ボクシングの試合:2016.7〜9

2017年01月26日

ヘヴィー級の激戦が議論を呼ぶ結果に アジア・パシフィック&ニュージーランド王座決定戦 ナイリニ・ヘイル VS アンジ・デイビス 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2016年9月24日(土)ニュージーランド オークランド


UBFアジア・パシフィックヘヴィー級
およびニュージーランドヘヴィー級王座決定戦 6回戦
ナイリニ・ヘイル (トンガ/ニュージーランド)青コーナー
VS
アンジ・デイビス (ニュージーランド)赤コーナー

 ヘヴィー級の試合をご紹介するのはずいぶん久しぶりになります。まず、女子のヘヴィー級の試合は層が薄いため非常に少ないのですが、時々行われる試合が動画などでアップされても、たいていはレベルが低くて見るに堪えるものではなく、なかなかご紹介の機会がありませんでした。しかし、この試合は面白いです。

 両選手ともちゃんと訓練されていますし、試合後半のスピードが軽量級かと思うほど速く、スリリングな好試合になっています。会場も盛り上がっていますね。

 けれども、試合後の採点に不思議と時間がかかり、なにやら怪しい雰囲気。こういう時は高確率であとからトラブルに結びつくことが多いのですが・・・、2−1の僅差でヘイル選手が勝利して、ベルトも腰に巻かれてお客さんから大きな拍手と記念撮影。

 しかーし、試合後13日も経過してから「ジャッジペーパーの集計が間違っていた」「再計算の結果、58−56でヘイル選手の勝ちとなっていたジャッジが実は57−57だったので判定は1−1のドローに変更する」との公式発表があり、ヘイル選手の王座は取り消し、6ヶ月以内にデイビス選手と再戦することが義務付けられました。 いくらなんでも遅すぎる決定です。

 この発表の2週間後にヘイル選手は、すでに決まっていたスケジュールに従って、格下と思われるアーリー・メレイシア選手と戦いましたが、これに1−2で敗戦し「番狂わせ」と騒がれました。

 ニュージーランド女子ヘヴィー級はこれで混沌とした状況となり、誰が一番強いのかが分からなくなったのです。

 この「番狂わせ」は、2本のベルトの認定取り消しのショックと、試合後にSNS(フェイスブックやツイッターなど)で書き込まれたたくさんの投稿の内容にヘイル選手が精神的にまいっていたため、と言われていますが、負けは負けなのです。

 そして、さらに面倒なことにデイビス選手が練習中に肩に深刻なダメージを受け、再戦が当分の間は不可能になりました。

 ヘイル選手、メレイシア選手、デイビス選手のうち、本当に王座にふさわしいのは誰か?この問題を解決するために、1月25日にひとつの答えが出されました。

 まず、3月(10日か24日)にヘイル選手とメレイシア選手でアジア・パシフィック&ニュージーランドのタイトルマッチをおこなってチャンピオンを決め、デイビス選手の肩の怪我が治ったあと、彼女に優先的に同王座に挑戦する権利を与える、というものです。

 ボクシングという競技は、一戦一戦を選手生命を削りながら行うスポーツであり、現役時代に戦える試合数は限られています。ジャッジの不手際が選手のコンディションに影響するような結果になることは、あってはならないことなので、もっと慎重に運営してもらいたいですね。 あんなに時間をかけたのに、なんで簡単な足し算を間違うかなー。

UBFアジア・パシフィックヘヴィー級
およびニュージーランドヘヴィー級王座決定戦 6回戦
△ナイリニ・ヘイル (トンガ/ニュージーランド)青コーナー
ドロー 1−1
△アンジ・デイビス(ニュージーランド)赤コーナー
ジャッジ三者三様のドロー
(58−56、56−58、57−57)

関連記事 スーパーミドル級王者ナターシャ・ラゴシーナ ヘビー級進出第一弾 対パメラ・ロンドン戦 結果

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 13:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月02日

Dangan Ladies 2 のタイ人祭りを振り返る ペッターピー VS 後藤あゆみ、チャオズ箕輪 VS ペッチパヤ、若狭与志枝 VS ドッグマイパー、石川海 VS ペットルークターン ボクシング女子

 Boxing

 当ブログでは「ボクシングにムエタイ選手を呼ばないで!」と何度か呼びかけています。今回は「ボクシングにムエタイ選手を呼ぶとどうなるか」を今年9月の『ダンガンレディース2』を例にお話ししましょう。

jpeg

 もともとムエタイ王国のタイでは、その存在に押されてプロボクシング環境は無いに等しい状況なので、そこに女子ボクサーをオファーしてもまともな選手はほとんどいないのです。

 ちゃんと探せばタイにもごく少数の女子ボクサーはいるのですが、日本人がそれを把握するのは不可能に近いでしょう。

 で、体重だけ指定してあとはおまかせで呼んでしまうと、その結果、来るのはほとんどがムエタイの無名選手、あるいはムエタイもしてなさそうな素人さんです。

 そんな中で『ダンガンレディース2』ではムエタイでもキッチリ名のある選手が来日。多分、主催者さんがタイ側に強く要請したのでしょう。4人のうち1人はムエタイ元世界王者。1人は世界タイトル挑戦経験者でしたから。

 これを見て当ブログは「勝てない」けれども「いままでよりも粘る」、「タイ人もやるじゃない」となるかも、と書きました。

 結果はやはりタイ人選手は1人も勝てませんでした。でも、自分からわざと打たれに行ったり、試合を投げ出したりすることは無く、みんな頑張りました。粘りました。

 しかし、「やるじゃない」とはなりませんでしたね。

 そのことをちょっと振り返ってみましょう。

ishikawa
ペットルークターン選手減点

第4試合 バンタム級 4回戦
石川海 いしかわうみ(UNITED)
判定 2−0
×ペットルークターン・モークルンテープトンブリー(タイ)
石川海選手の判定勝利。
(ペットルークターン選手にホールディングで減点1)

 ペットルークターン選手はアスリートの基礎やファイティングスピリットは持っていると感じましたが、本当にボクシングは初めてのようでした。石川選手もデビュー戦なので両選手とも良く言えば初々しい、素直に言えば素人丸出しの8分間に。

 どちらもクリンチが下手なので、ホールディングと言われればそう見える場面が何度もありながら、ペットルークターン選手だけがホールディングで減点1。それがなければドローになるスコアで、石川選手にとっては拾い物の判定勝利でした。

wakasa
左だけで戦うドグマイパー選手

第6試合 54.0kg 4回戦
若狭与志枝 わかさよしえ(花形)
判定 2−0
×ドッグマイパー・ギャットポーンペット[ドグマイパー・ギェトポムペット](タイ)
若狭与志枝選手の判定勝利。

 この試合に関しては事前記事で「ドグマイパー選手は若狭選手を手こずらせるでしょう」と書きましたが、そうなりませんでした。かなり若狭選手の有効打が多く、クリアな判定勝ちという結果に。

 ドグマイパー選手はプロでもアマでも何試合かボクシングの経験があるので、この中では一番やるだろうと思っていたのですが。

 結論から言うと、ドグマイパー選手は明らかに右の拳をかばっており、試合中一度もまともに右パンチを出していません。左腕一本で戦っていました。それがこの試合の低調さの原因です。

 彼女は実はこの試合の19日前にもボクシングの試合をしているのでその時に拳を痛めていたのかもしれません。あるいはその後の練習中だったかもしれません。とにかく右を打っていないので何かの事情があったはずです。

 また、19日前のボクシングはTKO負けだったので、本来、この日は試合をしてはいけない選手でした。

minowa

第8試合 フライ級 6回戦
×ペッチパヤ[ペッパヤー]・モークルンテップトンブリ(タイ)
KO 第3ラウンド
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ[箕輪綾子みのわあやこ](元ボクシング日本代表/ワタナベ)
チャオズ箕輪選手のKO勝利。

 これはもうボクシング素人VSアマエリートの対戦ですから結果は当然です。

 しかし、箕輪選手のボディーが効いていましたね。日本の女子プロでこんなにボディー打つ人はいないというくらい箕輪選手はボディー多いんですが、これはムエタイ選手には特にキツイですよ。

 というのは、ムエタイで使われる中段攻撃は主にヒザ蹴りか回し蹴りなので、ボディーは足を上げてのディフェンスが基本。でも、ボクシングでは足を使えません。ボディーパンチの防御なんかしたことないですから、まともに喰っちゃうわけです。

d5de5895

goto

第9試合 スーパーバンタム級 6回戦
×ペッターピー・モークルンテープトンブリー(タイ)
TKO 第4ラウンド
後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)
後藤あゆみ選手のTKO勝利。

 この日、一番「え〜っ」と思ったのはこの試合です。ペッターピー選手は元ムエタイ世界王者で、非常に強豪なのですが、この試合の彼女はいつもと全然違っていたからです。

 上の写真がムエタイの時の彼女。下がボクシングです。構えがまったく違いますよね。

 ムエタイではすぐに蹴れるように体重は後ろに置き、背を伸ばして顔を上げ、アップライトに構えます。

 ボクシングでは体を伸ばすとボディーががら空きになるので、それを防ぐためにやや前かがみになるのですが・・・それを意識しすぎたのでしょうか。

 もともとムエタイ選手はボクシングのようなフットワークを使わないのですが、こんなに極端に前傾してはさらにまったく動けなくなり、身長差もあるので後藤選手のパンチのいい餌食になってしまいました。

 選手本人が何か勘違いをして墓穴を掘りそうになる時、それを正すのがコーチのはずですが、ペッターピー選手にはこんな構えを直してくれる人が一人もいなかったわけですね。

 基本的にムエタイ選手はムエタイ以外の格闘技についてはほとんど何も知りません。ボクシングも知りません。

 「ボクシングの基礎ぐらい常識だろう」というのはタイでは通用しないのです。

 ムエタイは「タイ式ボクシング」ではなくてどこまで行っても別競技のムエタイなのです。

 だから、ボクシングにはムエタイ選手は呼ばないでくださいね。

関連記事 一般の格闘技ファンのための100の大事なことがら その27 世界のどこにも「タイ式ボクシング」や「国際式ボクシング」は存在しない いまだに生き残っている誤訳と捏造

関連記事 激闘リマッチ! WBO 池原シーサー久美子 VS 江畑佳代子 、ペッターピー VS 後藤あゆみ、チャオズ箕輪 VS ペッチパヤ、吉田実代 VS 小関有希 ほか 結果 Dangan Ladies Vol.2 ボクシング女子

関連記事 やっかいな局面に入ってしまった日タイ女子ボクシング 池原シーサー久美子 VS 江畑佳代子 、ペッターピー VS 後藤あゆみ、吉田実代 VS 小関有希 ほか 予定 Dangan Ladies Vol.2 ボクシング女子

関連記事 ペッターピー VS ミリアム・サボット 56kg 5回戦 結果&ノーカット動画 Women's Muay Thai World Championships 2016 ムエタイ女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 10:40|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月06日

WBO世界ミニフライ級タイトルマッチ 池原シーサー久美子 VS 江畑佳代子 本当にチャンピオンの防衛成功なのか?  Dangan Ladies Vol.2 ボクシング女子

 Boxing

2016年9月21日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.2

第10試合WBO世界ミニフライ級タイトルマッチ
王者 池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)
VS
挑戦者 江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)

Ikehara_2

Ebata_1

 少々時間が経ってしまいましたが、先月の『ダンガン・レディース2 池原シーサー久美子 VS 江畑佳代子 リマッチ』をもう一度振り返ってみましょう。

 QRでは試合直後に「新王者誕生かと思われましたが、判定は池原選手のスプリット勝利。 ナゾ判定。」と書きました。明らかに変な判定納得出来ない判定に見えました。

 試合終了後、後楽園ホールの階段を下りて帰る人波のなかでも「あの判定あり?」「江畑の勝ちじゃないの?」という声が聞こえました。

 それに答える声として「いや、でも、ボクシングにはいろんな見方があるからね」というのも聞こえてきました。続きを読む

queensofthering at 09:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月07日

小村楓香 VS 長井香織 4回戦 結果 CRASH BOXING vol.9 ボクシング女子

 Boxing

CRASH_BOXINGvol92016年8月7日(日) 大阪 エディオンアリーナ(府立第2)
CRASH BOXING vol.9

第5試合 48kg契約 4回戦
小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ)
判定 3−0
×長井香織 ながいかおり(明石)
小村楓香選手の判定勝利

小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ)1戦1勝
長井香織 ながいかおり(明石)2戦2敗

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:44|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月28日

小村楓香 VS 長井香織 4回戦 予定 女子高生50名無料招待 CRASH BOXING vol.9 ボクシング女子

 Boxing

CRASH_BOXINGvol92016年8月7日(日) 大阪 エディオンアリーナ(府立第2)
CRASH BOXING vol.9

第5試合 48kg契約 4回戦
小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ)
VS
長井香織 ながいかおり(明石)

「★楓香応援女子高生シート
制服姿の女子高生(生徒手帳持参)先着50名を無料でご招待」ということです。
お問い合わせはグリーンツダジム06-6981-2117まで。

小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ)デビュー戦
長井香織 ながいかおり(明石)1戦1敗

*日時 2016年8月7日(日) 開始17:00
*場所 大阪 エディオンアリーナ第二競技場(府立第二)
*料金 VIP席20,000円/RS席15,000円/指定A席10,000円/自由席・立見席5,000円
*問合せ グリーンツダジム 06-6981-2117
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 01:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月20日

奥田朋子 VS 満田美紀 スーパーバンタム級 4回戦 結果 ボクシング女子

 Boxing

ioka2016年7月20日(水)大阪 エディオンアリーナ 第1競技場
WBA世界フライ級タイトルマッチ 井岡一翔 VS キービン・ララ

第1試合 スーパーバンタム級 4回戦
奥田朋子 おくだともこ(堺東ミツキ)
判定 2−0
×満田美紀 みつだみき(姫路木下)
奥田朋子選手がマジョリティーデシジョンで勝利
(38−38、39−38、39−37)

 本来の第1試合が中止になったため、急遽このカードが第1試合になったようです。

この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
奥田朋子 おくだともこ(堺東ミツキ)3戦2勝1敗
満田美紀 みつだみき(姫路木下)2戦1勝1敗1KO

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 20:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月17日

奥田朋子 VS 満田美紀 スーパーバンタム級 4回戦 予定 ボクシング女子

 Boxing

ioka2016年7月20日(水)大阪 エディオンアリーナ 第1競技場
WBA世界フライ級タイトルマッチ 井岡一翔 VS キービン・ララ

予備カード スーパーバンタム級 4回戦
奥田朋子 おくだともこ(堺東ミツキ)
VS
満田美紀 みつだみき(姫路木下)

★予備カードとはテレビ生中継がある大会で組まれる大会進行時間調整用のカードのこと。必ずその試合はおこなわれますが、その試合が何時開始になるのかは決まっていません。その日の試合にKOや棄権などがあってTV放送予定時間よりも進行が早い場合、中継が始まる前におこなわれますが、試合進行が予定どうリの場合は、全試合終了後におこなわれます。

奥田朋子 おくだともこ(堺東ミツキ)2戦1勝1敗
満田美紀 みつだみき(姫路木下)1戦1勝1KO

*日時 2016年7月20日(水)開場15:45 開始16:30
*場所 大阪 エディオンアリーナ 第1競技場
*料金 アリーナ指定席50,000円/アリーナ指定席30,000円/アリーナ指定席10,000円/スタンド自由席5,000円
*問合せ 井岡ボクシングジム 06-6562-1888
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 02:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月10日

一村更紗 VS 荒瀬あかり 48kg契約4回戦 結果&ノーカット動画 第73回ドラマチックボクシング ボクシング女子

 Boxing

2016年7月9日(土)大阪 エディオンアリーナ第2競技場(府立第2)
第73回ドラマチックボクシング

第1試合 48kg契約 4回戦
一村更紗 いちむらさらさ(堺東ミツキ)赤
VS
荒瀬あかり あらせあかり(ヨシヤマ)青


 今回もまたボクシングチャンネルさんによってノーカット動画がアップされております。4戦2勝どうしの対決の結果はどうなりましたでしょうか。レフリーは現役時代は井岡ジム所属だった隣井朝子さんです。ご覧ください。続きを読む

queensofthering at 06:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年06月22日

一村更紗 VS 荒瀬あかり 48kg契約4回戦 予定 第73回ドラマチックボクシング ボクシング女子

 Boxing

2016年7月9日(土)大阪 エディオンアリーナ第2競技場(府立第2)
第73回ドラマチックボクシング

33)第1試合 アトム級4回戦
一村更紗 いちむらさらさ(堺東ミツキ)
VS
荒瀬あかり あらせあかり(ヨシヤマ)

一村更紗 いちむらさらさ(堺東ミツキ)4戦2勝1敗1分
荒瀬あかり あらせあかり(ヨシヤマ)4戦2勝2敗1KO

*日時 2016年7月9日(土)17時45分開始
*場所 大阪 エディオンアリーナ第2競技場(府立第2)
*料金 リングサイド¥7000/指定席¥5000/立見¥2500
*問合せ 大阪帝拳プロモーション 06-6354-1523
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote