ボクシングの試合:2017.4〜6

2017年09月14日

韓国4回戦の激闘 イ・ミンジ VS イ・ヒョンソ 結果&動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年6月9日(金)韓国 プサン


スーパーフライ級 4回戦
イ・ミンジ  (韓国)青のグローブ
VS
イ・ヒョンソ (韓国)赤のグローブ

 韓国のプロボクシングは全体的に人気低迷中で、お金を取ってお客を集めることが出来ません。6月に開かれたこの大会もプサンの海岸で誰でも無料で見れる形式でおこなわれ、経費はスポンサー頼みという状態。そんな中でもいい選手は出てきます。

 この日の唯一の女子マッチであったこの試合も、なかなかの激闘でした。

 青のイ・ミンジ 選手は昨年プロテストに合格して今年1月にプロデビュー。黒星スタートとなってしまいましたが、この第2戦目で初勝利を目指してハードトレーニングを積んできたそうです。赤のイ・ヒョンソ選手はこの試合でデビューする高校2年生(動画は第1ラウンドがカットされて第2ラウンドからになっています)。続きを読む

queensofthering at 07:15|PermalinkComments(0)

2017年09月11日

小澤瑶生 VS ホン・ソヨン 5月14日 WBO世界ライトフライ級王座決定戦 ノーカット動画 京都KBSホール ボクシング女子

 Boxing

2017年5月14日(日) 京都 KBSホール
TO THE FUTURE

WBO世界ライトフライ級王座決定戦
小澤瑶生  おざわたまお(元OPBFスーパーフライ級王者/フュチュール)
VS
ホン・ソヨン  (現WIBAライトフライ級王者/元WBOミニフライ級王者/韓国)


 5月の記事では結果のみをお伝えしたこの試合ですが、ノーカットの動画がアップされていますので遅ればせながらご紹介します。続きを読む

queensofthering at 22:30|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

強打とアクシデントとブーイング マイヴァ・アマドゥーシェ VS アナイ・エステル・サンチェス IBFスーパーフェザー級タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年5月18日(木) フランス パリ


IBFスーパーフェザー級タイトルマッチ 10回戦
王者 マイヴァ・アマドゥーシェ(フランス)赤/黒
VS
挑戦者 アナイ・エステル・サンチェス(アルゼンチン)白/ブルー

 こちらは5月におこなわれたIBF世界タイトルマッチです。

 チャンピオンはフランスのマイヴァ・アマドゥーシェ選手。昨年11月にチャンピオンになり、この試合が早くも二度目の防衛戦。アマドゥーシェ選手はここまで16戦15勝1敗、勝利のうち8割がKOというハードパンチャー。

 IBFからの指名挑戦者は、かつてこのベルトを保持していたアルゼンチンのアナイ・サンチェス選手。IBF王者でありながらWBCの同級のベルトに挑戦して敗れ、IBF王座を剥奪になったという過去があります。このひとの戦績も現王者とまったく同じ16戦15勝1敗で、勝利のうちの5割がKOというパンチ力の持ち主。

 素晴らしいカードですね。無名のわけわからない相手を連れてきて「指名挑戦者」だと言い張る日本の女子ボクシングとは全然違います。続きを読む

queensofthering at 19:40|PermalinkComments(1)

アンドレア・サンチェス VS ヴィルジニア・カルカーモ ライトフライ級アルゼンチン王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年5月20日(土) アルゼンチン ヴィラ・アンジェラ


ライトフライ級アルゼンチン王座決定戦 10回戦
アンドレア・サンチェス(アルゼンチン)紫
VS
ヴィルジニア・ノエミ・カルカーモ(アルゼンチン)白/グリーン

 今回のボクシング動画は5月におこなわれたライトフライ級アルゼンチン女子王座決定戦です。

 日本でも今年中に第1回の女子国内王座決定戦があるようですが、それは、なんと6回戦だというのですからビックリ。6回戦ってB級ライセンスですよね?B級で日本王者ねえ・・・。

 アメリカでは2011年ぐらいにベイビー・ベルトなんていう恥ずかしい名称の女子6回戦王座を作る動きがあったんですが、まったくファンに受け入れられず「いらない」と言われて消えてしまいました。日本には6回戦のGレジェンド王座があったはずなんですけど、どこに行ったんですかね?いらないけど。

 それはわきに置いて、今回はアルゼンチン王座決定戦です。10回戦です。赤コーナーの紫のコスチュームは7戦無敗のアンドレア・サンチェス選手。青コーナーは勝ち負け拮抗の戦績ながらも4月にロンドンでニコラ・アダムス選手(2大会連続オリンピックボクシング金メダル)のデビュー戦の相手をつとめて判定まで行ったヴィルジニア・ノエミ・カルカーモ選手。続きを読む

queensofthering at 01:20|PermalinkComments(0)

2017年06月27日

小関有希 VS リャン・シュリー フライ級6回戦 結果 THE BOXING SHOW ボクシング女子

 Boxing

ボクシングショー2017年6月25日(日)東京 町田市立総合体育館メインアリーナ
THE BOXING SHOW

第3試合
小関有希 こせきゆうき(K&W)
判定 3−0
×リャン・シュリー(中国)
小関有希選手の判定勝利
(59−55、60−54、58−56)

小関有希 こせきゆうき(K&W)9戦5勝(うちタイ人0)4敗1KO(うちタイ人0)
リャン・シュリー(中国)5戦2勝3敗

関連記事 後藤あゆみ VS キム・アクタブOPBF王座決定戦 花形冴美 VS タイ人、ノル・グロ VS 塙英理加、小関有希 VS 吉田実代 ほか 結果 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:05|PermalinkComments(0)

2017年06月25日

オリンピック銅メダリスト ナターシャ・ジョナス プロデビュー ナターシャ・ジョナス VS モニカ・アントニク ライト級4回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年6月23日(金)イギリス ニューキャッスル

ライト級 4回戦
ナターシャ・ジョナス(イギリス)青
VS
モニカ・アントニク(ポーランド)赤


 ロンドンオリンピックのブロンズメダリストがまたひとりプロデビューしました。『ケイティー・テイラーの好敵手』と呼ばれたナターシャ・ジョナス選手(イギリス)です。

 彼女はイギリスの女子アマチュアボクシングのスターで、2012年5月の第7回世界女子ボクシング選手権60kg級で銅メダルを取ってロンドンオリンピックの出場権を獲得。この時、同じ階級のケイティー・テイラー選手(アイルランド/金メダル)との対戦はありませんでした。

 しかし、オリンピック本番ではこの二人が激突。同大会最高の熱戦となりました(関連記事参照)。この試合はいまだに論議を呼び「ジョナス選手が勝っていた」という意見もある一戦。たしかに、レフリーはテイラー選手がぐらついた時にダウンを取っていないのに、ジョナス選手が打たれると2回もダウンを取っています・・・。

 結局、テイラー選手が金メダル、ジョナス選手は銅メダルとなり、その後ジョナス選手は出産などのためにリングを去りました。

 しかし、まわりからの誘いも多く、ついにカムバックを決意。彼女はアマではなくプロのリングを選びました。

 「わたしは自分の旅を続けるだけ。もしも、その途中でケイティーと出会うなら、それはそういうことなのでしょう」と言うクールなジョナス選手。しかし、まわりは二人のプロでのリマッチを期待するでしょう。もちろん、QRもそうです(笑)。だって、激戦必至ですからね。

 プロデビュー戦はあきらかにミスマッチで実力差が大きく、危険と判断したレフリーが早々とストップしてTKO決着となりました。

ライト級 4回戦
○ナターシャ・ジョナス(イギリス)
TKO 第1ラウンド
×モニカ・アントニク(ポーランド)
ナターシャ・ジョナス選手のTKO勝利

ナターシャ・ジョナス(イギリス)1戦1勝1KO
モニカ・アントニク(ポーランド)5戦1勝4敗

関連記事 ロンドンオリンピック ボクシング女子ライト級 ケイティー・テイラー vs ナターシャ・ジョナス 動画

関連記事 ケイティー・テイラー VS ニーナ・マインケ WBA女子ライト級インターコンチネンタル王座決定戦 結果&ハイライト動画 ボクシング女子

関連記事 朗報! ゴールデンボーイ・プロモーションがマーレン・エスパーザと複数年契約 アメリカの女子ボクシングの復興なるか? ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:45|PermalinkComments(0)

2017年06月21日

オリンピックゴールドボクサー クラレッサ・シールズ VS シドニー・ルブランク WBCスーパーミドル級シルバー王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年6月16日(金)アメリカ ミシガン州 デトロイト

WBCスーパーミドル級シルバー王座決定戦 8回戦
クラレッサ・シールズ(アメリカ)赤コーナー
VS
シドニー・ルブランク(アメリカ)青コーナー


 プロ2戦目で北米ミドル級王者になったクラレッサ・シールズ選手が今度はWBCスーパーミドル級シルバー王座決定戦にのぞみました。

 対戦者は同じアメリカ人のシドニー・ルブランク選手。予定されていた対戦者がビザの問題で欠場となり開催が危ぶまれた試合でしたが、彼女の緊急参戦でキャンセルにならずにすみました。ルブランク選手は4年前にIBAヘビー級アメリカ王者となったことがあります。

 シールズ選手は秒殺KOでも意識してしまったのか、第1ラウンドは右フックを荒っぽく振り回す雑なボクシングでしたが、第2ラウンドからは冷静にジャブを打つまともなボクシングに軌道修正。

 ルブランク選手が打たれ強くてダウンシーンこそありませんでしたが、シールズ選手の実力がいろんな場面で垣間見えた8回戦となったと思います。次は10回戦でしょうか?どのタイトルを狙っているんでしょうね?

WBCスーパーミドル級シルバー王座決定戦 8回戦
○クラレッサ・シールズ(アメリカ)赤コーナー
判定 3−0
×シドニー・ルブランク(アメリカ)青コーナー

クラレッサ・シールズ(アメリカ)3戦3勝1KO
シドニー・ルブランク(アメリカ)7戦4勝2敗1分

関連記事 オリンピック金メダリスト プロ2戦め クラレッサ・シールズ VS シルビア・サバドス NABFミドル級王座決定戦 結果&ハイライト動画 ボクシング女子

関連記事 オリンピック金メダリストが女子ボクシングデビュー クラレッサ・シールズ VS フランチェン・クルース 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 ケイティー・テイラー プロ転向第1戦決定 ケイティー・テイラー VS カリーナ・コピンスカ 6回戦 ボクシング女子

関連記事 AIBA世界女子ボクシング選手権大会 各階級結果 ニコラ・アダムス、メアリー・コム、ケイティー・テイラー、クラレッサ・シールズほか ボクシング女子

関連記事 ボクシング女子優勝候補 ケイティー・テイラーとはどんな選手? ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 19:30|PermalinkComments(0)

2017年06月14日

世界5団体統一女子ウェルター級タイトルマッチ WBA/WBC/WBO/IBF/IBO セシリア・ブレークフス VS エリカ・ファリアス 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年6月9日(金)ノルウェー ベルゲン

Braekhus vs Farias

WBA/WBC/WBO/IBF/IBOウェルター級タイトルマッチ
王者 セシリア・ブレークフス(ノルウェー)赤のグローブ
VS
挑戦者 エリカ・ファリアス(アルゼンチン)青のグローブ

 ボクシング5団体統一世界王者のセシリア・ブレークフス選手が持っているすべてのベルトをかけて防衛戦をおこないました。

 挑戦者はアルゼンチンの強豪、エリカ・ファリアス選手。アマチュア時代にファリアス選手は第4回世界女子ボクシング選手権(2006年)60kg級で銀メダルを取ったあとにプロ転向。勇猛なファイトで勝利を積み上げ、現在は25戦24勝10KOの戦績を持つWBCスーパーライト級世界チャンピオンとして南米では大人気の選手。今回は1階級上げての挑戦です。

 ちなみに2006年の世界大会でファリアス選手をやぶって金メダルに輝いたのは現在プロの世界チャンプを目指して爆走中のゴールデンガール、ケイティー・テイラー選手(アイルランド)でした。

 セシリア・ブレークフス選手は第3回世界女子ボクシング選手権(2005年)63kg級で銀メダルを取ったあとにプロ転向。30戦全勝8KOの完璧な戦績で現在の世界のプロボクシングの頂上に立つ女子ボクサーとなっています。

 なお、2005年の世界大会でブレークフス選手をやぶって優勝したのはロシアのユリア・メンソヴァ選手でしたが、彼女は2006年にMMAに転向し、デビュー戦であのヴァレンティーナ・シェフチェンコ選手にやぶれて引退してしまいました。現在はスポーツマスターとして後進の育成にあたっているようです。

 前置きが長くなりましたが、マイケル・バッファーさんのリングコールから動画を御覧ください。

 アルゼンチンではビッグスターのファリアス選手も、ここでは名前をコールされただけでブーイング。対するブレークフス選手へは熱狂的な大声援。

 第3ラウンドからはもっと鮮明な動画がありますので、こちらで御覧ください。続きを読む

queensofthering at 15:40|PermalinkComments(2)

2017年06月03日

イベス・サモラ VS エスメラルダ・モレノ WBCライトフライ級タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年4月22日(土)メキシコ メヒコ州

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者 イベス・サモラ(メキシコ)
VS
挑戦者 エスメラルダ・モレノ(メキシコ/同級前王者)

 おまたせしました。4月におこなわれたWBCライトフライ級タイトルマッチの動画をご紹介します。

 2008年に富樫直美選手(ワタナベ)が獲得して7回にわたって防衛したベルトを、2012年に判定勝利で奪い取ったのがエスメラルダ・モレノ選手でした。しかし、彼女は一度しか防衛しないで王座剥奪となり同王座は空位に。

 この王座をめぐってイベス・サモラ選手(メキシコ)と柴田直子選手(ワールドスポーツ)が戦い、勝利したのはイベス・サモラ選手。その後、サモラ選手は4年間8度の防衛に成功して長期政権を築いてきましたが、9度目の防衛戦に挑戦者として登場したのが前王者のエスメラルダ・モレノ選手。

 現王者対前王者の対決、どんな戦いになったでしょうか?

続きを読む

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年06月01日

女子ボクシング来日常連選手の実力 ケニア・エンリケ VS マリア・サリナス WBCライトフライ級暫定王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年5月27日(土)メキシコ ソノラ州

WBCライトフライ級暫定王座決定戦
ケニア・エンリケ(メキシコ)
VS
マリア・サリナス(メキシコ)

KENIA-MARY

 久しぶりにWBCライトフライ級の動画をご紹介します。とは言っても正規王座ではなくて、「暫定王座」のほうです。

 このWBCライトフライ級「暫定王座」は2008年に富樫直美選手(ワタナベ)が韓国のキム・ジン選手にアウェイで勝利して獲得したことで知られています。もう9年前の話ですね。

 富樫選手はこのあと、暫定王者から正規王者に昇格して同王座を7回にわたって防衛、この階級は日本のファンにはおなじみになりましたが、富樫選手が2012年にエスメラルダ・モレノ選手(メキシコ)に敗れて王座陥落。

 モレノ選手は一度しか防衛しないで休養王者となり、その後、王座剥奪となって同王座は空位に。

 この王座をめぐってイベス・サモラ選手(メキシコ)と柴田直子選手(ワールドスポーツ)が戦い、勝利したのはイベス・サモラ選手。

 新王者となったサモラ選手はその後、4年間8度の防衛に成功して長期政権を築いたあと・・・、今年の4月にかつての王者エスメラルダ・モレノ選手に敗れて王座陥落。モレノ選手、5年ぶりに王座復帰となりました。

 というわけで、本当は正規王座のサモラVSモレノ戦をお伝えしたかったのですが、この試合の動画が見つからなくて困っていたところに、どういうわけか、同王座の「暫定王者」決定戦の話が・・・。正規王者がちゃんといるのに暫定王者を作るという、WBCさんお得意の「王座水増し商法」という悪いクセがまた発動したのでしょうか。

 前説が長くなりましたが、今回はその暫定王座決定戦の動画を御覧ください。

 青コーナーはアメリカ生まれのメキシコ人ボクサー、マリア・サリナス選手。彼女はいままでに3回の来日の経験があるのでご存知の方も多いでしょう。

 2012年に多田悦子選手が保持していたWBAミニマム級王座に挑戦して判定負け、2015年には柴田直子選手のIBAライトフライ級王座に挑戦してドロー、2016年に柴田選手にリマッチで敗北しています。

 赤コーナーはメキシコ生まれのメキシコ育ち、ケニア・エンリケ選手。彼女は来日したこともなければ、日本人選手と戦ったこともありません。戦績は19戦して負けがひとつだけ。しかも、かなり強い選手と戦って勝っている・・はっきり言って実力派。

 2014年にWBOフライ級の世界王者にもなっていますが、初防衛でメリッサ・マクモロー選手(アメリカ)に敗れたのが彼女の唯一の敗戦です。

続きを読む

queensofthering at 16:20|PermalinkComments(2)

小関有希 VS リャン・シュリー フライ級6回戦 THE BOXING SHOW ボクシング女子

 Boxing

ボクシングショー2017年6月25日(日)東京 町田市立総合体育館メインアリーナ
THE BOXING SHOW

第3試合
小関有希 こせきゆうき(K&W)
VS
リャン・シュリー(中国)

小関有希 こせきゆうき(K&W)8戦4勝(うちタイ人0)4敗1KO(うちタイ人0)
リャン・シュリー(中国)4戦2勝2敗

*日時 2017年6月25日(日)
*場所 東京 町田市立総合体育館メインアリーナ
*料金 10000円/5000円/4000円
*問合せ K&Wジム 045-500-9199
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


関連記事 後藤あゆみ VS キム・アクタブOPBF王座決定戦 花形冴美 VS タイ人、ノル・グロ VS 塙英理加、小関有希 VS 吉田実代 ほか 結果 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:15|PermalinkComments(0)

慶美奈代 VS 一村更紗 II ミニマム級6回戦、藤原芽子 VS 福田香奈 II フェザー級6回戦 予定 ボクシング女子

  Boxing

2017年 6月24日(土)兵庫 神戸市立中央体育館
REAL SPIRITS Vol.56
 
リアルミニマム級 6回戦
慶美奈代 けいみなよ(真正)
VS
一村更紗 いちむらさらさ(堺東)

 昨年10月以来のリマッチ。前回は3−0の判定で慶美奈代選手が勝利しています。

フェザー級 6回戦
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
VS
福田香奈 ふくだかな(S&K)

 こちらもリマッチです。2014年10月の藤原選手のデビュー戦の相手が福田選手でした。このときは福田選手がKOで勝利しています。

慶美奈代 けいみなよ(真正)7戦5勝(うちタイ人0)2敗1KO(うちタイ人0)
一村更紗 いちむらさらさ(堺東)8戦3勝(うちタイ人0)4敗1分
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)6戦3勝(うちタイ人0)2敗1分
福田香奈 ふくだかな(S&K)6戦3勝(うちタイ人0)2敗1分2KO(うちタイ人0)

*日時 2017年 6月24日(土)開始17時30分
*場所 兵庫 神戸市立中央体育館
*料金 1階指定席A10,000円/1階指定席B5,000円/2階指定席A10,000円/2階指定席B5,000円/立見・2階自由席3,000円
*問合せ 真正プロモーション 078-335-5147
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:00|PermalinkComments(0)

2017年05月31日

石川海 VS タイ人 結果 DANGAN183  ボクシング女子

  Boxing

1832017年5月30日(火)東京 後楽園ホール
DANGAN183

第1試合 アトム級4回戦
石川海 いしかわうみ(UNITED)
判定 3−0
×ニチャーコン・シットサイトーン(タイ)
石川海選手の判定勝利

 石川海選手がデビュー以来全試合カマセで無傷の4連勝をマークしC級ライセンスを卒業、次回からはB級(6回戦)へと昇格します。

石川海 いしかわうみ(UNITED)4戦4勝(うちタイ人4)2KO(うちタイ人2)
ニチャーコン・シットサイトーン(タイ)

関連記事 石川海 デビュー以来無傷の3連勝 石川海 VS タイ人 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

関連記事 石川海の対戦相手が招へい禁止に 40人の大台にのった招へい禁止インチキボクサー ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 06:00|PermalinkComments(0)

2017年05月27日

リマッチ 高野人母美 VS カイ・ジョンソン II 結果 A-sign.Bee 3 ボクシング女子

 Boxing

Bee 32017年5月26日(金)東京 後楽園ホール
A-sign.Bee 3

55kg契約 6回戦
高野人母美 たかのともみ(前OPBFスーパーバンタム級王者/協栄)
TKO 第3ラウンド
×カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
高野人母美選手のTKO勝利

 残念ながら現地に行けず、有料ネット配信https://asign-boxing.com/での観戦でしたが、感想を少しだけ。

 日本の女子のボクシングにもダウンやTKOはあるにはありますが、そのほとんどはいわゆる「なんちゃってダウン」「なんちゃってTKO」。

 つまり、攻撃側がナイスパンチを打ってのダウンではなくて、ディフェンスが下手くそで打たれっぱなしになるためにレフリーが止める「ダウン」「TKO」がほとんど。それが「日本の女子ボクシングはつまらない」と言われる理由になっています。

 しかし、高野選手が取るダウンはいつも一撃。つまり、しっかり効かせてのダウンなんです。やっぱりいいもの持ってますよ、このひとは。

 もしもタイ人と6回も戦ったりせず、ワケのわからないブランクとかがなく、まともにキャリアを積んでいれば、今頃はもっといいボクシングしてたのになあ、と残念に思いますが、過去は過去。振り返ってもしょうがないので今後に期待しましょう。

 世界挑戦とか意識する前に、高野選手のようなひとが「いいボクシング」「面白い試合」を続けていくことが女子のボクシングの人気構築には一番効果的なことだと思います。

 名前だけの世界王者ならいくらでもいるんで、それはもういいでしょう。

 次もガチで面白い試合をしてください。ファンの一番の希望はそれだと思いますよ。

 カイ・ジョンソン選手はあの一発をもらってしまったことだけが敗因で、あとは作戦どおりだったかなと思いますが、効いてましたからストップは仕方ありません。しっかり休んでがんばってください。

 両選手ともお疲れさまでした!

高野人母美 たかのともみ(協栄)12戦10勝(うちタイ人6)2敗7KO(うちタイ人3)
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)19戦5勝(うちタイ人0)11敗2KO(うちタイ人0)

関連記事 闘志あふれる好試合 カイ・ジョンソン VS 高野人母美 スーパーフライ級6回戦 結果 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 12:00|PermalinkComments(5)

2017年05月26日

ミスではなくて集計操作? レベッカ・ジェニングス VS ベイビー・ナンセン ニュージーランドフェザー級タイトルマッチ ボクシング女子

 Boxing

2017年5月20日(土)ニュージーランド ポリルア
CAPITAL PUNISHMENT 38
Capital+Punishment+38

NZPBAフェザー級 タイトルマッチ
王者 レベッカ・ジェニングス (ニュージーランド)
VS
挑戦者 ベイビー・ナンセン (ニュージーランド)

 ニュージーランド女子フェザー級の試合結果が当初は挑戦者の2−1の勝利とコールされながら、10分後に1−1のドローに修正された「事件」は、その後の情報によると「ジャッジペーパーの集計が間違っていた」のではなくて、集計自体が操作された可能性が強まってきたようです。

 というのも、オリジナルのジャッジペーパーが公表されず、試合の公式役員も当初の発表とは違う顔ぶれだったことが明らかになってきたからです。

 現地の公式役員のトップの人が、当日はIBFの総会のためにその場を留守にしていて、いつもとは違う役員がこのタイトルマッチを担当、そしてそのうちの一人はなんと王者側のジムの関係者だったことが分かりました。

 その体制でおこわれた試合で、王者の敗北が10分後にはドロー防衛に変更になったのですから、これは誰でもが「疑わしい」と思うでしょう。

 これで「再試合」と言われても、挑戦者もファンも嫌になってしまいますね。

NZPBAフェザー級 タイトルマッチ
△王者 レベッカ・ジェニングス (ニュージーランド)
ドロー 1−1
△挑戦者 ベイビー・ナンセン (ニュージーランド)
ジャッジ三者三様のドロー

関連記事 ヘヴィー級の激戦が議論を呼ぶ結果に アジア・パシフィック&ニュージーランド王座決定戦 ナイリニ・ヘイル VS アンジ・デイビス 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 因縁の再戦 ナイリニ・ヘイル VS アーリー・メレイシア II UBFアジア・パシフィック及びNZヘヴィー級王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 15:15|PermalinkComments(0)