キック・ムエタイ・SBの試合:2012.7〜9

2016年03月29日

WPMF世界フライ級王者いつか 引退エキシビションマッチ M-ONE SUK WEERASAKRECK XII ムエタイ女子

 MuayThai

2016年3月21日(月・祝)ディファ有明
M-ONE SUK WEERASAKRECK XII

いつか引退エキシビションマッチ 2分2R
WPMF世界フライ級王者 いつか(新宿レフティージム)
VS
WPMF日本フライ級王者 グレイシャア亜紀(ネクストレベル渋谷/WMCインターコンチスーパーフライ級王者)

いつか
 3月21日、WPMF世界フライ級王者いつか選手が引退エキシビションマッチにのぞみました。

Itsuka_14
 入場後、チャンピオンベルトの返還。続きを読む

queensofthering at 19:00|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ホリー・ホルム、ミーシャ・テイト、クリス・サイボーグの『ファイト・ヴァレー 』、アンジェラ・ディクソンの『ネヴァー・レット・ゴー』 第2回アルテミス映画祭開催せまる

 来月、アメリカで『アルテミス映画祭』が開催されます。と言ってもほとんどの人がご存じないでしょう。QRも知りませんでした・・・。というわけで、上掲の第1回のときのプロモ動画を見てみましょう。

 なるほど、こういう女子主役のアクション映画の映画祭なんですね。正式名称は『アルテミス・ウィーメン・イン・アクション映画祭 Artemis Women in Action Film Festival』。タイトルそのままでしたね。

 それでは今回の特別上映作品5本をチェックしてみましょう。

india's daughter まず1本目ははすでに公開されて評価が確立している『インディアズ・ドーター(インドの娘)』です。いきなり本題をそれるようですが、本作はアクション映画ではなくて実際に起きている女性への暴行という問題を追ったドキュメンタリーで、自分自身も暴行被害者の女性が監督した作品。アルテミス映画祭はこの作品を「女性の権利を無視するやつらの体と心と魂へのボディーブロー」と評しています。

 2本目は未公開でバリバリの新作『ファイト・ヴァレー Fight Valley』。この作品はロンダ・ラウジー選手がUFCチャンピオンだったころ、ラウジー選手のかわりにホリー・ホルム選手、ミーシャ・テイト選手、クリス・サイボーグ選手などを集めて撮影した作品。

 製作中にホルム選手がラウジー選手に勝ってチャンピオンになったので、急遽予告編での扱いが大きくなりましたが、もともとはミーシャ・テイト選手のほうが大きな役のようですね。その後、テイト選手が勝ってつじつまがあったみたいですが(笑)。

 予告編を見る限りはしょうもないB級以下作品といった感じ。現役選手を集めた地下格闘ものの映画は定期的に作られますが、ろくでもないものばかりなので、これもダメ予感MAXですが。

 次は『ノー・タッチング No Touching』。呪われた館のアトラクションを見に行った数人組が「キャストには触れないでください」という忠告を忘れて触ってしまったことから起こる大事件、だそうですが、予告編の動画がないのでよくわかりません。

 主演は女子アクション界のヒーロー(!)ゾーイ・ベル大先生。気になりますね。

 4本目はアンジェラ・ディクソンという全然知らない女優さん主演の『ネヴァー・レット・ゴー Never Let Go』。誘拐された子供を奪い返すためにお父さんが大活躍という映画は何本もありますが、今回の場合は被害者がシングルマザーなので、お母さんが悪に立ち向かいます。

 正直、この予告編を見てノックアウトされました。ディクソンさんの表情とアクションが素晴らしい。見たいなーと思います。

 5本目は『クロウル・オア・ダイ Crawl or Die』。なんか、やたらと狭いところで展開するホラーアクションらしいですが、よくわかりません。

 海外の映画祭なのでこれ以上の情報は集まらないとは思いますし、マイナーな作品の国内上映も難しいでしょうけど、ここに上げられた作品のタイトルや出演者を覚えていれば、日本でブルーレイやDVDが出たときにチェック出来ますね。

 関係者のみなさん、日本版の発売をよろしくお願いします。

queensofthering at 17:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

法DATE VS CruSher松川敬子 J-GIRLSバンタム級挑戦者決定トーナメント決勝 結果 J-FIGHT & J-GIRLS キックボクシング女子

 KickBoxing

J-Fight2016年3月27日(日) 新宿フェイス
J-FIGHT & J-GIRLS 2016 1st

J-GIRLSバンタム級挑戦者決定トーナメント決勝 2分3R延長1R
×法DATE のりでいと(Team DATE)
不戦勝
CruSher松川敬子 くらっしゃーまつかわけいこ(村澤道場)
法DATE選手がインフルエンザで欠場のためCruSher松川敬子選手が不戦勝扱いでバンタム級タイトルマッチへの出場が決定。

46.5kg契約 2分3R
×宝☆友佳里 ゆかり(A☆R KICK!)
判定 0−3
C-CHAN しーちゃん(T-GYM)
C-CHAN選手の判定勝利

March 27th, 2016 at "Shinjuku Face", Tokyo
3x2mins K-1rules
Nori Date vs. Keiko "Crusher" Matsukawa
Keiko "Crusher" Matsukawa wins by walkover

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年12月29日

金網キックボクシング 高田結 vs タン・ジン 動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2012年7月26日(木)中国 山東省 徳州市体育館

60kg契約体重 キックルール 2分3ラウンド
高田結 たかだゆい(峯心会)
VS
タン・ジン[唐金](中国)



 ご紹介が非常に遅くなってしまいましたが、7月に高田結選手が中国遠征に行ったときの映像が見つかりましたのでご紹介します。

awa vs heat WPMFムエタイライト級王者の高田選手は『演武堂 vs HEAT』中日対抗戦に日本側(HEAT)の一員として参戦。高田選手を迎え撃ったのは中国格闘技界の人気者、タン・ジン選手。タン選手は中国拳法の意拳をバックボーンとして立ち技と総合格闘技で戦っている選手。ポスターの真ん中に扱われていることでも彼女の人気が分ると思います。

 この試合の一ヶ月前にはMMAでWBCムエタイのインターコンチネンタル王者ティファニー・ヴァン・ズースト選手(アメリカ)からアームバーの一本勝ちを取ったばかり。

 今回の試合はご覧のとおりの金網マッチですが、ルールはキックボクシング。 ...のハズですが、タン選手はフロントチョークをかけてきたり、グランドパンチを打ってきたり、あんまり総合ルールとの区別が付いていないようです。

 そんな中でも高田選手はよく戦い、ダウンをひとつずつ奪い合っての判定の結果はホームのタン選手の勝利。んー、もうちょっとで高田選手が勝てた内容でしたね。

 タン選手はこの勝利のあと、11月にラスベガスのムエタイイベントでレナ・オフチニコワ選手(ウクライナ)からも判定勝利をゲット。ますます注目度を上げています。

 来年は高田選手とタン選手の再戦を見たいですね。

60kg契約体重 キックルール 2分3ラウンド
×高田結 たかだゆい(峯心会)
判定
○タン・ジン[唐金](中国)
タン・ジン選手の判定勝利
(第1ラウンドにタン・ジン選手ダウン1、第3ラウンドに高田結選手ダウン1)

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年10月11日

ヨハンナ・リュードベリ vs アシュレイ・アヒペーン 動画 IFMA世界ムエタイ選手権大会2012 ムエタイ女子

 Muaythai

2012年9月8日(土) ロシア サンクトペテルブルグ
IFMA世界ムエタイ選手権大会2012

フライ級51kg 準々決勝 2分4ラウンド ヒジ・ヒザあり
ヨハンナ・リュードベリ(スウェーデン)青
VS
アシュレイ・アヒペーン(ニュージーランド)赤


 IFMA世界ムエタイ選手権の新しい動画がアップされましたのでご紹介します。フライ級準々決勝でのヨハンナ・リュードベリ選手(スウェーデン)とアシュレイ・アヒペーン選手(ニュージーランド)の対戦です。

 試合はご覧のとおりの完全決着。敗れたアヒペーン選手は肋骨が折れたらしく、そのまま病院へ直行となったそうです。

フライ級51kg 準々決勝 2分4ラウンド ヒジ・ヒザあり
ヨハンナ・リュードベリ(スウェーデン)
KO 1回32秒
アシュレイ・アヒペーン(ニュージーランド)
ヨハンナ・リュードベリ選手のKO勝利

関連記事 IFMA世界ムエタイ選手権大会2012 サンクトペテルブルグ 結果  ムエタイ女子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年10月10日

IFMA世界ムエタイ選手権大会2012 サンクトペテルブルグ 結果  ムエタイ女子

 Muaythai

IFMA世界ムエタイ選手権大会20122012年9月5日〜14日 ロシア サンクトペテルブルグ
IFMA世界ムエタイ選手権大会2012

 掲載が大変遅くなりましたが、IFMA世界ムエタイ選手権大会2012の結果記事です。

 IFMAはプロもアマチュアも参加出来るムエタイの世界規模のトーナメントで、毎年世界のどこかで開催されていますが、今年は史上初のロシア大会でした。

 開催期間はセレモニーなどもいれると9月5日〜14日。女子の試合は7日から12日にかけて42kg〜75kgまでの選手による10階級のトーナメントがおこなわれました。
大会PV

 女子各階級の金・銀・銅メダルの獲得選手は以下のとおりです。

ピン級42kg〜45kg
金 カティ・カーレスコスキ(フィンランド)
銀 アリアナ・リアスキヴィコフ(ベラルーシ)
銅 アニー・エリクソン(スウェーデン)
銅 アリーナ・ババヤン(ロシア)

ライトフライ級48kg
金 アナスタシア・シチェルビナ(ロシア)
銀 ルードゥミラ・ヒティロヴァ(ベラルーシ)
銅 ラクサナ・ビガム(イングランド)
銅 マリセール・P・スバン(フィリピン)

フライ級51kg
金 オクサナ・キーネロヴァ(ロシア)
銀 ヨンナ・スホーネン(フィンランド)
銅 プレシオサ・オカヤ(フィリピン)
銅 ヨハンナ・リュードベリ(スウェーデン)

バンタム級54kg
金 アシュリー・ニコルズ(カナダ)
銀 ヤスミン・コラック(ドイツ)
銅 カタリーナ・ヴァンダリエヴァ(ベラルーシ)
銅 メルテム・バス(トルコ)

フェザー級57kg
金 ヨアンナ[ジョアンナ]・イェドジェイチク(ポーランド)
銀 カティア・スマイ(フランス)
銅 クリスティン・フィードラー(オーストラリア)
銅 エマ・ツィーニ(スウェーデン)

ライト級60kg
金 ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(ペルー)
銀 カタリーナ・ヴィアリハ(ベラルーシ)
銅 マデリアヌ・ヴァール(スウェーデン)
銅 マグダレナ・ラック(ポーランド)

ライトウェルター級63.5kg
金 リナ・ランツベルク(スウェーデン)
銀 メリッサ・ウォルシュ(オーストラリア)
銅 リンジー・シェアー(アメリカ)
銅 サラ・ラングァーゲン(デンマーク)

ウェルター級67kg
金 ジェニファー・オスタリン(スウェーデン)
銀 ヘイディ・ビヨークルンド(フィンランド)
銅 アンジェリーク・ピティオ(フランス)
銅 タマラ・ティモフィーヴァ(ロシア)

ライトミドル級71kg
金 マリヤ・ミコセヴィッチ(クロアチア)
銀 エリーナ・ニルソン(スウェーデン)
銅 レティシア・バキシー(フランス)

ミドル級75kg
金 アンドレア・イヴァス(クロアチア)
銀 デニス・オコンネル(アイルランド)
銅 エドラ・ネーミ(フィンランド)
銅 オクサナ・ミリコーノヴァ(ロシア)

ライト級60kg 準決勝 2分4ラウンド ヒジ・ヒザあり
マグダレナ・ラック(ポーランド)青
VS
ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(ペルー)赤


 上掲の動画はライト級60kgの準決勝。アマチュアの大会なのでヘッドギアとヒジあて、スネあてを着用していますが、ルール的には通常のムエタイとおなじです。

 シェフチェンコ選手はどんな試合でも相手を投げる又は押し倒す、浴びせ倒すという組み技系を多用し、あまり打ち合わないので「あれはタイ式じゃなくてシェフチェンコ式」などと批判されることもあるのですが、この試合では組み技はほとんど出さずに打撃系に徹していますね。

 キックとパンチの多彩さと正確さ、回転系の技のキレ、タイミングも素晴らしく、スタンディングダウンを奪って余裕の判定勝ち。

ライト級60kg 決勝 2分4ラウンド ヒジ・ヒザあり
ヴァレンティーナ・シェフチェンコ(ペルー)青
VS
カタリーナ・ヴィアリハ(ベラルーシ)赤


 そして、いよいよ決勝。ここでは打つと同時に押し倒してペースを握り、その後はいつもの投げて打って蹴っての怒濤の展開で、シェフチェンコ選手が最後まで主導権を渡さず、文句無しの判定勝利。強いです。

関連記事 ヴァレンティーナ・シェフチェンコ VS レロ・シアポ・ペイジ WMC王座決定戦 結果 ムエタイ女子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月23日

リトルタイガー vs ジャウパチャラ・モータサナイ 日タイ5対5マッチ 詳細 ムエタイ女子

 Muay Thai

2012年9月9日(日) 東京 ディファ有明
M-1 ムエタイチャレンジ Sutt Yod Muaythai vol.3 Part.2

日タイ5対5マッチ 47kg契約 2分5R
Little Tiger(F.TEAM TIGER/WMCおよびWPMFミニフライ級王者)
VS
ジャウパチャラ・モータサナイ(タイ)

ジャウパチャラ・モータサナイ選手
 日タイ5対5マッチのなかの唯一の女子マッチとして組まれたこの試合、タイ代表は17才のジャウパチャラ・モータサナイ選手。

リトルタイガー選手
 日本側はムエタイ世界タイトルをふたつ保持するリトルタイガー選手。続きを読む

queensofthering at 01:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月22日

AZUMA、山田純琴、百花、成沢紀予、小澤聡子 結果 ジュエルス 21st RING キックボクシング女子

 Kick Boxing

2012年9月22日(土)東京 新木場1st RING
ジュエルス 20th RING

JEWELSキックルール 60kg契約 3分3R
AZUMA あずま(y-park/NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者)
判定 3−0
×チャン・ミジョン(韓国)
AZUMA選手の判定勝利。

JEWELSキックルール 45kg契約 3分3R
×山田純琴 やまだすみえ(y-park)
判定 0−3
百花 ももか(T.B.NATION)
百花選手の判定勝利。

JEWELSキックルール 58.97kg契約 3分3R
×成沢紀予 なるさわきよ(フォルティス渋谷)
判定 0−3
小澤聡子 おざわさとこ(チームドラゴン)
小澤聡子選手の判定勝利。

関連記事 サーオシン vs AZUMA、ちはる vs リトル・タイガー 二大世界タイトルマッチ 予定 ムエタイ女子

関連記事 Little Tiger vs 百花 REBELS.11 詳細 ムエタイ女子

関連記事 AZUMA vs キム・ジヨン 詳細 ジュエルス 20th RING キックボクシング女子

関連記事 PIRIKA vs 山田純琴 NJKFアトム級タイトルマッチ 詳細 キックボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月20日

J-GIRLSフライ級王座決定戦 トモコSP vs サンチェス弥生 II J-KICK後楽園ホール大会 詳細 キックボクシング女子

 Kick Boxing

2012年8月26日(日)東京 後楽園ホール
J-KICK 2012〜NEXT J-GENERATION〜

J-GIRLSフライ級王座決定戦 2分5R 延長1Rマストシステム
トモコSP ともこすぺしゃる(WSRフェアテックス)
VS
サンチェス弥生 さんちぇすやよい(Madness Cherry)

 J-GIRLSさんのいいところは、各階級の王者にキチンと定期的に防衛戦をやらせることと、その挑戦者をトーナメントで決定するところです。

 キックに限らずボクシングでも総合格闘技でも「どうしてこれがタイトルマッチなの?」と疑問になるようなマッチメークがおこなわれることは珍しくない状況の中、こうやって完全に実力主義で挑戦者を決定する公正な運営方法はとても好ましいと思います。

 しかし今年は異変が起こりました。4選手でおこなわれるはずだったフライ級挑戦者決定トーナメントが怪我のためにひとり欠けてしまい、残りの3選手によるリーグ戦に変更。

 その間、チャンピオンの王座返上があったので、挑戦者決定リーグ戦はそのまま新王者決定リーグ戦へとスライド。

 しかし、その後、体調不良のために1選手が脱落してしまい、結局、残ったのは2選手。つまりトモコSP選手とサンチェス弥生選手ですが、2名ではトーナメントもリーグ戦も不可能なのでこの日の一試合だけで新王者を決めることになりました。

 このことをわたしたちは以前の記事で「事情が事情だけに仕方ない」と書きました。しかし、それは間違いでした。やはりこんなカタチで王者を決定してはいけません。わたしたちが間違っていました。

 理由は単純に王座決定戦としてレベルが低すぎたからです。結果論で申し訳ありませんが、この王座は空位のままのほうが良かったと思います。

 トモコSP vs サンチェス弥生戦はすでに一回行われていてトモコ選手の勝ちという結果が出たばかり。今回リマッチを組む理由もありませんでした。

トモコSP vs サンチェス弥生
 ご覧のように両者は実に対照的な体格。手も足も非常に長いサンチェス選手はロングレンジからのキックとパンチでトモコ選手にプレッシャーを与え、トモコ選手はそれをかいくぐりながら思い切りのいい飛び込みから接近戦に持ち込もうとするという構図。

トモコSP vs サンチェス弥生

トモコSP vs サンチェス弥生
 サンチェス選手はリーチを生かして優位に試合をスタートしますが...

トモコSP vs サンチェス弥生

トモコSP vs サンチェス弥生
 トモコ選手がスキを見つけて飛び込んで勝負を振り出しに戻します。前回はこの攻防のパランスがトモコ選手有利に傾いたところで試合が終わりました。しかし、今回はタイトルマッチ。前回(3回戦)よりもずっと長い5回戦の試合です。

トモコSP vs サンチェス弥生
 試合が第3ラウンドに入ると誰の目にも明らかに試合がダレてきます。まず、蹴りのレンジは広くても威力に欠けるという弱点があるサンチェス選手が、蹴るのをやめてパンチ一辺倒に。

トモコSP vs サンチェス弥生
 トモコ選手はもともと蹴りよりもパンチの比重が圧倒的に大きい選手なのでふたりでパンチ合戦。もはやキックボクシングではありません。

トモコSP vs サンチェス弥生
 かといってボクシング的な試合になるはずも無く、単なる殴り合い状態。

トモコSP vs サンチェス弥生

トモコSP vs サンチェス弥生
 掴みも首相撲も認めないJ-GIRLSさんのルールでは、ショートレンジではよほど卓抜したパンチとヒザのスキルが無いとグダグダな展開にしかなりませんが、この試合もその例に漏れず当然のようにグダグダ。4ラウンドぐらいになると、ただもつれあって押し合い続けるシーンが繰り返されます。

トモコSP vs サンチェス弥生
 最終ラウンド 思い出したようにキックを出すサンチェス選手ですが、標的をとらえることが出来ません。

トモコSP vs サンチェス弥生

トモコSP vs サンチェス弥生
 グダグダな押し合いから、サンチェス選手が相手をコーナーに追い込みますが、引き手を取らずにその場から単に手を伸ばすだけの手打ちなのでトモコ選手の脅威にはなりません。

トモコSP vs サンチェス弥生
 判定はフックをヒットさせる場面が多かったトモコSP選手の勝利。

 単なるワンマッチなら「凡戦でした」のひとことですが、タイトルマッチとしては実に寂しい内容だったと思います。

 立ち技系格闘技全体がレベルアップへと向かい、内容も実に熱い試合が多くなってきている現時点でタイトルマッチがコレとは。J-GIRLSさんは考え直したほうがいいと思います。

J-GIRLSフライ級王座決定戦 2分5R 延長1Rマストシステム
○トモコSP ともこすぺしゃる(WSRフェアテックス)
判定2−1
×サンチェス弥生 さんちぇすやよい(Madness Cherry)
トモコSP選手の判定勝利でJ-GIRLSフライ級新王者に。

関連記事 J-GIRLSフライ級王座決定戦 トモコSP vs サンチェス弥生 J-KICK後楽園ホール大会 予定 キックボクシング女子

関連記事 J-GIRLSフライ級王者☆MIKA☆ ベルト返上 キックボクシング女子

関連記事 J-GIRLS フライ級挑戦者決定リーグ 第一戦 トモコSP vs 櫻弥生 詳細 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月16日

J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 結果 キックボクシング女子

 Kick Boxing

2012年9月16日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 4th〜

J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
○王者 大石ゆきの おおいしゆきの(OISHI)
延長判定 3−0
×挑戦者 谷山佳菜子 たにやまかなこ(正道会館)
大石ゆきの選手の判定勝利。防衛に成功。

ミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 延長マストシステム
紅絹(フォルティス渋谷)
判定 3−0
×三堀“SMILE”美弥子(Y'ZD GYM)
紅絹選手の判定勝利。

ミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 延長マストシステム
×白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)
判定 1−2
美保(KFG)
美保選手の判定勝利。

52.1kg契約 延長マストシステム
難波久美(MA・契明ジム)
判定 3−0
×谷村郁江(リアルディール)
難波久美選手の判定勝利。

フライ級 延長マストシステム
×勝山舞子(NJKF・上州松井ジム)
判定 0−3
白石瑠里(新日本・藤本ジム)
白石瑠里選手の判定勝利。

バンタム級 延長マストシステム
×舞獅(レグルス池袋)
判定 0−3
聖☆羅(クロスポイント大泉)
聖☆羅選手の判定勝利。

関連記事 Girls S-cup 2012 神風莉央 vs 聖☆羅 スペシャルワンマッチ 詳細 女子シュートボクシング

関連記事 谷山佳菜子 VS 陣内まどか II J-GIRLSバンタム級トーナメント 詳細 キックボクシング女子

関連記事 J-GIRLSバンタム級タイトル戦 水野志保 VS 大石ゆきの 詳細 キックボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月15日

RENA vs V.V.Mei 真夏の祭典 Girls S-cup 2012 WORLD TOURNAMENT 決勝(&リマッチ) シュートボクシング女子

 Shoot Boxing

2012年8月25日(土)東京 代々木 YAMANO HALL
真夏の祭典 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012

WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメント 決勝
RENA れーな(及川道場/Girls S-cup 2010王者、RISE女子王者)
VS
V.V.Mei[ヴィー・ヴィー・メイ](フリー/VALKYRIEフライ級王者)

V.V.Mei選手
 WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメントもいよいよ決勝。青コーナーは厳しい表情のV.V.Mei選手。

V.V.Mei vs RENA
 笑顔を浮かべつつ入場したRENA選手ですが、リングイン直前には祈るようなポーズでグラブを合わせて精神集中。

V.V.Mei vs RENA
 第1ラウンド 一気に距離をつめて打ち込んでくるV.V.Mei選手にRENA選手はカウンターの前蹴り。

V.V.Mei vs RENA
 Mei選手の出て来るタイミングに合わせてキックやパンチのカウンターを飛ばすRENA選手。

V.V.Mei vs RENA
 とは言っても決してカウンター狙いのディフェンシブファイトというわけではなく、相手が出てこない局面では飛びヒザ蹴りなどの奇襲も見せます。

V.V.Mei vs RENA
 第2ラウンド なかなか打撃でいいカタチに出来ないV.V.Mei選手は、打ち合いを省略して直接組み技にトライしますが、これを充分に警戒しているRENA選手を投げのカタチに持って行くことは至難の技。

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA
 組み技の差し手ではお互いにゆずりませんが、ブレイクからのリスタートになるとRENA選手が前蹴りやパンチで優位。

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA
 V.V.Mei選手も打撃で頑張ってはいますが、いまいちインパクトが弱く大きな印象は残せません。

V.V.Mei vs RENA
 第3ラウンド この回はRENA選手が始めからパンチの連打で攻勢。

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA
 キックの応酬でも優位に立ったRENA選手が

V.V.Mei vs RENA
 ヒザ蹴りなどで地味に攻勢を維持。

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA
 投げで逆転を図るV.V.Mei選手ですが、その場面は訪れず...

V.V.Mei vs RENA

V.V.Mei vs RENA
 最後まで攻める姿勢を示したRENA選手が判定で勝利。

RENA選手

RENA選手
 2012 WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメントの優勝はRENA選手でした。

WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメント 決勝
○RENA れーな(及川道場/Girls S-cup 2010王者、RISE女子王者)
判定3−0
×V.V.Mei[ヴィー・ヴィー・メイ](フリー/VALKYRIEフライ級王者)
RENA選手の判定勝利
WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメントはRENA選手の優勝。

MIO選手とRENA選手

MIO選手とRENA選手
 『悪い時にでも悪いなりに勝つのが本当のチャンピオン』とは日本が誇るキック/ムエタイ世界8冠女王早千予選手の言葉ですが、今回のRENA選手は深刻な故障をかかえて本来は休場するべきぐらいの状況だったにもかかわらず、最後までトーナメントを勝ち抜き、安定したファイトで説得力ある優勝をゲット、本当のチャンピオンとしての姿を見せてくれました。

 そのファイティングスピリットと、徹底して冷静な試合運びは、実に見事。次に狙うは未だ手にしていないシュートボクシング女子王者のベルト。がんばれRENA選手。

RENA選手
カメラ 野口昌克

8.25 Girls S-cup 2012 World Tounament 試合詳細
トーナメント 決勝 RENA vs V.V.Mei
トーナメント 準決勝 V.V.Mei vs ロレーナ・クライン
トーナメント 準決勝 RENA vs ハム・ソヒ
トーナメント 一回戦 神村エリカ vs ロレーナ・クライン
トーナメント 一回戦 V.V.Mei vs ナムターン・ポー.ムナグペット
トーナメント 一回戦 ハム・ソヒ vs リサ・ワード・エリス
トーナメント 一回戦 RENA vs キム・タウンセンド
スペシャルワンマッチ 神風莉央 vs 聖☆羅
Girls S-cup 2012 53.5kg
トーナメント 決勝 高橋藍 vs 魅津希
女子高生トーナメントJKS48
トーナメント 決勝 eneos朱里 vs MIO
トーナメント 準決勝 MIO vs 城侑沙
トーナメント 準決勝 eneos朱里 VS 大塚尚子
Girls S-cup 2012 全試合結果

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月14日

高橋藍 vs 魅津希 Girls S-CUP53.5kgトーナメント 決勝(&リマッチ) 詳細 シュートボクシング女子

 Shoot Boxing

2012年8月25日(土)東京 代々木 YAMANO HALL
真夏の祭典 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012

Girls S-CUP53.5kgトーナメント 決勝
高橋藍 たかはしあい(シーザージム/前シュートボクシング日本女子フライ級王者)
VS
魅津希 みづき(白心会/JEWELS Rough Stone 2010 56kg級優勝)

魅津希選手
 今年2月、ケガで戦列を離れていたSB女子王者高橋藍選手の復帰戦の相手に抜擢され、そこで高橋選手を破る大番狂わせを演じ、シュートポクシングファンに衝撃を与えた魅津希選手がGirls S-CUP53.5kgトーナメント決勝の青コーナーに登場。

高橋藍選手
 赤コーナーは高橋藍選手。階級をSB女子王座を穫った時のフライ級からバンタム級に移したため同王座を返上して無冠になって挑む決意の一戦です。高橋選手はこのリマッチに勝利して魅津希選手へのリベンジを果たし、同時にバンタム級トーナメント初の覇者となることが出来るのか?続きを読む

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月13日

J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 追加カード キックボクシング女子

 Kick Boxing

2012年9月16日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 4th〜

J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
王者 大石ゆきの おおいしゆきの(OISHI)
VS
挑戦者 谷山佳菜子 たにやまかなこ(正道会館)

Yukino Oishi
 J-GIRLSバンタム級チャンピオン大石ゆきの選手が同王座の初防衛戦をおこないます。

Kanako Taniyama
 挑戦者はバンタム級トーナメントを勝ち抜いた谷山佳菜子選手(正道会館)。

 谷山選手は長い手足を利してロングレンジから攻撃を叩き込むスタイル。フットワークの意識も高く、常にリングを自由に動き回り、自分のリズムで試合をすることでここまで無敗の快進撃を続けています。

 しかし、チャンピオンの大石選手もポジショニングに長け、決してひとつの場所にはとどまらないアクティブな戦闘スタイル。また、離れても接近しても対応出来る技を持ち、あるいは回転胴回し蹴りのような奇襲攻撃もこなす変化に富んだファイトを見せる王者です。

 このふたりの対決はタイトルがかかっているというだけではなく、その内容に興味が持てる一戦となりそうです。


ミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 延長マストシステム
紅絹(フォルティス渋谷)
VS
三堀“SMILE”美弥子(Y'ZD GYM)

ミニフライ級王座決定トーナメント一回戦 延長マストシステム
白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)
VS
美保(KFG)

52.1kg契約 延長マストシステム
難波久美(MA・契明ジム)
VS
谷村郁江(リアルディール)

フライ級 延長マストシステム
勝山舞子(NJKF・上州松井ジム)
VS
白石瑠里(新日本・藤本ジム)

バンタム級 延長マストシステム
舞獅(レグルス池袋)
VS
聖☆羅(クロスポイント大泉)

Yukino Oishi will defend her J-girls kickboxing Bantamweight title for the first time against Kanako Taniyama, on Sept.16 in Tokyo.

*日時 2012年9月16日(日)開場 17:00 試合開始 17:30
*場所 東京 新宿FACE
*料金 VIP席15,000円 SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円(指定席当日券は各1,000円増し)立見3,000円(当日売りのみ)
*問合せ J-NETWORK 03-3498-2350

関連記事 Girls S-cup 2012 神風莉央 vs 聖☆羅 スペシャルワンマッチ 詳細 女子シュートボクシング

関連記事 谷山佳菜子 VS 陣内まどか II J-GIRLSバンタム級トーナメント 詳細 キックボクシング女子

関連記事 J-GIRLSバンタム級タイトル戦 水野志保 VS 大石ゆきの 詳細 キックボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月11日

V.V.Mei vs ロレーナ・クライン 真夏の祭典 Girls S-cup 2012 WORLD TOURNAMENT 準決勝 シュートボクシング女子

 Shoot Boxing

2012年8月25日(土)東京 代々木 YAMANO HALL
真夏の祭典 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012

WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメント 準決勝 2分3ラウンド 延長あり
V.V.Mei[ヴィー・ヴィー・メイ](フリー/VALKYRIEフライ級王者)
VS
ロレーナ・クライン(オランダ)

 記者会見で「ミンナ投ゲルワヨ!」と宣言して今大会にのぞんでいるV.V.Mei選手は、一回戦のナムターン選手を公約どうリに投げて1ポイントを奪ってはいるものの、それで勝利を決めることは出来ずにパンチでなんとか準決勝への扉をこじ開けた感じ。

 対するクライン選手は優勝候補の神村エリカ選手を爆発的な突進力とパワーでほぼ完封しての準決勝進出。

 野獣的な凶暴さと、体幹の強さをあわせ持つこの難敵を相手に、小柄なMei選手はどのように戦ったらよいのか、果たして投げを炸裂させることが出来るのか、興味あふれる一戦が始まります。続きを読む

queensofthering at 18:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年09月10日

RENA vs ハム・ソヒ 真夏の祭典 Girls S-cup 2012 WORLD TOURNAMENT 準決勝 シュートボクシング女子

 Shoot Boxing

2012年8月25日(土)東京 代々木 YAMANO HALL
真夏の祭典 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012

WORLD Girls S-CUP 50kg トーナメント 準決勝
RENA れーな(及川道場/Girls S-cup 2010王者、RISE女子王者)
VS
ハム・ソヒ(韓国)

RENA vs ハム・ソヒ

RENA vs ハム・ソヒ
 第1ラウンド 投打にバランスのとれた実力者ふたりの対決となった準決勝。互いにロー、ミドルで牽制しあう序盤戦。続きを読む

queensofthering at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote