタイ女子

関連記事 世界のキックボクシング ミャンマー編 ラウェイ

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

杉貴美子 VS ☆SAHO☆ ミネルヴァ スーパーバンタム級タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 Kick Boxing

2017年9月24日(日)東京 後楽園ホール
NJKF 2017 3rd

ミネルヴァ スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分3R
王者 杉貴美子 すぎきみこ( TenCloverGym世田谷)赤コーナー
VS
挑戦者 ☆SAHO☆ さほ(闘神塾)青コーナー


 先月24日の試合のオフィシャル動画です。20勝5敗2分のベテラン王者杉貴美子選手と4勝1敗の挑戦者☆SAHO☆選手の対戦。(掲載が遅くなって大変申し訳ありません!)

 ☆SAHO☆選手の仕掛けるタイミングが実に素晴らしく、タイトルマッチにふさわしい激闘となっています。

 あとで振り返ってこの試合が「ミネルヴァのベルトの価値を上げた重要な一戦」と言われるのではないでしょうか。

ミネルヴァ スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分3R
×王者 杉貴美子 すぎきみこ( TenCloverGym世田谷)
判定 0−3
○挑戦者 ☆SAHO☆ さほ(闘神塾)
☆SAHO☆選手が判定勝利で新王者となりました。
(29−30、28−30、28−30)

関連記事 浅井春香 VS ☆SAHO☆ 試合経過 NJKF DUEL.9 キックボクシング女子

関連記事 杉貴美子 VS kaoru 試合経過 NJKF DUEL.7  キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月16日

新規オフィシャル動画ヴァージョン ラム・キッイン VS イ・ドギョン K1女子 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 Kick Boxing

2017年9月23日(土)韓国 インチョン
K-1 ULTIMATE VICTOR REVOLUTION FINAL

K1 韓国/香港3対3対抗戦 女子52kg級 2分3R
ラム・キッイン(香港)青
VS
イ・ドギョン(MKF52kg級クイーン/韓国)赤


K-1 ULTIMATE VICTOR REVOLUTION FINAL 9月23日に韓国インチョン市で開かれたK1の大会で、韓国と香港の3対3対抗戦(男子2試合、女子1試合)がおこなわれました。

 韓国女子代表はK1ルールの格闘技イベントMKFで今年春にMKF女子王者となったイ・ドギョン選手。香港代表はラム・キッイン選手。続きを読む

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ジェニファー・タン VS ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ 結果&ノーカット動画 ムエタイ女子

 MuayThai

2017年9月20日(水)タイ プーケット バングラ・スタジアム

ムエタイ 2分5R
ジェニファー・タン(アメリカ)赤
VS
ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ(ロシア)青


 青コーナーはロシア極真のディルショダ・ウマロヴァ選手。彼女の武林風[ウーリンフォン]デビュー戦は先日お伝えしましたが、今回は初のムエタイマッチの動画です。

 撮影者はおそらくプーケット・トップチームのロシア人カーチャ選手でしょう。ときどきロシア語で叫んでますね。そういえば、武林風のリングでのウマロヴァ選手のコスチュームがプーケット・トップチームのトランクスでしたので、以前から訪タイして練習していたのでしょう。

 赤コーナーは中華系アメリカ人のジェニファー・タン選手。ネットの資料によれば二人ともスーパーフライ級前後で、身長も同じ160センチのハズですが・・、明らかにタン選手のほうが大きいですね。

 試合は激しい打撃戦からスタート。第2ラウンドでタン選手の右顔面がかなり腫れてきますが、これは第1ラウンドのウマロヴァ選手のパンチによるものでしょう。

 ジェニファー・タン選手も負けずに打ち返し、組んで投げるなど大健闘で激戦となりました。あんまりムエタイっぽくないけど(笑)いい試合だと思います。

ムエタイ 2分5R
×ジェニファー・タン(アメリカ)
判定
◯ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ(ロシア)
ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ選手の判定勝利

Muay Thai 5x2mins
Jennifer Tung (USA) vs Dilshoda "Di" Umarova(Russia)
Winner Dilshoda "Di" Umarova(Russia) by decision

関連記事 ジェニファー・タン vs ミランダ・キヤビャブ 結果&動画 Muay Thai Global 1 ムエタイ女子

関連記事 武林風モスクワ大会 リ・ミンルイ VS ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ 結果&ノーカット動画

関連記事 カーチャ・クニシェヴァ VS ヤーリト パトンファイト王座決定戦 結果&ノーカット動画 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 12:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月12日

田中 “暴君” 藍 VS アイダー・ルークサーイコンディン 結果 ムエタイ女子

 MuayThai

Ram 100 Thaiboxing Gym2017年9月10日(日)タイ バンコク

ムエタイ 日タイ国際戦
田中 “暴君” 藍 たなかぼうくんあい(PCK亘理/聖域統一45kg級王者)
判定
×アイダー・ルークサーイコンディン(タイ)
田中 “暴君” 藍選手の判定勝利

 掲載がかなり遅くなって申しわけありません。田中 “暴君” 藍選手のバンコク遠征の結果です。詳細はイングラムジムさんのブログでご覧いただけます。以下のリンクからどうぞ。イングラムジム MUAYTHAI 泰拳倶楽部【 ある女子選手のチャレンジ! 】

 田中選手の対戦相手のアイダー選手はドゥワンダーウノーイ選手、ンガオプラチャン選手の妹さんとのことです。

 田中選手の試合は動画でしか見たことがありませんが、非常にいい選手ですよね。

10th September 2017 at Ram 100 Thai Boxing Stadium, Bangkok, Thai
Ai Tanaka vs. Aidah Luksaikongdin
Winner Ai Tanaka by decision

関連記事 ドゥワンダーウノーイ VS 田中 “暴君” 藍、ンガオプラチャン VS 佐藤 “魔王” 応紀 結果&ノーカット動画 レキオバトル名護1 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 15:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

武林風モスクワ大会 リ・ミンルイ VS ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年7月15日(土)ロシア モスクワ
WLF武林風 & ACB

56kg契約 3分3R
リ・ミンルイ(中国)
VS
ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ(ロシア)


 中国の武林風[ウーリンフォン]がロシアのキックボクシング団体ACBと提携して7月にモスクワで合同イベントを開催しました。その時におこなわれた女子マッチがこちらの試合です。

 中国側はいろんな意味でゴン・ヤンリ選手にそっくりなリ・ミンルイ選手。ロシア側は「ブルース・リージャン=クロード・ヴァン・ダムにあこがれて武術をはじめた」というロシア極真カラテのディルショダ・ウマロヴァ選手。

 ウマロヴァ選手は長年フルコン空手の大会で活躍していましたが、昨年プロキックにデビュー(ドロー)。プロでは"ディー"・ウマロヴァというリングネームを使っています。今回がプロのリングでは2試合目。

 この対戦は両選手ともによく動いて面白い内容になりました。

56kg契約 3分3R
×リ・ミンルイ(中国)
判定 1−2
◯ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ(ロシア)
ディルショダ・"ディー"・ウマロヴァ選手の判定勝利

K-1 56kg 3x3mins
Mingrui Li (China) vs Dilshoda "Di" Umarova(Russia)
Winner Dilshoda "Di" Umarova(Russia) by split decision

関連記事 ワンソンチャイが反省? リ・ミンルイ VS ペッターピー・モー・クルンテープトンブリー 結果&ノーカット動画 ワンソンチャイ/武林風 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月09日

ブラジルの金網ムエタイ カロル・ピレッ VS アマンダ・パトリシア 女子57kg級王座決定戦 結果&ノーカット動画 NP FIGHT 7 ムエタイ女子

 MuayThai

2017年9月16日(土)ブラジル ゴイアス州
NP FIGHT 7

NP FIGHT 女子57kg級王座決定戦 3分5R
カロル・ピレッ(ブラジル)赤
VS
アマンダ・パトリシア(ブラジル)青


 こちらは9月16日にブラジル中部で開かれた『NP FIGHT 7』という大会でのタイトルマッチです。MMAとムエタイの混合イベントなのでリングもMMA用の金網をそのまま使用。独特の雰囲気になってますね。選手の水準もなかなか。しかし、なにか物足りない・・。あの音楽がありません。というわけで、下の動画も試合開始時から一緒に再生するとぐっと気分が出てきます(笑)。


 試合の時間表示が5分となっていますが、これはMMA用の表示をそのままつかっているらしく、実際は3分5ラウンドです。

 両選手とも自分たちなりにアレンジをしたりせず、タイ式の打ち、蹴り、組むムエタイを忠実にやろうとしていて好感が持てます。素晴らしいですね。

NP FIGHT 女子57kg級王座決定戦 3分5R
○カロル・ピレッ(ブラジル)赤
判定
×アマンダ・パトリシア(ブラジル)青
カロル・ピレッ選手の判定勝利

16th September 2017, Brazil
NP FIGHT Title -57kg 5x3m
Karol Piret (Brazil) vs Amanda Patricia (Brazil)
Winner Karol Piret by UD

関連記事 ブラジルの野外ムエタイ ラリッサ VS パウラ 結果&ノーカット動画 Garden Combat 2 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 07:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月01日

溝口孝湖 VS 超弁慶 結果 HOOST CUP KINGS NAGOYA III キックボクシング女子

 KickBoxing

Chobenkei_Mizoguchi2017年9月30日(土)愛知 名古屋国際会議場イベントホール
HOOST CUP KINGS NAGOYA III

63.5Kg契約 3分3R(延長なし)
溝口孝湖 みぞぐちたかこ(WATANABE GYM)
判定 3−0
×超弁慶 ちょうべんけい(元J-GIRLSフェザー級王者/ガムランナック)
溝口孝湖選手の判定勝利

30th September 2017 at Nagoya Congress Center, Japan
-63.5kg 3x3m K1
Takako Mizoguchi vs. ChoBenkei
WINNER Takako Mizoguchi by UD

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年09月30日

ラム・キッイン VS イ・ドギョン K1女子 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 Kick Boxing

2017年9月23日(土)韓国 インチョン
K-1 ULTIMATE VICTOR REVOLUTION FINAL

K1 韓国/香港3対3対抗戦 女子52kg級 2分3R
ラム・キッイン(香港)青
VS
イ・ドギョン(MKF52kg級クイーン/韓国)赤


K-1 ULTIMATE VICTOR REVOLUTION FINAL 9月23日に韓国インチョン市で開かれたK1の大会で、韓国と香港の3対3対抗戦(男子2試合、女子1試合)がおこなわれました。

 韓国女子代表はK1ルールの格闘技イベントMKFで今年春にMKF女子王者となったイ・ドギョン選手。香港代表はラム・キッイン選手。続きを読む

queensofthering at 08:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

難波久美 VS ジョン・スルギ〔チョン・スルギ〕 ICO西日本女子フライ級タイトルマッチ 結果 キックボクシング女子

 KickBoxing

ガールズファイト2017年9月18日(月・祝)大阪 ドーンセンター
格闘技のおもちゃ箱 ACF30th ガールズファイト

ICO国際チャクリキ協会認定 西日本女子フライ級タイトルマッチ 2分5R
○王者 難波久美 なんばくみ(契明ジム)
TKO 第4ラウンド
×挑戦者 ジョン・スルギ〔チョン・スルギ〕(韓国)
難波久美選手のTKO勝利

18 September 2017 Osaka, Japan
AFC Girl's Fight KickBoxing
ICO West-Japan Flyweight title 5x2m
ChampionKumi Namba (Japan) vs Seul-Gi Jeong (Korea)
Winner Kumi Namba by 4th round TKO

関連記事 IOC西日本女子フライ級タイトルマッチ 難波久美 VS ジュン・シオン 結果 〜格闘技のおもちゃ箱〜ACF25th キックボクシング女子

関連記事 チョン・スルギ VS チャン・ヒョンジ MAX FC 03 結果&ハイライト動画 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 08:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年09月28日

オ・キョンミン VS キム・ソユル MAX FC52kg 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2017年9月9日(土)韓国 ソウル
MAX FC 10

MAX FC マックスリーグ 52kg契約体重 2分3R
オ・キョンミン (韓国)青
VS
キム・ソユル (韓国)赤


 『MAX FC』さんの本日公開された動画は、9月9日におこなわれたオ・キョンミン選手とキム・ソユル選手の対戦。

 MAX FCでは選手は明確に三つのクラスに分けられ、新人は『ファーストリーグ』、中堅は『コンテンダーリーグ』、トップ選手は『マックスリーグ』と呼ばれる試合に出ることになっています。この試合はそのうちの『マックスリーグ』。続きを読む

queensofthering at 18:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote