ボクシングの試合:2014.7〜9

2015年02月14日

プレイバック! 日向野知恵 VS 山岸愛子 4回戦 試合経過 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月20日(土)大阪府 アゼリア大正
TO THE FUTURE Vol.18

47kg契約 4回戦
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)赤
VS
山岸愛子 やまぎしあいこ(ワイルドビート)青

Higano_vs_Yamagishi_1
 昨年9月のW世界戦のかげにかくれてあまり伝えられなかった4回戦をご紹介します。青の山岸選手、赤の日向野選手ともに無敗での対決。日向野選手はその鍛えられた背中を見るだけでフィジカルの充実ぶりがうかがえますし、山岸選手は動きがシャープでスピーディー。開始直後からいい試合が予想されました。続きを読む

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年01月09日

松本みき VS 大空ヒカル、神成麻美 VS パッスワイ・ソルウォラピン 4回戦  結果 ボルファートとやま ボクシング女子

 Boxing

2014年9月28日(日)富山 ボルファートとやま
チャンピオン挑戦ロード第17弾

挑戦50kg契約 4回戦
松本みき まつもとみき(カシミ)
判定 3−0
×大空ヒカル おおぞらひかる(アルファ)
松本みき選手の判定勝利

フェザー級 4回戦
神成麻美 じんなりあさみ(カシミ)
判定 3−0
×パッスワイ・ソルウォラピン(タイ)
神成麻美選手の判定勝利

松本みき まつもとみき(カシミ)2戦2勝
大空ヒカル おおぞらひかる(アルファ)3戦3敗
神成麻美 じんなりあさみ(カシミ)1戦1勝
パッスワイ・ソルウォラピン(タイ)

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年10月02日

よくやったデビ選手!腐った競技会には「腐っている」と言わなければならない 第17回アジア競技大会 インチョン ボクシング女子

 Boxing

2014年10月1日(水)韓国 インチョン
第17回アジア競技大会

 インドのボクシング女子代表ライシュラム選手が、10月1日におこなわれたインチョンアジア競技会の表彰式で銅メダルの受章を拒否し、それを2位のパク・ジナ選手(韓国)の首にかけるという『事件』が起こりました。

 ライシュラム選手とパク選手は9月30日にライト級( 57〜60kg)準決勝で対戦し、3−0の判定でパク選手が勝っていました。しかし、その判定はまったく試合内容に合わないヒドイもので、現地で見ていた韓国の人たちでさえあきれるような最低の地元判定だったのです。

43
パク・ジナ(赤) VS サリタ・デビ・ライシュラム(青)

ライト級準決勝
×サリタ・デビ・ライシュラム(インド)
判定 0−3
○パク・ジナ(韓国)
パク・ジナ選手の判定勝利

 上掲の動画でおわかりのように、あきらかに不当判定です。どう見てもインドの選手の勝ちですね。この内容で韓国選手の勝ちは有り得ない。

 判定もヒドイですが、韓国選手が強打をもらって何度もアゴが上がっているのにダウンを取らないレフリーも不可解。

 韓国開催で韓国が勝っているという事実から容易に『韓国批判』に結びつくような事案ですが、ちょっと待ってください。この試合は、レフリーにもジャッジにも韓国人は一人もいないんです。

 それではなぜこのような判定になるのでしょうか?可能性はふたつです。ボクシングの見方を知らない人がジャッジをしていたか、見方は知っているんだけど買収されてウソの採点をしたか、です。

 どっちにしろ、そんなジャッジを送り込んだボクシングという競技が健全ではないということは否定出来ません。

 コトがこれだけ大きくなりましたからアマボクシングを管轄するAIBA(国際ボクシング連盟)さんも何か具体的なことを言わなければならない状況となるでしょう。買収されたジャッジを処分するのか、買収したほうが悪いというのか、買収なんか無いと否定するのか、注目が必要です。(AIBAさんの初動は判定内容には触れずにライシュラム選手の行為を批判するという空気の読めないトンチキ発言でしたが...)

 アジア大会については過去に中国開催のときもヒドイ試合が相次ぎ、日本も柔道などでかなりの被害を受けましたが、なぜか抗議をしませんでした。理解出来ないことです。

 その後、日本ではアマボクシングの連盟が『終身会長』(名誉会長ではなくて実権を持つ会長)などというどこかの将軍様も真っ青になるような体制となりまして、韓国のボクシング界のことをどうこう言えるような立場で無くなったのが情けないところです(苦笑)。

 わたしたちは間違った判定には『間違っている』ときちんと抗議したサリタ・デビ・ライシュラム(インド)選手を支持します。抗議しなければいつまでも同じことが続くんです。黙っているとますますヒドイほうに行くんです。

 ライシュラム選手はモハメド・アリ選手の大ファンで、インドでは警察官をしているそうです。いろいろ言われると都合の悪い人たちが、彼女のことを批判する動きもあるようですが、そんなのにめげずに正しい道を歩いてほしいと思います。がんばれ、サリタ・デビ・ライシュラム選手!

関連記事 日本人は抗議するべき しなければ前例となって同じことが続く

関連記事 メディアは何を伝えているか? プレスリリースの受け売りにご注意

banner_02 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ qbar

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月24日

OPBF東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ 花形冴美 VS 小田美佳 結果 DANGAN111

 Boxing

2014年9月24日(水)東京 後楽園ホール
DANGAN111

花形冴美 VS 小田美佳

OPBF東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ 8回戦
×王者 花形冴美 はながたさえみ(花形)
判定 0−2
○挑戦者 小田美佳 おだみか(宮田)
小田美佳選手がマジョリティーデシジョンで勝利し新チャンピオンとなりました。

小田美佳選手

小田美佳選手

 予想どうリの激闘となったこのタイトルマッチ、中間地点でのオープンスコアでは花形選手が優勢だったものを、後半に小田選手がポイントをひっくり返して逆転勝利。新王者の誕生となりました。

花形冴美 はながたさえみ(花形)16戦9勝5敗2分4KO
小田美佳 おだみか(宮田)14戦6勝7敗1分1KO

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:20|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月23日

WBOミニフライ級王座決定戦 池原シーサー久美子 VS グレッチェン・アバニエル 試合経過 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月20日(土)大阪府 アゼリア大正
TO THE FUTURE Vol.18

WBOミニフライ級王座決定戦
池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)
VS
グレッチェン・アバニエル(フィリピン)

池原久美子選手
 この日のアゼリア大正はWBOの2大タイトルマッチ。その片方は『王座決定戦』つまりチャンピオンのいないタイトルマッチで、もう片方はチャンピオンの『王座防衛戦』。ボクシングファンの常識では防衛戦のほうが格上ですが、メインをとったのはこの決定戦のほう。会場では「どうして?」という声もありましたが、それだけ池原シーサー久美子選手への期待が大きいということでしょう。

グレッチェン・アバニエル選手
 池原選手が迎えた対戦者はこれまでで最強の相手、グレッチェン・アバニエル選手。日本の誇る実力派王者の宮尾綾香選手との対戦では瞬間速度で上回ったという見方もあるフィリピンのスピードスターです。続きを読む

queensofthering at 19:35|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月20日

郷司利也子 VS カニタ・サックナロン 試合経過 ホープフルファイトvol.16 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月17日(水)後楽園ホール
ホープフルファイトvol.16

フライ級 4回戦
郷司利也子[松島利也子] ごうしりやこ(川崎新田)
VS
カニタ・サックナロン(タイ)

郷司利也子選手
 赤コーナーに登場は郷司利也子選手。かつては松島利也子のリングネームで2戦していますが勝ち星がないままリングを離れ、5年という長いブランクの後、ことし4月に復帰戦で初勝利。この日はプロ4戦目を迎えます。

カニタ選手
 青コーナーはタイからやってきたカニタ選手。ボクシング戦績は3勝2敗ということです。落ち着いた表情でリングイン。

郷司利也子 VS カニタ_2

郷司利也子 VS カニタ_3
 試合開始から郷司選手は積極的に前に出てパンチを放ちます。

郷司利也子 VS カニタ_5
 カニタ選手も打ってきますが、郷司選手は冷静に距離を置いてやり過ごし...

郷司利也子 VS カニタ_8

郷司利也子 VS カニタ_7
 その後にガンガン前に出てロープぎわまで押しまくります。

郷司利也子 VS カニタ_9
 カニタ選手もやり返したいところですが、郷司選手が常に前に出続けるために距離が詰まってまともに打つことが出来ません。

郷司利也子 VS カニタ_6
 郷司選手のパンチはいかにも非力ながら、前進の勢いと、気の強さで相手をロープに釘付け。最大の見せ所到来ですが、ここで郷司選手は両足が揃ってしまい、カッコいいパンチを見せることが出来ません。

郷司利也子 VS カニタ_1
 カニタ選手は郷司選手の前進に手を焼いたまま下がり続け、判定は3−0で郷司利也子選手の勝利。これで郷司選手は2勝2敗。負け越しを清算し、ファンに笑顔を見せました。

フライ級 4回戦
○郷司利也子[松島利也子] ごうしりやこ(川崎新田)
判定 3−0
×カニタ・サックナロン(タイ)
郷司利也子選手がユナニマスデシジョンで勝利

郷司利也子 ごうしりやこ(川崎新田)4戦2勝2敗
カニタ・サックナロン(タイ)


関連記事 三好喜美佳 VS タンティップ、 郷司利也子 VS タナワン 結果 OVER HEAT BOXERS NIGHT vol.67 & ホープフルファイトvol.15 ボクシング女子

関連記事 花形冴美 vs 松島利也子でまたまた不適当な『おんなこども』レフリーストップ

関連記事 OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 川西友子 vs 東郷理代 結果 ボクシング女子

関連記事 三好喜美佳 vs インレック・シットサイトーン バンタム級8回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 技巧派対ハードパンチャー 菊川未紀 vs 東郷理代 6回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 激闘の再現ならず 三好喜美佳 vs 東郷理代 掘.椒シング女子

関連記事 天空ツバサ vs 三好喜美佳 54.2kg契約 6回戦 詳細 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

WBO2大タイトルマッチ 池山直 VS 秋田屋まさえ、池原シーサー久美子 VS グレッチェン・アバニエル ほか、結果 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月20日(土)大阪府 アゼリア大正
TO THE FUTURE Vol.18

Ikeyama&Seeser
池山直 & 池原シーサー久美子

WBOアトム級タイトルマッチ
○王者 池山直 いけやまなお(フュチュール)
判定3−0
×挑戦者 秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
(秋田屋選手は第2ラウンドにダウン1)
池山直選手の判定勝利。同王座の初防衛に成功。

WBOミニフライ級王座決定戦
池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)
判定2−1
×グレッチェン・アバニエル(フィリピン)
池原シーサー久美子選手の判定勝利。WBOミニフライ級王座を獲得。

スーパーフライ級 8回戦
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
判定2−1
×カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
小澤瑶生選手の判定勝利

47kg契約 4回戦
×日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)
TKO第2ラウンド
山岸愛子 やまぎしあいこ(ワイルドビート)
山岸愛子選手のTKO勝利
(山岸愛子選手は第2ラウンドにダウン1。そのあとの打ち合いの中、レフリーストップで逆転勝利。)

池山直 いけやまなお(フュチュール)19戦15勝3敗1分4KO
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)16戦9勝5敗2分3KO
池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)8戦6勝1敗1分3KO
グレッチェン・アバニエル(フィリピン)21戦15勝6敗6KO
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)9戦7勝2敗2KO
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)14戦5勝6敗3分2KO
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)4戦3勝1敗
山岸愛子 やまぎしあいこ(ワイルドビート)5戦4勝1分1KO

関連記事 闘志あふれる好試合 カイ・ジョンソン VS 高野人母美 スーパーフライ級6回戦 結果 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 20:00|PermalinkComments(9)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月19日

松本みき VS 大空ヒカル、神成麻美 VS パッスワイ・ソルウォラピン 4回戦 予定 ボルファートとやま ボクシング女子

 Boxing

2014年9月28日(日)富山 ボルファートとやま
チャンピオン挑戦ロード第17弾

挑戦50kg契約 4回戦
松本みき まつもとみき(カシミ)
VS
大空ヒカル おおぞらひかる(アルファ)

フェザー級 4回戦
神成麻美 じんなりあさみ(カシミ)
VS
パッスワイ・ソルウォラピン(タイ)

松本みき まつもとみき(カシミ)1戦1勝
大空ヒカル おおぞらひかる(アルファ)2戦2敗
神成麻美 じんなりあさみ(カシミ)デビュー戦
パッスワイ・ソルウォラピン(タイ)

*日時 2014年9月28日(日)開場13時30分 開始14時
*場所 富山 ボルファートとやま 富山市奥田新町8-1
*料金 ボクシングのみ RSゾーン席10,000円/Aゾーン席5,000円
    RSゾーン席+ディナーショー15,000円/Aゾーン席+ディナーショー10000円/ディナーショー5,000円
    The MorrieMorrie Entertainmentsの演奏によるオールディーズディナーショーとのコラボイベント(ボクシング終了後にディナーショー)
    A席は満席の場合、立見になります。未就学児童立見無料。当日料金は全席500円アップ。
*問合せ トヤマボクシングジム 076-411-9088
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月17日

明暗分かれた川崎新田女子 三好喜美佳 VS 氷室笑香、郷司利也子 VS カニタ 結果 ホープフルファイトvol.16 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月17日(水)後楽園ホール
ホープフルファイトvol.16

氷室笑香選手

53.3kg契約 6回戦
×三好喜美佳 みよしきみか(元OPBFバンタム級王者/川崎新田)
判定 1−2
氷室笑香 ひむろえみか(レパート玉熊)写真
氷室笑香選手がスプリットデシジョンで勝利

 三好選手はいつもどうりの攻撃的なボクシングで進みますが、氷室選手は下がりながらもカウンター気味の右、打ち終わりを狙った左をいいタイミングで決めて大接戦に。ジャッジは2対1で氷室選手を支持し、世界戦経験者の三好選手が敗れる番狂わせが成立。氷室笑香選手がやりました。

郷司利也子 VS カニタ

フライ級 4回戦
郷司利也子[松島利也子] ごうしりやこ(川崎新田)
判定 3−0
×カニタ・サックナロン(タイ)
郷司利也子選手がユナニマスデシジョンで勝利

 郷司選手は試合の最初から最後まで相手に体をぴったり寄せて距離をつぶし、キツいパンチをもらうことなく4ラウンドを完走。パンチ力はなくても気持ちの強さで勝利をもぎ取りました。

三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)18戦9勝8敗1分4KO
氷室笑香 ひむろえみか(レパート玉熊)6戦4勝1敗1分1KO
郷司利也子 ごうしりやこ(川崎新田)4戦2勝2敗
カニタ・サックナロン(タイ)


関連記事 三好喜美佳 VS タンティップ、 郷司利也子 VS タナワン 結果 OVER HEAT BOXERS NIGHT vol.67 & ホープフルファイトvol.15 ボクシング女子

関連記事 花形冴美 vs 松島利也子でまたまた不適当な『おんなこども』レフリーストップ

関連記事 OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 川西友子 vs 東郷理代 結果 ボクシング女子

関連記事 三好喜美佳 vs インレック・シットサイトーン バンタム級8回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 技巧派対ハードパンチャー 菊川未紀 vs 東郷理代 6回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 激闘の再現ならず 三好喜美佳 vs 東郷理代 掘.椒シング女子

関連記事 天空ツバサ vs 三好喜美佳 54.2kg契約 6回戦 詳細 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月16日

OPBF東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ 花形冴美 VS 小田美佳 予定 DANGAN111

 Boxing

dangan1112014年9月24日(水)東京 後楽園ホール
DANGAN111

OPBF東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ 8回戦
王者 花形冴美 はながたさえみ(花形)
VS
挑戦者 小田美佳 おだみか(宮田)

 本年3月に東洋太平洋ミニフライ級タイトルを獲得した花形選手が初防衛戦をおこないます。挑戦者は小田美佳選手。花形選手と小田選手はこれが初対決。

 小田選手は現在5勝7敗と負け越し中ですが、これは対戦相手の多くが、のちに世界王者となる実力者であったためで、そんな強豪たちと幾多の激闘を残してきた彼女自身の実力は決してあなどれるものではありません。

 しっかりした基礎のうえに、旺盛な格闘スピリットを持つ挑戦者は、チャンピオン花形選手にとって危険な存在。火花が散るような激闘が予想されます。

花形冴美 はながたさえみ(花形)15戦9勝4敗2分4KO
小田美佳 おだみか(宮田)13戦5勝7敗1分1KO

*日時 2014年9月24日(水)開場17時30分 開始18時
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 S指定席 10,000円/A指定席 8,000円/B指定席 6,000円/先着自由席 4,000円
*問合せ ビータイトプロモーション 03-3221-8121
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月14日

WBOダブルタイトルマッチ 池山直、秋田屋まさえ、池原久美子、グレッチェン・アバニエル ほか 予定 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月20日(土)大阪府 アゼリア大正
TO THE FUTURE Vol.18

18WBOアトム級タイトルマッチ
王者 池山直 いけやまなお(フュチュール)
VS
挑戦者 秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)

WBOミニフライ級王座決定戦
池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)
VS
グレッチェン・アバニエル(フィリピン)

スーパーフライ級 8回戦
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
VS
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)

47kg契約 4回戦
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)
VS
山岸愛子 やまぎしあいこ(ワイルドビート)

 男子では世界の権威あるメジャー団体であるWBOさんもほかの団体とおなじように女子軽量級では信用出来ない運営が目立ちます。

 例えば今回初防衛戦にのぞむ池山直選手のベルトですが、全然誰も知らない無名の選手を連れて来て『王座決定戦』をやって獲得したもの。池山選手の実力に疑問はありませんが、こんな運営はダメでしょう。

 というわけで防衛戦もタイあたりの噛ませをつれてくるかと思ったら、なんと挑戦者には秋田屋まさえ選手がえらばれました。これなら文句はありません。ファイタータイプの池山選手とボクサータイプの秋田屋選手、どんな試合になるでしょうか。

 もうひとつのタイトルマッチには池原久美子選手が登場。池原選手のボクシングは高く評価しますが、彼女に世界挑戦が出来るほどの実績があるかと言えば疑問。しかし、この決定戦は相手がいいんです。フィリピンが誇るグレッチェン・アバニエル選手。

 豊かなスピードとスキルで宮尾綾香選手の王座を脅かしたあの実力派です。このひとに勝って戴冠することが出来れば池原シーサー久美子選手の強さは相当なものだと言えます。ここが池原選手のがんばりどころ。

 8回戦には安定した実績の小澤瑶生選手が出場。対戦相手は無敗の高野人母美選手をTKOで破って波に乗るカイ・ジョンソン選手。面白いカードです。

 4回戦では日向野知恵選手と山岸愛子選手の無敗対決。記録を伸ばすのはどちらでしょうか。

池山直 いけやまなお(フュチュール)18戦14勝3敗1分4KO
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)15戦9勝4敗2分3KO
池原シーサー久美子 いけはらしーさーくみこ(フュチュール)7戦5勝1敗1分3KO
グレッチェン・アバニエル(フィリピン)20戦15勝5敗6KO
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)8戦6勝2敗2KO
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)13戦5勝5敗3分2KO
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)3戦3勝
山岸愛子 やまぎしあいこ(ワイルドビート)4戦3勝1分1KO

*日時 2014年9月20日(土)開場13:30 開始14:00
*場所 大阪府 アゼリア大正
*料金 SRS席 20,000円/RS席 売り切れ/立見 5,000円
*問い合せ フュチュールボクシングジム 075-254-1907
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。


関連記事 闘志あふれる好試合 カイ・ジョンソン VS 高野人母美 スーパーフライ級6回戦 結果 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 14:00|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月08日

アリシア・アシュレイ VS ジャッキー・ナヴァ WBCスーパーバンタム級タイトルマッチ 結果&動画 ボクシング女子

 Boxing

2014年9月6日(土)メキシコ メキシコシティ

WBCスーパーバンタム級タイトルマッチ
王者 アリシア・アシュレイ(ジャマイカ)
VS
挑戦者 ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)

 WBCスーパーバンタム級を3度防衛している王者アリシア・アシュレイ選手が、メキシコで防衛戦をおこないました。挑戦者は御当地メキシコのスーパースター "アステカ・プリンセス" ジャッキー・ナヴァ選手。


 アシュレイ選手はアメリカ生まれでジャマイカ国籍のベテラン。空手/キックボクシングから転向してボクシングで成功したスター選手。そのファイトは相手のパンチをスルリ、スルリとかわしながら、その長い腕でカウンターを叩き込む独特のスタイルで "スリック" (なめらか)の異名があります。

 対する"アステカ姫" ジャッキー・ナヴァ選手も元は空手/キックから格闘技をはじめ、のちにボクシングに進出して才能を開花させ、WBCさんが女子王座を認めはじめた時の最初の女子世界王者となりました。その時に腰に巻いていたのがこのWBCスーパーバンタム級の緑のベルトなのです。

 その後のナヴァ選手のリングキャリアはまさに山あり谷あり。痛烈なKO負けなどで地獄の日々も味わいましたが、スピード感あふれる多彩なコンビネーションの腕を磨いて女子ボクシング界最高のテクニシャンの座に上り詰め、WBAスーパーバンタム級の黒いベルトを獲得し、メキシコの国民的大スターの地位を手に入れました。

 出産のために2012年8月を最後にリングを遠ざかっていたナヴァ選手ですが、『必ずリングに帰ってくる』との約束どおりに2014年5月に復帰。

 その試合をKOで勝利しますが、第1ラウンドにはナヴァ選手もダウンを喫しており、やはり長期のブランクの影響は小さくないと思われていました... 。それが復帰第2戦で早くも世界チャンピオンに挑戦です。

 結果はご覧のとおりジャッキー・ナヴァ選手が判定で勝利して実に8年ぶりにWBCスーパーバンタム級王座に返り咲きです。さすがに実力者という感じですね。

 王座を陥落したアシュレイ選手も持ち味は十分に出し、ナヴァ選手に得意の高速コンボを打たせませんでした。アリシア・アシュレイ選手は今年8月に47才になりましたが、まだまだその存在感は失っていません。

WBCスーパーバンタム級タイトルマッチ
×王者 アリシア・アシュレイ(ジャマイカ)
判定 0−2
○挑戦者 ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)
ジャッキー・ナヴァ選手の判定勝利

アリシア・アシュレイ(ジャマイカ)32戦21勝10敗1分3KO
ジャッキー・ナヴァ(メキシコ)37戦30勝4敗3分13KO

前回記事 WBAスーパーバンタム級王者ジャッキー・ナヴァがおめでた リング復帰は2013年 ボクシング女子

関連記事 ジャッキー・ナヴァ vs リサ・ブラウン 2大王者対決 WBAスーパーバンタム級タイトルマッチ 結果 ボクシング女子

関連記事 ジャッキー・ナヴァ WBAスーパーバンタム級初防衛戦 結果 ボクシング女子

関連記事 シャンタル・マルティネス VS ジャッキー・ナヴァ II WBAスーパーバンタム級タイトルマッチ 動画 ボクシング女子

関連記事 ジャッキー・ナヴァ 大観衆を沸かせる堂々の10ラウンドファイト ボクシング女子

関連記事 最高の名勝負! メキシコの二大スター アナ・マリア・トレス VS ジャッキー・ナヴァ 結果

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:50|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月02日

前世界王者エリカ・ファリアス 復帰戦 結果&動画 ボクシング女子 

 Boxing

2014年8月23日(土)アルゼンチン ブエノスアイレス

ノンタイトル 6回戦
エリカ・ファリアス(アルゼンチン)
VS
ロクサーナ・ラボルデ(アルゼンチン)


 4月のベルギー遠征でプロボクサーとして初の黒星を喫し、9回の連続防衛を記録していたWBCライト級王座を奪われてしまったエリカ・ファリアス選手(アルゼンチン)が4ヶ月ぶりにリングに帰ってきました。

 今回は格下相手の試運転でしたが、次からは大物を狙って来るでしょう。ファリアス選手ぐらいになるとあちらでは試合のファイトマネーだけで生活が出来るわけですが、それも王座と人気があってこそ。それを失うと文字どうリ死活問題。今後は栄光の座を取り戻すために必死の巻き返しを図るハズです。

ノンタイトル 6回戦
○エリカ・ファリアス(アルゼンチン)
TKO 第3ラウンド
×ロクサーナ・ラボルデ(アルゼンチン)
エリカ・ファリアス選手のTKO勝利

両選手の戦績は以下のようになります。
エリカ・ファリアス(アルゼンチン)21戦20勝1敗10KO
ロクサーナ・ラボルデ(アルゼンチン)24戦8勝14敗2分3KO

関連記事 無敗の女王エリカ・ファリアス 対 三団体統一王者デルフィン・ペルソーン WBCライト級タイトルマッチ 結果&動画 ボクシング女子

関連記事 エリカ・ファリアス vs リリアナ・パルメーラ II WBCライト級タイトルマッチ 動画 ボクシング女子

関連記事 水谷智佳 VS エリカ・ファリアス WBCライト級タイトルマッチ 結果&動画 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 08:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

江畑佳代子 6回戦、田中智沙、大石久美、日向野知恵 ほか 4回戦 結果 DANGAN112 ボクシング女子

 Boxing

face box2014年8月27日(水)東京 新宿FACE
DANGAN112

113ポンド契約 6回戦
江畑佳代子 えばたかよこ(OPBFフライ級王者/ワタナベ)
判定 3−0
×ペッチパヤ・モークルンテップトンブリ(タイ)
江畑佳代子選手の判定勝利

54kg契約 4回戦
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
中止
吉田実代 よしだみよ(EBISU K’s BOX)棄権
吉田選手が体調不良により棄権。

バンタム級 4回戦
×田中智沙 たなかちさ(勝又ジム)
KO 第1ラウンド
若狭与志枝 わかさよしえ(花形)
若狭与志枝選手のKO勝利

52.5kg契約 4回戦
×大石久美 おおいしくみ(ワタナベ)
TKO 第4ラウンド
庄司由海 しょうじゆう(越谷634)
庄司由海選手のTKO勝利

フライ級 4回戦
×小関有希 こせきゆき(協栄)
判定 0−3
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)
日向野知恵選手の判定勝利

アトム級 4回戦
大江昭子 おおえあきこ(ランド)
TKO 第4ラウンド
×樽井捺月 たるいなつき(アルファ)
大江昭子選手のTKO勝利

以上の結果により各選手の戦績は以下のようになります。
江畑佳代子 えばたかよこ(OPBFフライ級王者/ワタナベ)13戦8勝5敗4KO
ペッチパヤ・モークルンテップトンブリ(タイ)
吉田実代 よしだみよ(EBISU K’s BOX)1戦1勝
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)デビュー戦
田中智沙 たなかちさ(勝又ジム)4戦1勝3敗1KO
若狭与志枝 わかさよしえ(花形)1戦1勝1KO
大石久美 おおいしくみ(ワタナベ) 5戦1勝4敗1KO
庄司由海 しょうじゆう(越谷634)1戦1勝1KO
小関有希 こせきゆき(協栄)1戦1敗
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー蓮浄院)3戦3勝
大江昭子 おおえあきこ(ランド)2戦1戦1敗
樽井捺月 たるいなつき(アルファ)1戦1敗

関連記事 吉田実代 VS エイ・ヤヌース タイタンファイト 結果&動画 ムエタイ女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 08:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

再戦 神田桃子 VS ノンヌン ABCOアトム級タイトルマッチ8回戦 結果  ボクシング女子

 Boxing

Kanda_v_Nongnun2014年8月22日(金) フィリピン マニラ マカティシティ

ABCOアトム級タイトルマッチ 8回戦
○王者 神田桃子 かんだももこ(勝又)
TKO 第4ラウンド
×ノンヌン・モー・クルンテップトンブリー(タイ)
神田桃子選手がTKOで王座を防衛

 6月におこなわれた同王座の決定戦がタイトルマッチとしては変則である6回戦となってしまった問題に決着を付けるため、神田選手が8月22日にあらためて同じ相手と正規のフルラウンド戦でリマッチにのぞみ、TKOで勝利しました。

 これにより神田選手はJBC認可以前からの通算戦績を勝ち越すとともに初のKO勝ちを記録、連勝を3に伸ばしています。現在、WBCさんのランキングではストロー級(ミニフライ級)の世界19位につけている神田選手ですが、ここからが勝負の時となりますね。

神田桃子 かんだももこ(勝又ジム)15戦7勝6敗2分1KO
ノンヌン・モー・クルンテップトンブリー(タイ)

関連記事 神田桃子 VS ノンヌン・モー・クルンテップトンブリー ABCOアトム級タイトルマッチ6回戦 結果  ボクシング女子

関連記事 神田桃子 vs ジョセリン・アロヨ・ルイス 北米フライ級タイトルマッチ 結果 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 08:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote