ボクシングの試合:2011.1〜3

2011年04月01日

WBOタイトル戦 カロリーナ・ドゥエル vs アジザ・オウバイタ ボクシング女子

boxing

2011年3月26日(土)アルゼンチン

WBOスーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン)
VS
挑戦者 アジザ・オウバイタ(フランス)
今回の試合動画が削除になったのでかわりに前戦の動画を貼ります。カロリーナ・ドゥエル(黒のトランクス)vsロレダナ・ピアッツァ(白のトランクス)

 カロリーナ・ドゥエル選手が自身の持つWBOスーパーフライ級王座の初の防衛戦をおこないました。しかし、内容はお粗末。

 ドゥエル選手は、昨年12月にWBAバンタム級チャンピオンのエマニュエラ・パンターニ選手(イタリア)への挑戦が決まっていながら、突然キャンセルされ、急遽WBOスーパーフライ級の王座決定戦に出場してイタリアのロレダナ・ピアッツァ選手から2度のダウンを奪いチャンピオンとなっています。

 今回の防衛戦では王者ドゥエル選手はパワーはあっても雑で大振りばかりが目立ち、挑戦者オウバイタ選手はていねいではあるけどパワーに欠けるという試合内容。低調なままに10回が過ぎホームのドゥエル選手が判定で勝利しました。

WBOスーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン)青/黒
3−0
×挑戦者 アジザ・オウバイタ(フランス)
カロリーナ・ドゥエル選手の判定勝利。
(99−91、98−92、96−94)

 今回の結果を含む両者の戦績は以下のとうりです。
カロリーナ・ドゥエル(アルゼンチン)11戦8勝3敗1KO
アジザ・オウバイタ(フランス)14戦10勝3敗1分4KO

関連記事 WBAバンタム級 戦わない王者エマニュエラ・パンターニが初の海外遠征

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月29日

WBA暫定王者キム・ヒョミン 防衛戦動画 ボクシング女子

boxing

2011年3月26日(土)韓国 チンジュ市体育館

WBAスーパーフェザー級暫定タイトルマッチ 10回戦
暫定王者キム・ヒョミン(韓国)赤
VS
挑戦者サーイチョン・タイチオ(タイ)青


 WBAスーパーフェザー級暫定王者キム・ヒョミン選手(韓国)が3月26日に1回めの防衛戦をおこないました。試合内容は上掲の動画の通りです。昨年7月の水谷智佳選手(宮田)との試合もちらっと紹介されていますね。

 今回の対戦相手はムエタイ選手で、ボクシングではまったく実績がありません。いくら暫定タイトル戦と言っても挑戦者としての認定は普通ならありえないことです。

 キム・ヒョミン選手はボクシングに対応出来ていないムエタイ選手と戦うときの鉄則である徹底したボディー攻撃で勝利しました。女子ボクシングの専門サイトであるWBAN.COMはこの試合を4〜6回戦レベルと評しました。

WBAスーパーフェザー級暫定タイトルマッチ 10回戦
○暫定王者 キム・ヒョミン(韓国)
4回レフリーストップ
×挑戦者 サーイチョン・タイチオ(タイ)
キム・ヒョミン選手のTKO勝利

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
キム・ヒョミン(韓国)6戦5勝1分2KO
サーイチョン・タイチオ(タイ)2戦2敗

関連記事 WBA暫定王者キム・ヒョミンが3月に防衛戦 その後は日本でも予定?

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月28日

片山由美 vs 塚下真理 4回戦 結果 ボクシング女子

boxing

P14002882011年3月27日(日) 愛知県刈谷市産業振興センター あいおいホール

48kg契約体重 4回戦
×片山由美(薬師寺)
4回1分20秒 負傷判定 0−3
塚下真理(ヘイワ)
塚下真理選手の判定勝利。
(36−40、36−40、37−40)

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。
片山由美 かたやまゆみ(薬師寺)5戦1勝4敗1KO
塚下真理 つかしたまこと(ヘイワ)1戦1勝
(戦績はJBC公認以前からの通算です)

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月27日

フライ級タイトルマッチ スージー・ケンティキアン vs アナ・アラソラ 結果 ボクシング女子

boxing


2011年3月26日(土)ドイツ ハンブルグ

WIBFフライ級タイトルマッチ
○王者 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
判定3−0
×挑戦者 アナ・アラソラ(メキシコ)
ユナニマスデシジョンでスージー・ケンティキアン選手の勝利。
(98−90、98−92、97−92)
*当初、この試合には三団体のベルトがかけられているとお伝えしましたが、今回はWBAとWBOの認定は無く、WIBFだけのタイトル戦であったことがわかりました。お詫びして訂正致します。もちろん、スージー・ケンティキアン選手が現在も三団体統一王者であることはかわりません。
試合前日のデモンストレーション

 フライ級3団体統一王者スージー・ケンティキアン選手(ドイツ)がメキシコのアナ・アラソラ選手を挑戦者に迎えた試合は、3−0の判定でケンティキアン選手が勝利しました。

 試合のハイライト

 また、ケンティキアン選手はこの試合から長年親しんだプロモーションであるウニベルズムを離れて、SESプロモーションに移籍。ウニベルズムは昨年国営放送との契約が切れた後、財政難がささやかれており、WBCスーパーフェザー級チャンピオンのビタリ・タイベルト選手がアウェーの防衛戦で粟生隆寛選手に敗れるなどして失速、今回の試合予定もなかなか決まらなかったような状態でした。ケンティキアン選手が離れてしまうのも仕方のないことかもしれません。

 SESにはWIBF/WBF/WBOスーパーフェザー級王者ラモーナ・キューネ選手や、WBOミドル級王者クリスティーナ・ハマー選手が在籍。今後はSESがドイツ女子ボクシングの中心的役割を担っていくことになるでしょう。

 この結果、両者の戦績は以下のようになります。
スージー・ケンティキアン(ドイツ)29戦28勝1無効試合16KO
アナ・アラソラ(メキシコ)28戦19勝6敗16KO

関連記事 スージー・ケンティキアン vs アーリー・ムシーノ 不運な結末

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月26日

WBCフライ級正規/暫定王座統一戦 シモーナ・ガラッシ VS マリアナ・フアレス 結果 ボクシング女子

boxing

2011年3月11日(金)メキシコ メキシコシティ
"Choque de Reynas" "Clash of Two Queens"

WBCフライ級正規/暫定王座統一戦 10回戦
正規王者 シモーナ・ガラッシ(イタリア)黒のトランクス
VS
暫定王者 マリアナ・フアレス(メキシコ)白/青のトランクス

大会のPR動画

 3月11日にメキシコでおこなわれたWBCフライ級正規/暫定王座統一戦はどっちが勝ってもおかしくないような白熱戦のすえマリアナ・フアレス選手が判定勝利し、同級新王者となりました。

 試合内容はともかく、フアレス選手が前日計量を微妙にオーバーしながらも適格認定されるなど、ガラッシ選手にとってはアウェーの不利を一身に受けた感じとなり、お気の毒な結果となりました。

WBCフライ級正規/暫定王座統一戦 10回戦
×正規王者 シモーナ・ガラッシ(イタリア)
判定0−3
○暫定王者 マリアナ・フアレス(メキシコ)

 この試合を含む両者の戦績は以下のようになります。
シモーナ・ガラッシ(イタリア)17戦14勝1敗1分1無効試合3KO
マリアナ・フアレス(メキシコ)36戦28勝5敗3分13KO

関連記事 WBCフライ級正規/暫定王座統一戦 シモーナ・ガラッシ VS マリアナ・フアレス 決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 21:10|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月20日

スージー・ケンティキアン vs アナ・アラソラ 決定 ボクシング女子

boxing


2011年3月26日(土)ドイツ ハンブルグ

WIBF/WBA/WBOフライ級タイトルマッチ
王者 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
VS
挑戦者 アナ・アラソラ(メキシコ)

 フライ級3団体統一王者スージー・ケンティキアン選手(ドイツ)が今月下旬に試合をおこないます。
ホームのハンブルグでの試合が決定したケンティキアン選手

 相手は27戦19勝のアナ・アラソラ選手。勝率ではケンティキアン選手に及ばないもののKO勝利の数では両者とも16で互角。アラソラ選手は3〜4ヶ月ごとにコンスタントに試合をこなしていますが、チャンピオンのケンティキアン選手は前の試合からすでに8ヶ月というブランクが不安材料。いったいどのような試合になるのでしょうか。

スージー・ケンティキアン(ドイツ)28戦27勝1無効試合16KO
アナ・アラソラ(メキシコ)27戦19勝5敗16KO

関連記事 スージー・ケンティキアン vs アーリー・ムシーノ 不運な結末

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月19日

片山由美 vs 塚下真理 3月27日 ボクシング女子

boxing

P14002882011年3月27日(日) 愛知県刈谷市産業振興センター あいおいホール

ミニフライ級4回戦
片山由美(薬師寺)
VS
塚下真理(ヘイワ)

片山由美 かたやまゆみ(薬師寺)4戦1勝3敗1KO
塚下真理 つかしたまこと(ヘイワ) デビュー戦
(戦績はJBC公認以前からの通算です)

*日時 2011年3月27日(日)開場11:00 開始13:00
*場所 刈谷市産業振興センター あいおいホール
*料金 リングサイド席 15,000円/A指定席 10,000円/B指定席 7,000円/自由・立見 5,000円
*問合せ ヘイワボクシングジム 0562-54-0123

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月11日

明日の4大タイトルマッチは地震のため中止 ボクシング女子

 Boxing

312 今大会は3月11日に発生した地震のため中止になりました。

2011年3月12日(土) 後楽園ホール 昼興行

WBCライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 富樫直美(ワタナベ)
VS
挑戦者 ジュジース・ナガワ(フィリピン)

WBCアトム級タイトルマッチ 10回戦
王者 小関桃(青木)
VS
挑戦者 クリカノック・アイランドムエタイ(タイ)

WBCミニフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 アナベル・オルティス(メキシコ)
VS
挑戦者 藤岡奈穂子(竹原&畑山)

OPBFライトフライ級王座決定戦 10回戦
柴田直子(ワールドスポーツ)
VS
江畑佳代子(ワタナベ)

スーパーフライ級6回戦
稲元真理(熊谷コサカ)
VS
石川範子(イマオカ)


関連記事 小関桃への挑戦者は世界3位のステファニー・ダブスから13位のタイ人に変更 ボクシング女子

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月09日

ボクシング王者ホリー・ホルム 総合格闘技で蹴り勝つ ボクシング女子

 Boxing

ダブル・スレート2011年3月4日(金)アメリカ ニューメキシコ州 アルバカーキ

総合格闘技 5分3R
ホリー・ホルム(アメリカ)
TKO 2ラウンド3分58秒 ローキック
クリスティーナ・ドンキ(アメリカ)
ホリー・ホルム選手がTKO勝利。

 女子ボクシング最強のひとりと言われているホリー・ホルム選手が総合格闘技にデビューし、ハイキック、サイドキック、ローキックで蹴りまくって勝利しました。


 ホルム選手は組んでも腰が強く、タックル対策も万全で、テイクダウンされても冷静に返してマウントパンチを入れるなど、総合格闘技デビューが付け焼き刃ではないことを充分に示しながらの完勝。

 彼女にキック/空手のバックボーンがあることは知っていましたが、ここまでMMAを研究しているとは。恐れ入りました。

 ボクシングファンとしてはあまり総合の深みにはまることなく一日も早いボクシング復帰を願うばかりですが、ご本人はこれでやめそうには見えませんね...。

 試合の動画のノーカット版は以下のリンクからご覧いただけます。
ホリー・ホルムVSクリスティーナ・ドンキ 第1ラウンド
ホリー・ホルムVSクリスティーナ・ドンキ 第2ラウンド

 この試合を含む両者の総合格闘技戦績は以下のようになります。
ホリー・ホルム(アメリカ)1戦1勝1KO
クリスティーナ・ドンキ(アメリカ)6戦4勝2敗2KO

関連記事 PFP最強ホリー・ホルム陣営が三団体統一王者セシリア・ブレークフスに来年3月の対戦を要求

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

クリスティー・マーティン対ダコタ・ストーン 練習中のケガのため中止  ボクシング女子

boxing

2011年3月12日(土)アメリカ ネバダ州ラスベガス

スーパーウェルター級 6回戦
クリスティー・マーティン(アメリカ)
中止
ダコタ・ストーン(アメリカ)

 ラスベガスのMGMで開かれるミゲール・コットリカルド・マヨルガのアンダーカードとして予定されていたクリスティー・マーティン対ダコタ・ストーンの6回戦がキャンセルとなりました。

 クリスティー・マーティン選手がスパーリング中に肋骨を負傷したためとのこと。

クリスティー・マーティン(アメリカ)57戦49勝5敗31KO

ダコタ・ストーン(アメリカ)22戦9勝8敗5KO

関連記事 クリスティー・マーティンとホリー・ホルム

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月08日

川西友子 vs 菊川未紀 6回戦 詳細 ボクシング女子

 Boxing

2011年3月6日(日)大阪府 IMPホール
ドラマチックボクシング

52.5kg契約ウェイト 6回戦
川西友子(大阪帝拳)赤
VS
菊川未紀(東海)青

 この日、男子8回戦の好カードをセミにまわしてメインイベントとしておこなわれたのは女子の6回戦。地元大阪出身のホープ川西友子選手と名古屋の技巧派ベテラン菊川未紀選手の対戦でした。

川西友子選手
 川西選手はこれがデビュー4試合め。通常は4勝以上が条件である6回戦昇格を特例で3勝で認められての出場。ボクシング界の期待の高さがわかります。

 菊川未紀選手
 しかし、相手は日本でもトップクラスの技術とキャリアを誇る菊川選手。ふつうに考えて4試合めの選手が崩せるような相手ではありませんが、どういう展開になるのでしょうか?

川西友子 vs 菊川未紀
 第1ラウンド 時計方向にサークリングしながらジャブを繰り返す川西選手。菊川選手はあまり打ち返さずにこれを良く見ています。

川西友子 vs 菊川未紀
 そして、川西選手のジャブにあわせてカウンターを命中させ、ジリジリと詰めてプレッシャーをかける菊川選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 川西選手は相手の前進を止めようと左を連射しますが、ダッキングでかわされます。

川西友子 vs 菊川未紀
 1分過ぎ、ようやく川西選手の左がヒット。しかし、続く右を左手のパリングで防ぐ(振り払う)菊川選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 思うように試合を組み立てられない川西選手は、打つのをやめて長い腕をいっぱいに伸ばしながらバックステップ。

川西友子 vs 菊川未紀
 この行為で川西選手の弱気を察したのか菊川選手は笑みを浮かべながら強引に接近して左フック。川西選手の顔を大きくハネ上げます。

川西友子 vs 菊川未紀
 なおも追撃する菊川選手に今度は川西選手の右カウンターが炸裂。衝撃で体が泳いでしまう菊川選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 ここで1ラウンド終了のゴング。しかし、ゴングが聞こえずに打ち合いを続けようとするふたり。止めようと割って入るレフリーの体が菊川選手を押しのけるような形になって菊川選手が倒れますが、これはもちろんノーダウン。(報知新聞系ネットはこれをダウンと書いていますが明らかな誤報)

 このラウンドは互角という感じでしょうか。

川西友子 vs 菊川未紀
 第2ラウンド 川西選手のジャブをかわしながら接近戦を挑む菊川選手ですが、開始20秒過ぎ、右フックをきれいにもらって鼻から血がしたたり落ちます。

 デビュー12ヶ月でここまで出来る川西選手は確かにいい素材。会場が沸いています。が、彼女のいい場面はここまで。

川西友子 vs 菊川未紀

川西友子 vs 菊川未紀
 川西選手の攻勢は強烈な右カウンターを受けて停止。続けてボディーを被弾した川西選手はたまらずクリンチに逃げます。しかし、密着度が甘いため続けてショートフックの連打を受けてピンチ。

川西友子 vs 菊川未紀
 いったん離れた川西選手はバックステップをしながら左。これを冷静に回避する菊川選手。

 菊川選手優勢のままラウンド終了。

川西友子 vs 菊川未紀
 第3ラウンド 状況打開のために左をさかんに打つ川西選手。しかし、ほとんどがかわされてしまい効果が薄いためか、打つのをあきらめて前方に腕を伸ばしたままになってしまいます。早くも手詰まりの印象。

川西友子 vs 菊川未紀
 接近戦では打たずにクリンチ。レフリーの方を見ながらブレイク待ちの川西選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 菊川選手の後頭部に左手を引っかけて押し下げる行為で川西選手に口頭注意。前半はこんな場面が続いてボクシングになりません。

川西友子 vs 菊川未紀
 1分過ぎ、意を決したように打ち合いに出る川西選手に菊川選手の右フックがクリーンヒット。

 川西友子 vs 菊川未紀
 下がる川西選手。

川西友子 vs 菊川未紀

川西友子 vs 菊川未紀
 これをロープに追い込んだ菊川選手はボディー連打。続いて顔面への右、左。アッパー。

川西友子 vs 菊川未紀
 成す術のない川西選手は左手を相手の頭に置いたままずるずると後退。

川西友子 vs 菊川未紀

川西友子 vs 菊川未紀
 この左手をレフリーが払いのけたのをブレイクの指示だと勘違いして気をゆるめた川西選手は打たれ放題。

川西友子 vs 菊川未紀
 続いてダブルのアッパーをもらって本格的にピンチ。ここでゴングに救われる川西選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 第4ラウンド 劣勢の川西選手は距離を取ってバックステップの連続。戦意は旺盛ながらもどうすればいいのか分からないという感じ。遠い距離から左を打ってはいますがこのままでは逆転は無理でしょう。

川西友子 vs 菊川未紀
 バックステップを続ける川西選手を根気強く追いかけていた菊川選手ですが、1分30秒を過ぎた頃、ついに追うのをやめてガードを下げ、ほんの一瞬、疲れたようにロープに寄りかかります。

川西友子 vs 菊川未紀
 チャンスと見て打ちかかっていく川西選手でしたが、これは菊川選手のワナ。右のカウンターを強烈に被弾。

川西友子 vs 菊川未紀
 これで再び距離をとってしまう川西選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 笑いながら両ガードを下げて「打っておいでよ」というように何度も挑発する菊川選手ですが、川西選手は手が出ません。

川西友子 vs 菊川未紀
 ロープに詰められたところでゴング。

川西友子 vs 菊川未紀
 第5ラウンド この回も下がり続ける川西選手。

川西友子 vs 菊川未紀
 後半残り30秒。ワンツーをもらった川西選手はクリンチにいきますが、腰が引けてボディー連打をもらってしまいます。

川西友子 vs 菊川未紀
 クリンチをといて打ちに出ようとしたところで左フック被弾。

川西友子 vs 菊川未紀
 さらにロープ際でも左フックのダブル。

 この回も菊川選手優勢は動かず。

川西友子 vs 菊川未紀
 第6ラウンド 川西選手は最終回もいいところなく後退とクリンチの繰り返し。

川西友子 vs 菊川未紀
 後半には青コーナーでつかまってしまいます。

川西友子 vs 菊川未紀
 必死にロープをつかんでブレイク待ち。これは口頭注意。

川西友子 vs 菊川未紀
 リスタート直後、菊川選手のアッパーカット。

川西友子 vs 菊川未紀
 菊川選手ペースのまま試合終了。

P1400130
 菊川選手の圧勝かと思われましたが、判定はなんとジャッジ全員一致でホームの川西選手の勝利。露骨な地元判定でした。こんな判定は両方の選手を傷つけ、ボクシングという競技の価値を下げるだけです。

 後楽園ホールなど、どちらのホームでもないリングでの近日中の再戦が必要と思われます。

52.5kg契約ウェイト 6回戦
○川西友子(大阪帝拳)
判定3−0
×菊川未紀(東海)
川西友子選手が判定勝利。
(58ー57、58ー57、58ー57)

ジャッジ
半田隆基 はんだたかき(JBC関西)
坂本相悟 さかもとしょうご(JBC関西)
野田昌宏 のだまさひろ(JBC関西)

この結果、両者の戦績は以下のようになります。
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)4戦4勝1KO
菊川未紀 きくかわみき(東海)22戦11勝10敗1分1KO
(上記戦績はJBC公認以前からの通算)

関連記事 プレイバック 菊川未紀 vs レイラ・マッカーター ラスベガスでの一戦 ボクシング女子

関連記事 菊川未紀 激レアデータ(ほぼ)全戦績

関連記事 フュチュール12月5日大会 試合結果 ボクシング女子

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 13:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月06日

3月6日 菊川未紀 vs 川西友子 6回戦 結果 ボクシング女子

 Boxing

2011年3月6日(日)大阪府 IMPホール
ドラマチックボクシング

52.5kg契約ウェイト 6回戦
川西友子(大阪帝拳)
判定3−0
×菊川未紀(東海)
川西友子選手が判定勝利。地元判定。
(58ー57、58ー57、58ー57)

この結果、両者の戦績は以下のようになります。
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)4戦4勝1KO
菊川未紀 きくかわみき(東海)22戦11勝10敗1分1KO
(上記戦績はJBC公認以前からの通算)


関連記事 プレイバック 菊川未紀 vs レイラ・マッカーター ラスベガスでの一戦 ボクシング女子

関連記事 菊川未紀 激レアデータ(ほぼ)全戦績

関連記事 フュチュール12月5日大会 試合結果 ボクシング女子

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 16:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月02日

3月6日 菊川未紀 vs 川西友子 6回戦 予定 ボクシング女子

boxing

2011年3月6日(日)大阪府 IMPホール
ドラマチックボクシング

52.5kg契約ウェイト 6回戦
川西友子(大阪帝拳)
VS
菊川未紀(東海)

川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)3戦3勝1KO
菊川未紀 きくかわみき(東海)21戦11勝9敗1分1KO
(上記戦績はJBC公認以前からの通算)

*日時 2011年3月6日(日)開場13:30 開始14:00
*場所 大阪府 IMPホール
*料金 リングサイド10,000円 指定6,000円 立見・自由席3,000円 Pコード818-082
*問い合せ 大阪帝拳 06-6925-4401

関連記事 菊川未紀 激レアデータ(ほぼ)全戦績

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月01日

アナ・フラトン WBOスーパーバンタム級王座初防衛戦 結果 ボクシング女子

boxing

Ana Julaton - Hurricane2011年2月25日(金)アメリカ カリフォルニア州 クレーンウェイパビリオン

WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 10回戦
○王者 アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ)
判定3−0
×挑戦者 フランチェスカ・アルカンター(アメリカ)
アナ・フラトン選手がユナニマスデシジョンで勝利しました。
(98−92、97−93、96−94)

 アナ・フラトン選手がフランチェスカ・アルカンター選手を3−0でくだしてWBOスーパーバンタム級王座の初防衛に成功しました。

この試合を含む両者の戦績は以下のようになります。
アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ) 11戦8勝2敗1分1KO
フランチェスカ・アルカンター(アメリカ) 32戦18勝10敗1分9KO3無効試合

前回記事 決定WBOタイトルマッチ アナ・フラトン vs フランチェスカ・アルカンター

関連記事 アナ・フラトンが薄氷の王座返り咲き WBOスーパー・バンタム級 アナ・フラトン vs マリア・ビシャロボス

関連記事 アナ・フラトンを征してリサ・ブラウンが王者に WBAスーパーバンタム級王座決定戦

関連記事 WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ イナ・メンツァー vs フランチェスカ・アルカンター 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年02月28日

ジョージ・フォアマンも応援 アン・ウルフ軍団存続への闘い ボクシング女子

boxing

legends2011年2月25日(金)アメリカ テキサス州オースチン
"Legends fight night"

4回戦
ジェニファー・ウルフ(アメリカ)
VS
ケリー・ヒル(アメリカ)

 深刻な経営問題に直面しているアン・ウルフボクシングジム、通称ウルフパック(狼の群れ)はジム存続の打開策として『最強女子王者』アン・ウルフ選手の復活を目玉にした主催興行を予定していましたが、伝説のヘビー級王者 "ビッグ" ジョージ・フォアマンさんが協力を名乗り出てくれたことから予定を変更して25日に開催されました。

 ジョージ・フォアマンさん自身が現地入りしてアン・ウルフジムの存続支援をアピールしたほか、ジョージ・フォアマンさんの次男ジョージ・フォアマン三世選手の試合とアン・ウルフさんの娘のジェニファー・ウルフ選手の試合が組まれるという若手中心の興行となり、アン・ウルフさんのカムバックは見送られました。


 ジェニファー・ウルフ vs ケリー・ヒルはご覧のとおりにジェニファー・ウルフ選手の圧勝でした。

4回戦
○ジェニファー・ウルフ(アメリカ)
レフリーストップTKO 2回
×ケリー・ヒル(アメリカ)
レフリーストップによりジェニファー・ウルフ選手の勝利。

 この日の結果を含む両者の戦績は以下のようになります。
ジェニファー・ウルフ(アメリカ)6戦6勝3KO
ケリー・ヒル(アメリカ)23戦2勝20敗1無効試合

関連記事 アン・ウルフさんのジム『ウルフパック』がピンチ

関連記事 元世界チャンピオン アン・ウルフの新しい挑戦

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote