ボクシングの試合:2017.1〜3

2017年09月12日

「中米の問題」ではない幻の世界タイトルマッチ と、中米コスタリカの好選手IBF世界王者ヨカスタ・ヴァイエ ボクシング女子

 Boxing

2017年3月31日(金)コスタリカ サンホセ

ミニマム級 10回戦
ヨカスタ・ヴァイエ(コスタリカ)
VS
ヤディーサ・ペレス(パナマ)


 先日、藤岡奈穂子選手が「空位のWBOライトフライ級王座決定戦」に出場というニュースが流れましたが、わずか数日で取り消され「相手側プロモーターの都合により中止」という話になりました。

 しかし、その説明では納得できないことがあります。まず、WBOライトフライ級王座が空位という情報はありません。今年5月に小澤瑶生選手に勝って王座に就いたホン・ソヨン選手がいまでもチャンピオンのはずです。王座剥奪とか返上の発表はどこにもないのですから。

 次に、藤岡選手の相手とされたヨカスタ・ヴァイエ(ヨッカ・バレ)選手本人からまったく試合の話が出ていないこと。というか、ヴァイエ選手のフェイスブックを見ると8月下旬にはメイウェザーVSマクレガー戦を見るためにご本人はラスベガスに滞在しており、9月9日に試合をするなんてことは100パーセントありえない状況でした。

 つまり、この試合は「中止」ではなくて初めからなにも無かったのです。

 ではどうしてありもしないタイトルマッチがボクシングメディアで発表されたのでしょうか?

 この王座が空位になるような噂が実際にあったのかどうか知りませんが、なんにも正式発表になっていないうちから「今の王者が剥奪されたらしい」「次の王者の決定戦に出たければ話をつけるよ」「このチャンスをほかの選手に取られる前にどう?」と藤岡選手サイドに持ちかけたブローカー(マッチメイカー)がいたのでしょう。そうじゃなければ、空位にもなっていない王座の決定戦の話なんか出るわけがありません

 それに藤岡選手のジムが乗せられたのです。そして、WBO王座が空位かどうか確かめもせずにメディアがその話を垂れ流したのです。

 問題は「中米のボクシング界」という前にそのへんにあるのです。そのあたりがしっかりしていればこんなことにはならないのです。

 また、ボクシングメディアはその幻の試合を「前人未到の女子5階級制覇となる試合」と書きましたが、女子世界5階級制覇はすでにアマンダ・セラノ選手(プエルトリコ/アメリカ)が成し遂げており、前人未到ではありません

 さて、それはそれとして、今回名前を出されたコスタリカのヨカスタ・ヴァイエ選手がなかなかいい選手なのです。

 上掲の動画をご覧ください。ピンクと白のコスチュームがヨカスタ・ヴァイエ選手。黒とピンクのコスチュームがヤディーサ・ペレス選手です。一回り大きなペレス選手に打ち負けないヴァイエ選手。素晴らしいですね。

 ヨカスタ・ヴァイエ選手は13戦全勝6KO。現在IBFジュニアミニフライ級(アトム級)の世界王者です。

ミニマム級 10回戦
○ヨカスタ・ヴァイエ(コスタリカ)
判定 3−0
×ヤディーサ・ペレス(パナマ)
ヨカスタ・ヴァイエ選手の判定勝利

ヨカスタ・ヴァイエ(コスタリカ)13戦13勝6KO
ヤディーサ・ペレス(パナマ)22戦9勝12敗1分3KO

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:00|PermalinkComments(5)

2017年08月03日

インドのアマエリートのプロ第1戦 ピンキー・ジャングラ VS クラウディア・フェレンチ ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年1月29日(日)インド インパール
the Indian Boxing Council (IBC) Fight Night

フライ級 4回戦
ピンキー・ラニ・ジャングラ(インド)黄色のグローブ
VS
クラウディア・フェレンチ(スロバキア)赤色のグローブ
インターバル中に静止画になりますが不具合ではなく数十秒後に試合が再開します。

 インドは以前からアマチュアボクシングが強く、特に女子は世界女王メアリー・コム選手を頂点に優秀な選手が活躍してきましたが、去年ぐらいからプロボクシングの大会が本格的に始動し、サリタ・デビ選手などのアマエリートがプロ転向を果たしています。

 ピンキー・ジャングラ選手もそのひとりで、デビ選手がプロになった同じ大会(1月29日)でプロ第1戦をおこないました。

 ピンキー・ジャングラ選手はインドの国民的英雄であるメアリー・コム選手に勝ったことから『ジャイアント・キラー』と呼ばれている今年27才の元インド代表選手。

 対戦相手は14才の時からプロで戦い、今年プロ10年目を迎える大ベテランのクラウディア・フェレンチ選手(スロバキア)。

 試合はジャングラ選手の動きが素晴らしく、あっと言う間に4ラウンドが過ぎていきます。

 インドの女子プロ選手はまだ30人前後しかいないと思われますが、ほとんどがアマ経験者でその水準はなかなか高いようです。今後、世界進出が始まれば女子プロボクシングの大きな勢力になる可能性はありますね。

フライ級 4回戦
○ピンキー・ラニ・ジャングラ(インド)
判定 3−0
×クラウディア・フェレンチ(スロバキア)
ピンキー・ジャングラ選手の判定勝利
(40−36、40−36、40−36)

ピンキー・ラニ・ジャングラ(インド) 1戦1勝
クラウディア・フェレンチ(スロバキア) 76戦16勝54敗6分7KO

関連記事 不当判定に抗議して処分をうけたインドの女子ボクサー サリタ・デビ 念願のプロデビュー サリタ・デビ VS ゾフィア・ベド 4回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 よくやったデビ選手!腐った競技会には「腐っている」と言わなければならない 第17回アジア競技大会 インチョン ボクシング女子

関連記事 新作 インドの女子ボクシング映画 『サーラ・カドゥース』 予告編 ボクシング女子

banner_02 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 09:05|PermalinkComments(0)

2017年03月30日

ルルデス・フアレス VS カリーナ・フェルナンデス スーパーフライ級 ノンタイトル10回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月25日(土)メキシコ チワワ州

スーパーフライ級 10回戦
ルルデス・"ペケーニャ・ルル"・フアレス(メキシコ)
VS
カリーナ・"ラ・ベラ"・フェルナンデス(メキシコ)


 メキシコのスター、マリアナ・フアレス選手の妹、ルルデス・フアレス選手(白のコスチューム)が、同国のカリーナ・フェルナンデス選手(赤/青のコスチューム)と10回戦をおこないました。

 動画は、時間のある方だけ見ていただければいいのですが、時間の無いみなさんにも知ってほしいのはこの10回戦はタイトルマッチではないということです。続きを読む

queensofthering at 01:45|PermalinkComments(0)

2017年03月26日

ケイティー・テイラー「今月」2試合目の結果 ケイティー・テイラー VS ミレーナ・コレヴァ 8回戦 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月25日(土)イギリス マンチェスターアリーナ


ライト級 8回戦
ケイティー・テイラー(アイルランド)
判定
×ミレーナ・コレヴァ(ブルガリア)
ケイティー・テイラー選手の判定勝利
(ミレーナ・コレヴァ選手は第7ラウンドにダウン1)

 3月4日にプロ3戦目をこなしたばかりのケイティー・テイラー選手が、3月25日に初の8回戦に進出、判定勝利を得ました。

 昨年11月のプロデビュー戦以来すでに4戦、今月だけで2戦という驚異のペースで試合をこなすテイラー選手には、さらに来月29日にもすでに次戦が決まっているそうです。

 アマボクシングから次々に有名選手がプロに転向する今日この頃、スタートダッシュでプロ戦績をリードしようという意図がハッキリ見えるテイラー選手陣営。

 今年夏にはアメリカの大会場に進出する噂も出ているとか。『キラー・ケイト』テイラー選手からここ数ヶ月は目を離せそうにありません。

ケイティー・テイラー(アイルランド)4戦4勝2KO
ミレーナ・コレヴァ(ブルガリア)18戦9勝8敗1分3KO

関連記事 ゴールドメダリスト ケイティー・テイラー プロ転向 第3戦 ケイティー・テイラー VS モニカ・ジェンティーリ 6回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 ケイティー・テイラー プロ2戦め ケイティー・テイラー VS ヴィヴィアン・オーベナウフ 6回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 アマボクシングの女王 ケイティー・テイラー プロデビュー戦 結果&ノーカット動画 ケイティー・テイラー VS カリーナ・コピンスカ 6回戦 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:30|PermalinkComments(0)

レオネーラ・ユディカ VS カロリーナ・アルヴァレス IBFフライ級タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

4th_defence

2017年3月24日(金)アルゼンチン サンフアン

IBF世界女子フライ級タイトルマッチ
王者 レオネーラ・ユディカ(アルゼンチン)金のコスチューム
VS
挑戦者 カロリーナ・アルヴァレス(ベネズエラ)赤のコスチューム


 IBFフライ級チャンピオンのレオネーラ・ユディカ選手(アルゼンチン)が同王座の4度目の防衛戦をおこないました。

 挑戦者は昨年6月にリンダ・レカ選手(ペルー)のWBAスーパーフライ級王座に挑戦し1−1のドローで取り逃がしているカロリーナ・アルヴァレス選手。続きを読む

queensofthering at 13:15|PermalinkComments(0)

2017年03月25日

約束の地には到達 But あしたはどっちだ? 後藤あゆみ VS キム・アクタブ OPBF東洋太平洋王座決定戦 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第8試合 OPBF女子東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦
後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)赤
VS
キム・アクタブ(フィリピン)青

後藤あゆみvsキム・アクタブ-1
 ご覧のように高くて長い後藤あゆみ選手。磨けば光りそうな原石。続きを読む

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(0)

オリンピック銅メダリスト マーレン・エスパーザ プロデビュー マーレン・エスパーザ VS レイチェル・サゾフ フライ級4回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月23日(木)アメリカ カリフォルニア州 ファンタジースプリングスカジノ

フライ級 4回戦
マーレン・エスパーザ(アメリカ)赤
VS
レイチェル・サゾフ(アメリカ)青


 ロンドンオリンピックのブロンズメダリストで、アメリカ国内では非常に人気のあるマーレン・エスパーザ選手がついにプロデビュー戦をおこないました。対戦者はMMAとボクシングの両方に出場しているレイチェル・サゾフ選手。

 エスパーザ選手はキッチリと上下に打ち分けるボクシングで、1ラウンド後半にはビッグパンチでサゾフ選手をのけぞらせました・・・が、ここからサゾフ選手がねばりを見せて最後まで崩れず、結果は判定へ。終始優勢だったエスパーザ選手が3−0の完璧なスコアでデビュー戦を勝利しました。いいボクシングですね。

 一方、いわゆる噛ませ役で呼ばれた未勝利ボクサーのサゾフ選手は、今回も勝てなかったわけですが、知名度はあがりました。そして、エスパーザ選手を相手に判定にまで持ち込んだことは自信になるでしょう。

 とにかく、ゴールデンボーイプロモーションの中継で女子マッチが注目を集めたことは、今後のアメリカの女子ボクシングの活性化につながる大きな出来事だったと思います。

 今後、盛り上がって欲しいですね。

フライ級 4回戦
○マーレン・エスパーザ(アメリカ)
3−0
×レイチェル・サゾフ(アメリカ)
マーレン・エスパーザ選手の判定勝利
(40−36、40−36、40−36)

マーレン・エスパーザ(アメリカ)1戦1勝
レイチェル・サゾフ(アメリカ)3戦3敗

関連記事 朗報! ゴールデンボーイ・プロモーションがマーレン・エスパーザと複数年契約 アメリカの女子ボクシングの復興なるか? ボクシング女子

関連記事 オリンピック金メダリスト プロ2戦め クラレッサ・シールズ VS シルビア・サバドス NABFミドル級王座決定戦 結果&ハイライト動画 ボクシング女子

関連記事 オリンピック金メダリストが女子ボクシングデビュー クラレッサ・シールズ VS フランチェン・クルース 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 ケイティー・テイラー プロ転向第1戦決定 ケイティー・テイラー VS カリーナ・コピンスカ 6回戦 ボクシング女子

関連記事 AIBA世界女子ボクシング選手権大会 各階級結果 ニコラ・アダムス、メアリー・コム、ケイティー・テイラー、クラレッサ・シールズほか ボクシング女子

関連記事 ボクシング女子優勝候補 ケイティー・テイラーとはどんな選手? ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:45|PermalinkComments(0)

2017年03月24日

戦績カサ上げのために突然組まれた8回戦 ノル・グロ VS 塙英理加 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第6試合 53kg契約体重 8回戦
ノル・グロ(フィリピン) 赤コーナー
VS
塙英理加 はなわえりか(UNITED) 青コーナー

ノル・グロ VS 塙英理加
 第6試合は、直前に追加された塙英理加選手の8回戦。塙選手の所属するユナイテッドジムさんはこの試合を「世界前哨戦」とツイート。しかし、誰と?続きを読む

queensofthering at 00:20|PermalinkComments(0)

2017年03月23日

ひとはそれを茶番と呼ぶ 佐山万里菜 VS タイ人 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第4試合 フライ級 4回戦
佐山万里菜 さやままりな(ワタナベ)
VS
ニラポーン・スックサーソンクロチュンマイ(タイ)

佐山万里菜 VS タイ人
 このデビュー戦の前からなにやら記事になったりしている佐山万里菜選手とアルバイトさんの一戦。パンフレットではこのバイトさん、7戦3勝3敗1分などともっともらしいキャリアになっていますが、だれが見てもボクシングは素人。続きを読む

queensofthering at 01:20|PermalinkComments(2)

2017年03月22日

石川海 デビュー以来無傷の3連勝 石川海 VS タイ人 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第2試合 アトム級 4回戦
パーウィッティダー・サックナロン(タイ)赤コーナー
VS
石川海 いしかわうみ(UNITED)青コーナー

石川海vsパーウィッティダー-8
 石川海選手のプロ3戦目の相手は、これまで2戦と同じくタイのアルバイトさん。続きを読む

queensofthering at 22:35|PermalinkComments(0)

穐丸早樹 VS 樽井捺月 II 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4
穐丸早樹-1 樽井捺月-1

第3試合 アトム級 4回戦
穐丸早樹 あきまるさき(K&W)赤
VS
樽井捺月 たるいなつき(アルファ)青

穐丸早樹vs樽井捺月-2

 12月の対戦では0−0のドローだったこのカードのリマッチが早くも実現。続きを読む

queensofthering at 10:10|PermalinkComments(0)

2017年03月20日

成田佑美 VS 一村更紗、満田美紀 VS 藤原芽子 II 4回戦 結果 BIG FIGHT BOXING vol.48 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月19日(日)兵庫 市川町文化センターひまわりホール
BIG FIGHT BOXING vol.48

319

第3試合 ライトフライ級 4回戦
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)
判定 2−1
×一村更紗 いちむらさらさ(堺東ミツキ)
成田佑美選手の判定勝利
(39−37、38−39、39−37)
 『ボクシングレイズ boxingraise.com』さんの有料動画配信で観戦したんですが、この試合はレベルが高くてびっくり。ナイスファイトです。ふたりとも足が動き、拳種が多く、全身が連動する素晴らしいボクシング。試合としてはそこらの6回戦、8回戦より面白かったです。画質は悪いですけど見る価値あり。

第2試合 スーパーバンタム級 4回戦
×満田美紀 みつだみき(姫路木下)
判定 1−2
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
藤原芽子選手の判定勝利
(37−39、39−38、38−39)
 こちらもスプリットでの判定決着。ほとんど差はなかったと思います。もしかしたら、藤原選手は左利き?右の軌道が安定しないのが気になりました。

成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)3戦2勝(うちタイ人0)1敗1KO(うちタイ人0)
一村更紗 いちむらさらさ(堺東ミツキ)7戦2勝(うちタイ人0)4敗1分
満田美紀 みつだみき(姫路木下)5戦1勝(うちタイ人0)4敗1KO(うちタイ人0)
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)6戦3勝(うちタイ人0)2敗1分1KO(うちタイ人0)

前回記事 満田美紀 VS 藤原芽子、成田佑美 VS 中村志津香 4回戦  結果 BIG FIGHT BOXING vol.47 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(4)

昨年夏以来のリマッチ 下岡由美子 VS 鈴木菜々江 II ミニフライ級 4回戦 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

下岡由美子-2 鈴木菜々江-1

第1試合 ミニフライ級 4回戦
下岡由美子 しもおかゆみこ(厚木ワタナベ)赤
VS
鈴木菜々江 すずきななえ(シュウボクシングジム)青

 両選手は昨年7月に一度対戦し、そのときは赤の下岡選手が判定勝利。この日は、8ヶ月ぶりのリマッチとなりました。

下岡由美子vs鈴木菜々江-3
 アマチュアで実績がある人などは例外ですが、普通、ボクサーはまず4回戦(C級ライセンス)からキャリアがスタートします。そして、4回戦で4勝するとB級ライセンスに格上げになり、6回戦に出場できます。さらに勝利を重ねると晴れてA級ボクサーになれるのです。続きを読む

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0)

鮮やかな戴冠劇 ガブリエラ・メツェイ VS ディナ・チョースルン EBUスーパーバンタム級王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月18日(土)デンマーク オーフス

EBUスーパーバンタム級王座決定戦 10回戦
ガブリエラ・メツェイ(ルーマニア)赤コーナー
VS
ディナ・チョースルン(デンマーク)青コーナー


 3月18日にデンマークで開かれましたヨーロッパ王座戦をごらんください。赤のガブリエラ・メツェイ選手、青のディナ・チョースルン選手、ともに23才です。続きを読む

queensofthering at 09:30|PermalinkComments(0)

2017年03月17日

これがプロボクシング 小関有希 VS 吉田実代 スーパーフライ級 6回戦 詳細 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第5試合 スーパーフライ級 6回戦
小関有希 こせきゆうき(K&W)赤コーナー
VS
吉田実代 よしだみよ(EBISU K’s BOX)青コーナー

吉田実代
 シュートボクサーがMMAに出たり、プロボクサーがMMAに転向したりということはメディアで話題になりますが、公平性を期すなら、その逆パターンのボクサーが好勝負を演じたことも伝えて欲しいと思います。

 吉田実代選手はかつてMMAで何戦か経験を積んでシュートボクシングに登場、Girls S-Cupで準決勝に進出し注目を集めたあとプロボクシングに転向した希少な経歴の持ち主です。そして、ボクシングデビュー後は4戦全勝を記録し、転向成功と思われた矢先の第5戦、『ダンガン・レディース2』で吉田選手の前にあらわれたのが小関有希選手でした。

小関有希
 吉田選手がよく言えばバランスが取れたオーソドックスなファイトスタイル、悪く言えばいまいちボクサーとしての個性に欠けるのに対して、小関選手のストロングポイントはその剛腕。しかも打撃は正確です。

 ふたりの初顔合わせは手に汗握る激しいものとなり、小関選手のインパクトのあるパンチが勝負を決しました。吉田選手はプロ5戦目で痛恨の初黒星。・・・あれから半年、『ダンガン・レディース4』のリングで激戦必至のリマッチが実現しました。続きを読む

queensofthering at 22:30|PermalinkComments(2)