ボクシングの試合:2011.10〜12

2012年12月24日

アマチュアボクシング 第11回全日本女子選手権 決勝 全階級結果 ボクシング女子

 Boxing

logo2012年12月24日(月・祝)山形市総合スポーツセンター
第11回全日本女子ボクシング選手権大会

 本日、山形市でアマチュアボクシング全日本女子選手権の決勝がおこなわれました。各階級の結果は以下のとおりです。

ライトフライ級決勝
×和田まどか わだまどか(田奈高校)
4−10
佐伯霞 さえきかすみ(大阪学芸高校)
佐伯霞選手の判定勝利

フライ級決勝
箕輪綾子 みのわあやこ(フローリスト蘭)
12−8
×新本亜也  しんもとあや(IBA)
箕輪綾子選手の判定勝利

バンタム級決勝
釘宮智子 くぎみやともこ(平成国際大学)
13−1
×黒木佳菜 くろきかな(日章学園高校)
釘宮智子選手の判定勝利

フェザー級決勝
×原本歩美 はらもとあゆみ(南京都高校)
6−9
林美涼 はやしみすず(上市高校)
林美涼選手の判定勝利

ライト級決勝
×熊谷麻里奈 くまがいまりな(エイティーワン)
3−17
藤野ちなせ ふじのちなせ(平成国際大学)
藤野ちなせ選手の判定勝利

ライトウエルター級決勝
小倉真由美 おぐらまゆみ(拓大紅陵高校)
RSC 第2ラウンド
×伊集院佑輝子 いじゅういんゆきこ(リフシア)
小倉真由美選手のRSC(レフリーストップ)勝利

ウエルター級 認定 (参加一名のため試合は無し)
明戸司 あけどつかさ(メトロコマース)

ミドル級決勝
山崎静代 やまさきしずよ(梅津倶楽部)
不戦勝
×石井智紋(福山平成大学)
石井智紋選手の棄権により山崎静代選手の不戦勝。

関連記事 アマチュアボクシング 第10回全日本女子選手権 決勝 全階級結果 ボクシング女子

関連記事 アマチュアボクシング 第1回タイペイカップ 新本亜也 釘宮智子 決勝戦 速報 ボクシング女子

関連記事 世界の長身女子ボクサー アン・ソフィー・マティス ホリー・ホルム ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 17:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年12月31日

山口直子 vs ローナロンノイ OPBF東洋太平洋タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

boxing

2011年12月21日(水)東京 後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.40
具志堅用高タイトル奪取35周年記念興行

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 山口直子(白井・具志堅)
VS
挑戦者 ローナロンノイ・シットサイトーン(タイ)

山口直子 vs ローナロンノイ

山口直子 vs ローナロンノイ
 第1ラウンド ローナロンノイ選手はタイ人選手としてはわりとちゃんとした構えで足を使う意識もあり、意外と真面目そうな選手。続きを読む

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

林田昌子 vs 岩川美花 ダブルデビュー戦 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2011年12月19日(月) 東京 後楽園ホール

フライ級 4回戦
林田昌子(SRS)赤
VS 
岩川美花(井岡)青

iwakawa_v_hayashida_5
 第1ラウンド キックから転向して来た林田選手と、アマボクシングから転向して来た岩川選手の対戦。両者ともにこれがデビュー戦です。続きを読む

queensofthering at 23:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

塚下真理 vs 菊川未紀 CHALLENGE THE BOXING 6回戦 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2011年12月4日(日) 愛知県 刈谷市 あいおいホール
CHALLENGE THE BOXING Vol.1

53kg契約 6回戦
塚下真理(HEIWA)
VS
菊川未紀(中日)
菊川未紀 vs 塚下真理

菊川未紀選手

塚下真理選手
 日本が誇る技巧派ボクサー菊川選手と、デビュー3戦めでもう6回戦にコマを進めた期待の新人塚下選手の対決。

塚下真理 vs 菊川未紀
 第1ラウンド 対小笠原恵子戦では豪快なスウィングパンチで腕力勝負に出て来た塚下選手ですが、今日はコンパクトなジャブとシャープなストレートで別人のようなボクシング。手数も多く相手の距離にどんどん踏み込んでいきます。

塚下真理 vs 菊川未紀
 対する菊川選手は相手の力量を計るかのように静かな立ち上がりでしたが、終盤には的確な連打で実力の一端を見せはじめます。続きを読む

queensofthering at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

片山由美 vs 川口美里 4回戦 CHALLENGE THE BOXING 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2011年12月4日(日) 愛知県 刈谷市 あいおいホール
CHALLENGE THE BOXING Vol.1

54.5kg契約 4回戦
片山由美(薬師寺)
VS
川口美里(中日)

片山由美選手

川口美里選手

片山由美 vs 川口美里
 第1ラウンド 前のめりに前進しながらフックを打ち込んでくる川口選手。典型的なプルファイターのようです。片山選手はよく見ながら右をまっすぐに打ち返しますが、手数で押され気味。

片山由美 vs 川口美里
 第2ラウンド 川口選手はときおりスピードのある左ストレートも見せますが、それよりも前進の意識が強いためか、だんだん体ごと押し込むような密着ファイトに。

片山由美 vs 川口美里
 第3ラウンド 川口選手の突進に慣れはじめたのか片山選手がきれいに当てる場面が増えます。

片山由美 vs 川口美里
 第4ラウンド 川口選手は出した拳の引き手を取らずにとにかく連続して手を出し続けるケンカファイト。きれいに打っているのは片山選手のほうですがどうしても手数では川口選手。

川口美里選手
 判定はこの手数の差をそのまま反映した形で3−0で川口美里選手の勝利となりました。

54.5kg契約 4回戦
×片山由美(薬師寺)
判定0−3
○川口美里(中日)
川口美里選手の判定勝利。
(40ー37、40ー37、39ー37)

 この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになります。
片山由美 かたやまゆみ(薬師寺)6戦1勝5敗1KO
川口美里 かわぐちみさと(中日)1戦1勝
(戦績はJBC公認前からの通算です)

関連記事 菊川未紀vs カイ・ジョンソン バンタム級6回戦 詳細 To the Future Vol.10 ボクシング女子

関連記事 川西友子 vs 菊川未紀 6回戦 詳細

関連記事 塚下真理 vs 小笠原恵子 4回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 プレイバック 菊川未紀 vs レイラ・マッカーター ラスベガスでの一戦

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

人気ブログランキング

qbar

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

柴田直子 vs 小田美佳 II OPBF東洋太平洋タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
王者 柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
VS
挑戦者 小田美佳 おだみか(宮田)

柴田直子 vs 小田美佳 II
 第1ラウンド 技巧派チャンピオン柴田直子選手とガッツのあるファイター小田美佳選手のリマッチは、前回対戦の内容が素晴らしかったことから今回も内容的には一番期待されたカード。

柴田直子 vs 小田美佳 II
 小田選手は初回から積極的で、フットワークも軽くキビキビした動きで攻勢をかけます。この日の小田選手はフックの切れ味が鋭く、いいタイミングで左右のナックルが王者の顔面をとらえていきます。今回も名勝負の予感。

柴田直子 vs 小田美佳 II
 第2ラウンド 1ラウンドは先行されてしまった感じのチャンピオンはこの回から右ストレートを中心に徐々にペースを取り戻します。しかし、挑戦者は上体を柔らかく動かして攻撃の的を与えず、いいリズムのボクシングをキープ。

柴田直子 vs 小田美佳 II
 第3ラウンド ジャブを突きながら軽快に攻める挑戦者でしたが、タイミングを読まれて右ストレートを被弾。徐々に流れはチャンピオンに。続きを読む

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

小関桃 vs 伊藤まみ WBCアトム級タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

WBCアトム級タイトルマッチ
王者 小関桃 こせきもも(青木)
VS
挑戦者 伊藤まみ いとうまみ(イマオカ)

小関桃 vs 伊藤まみ
 第1ラウンド この試合はインファイトを狙うのが伊藤選手で、アウトするのが小関選手となるだろう、とふだんのファイトスタイルから当然のように予想していたのですが、序盤、伊藤選手がアウトボクシングからスタートしたのには驚きました。伊藤選手がバックステップで距離を取り、小関選手が追いかけながらパンチを出しています。これはどのような展開になるのか予断をゆるしません。

小関桃 vs 伊藤まみ
 第2ラウンド 距離のあるところからいきなりの右やボディーを打っては離れていく伊藤選手。小関選手も同じように距離を詰めては左ストレートを打ち込んできますが、小関選手は単打で終わらずほとんどの場合連打になっているようです。

小関桃 vs 伊藤まみ
 しかし、小関選手、左ストレートはいいのですが右がまったくパンチの形になっていません。この人の右は通常のボクサーのリードブロー(ジャブ)の役目をハナから放棄していて、相手のパンチをたたき落とすこと(パリー)と、相手の目の前に手を伸ばして視野や距離感をかく乱するのが主な目的となっているようです。

小関桃 vs 伊藤まみ

小関桃 vs 伊藤まみ
 その時に、小関選手はまず手のひらを相手に向けるような形で右手を伸ばし、その後まっすぐ戻さずに手首のスナップを効かせて引っかくような動作で下に振るのです。これが見ていて非常に危ない。サミングになる可能性があるし、グローブの手のひら側が相手に接触すれば皮膚が切れる可能性もあります。非常にダーティーな動作と言えます。もちろん本人には悪気は無く、単なるクセだと思いますが、このひどい動作をレフリーが注意しないのもトレーナーが矯正しないのも以前から不思議でした。今さらもう直らないでしょうけれど。続きを読む

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

富樫直美 vs ソン・チョロン WBCライトフライ級タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者 富樫直美 とがしなおみ(ワタナベ)
VS
挑戦者 ソン・チョロン(韓国)

富樫直美 vs ソン・チョロン
 第1ラウンド 低い姿勢で頭から突っ込んでくるソン・チョロン選手。富樫選手はこれを下がりながらもジャブと右アッパーで牽制。

 後半30秒は距離を詰めての打ち合いとなりますが両者ともビッグヒットは無し。

富樫直美 vs ソン・チョロン
 第2ラウンド 富樫選手は前に出て打ち合いに臨み、離れ際のアッパーからチャンスをつかみます。
富樫直美 vs ソン・チョロン
 これをソン・チョロン選手は体を密着させて押し込み、相撲のような状態にしてピンチを回避。続きを読む

queensofthering at 12:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年12月30日

江畑佳代子 vs マイムアン ライトフライ級6回戦 G-Legend4 ボクシング女子

boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

ライトフライ級6回戦
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
VS
マイムアン・シットクルシン(タイ)

江畑佳代子 vs マイムアン
 第1ラウンド 足を使って距離を意識しながら戦う江畑選手。詰めては2発、3発と打って、すぐに離れていきます。

江畑佳代子 vs マイムアン
 第2ラウンド アップライトに構えて相手を良く見ているマイムアン選手は江畑選手が入って来るところに左を出したり、突然、フックやアッパーを狙うなど基本的なセンスはあります。

江畑佳代子 vs マイムアン
 第3ラウンド タイミングを計りながら前に出ようとする江畑選手に左をカウンター気味に打っていくマイムアン選手。マイムアン選手のパンチにもう少し強さがあれば試合を動かすことが出来たかもしれませんが、ここまではまだどちらが優勢とはいえない状況です。

江畑佳代子 vs マイムアン
 第4ラウンド この回から今までよりも強引に前に出始めた江畑選手。マイムアン選手は左だけではなく右でも応戦しますが軌道がハッキリしないオープンブローになってしまって注意を受けます。

江畑佳代子 vs マイムアン
 第5ラウンド 序盤、マイムアン選手が連打の中から右ストレートを1発2発と当てて優勢。

江畑佳代子 vs マイムアン
 江畑選手は左右のフックとボディー、アッパーカットで攻めますが、決定的な場面を作るにはもう少しストレート系もほしい感じ。

江畑佳代子 vs マイムアン
 第6ラウンド 両者とも前に出る最終ラウンド。後半明らかに失速したマイムアン選手に江畑選手はよく攻め込みアッパーとフック系を連射して圧倒。

江畑佳代子選手
 ユナニマスデシジョンで江畑佳代子選手が勝利しました。

ライトフライ級6回戦
○江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
判定 3−0
×マイムアン・シットクルシン(タイ)
ユナニマスデシジョンで江畑佳代子選手が勝利。
(59−56、60−55、60−54)

 今回の結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)8戦4勝4敗2KO
マイムアン・シットクルシン(タイ)
(戦績はJBC公認以前からの通算です)

関連記事 天海ツナミ欠場決定 富樫直美はソン・チョロンと G-Legend4 ボクシング女子

関連記事 プレイバック G Legend1 女子ボクシング

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

氷室笑香 vs 一三三摩利那 スーパーフライ級4回戦 詳細 G-Legend4 ボクシング女子

 Boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

スーパーフライ級4回戦
氷室笑香 ひむろえみか(レパード玉熊)赤
VS
一三三摩利那 いさみまりな(竹原&畑山) 青

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 第1ラウンド これがデビュー戦の一三三選手は軽いフットワークを見せながら細かいジャブ、ボディーを打つ手数の多いボクシング。氷室選手はやや後手に回っている印象。

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 第2ラウンド このラウンドも前に出続ける一三三選手。氷室選手はしっかりガードをしながら平静を保っていますが、明らかに押されている展開。

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 しかし、ラスト30秒ごろから氷室選手も打ち返し一三三選手は被弾が増えていきます。

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 第3ラウンド 下がる場面が多いながらも要所でパンチを出す氷室選手。

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 手数では一三三選手、有効打では氷室選手といった感じ。

氷室笑香 vs 一三三摩利那
 第4ラウンド この回は両者頭をつけるような距離での打ち合いとなり、どちらが優勢とは言えない状態のまま試合は判定へ。

氷室笑香選手
 結果は、ユナニマスデシジョンで氷室選手が勝利。氷室選手の冷静さ、一三三選手のアグレッシブネスが印象に残りました。

スーパーフライ級4回戦
○氷室笑香(レパード玉熊)
判定 3−0
×一三三摩利那(竹原&畑山)
氷室笑香選手の判定勝利。
(39−37、39−37、40−37)

 今回の結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。
氷室笑香 ひむろえみか(レパード玉熊) 2戦1勝1敗
一三三摩利那 (竹原&畑山) 1戦1敗

関連記事 天海ツナミ欠場決定 富樫直美はソン・チョロンと G-Legend4 ボクシング女子

関連記事 プレイバック G Legend1 女子ボクシング

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

佐藤由紀 vs ノンマイ スーパーライト級4回戦 詳細 G-Legend4 ボクシング女子

boxing

2011年11月30日(水) 東京 後楽園ホール
G-Legend4

スーパーライト級4回戦
佐藤由紀 さとうゆき(ミナノ)
VS
ノンマイ・ムエタイガーデンホアヒン(タイ)

佐藤由紀 vs ノンマイ
 これがデビュー戦の佐藤選手。距離のあるうちは冷静にジャブを打っていますが、ノンマイ選手が近付いてくるとちょっとあわてた感じで左右のオープンブロー。基本的に打撃フォームが悪いです。

佐藤由紀 vs ノンマイ

佐藤由紀 vs ノンマイ
 お互いにディフェンスの意識が低く、動かずにその場で同じリズムでパンチを出しあうため、必ずといっていいほど相打ちに。

佐藤由紀 vs ノンマイ

佐藤由紀 vs ノンマイ
 こんな場面が1回2回ではなく何回も連続して繰り返されます。

 フォームの決まらないパンチを無防備な顔面にぶつけ合うお粗末な状態のまま4ラウンドを終え、ホームの佐藤選手の手があがりました。佐藤選手はこれがデビュー戦とは言っても彼女がプロのライセンスを手にしてから2年半という時間があったはず。正直、ありえないレベルでした。

スーパーライト級4回戦
○佐藤由紀 さとうゆき(ミナノ)
判定 3−0
×ノンマイ・ムエタイガーデンホアヒン(タイ)
 佐藤由紀選手の判定勝利。

 今回の結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。
佐藤由紀 さとうゆき(ミナノ)1戦1勝
ノンマイ・ムエタイガーデンホアヒン(タイ)

関連記事 天海ツナミ欠場決定 富樫直美はソン・チョロンと G-Legend4 ボクシング女子

関連記事 プレイバック G Legend1 女子ボクシング

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

アリシア・グラフがWBFスーパーバンタム級王座決定戦で再起 ボクシング女子

boxing

2011年12月21日(水) オーストラリア ニューサウスウェールズ

WBF/WBUスーパーバンタム級王座決定戦
アリシア・グラフ(オーストラリア)
VS
ジュブジャーン・ルークマガーンワン(タイ)


 ドイツボクシング三人娘としてスージー・ケンティキアン選手、イナ・メンツァー選手とともに大いにボクシング界を盛り上げたアリシア・グラフ選手が、活動の拠点をオーストラリアに移し、最初の公式戦でWBF/WBUスーパーバンタム級王座決定戦に出場しました。

 相手はタイのジュブジャーン選手で、力の差が大きすぎるひどいミスマッチでしたが、そんな試合でもグラフ選手は彼女らしい几帳面なボクシングをつらぬいて勝利。世界タイトルとしてはまだ存在感の薄いWBF、そしてまったく聞いたことも無いWBUというマイナーなタイトルではありましたが、全力を尽くすファイトは見ていて気持ちがいいものです。

 グラフ選手は旧ソ連圏のベラルーシで生まれ、孤児として施設で育ちました。その後、ドイツに渡りプロボクサーの道を歩んで世界チャンピオンとなります。苦戦を続けながらもタイトル防衛を重ね順調な選手生活に見えましたが、2010年、所属するプロモーターが経営難となり、その直後、グラフ選手自身もアナ・マリア・トレス選手(メキシコ)に判定で敗れ、持っていたすべてのベルトを剥奪されて選手生活の危機に。

 それからは彼女の活動に関する情報がまったく入らなくなり、これで引退かと思われましたが、グラフ選手は住み慣れたドイツを引き払って活動の拠点をオーストラリアに移し、今月こうして復帰戦にまでこぎ着けました。

 生まれ故郷を遠くはなれて生き、一度、二度と国をかえ、話す言葉もかえ、それでもボクシングを続けるグラフ選手。かつては数千の観衆のまえでスポットライトを浴びるスターだった彼女が、数百人規模の会場から再出発している姿、そこで全力で戦って勝利の喜びを伝えるプロフェッショナルな姿を見る時、グラフ選手は人として本当の強さを持っているんだなあと圧倒されてしまいます。

 アリシア・グラフ選手の次戦は、来年2月にOPBFバンタム級3位のスージー・ラマダン選手(オーストラリア)との10回戦になる予定。これがタイトルマッチとなるかどうかはいまのところ未定ですが、いずれにせよハイレベルな戦いになるのは間違いないでしょう。

WBF/WBUスーパーバンタム級王座決定戦
アリシア・グラフ(オーストラリア)
TKO 5回
ジュブジャーン・ルークマガーンワン(タイ)
アリシア・グラフ選手がTKOで勝利しました。

現WBF/WBUスーパーバンタム級王者 前WIBFスーパーフライ級王者
アリシア・グラフ(ベラルーシ/オーストラリア) 27戦25勝2敗10KO
ジュブジャーン・ルークマガーンワン(タイ) 7戦3勝4敗

関連記事 前WIBFスーパーフライ級王者アリシア・グラフ オーストラリアで再出発 ボクシング女子

関連記事 これが女子ボクシング! メキシコ対ドイツ 王国どうしの激突 アナ・マリア・トレス VS アリシア・グラフ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

banner_02

qbar

queensofthering at 14:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年12月29日

デビュー1年めで7戦を消化 アルゼンチン期待のデボラ・ディオニシウス ボクシング女子

boxing

2011年12月17日(土)アルゼンチン ブエノスアイレス

バンタム級 6回戦
デボラ・ディオニシウス(アルゼンチン)
VS
マリア・ポテンサ(アルゼンチン)
デボラ・ディオニシウス(黒/緑) vsマリア・ポテンサ(青/白) 試合は6分50秒位から始まります。

 アルゼンチンのデボラ・ディオニシウス選手がデビュー以来第7戦となる試合をおこないました。彼女は今年3月にプロデビューしたばかりですから、9ヶ月で7試合をいうものすごいハイペースで試合をこなしていることになります。試合をひとつ組むのでさえ大変な日本から見たらものすごくうらやましい環境ですね。

 ディオニシウス選手は相変わらずの見事なボクシングを見せてくれます。パワーも強化されてますますプロっぽくなってきました。リングインの時に持ち込んだフラグはサッカーやカーレースとともにボクシングにも力を入れている総合スポーツクラブアスレティコ・カミオネロスのものです。WBO世界王者フェルナンダ・アレグレ選手に続いてディオニシウス選手もこのクラブの所属となったわけですね。

バンタム級 6回戦
○デボラ・ディオニシウス(アルゼンチン)
判定 3−0
×マリア・ポテンサ(アルゼンチン)
ディオニシウス選手が3−0で判定勝利

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。
デボラ・ディオニシウス(アルゼンチン)7戦7勝3KO
マリア・ポテンサ(アルゼンチン)21戦6勝14敗1分1KO

関連記事 アルゼンチンの期待の星 デボラ・ディオニシウス キャリアを蓄積しつつプロスタイルへと進化中 ボクシング女子

関連記事 サポーター熱狂 WBO王座決定戦 フェルナンダ・アレグレ vs ミッシェル・ボナソーリ 女子ボクシング

関連記事 デボラ・ディオニシウス vs ジェシカ・ムニョス II バンタム級4回戦 結果 ボクシング女子

関連記事 アマエリートのデボラ・ディオニシウス ハイスピードでプロキャリアを蓄積中 ボクシング女子

関連記事 アルゼンチンのニューフェイス デボラ・ディオニシウスが早くも2戦め

関連記事 強国アルゼンチンに期待の新人デボラ・ディオニシウス デビュー

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 21:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年12月28日

日系スイス人ボクサー アニヤ・セキ 2階級制覇にトライ ボクシング女子

boxing

2011年12月26日(月)スイス ベルン

IWBFスーパーバンタム級王座決定戦
アニヤ・セキ(スウェーデン/日本)
VS
マリリン・ヘルナンデス(ドミニカ共和国)

 日本生まれでスイス育ちのGBUスーパーフライ級王者アニヤ・セキ選手が、2階級上のIWBFスーパーバンタム級王座決定戦に出場し、ドミニカのマリリン・ヘルナンデス選手と戦いました。

 セキ選手は今年8月にドイツのナターシャ・グティエ選手に勝ってGBUスーパーフライ級チャンピオンの座に就いており、今回も勝利すればセキ選手にとってはふたつめの世界のベルト。しかし、結果は0−2で敗戦。2階級制覇はなりませんでした。

 以下の動画は8月のGBUタイトル戦で勝利したときのセキ選手です。

Schweiz aktuell vom 22.08.2011

IWBFスーパーバンタム級王座決定戦
×アニヤ・セキ(スウェーデン/日本)
判定 0−2
○マリリン・ヘルナンデス(ドミニカ共和国)
マリリン・ヘルナンデス選手が勝利し、IWBFスーパーバンタム級王者となりました。

 アニヤ・セキ選手に関しては8月の初戴冠直前に書かれたswissinfo.chさんの記事がとても詳しいです。 → 東京生まれの女子ボクサー、世界チャンピオンに!

GBUスーパーフライ級王者
アニヤ・セキ(スウェーデン/日本)21戦17勝2敗2分1KO

IWBFスーパーバンタム級王者
マリリン・ヘルナンデス(ドミニカ共和国)29戦21勝8敗12KO

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年12月26日

壮絶KOシーン ジェリーナ・マジョナヴィッチ vs オリビア・ゲルーラ ボクシング女子

 Boxing

2011年12月9日(金)カナダ エドモントン

WIBAフェザー級王座決定戦10回戦
ジェリーナ・マジョナヴィッチ[ムルドジェノビック](カナダ)
VS
オリビア・ゲルーラ(カナダ)

 12月9日におこなわれたジェリーナ・マジョナヴィッチ対オリビア・ゲルーラ戦のダイジェスト映像がアップされましたのでご紹介します。


 写真を見て予測していた以上に衝撃的なKOですね... 。ジェリーナ・マジョナヴィッチ恐るべし。

WIBAフェザー級王座決定戦10回戦
○ジェリーナ・マジョナヴィッチ[ムルドジェノビック](カナダ)
KO 9回
×オリビア・ゲルーラ(カナダ)
ジェリーナ・マジョナヴィッチ選手がKO勝利でWIBAフェザー級王座を獲得。

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
ジェリーナ・マジョナヴィッチ(カナダ)35戦26勝8敗1分11KO
オリビア・ゲルーラ(カナダ)28戦13勝13敗2分3KO

前回記事 ジェリーナ・マジョナヴィッチ[ムルドジェノビック] vs オリビア・ゲルーラ WIBAフェザー級タイトルマッチ 結果 ボクシング女子

関連記事 風神ライカ vs ジェリーナ・マジョナヴィッチ[ムルドジェノビック] WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦10回戦 詳細 ボクシング女子

関連記事 激化するカナダの女子ボクシングサバイバル ジェリーナ・マジョナヴィッチ VS リンゼイ・ガーバット 決定

関連記事 オリビア・ゲルーラ WBCタイトル失う フリーダ・ウォルバーグが新王者に 女子ボクシング

人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 06:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote