キック・ムエタイ・SBの試合:2010.1〜3

2011年03月20日

ケイリー・リース vs ノンヌアン・デトラクト 結果 ムエタイ女子

icon_muaythai


epic22011年3月19日(土)オーストラリア パース
EPIC 2 "HONOUR"

ムエタイ57kg級 2分5R ヒジ・ヒザあり
ケイリー・リース[旧姓ルイス](オーストラリア)
判定
×ノンヌアン・デトラクト(タイ)
ケイリー・リース選手の判定勝利。

アラ・イヴァシュケヴィッチ選手(ベラルーシ)の出場はキャンセルになり、タイのノンヌアン・デトラクト選手が出場しました。

関連記事 判定訂正! ビッグマッチでの信じられない出来事 ジョアンナ vs アラ・イヴァシュケヴィッチ

関連記事 ケイリー・ルイス VS サラ・オコンネル 結果 女子ムエタイ

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月27日

トモコSP vs エミNFC MA、M-1交流戦 結果 キックボクシング女子

icon_kickboxing


2011年2月27日 東京 ディファ有明
MAキックボクシング 「BREAK-10」〜DICE〜

EMI

フライ級 2分3R
エミNFC(ナゴヤFC/MA)
判定2−0
×トモコSP(WSR/M-1)
エミNFC選手が判定勝利。
(3ラウンドにトモコSP選手ダウン1)

*お詫びと訂正 この試合に関しまして結果をまったく反対に表記していました。エミNFC選手、トモコSP選手、関係者、ファンのみなさん、本当に申し訳ありません。たくさんのご指摘ありがとうございました。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年07月12日

香港ムエタイ軽量級の実力は? リボゲン・ファイト・ナイト 女子ムエタイ

icon_muaythai

libogen20102010年3月5日(金)香港 ワンチャイサウソーンスタジアム
力保健搏撃之夜 風林火山4 港日大戦 日本VS香港

ムエタイルール 2分5ラウンド
曽慧英[ツァン・ワイイン](香港)
VS
タナ(タイ)

 本日は、少々時間をさかのぼって今年3月の『リボゲン・ファイト・ナイト』から、ツァン・ワイインVSタナの映像をご紹介します。

 この試合で注目なのは、超軽量級のツァン・ワイイン選手です。公開されている体重はタイのタナ選手が51キロなのに対してツァン選手はなんと43キロ!全然体重が合わないのに、これで試合を組んじゃったんですね...。無謀です、『リボゲン・ファイト・ナイト』。



 こちらが試合動画なんですが、その軽いツァン選手(赤のグローブ)のほうが勝っちゃいました。

 日本ではマッチメークに苦労している最軽量級ですが、8キロも重い相手を蹴り倒してしまうツァン・ワイイン選手が参戦すれば、面白いことになるのではないでしょうか...。

ムエタイルール 2分5ラウンド
○曽慧英[ツァン・ワイイン](香港)
判定
×タナ(タイ)
ツァン・ワイイン選手の判定勝利。

関連記事 正木純子 香港で勝利 力保健搏撃之夜 風林火山3

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月13日

イム・スジョン vs 佐々木仁子 詳細 3月28日 J-GIRLS 女子キックボクシング

 KickBoxing

2010年3月28日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS -Catch The Stone 6-

フェザー級 2分3R(延長1R)
佐々木仁子(チームドラゴン)赤
VS
イム・スジョン(韓国)青

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 J-GIRLSフェザー級王者の佐々木仁子選手が、韓国女子キック界のエースであるイム・スジョン選手と3月28日ついに激突しました。

 イム・スジョン選手は52〜54kgぐらいの階級で試合をすることが多く、今回のJ-GIRLSフェザー級(57.15kg)は未知の階級で、不安はあったようです。

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 第1ラウンド イム・スジョン選手は1月の中国での大会をヒザと足首の故障のために欠場し、この試合が復帰戦になります。佐々木選手がローを狙ってくるのも当然のことでしょう。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 しかし、佐々木選手はロー攻めに徹するわけでもなく、ちょっと中途半端な感じ。逆にイム・スジョン選手は足の完治をアピールするかのようにローキックを返してきます。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 佐々木選手は攻撃が単発で流れが作れないのに対して、イム・スジョン選手はパンチとキックが2発、3発、4発とつながるコンビネーションが中心。思いどおりの試合になっているのかラウンド終了時には笑顔がこぼれます。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 第2ラウンドはイム・スジョン選手の連続キックで始まりました。

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 自然な流れでムエタイ式の首相撲にいこうとしてルールが違うことに気がついたイム・スジョン選手は、いったん離れてからパンチの連打で仕切り直し。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 佐々木仁子選手が前へ前へと進み、イム・スジョン選手は下がり続けるのですが、佐々木選手の仕掛けが遅く、攻撃のきっかけを作るのはほとんどがイム選手です。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 イム選手は手数も有効打も多く、完全に試合のペースを握っています。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 第3ラウンド この回もイム・スジョン選手のミドル、前蹴り、パンチのコンビネーションで始まります。

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 佐々木選手は最終回も前に出続けますが、攻撃もフェイントもともなわない単なる接近なのでイム・スジョン選手の的になるばかり。

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 カウンターを合わせる佐々木選手。しかし、踏み込みが甘くダメージを与えられません。

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 終盤も打ち負けて佐々木選手にいいところはありませんでした。

佐々木仁子 vs イム・スジョン
 イム・スジョン選手は試合終了とともにこの表情。

イム・スジョン選手
 判定は、ふたりのジャッジの支持を得たイム・スジョン選手。

フェザー級 2分3R(延長1R)
×佐々木仁子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級王者)
判定0−2
○イム・スジョン(韓国)
イム・スジョン選手の判定勝利。

レーナ選手 イム・スジョン選手
 試合後はイム・スジョン選手が自身のセコンドについていたRENA[レーナ]選手を呼び入れて記念撮影。

レーナ選手 イム・スジョン選手
 J-GIRLSさんが他団体にリングを乗っ取られたような絵になってしまいましたが、これも勝負の結果ですからしかたありませんね。

(この記事の掲載が事情により半月遅れになってしまったことを読者のみなさんに深くお詫びします)

関連記事 イム・スジョン 11月のワン・ナイト・トーナメントでの激闘動画

関連記事 J-GIRLS WJCフェザー級王者決定戦 ジョアンナ vs 佐々木仁子

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年03月31日

J-GIRLSフライ級挑戦者決定トーナメント準決勝 ジェット・イズミ vs 林田昌子、田中佑季 vs 安倍基江 詳細 女子キックボクシング

 KickBoxing


2010年3月28日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS -Catch The Stone 6-

フライ級挑戦者決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
ジェット・イズミ(M16ムエタイスタイル)赤
VS
林田昌子(藤原ジム)青

ジェット・イズミ vs 林田昌子

ジェットvs 林田昌子
 ジェット・イズミ選手と林田昌子選手は2007年のJ-GIRLSミニフライ級王座決定戦以来のリマッチ。その時はジェット選手が判定で勝利しミニフライ級王座に輝いています。

ジェット・イズミ vs 林田昌子

ジェット・イズミ vs 林田昌子
 ジェット選手はキックやヒザ蹴りで積極的な攻めを見せますが、林田選手は足を使って距離を保ちながらよく蹴り返し、主導権を渡しません。

ジェット・イズミ vs 林田昌子

ジェット・イズミ vs 林田昌子
 狙い過ぎなのかときどき動きが停滞するジェット選手のスキをのがさず、再三パンチを浴びせる林田選手。

 これが決め手となって試合は林田選手の判定勝利。

フライ級挑戦者決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
×ジェット・イズミ(M16ムエタイスタイル)
判定0−3
○林田昌子(藤原ジム)
林田昌子選手の判定勝利。


フライ級挑戦者決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
田中佑季(青春塾)赤
VS
安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009準優勝)青

安倍基江vs 田中祐季
 左右のパンチを振り回しながら突進する田中選手に対して、安倍選手はキックとヒザを要所要所で当てて冷静な試合運び。

 3ラウンドを終了して安倍選手がやや有利かと思われましたが判定はドローで、試合は延長に突入します。

安倍基江vs 田中祐季

安倍基江vs 田中祐季

安倍基江vs 田中祐季
 延長ラウンドでも安倍選手はローをよく当て、ヒザ蹴りも決め、優勢な試合運び。一方の田中選手はアゴを引いた姿勢でパンチを連打しますが正確性がいまいち。

安倍基江vs 田中祐季
 しかし、残り時間30秒を切ったその時、田中選手の左右が安倍選手のアゴに連続ヒット。

安倍基江vs 田中祐季
 ストンとその場にダウンする安倍選手。カウントはエイト。

 このダウンが決め手となって、田中選手が延長判定で勝利しました。

フライ級挑戦者決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
○田中佑季(青春塾)
延長判定3−0
×安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009準優勝)
田中佑季選手の判定勝利。
安倍選手は延長ラウンドでダウン1。

 以上、準決勝2試合の結果、フライ級挑戦者決定トーナメントの決勝は、林田昌子選手(藤原ジム)と田中佑季選手(青春塾)で争われることになりました。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:50|Permalink

2010年03月29日

AZUMA vs 藪下めぐみ、大浜芳美 vs 岡加奈子、ルミナK vs 西田恵理 試合結果 NJKF 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年3月28日(日) 東京 ディファ有明
ニュージャパンキックボクシング 「熱風 零参」

第13試合 60kg契約 3分3R
AZUMA(yーpark/NJKF女子フェザー級王者)
判定3−0
×藪下めぐみ(フリー)
AZUMA選手の判定勝利。

第9試合 バンタム級 2分3R
大浜芳美(インスパイヤード・モーション)
判定1−1
岡加奈子(立志会館)
ドロー

第3試合 フライ級 2分3R
ルミナ・K(センチャイムエタイ)
判定1−1
西田恵理(OGUNI)
ドロー

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月28日

イム・スジョン vs 佐々木仁子 など JーGIRLS試合結果 女子キックボクシング

 KickBoxing

2010年3月28日(日)東京 新宿FACE
J-GIRLS -Catch The Stone 6-

イム・スジョン選手

フェザー級 2分3R(延長1R)
×佐々木仁子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級王者)
判定0−2
イム・スジョン(韓国)[写真]
イム・スジョン選手の判定勝利。

60kg契約 2分3R(延長1R)
村上リエ(DRAGON GYM)
判定3−0
×超弁慶(ガムランナック)
村上リエ選手の判定勝利。

47kg契約 2分3R
美保(KFG)
判定0−0
紅絹(フォルティス渋谷)
ドロー

フライ級次期王座挑戦決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
田中佑季(青春塾)
延長判定3−0
×安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009準優勝)
田中佑季選手の判定勝利。
安倍選手は延長ラウンドでダウン1。

フライ級次期王座挑戦決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
×ジェット・イズミ(M16ムエタイスタイル)
判定0−3
林田昌子(藤原ジム)
林田昌子選手の判定勝利。

バンタム級次期王座挑戦決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
陣内まどか(Black PUG)
判定2−1
×谷村郁江(リアルディール)
陣内まどか選手の判定勝利。

バンタム級次期王座挑戦決定トーナメント準決勝 2分3R(延長1R)
×NANA☆SE(KING EXCEED)
判定1−2
難波久美子(契明ジム)
難波久美子選手の判定勝利。

アトム級 2分3R
PIRIKA(ミルキーウェイ)
判定3−0
×Yu_kid(レグルス池袋)
PIRIKA選手の判定勝利。

アトム級 2分3R
丸中雅恵(ワイズスポーツジム)
判定3−0
×443(フォルティス渋谷)
丸中雅恵選手の判定勝利。

Little Tiger VS マニリン・ソースピッツ(タイ)はタイ側のトラブルで中止となっています。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月26日

M−1女子ミニフライ級タイトルマッチ 岡田敦子 vs ちはる 詳細 女子ムエタイ

 MuayThai

2010年3月21日(日)東京 ディファ有明
M-1 FAIRTEXムエタイチャレンジ2010

M−1女子ミニフライ級タイトルマッチ 2分5ラウンド
王者 岡田敦子(RAPTURE KING)赤
VS
挑戦者 ちはる(WSRフェアテックスジム)青

岡田敦子 vs ちはる
 昨年1月にM−1女子ミニフライ級の王者となった岡田敦子選手の初防衛戦がちはる選手を挑戦者に迎えておこなわれました。

岡田敦子 vs ちはる
 本来は、挑戦者決定戦に勝ち残った田嶋はる選手と王者岡田敦子選手の対戦が予定されていたのですが、田嶋選手が練習中のケガにより棄権を申し出たため、リザーブのちはる選手が代打出場で王座に挑戦する幸運を得ました。

岡田敦子 vs ちはる
 岡田選手とちはる選手の対戦は2008年にもおこなわれており、その時は巧みなフットワークと組み力の強さで、岡田選手が有利に試合を展開し、実力の差を見せて圧勝しています。

岡田敦子 vs ちはる
 しかし、今回の岡田選手はまるで別人。フットワーク無しで簡単に近距離に入られたり、打ち合わずに組み合い、重心を崩されてあっという間に倒されたりしています。

岡田敦子 vs ちはる
 倒されやすいということは、体全体のバランスが失われているということ。こういう時の選手はどこかに故障をかかえていることが多いといいます。

岡田敦子 vs ちはる
 そう思って見ていると、岡田選手は右のパンチをまったく使っていないということに気がつきました。前回、美保選手と戦った時も右ストレートを1、2回出しただけでしたが、今回はちゃんと打った右のパンチはゼロ。

 このような状態で無理してタイトルマッチをおこなうよりも、いさぎよく王座を返上したほうがよかったような気がします。少なくともそのほうがファンにとっては誠実だったのではないでしょうか。

藤原敏男氏とちはる選手
 すべてのラウンドでポイントでリードしたちはる選手が大差の判定で勝利、M−1ミニフライ級新王者になりました。

M−1女子ミニフライ級タイトルマッチ 2分5ラウンド
×王者 岡田敦子(RAPTURE KING)
判定0−3
○挑戦者 ちはる(WSRフェアテックスジム)
判定0−3(45−50、45−50、45−50)

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

神村江里加 VS トーンター・シットソーコーカムロン Mー1ムエタイチャレンジ 詳細 女子ムエタイ

 MuayThai

2010年3月21日(日)東京 ディファ有明
M-1 FAIRTEXムエタイチャレンジ2010

48kg契約 ムエタイ2分3ラウンド ヒジ有り
神村江里加(TARGET/WPMFミニフライ級王者、J-GIRLSミニフライ級王者)
VS
トーンター・シットソーコーカムロン(タイ)

神村江里加 VS トーンター・シットソーコーカムロン

神村江里加 VS トーンター
 第1ラウンド 一見して明らかに体格面では神村選手が有利。それでもトーンター・シットソーコーカムロン選手は序盤の蹴りの打ち合いではニヤリと笑って余裕の表情。

神村江里加 VS トーンター
 しかし、神村選手がパンチ連打とサイドキックで攻め込むとトーンター選手の笑顔は消えます。

神村江里加選手
 インターバル 真剣な表情でセコンドの指示を聞く神村選手。

神村江里加 VS トーンター
 第2ラウンド トーンター選手のスウェイよりも神村選手のパンチのほうが速く、トーンター選手のバックステップよりも神村選手のサイドキックのほうが深いため、トーンター選手は打撃戦では手が出ません。そこで首相撲に持ち込んでくるのですが、

神村江里加 VS トーンター
 神村選手は強力に抵抗して主導権を与えません。腰の強いふたりの首相撲は崩れることなく延々と続き、神村選手はヒジ打ちを繰り出します。

神村江里加 VS トーンター
 第3ラウンド 高速キックのまとめ撃ちで神村選手が優位。トーンター選手は組み付いてきますが首相撲でも押され気味。

神村江里加 VS トーンター
 レフリーブレイクからのリスタートでパンチ連打、ヒジ打ち、ヒザ蹴りでロープに追い込む神村選手。

神村江里加選手
 試合終了のゴングを聞くと神村選手はこのポーズ。

神村江里加選手
 神村江里加選手、判定勝利。

 明らかに階級違いの相手だったので勝敗の興味は序盤で薄れましたが、試合自体は神村選手を見ているだけで充分楽しめました。

 離れては蹴り込むタイプの横蹴り、近づいてはパンチとヒザがスキ間なく弾幕を張る神村選手の戦い方は、見ていて実に痛快。蹴りの軌道は美しく、パンチは引きが速くて威力がありそうです。そしてなにより、倒しにいく姿勢がいいですね。

 お客さんは第1ラウンドの最初の十数秒で神村選手の動きにどよめき、あちこちで「いいな、あれ」というつぶやきが聞こえました。女子ということに関係無く一人の選手として、神村選手の認知度が上がってきているようです。

48kg契約 ムエタイ2分3ラウンド ヒジ有り
○神村江里加(TARGET/WPMFミニフライ級王者、J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3−0
×トーンター・シットソーコーカムロン(タイ)
判定3−0で神村江里加選手の勝利。(30−27、30−28、30−27)

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 12:00|Permalink

2010年03月21日

岡田敦子 vs ちはる、神村江里加 vs トーンター ムエタイチャレンジ2010 結果 女子ムエタイ

icon_muaythai

2010年3月21日(日)東京 ディファ有明
M-1 FAIRTEXムエタイチャレンジ2010

M−1女子ミニフライ級タイトルマッチ 2分5ラウンド
×王者 岡田敦子(RAPTURE KING)
判定0−3
○挑戦者 ちはる(WSRフェアテックスジム)
判定0−3(45−50、45−50、45−50)

藤原敏男氏とちはる選手
ちはる選手がM−1女子ミニフライ新王者に。

48kg契約 ムエタイ2分3ラウンド ヒジ有り
神村江里加(TARGET/WPMFミニフライ級王者、J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3−0
×トーンター・シットソーコーカムロン(タイ)
判定3−0(30−27、30−28、30−27)

神村江里加選手
神村江里加選手の判定勝利。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:24|Permalink

水野志保 VS 正木純子、千佳子 VS 林美久 3月20日 結果 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年3月20日(土)東京 新宿FACE
BUNGELING BAY SPIRIT 縁 〜enishi〜

54kg契約 2分3R
水野志保(名古屋JKファクトリー/J-GIRLSバンタム級王者)
判定3−0
×正木純子(Hilltop)
ユナニマスデシジョンで水野志保選手の勝利

55kgkg契約 2分3R
×千佳子(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
判定3−0
林美久(バンゲリングベイ・スピリット)
ユナニマスデシジョンで林美久選手の勝利

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月20日

高橋藍 VS ASAKO 3月19日 結果 女子シュートボクシング

icon_shootboxing


2010年3月19日(金)東京 新宿FACE
JEWELS 7th RING

シュートボクシングルール 54kg契約
高橋藍(シーザージム)
TKO
×ASAKO(U-FILE CAMP岐阜)
2ラウンド レフリーストップTKOで高橋藍選手の勝利

エキシビションマッチ
RENA[レーナ](及川道場)
勝敗無し
ハム・ソヒ(韓国)

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)

2010年03月19日

AZUMA vs 藪下めぐみ、大浜芳美 vs 岡加奈子、ルミナK vs 西田恵理 NJKF 女子キックボクシング

icon_kickboxing


NJKF1003282010年3月28日(日) 東京 ディファ有明
ニュージャパンキックボクシング 「熱風 零参」

第13試合 60kg契約 3分3R
AZUMA(yーpark/NJKF女子フェザー級王者)
VS
藪下めぐみ(フリー)

第9試合 バンタム級 2分3R
大浜芳美(インスパイヤード・モーション)
VS
岡加奈子(立志会館)

第3試合 フライ級 2分3R
ルミナ・K(センチャイムエタイ)
VS
西田恵理(OGUNI)

*日時 2010年3月28日(日)開場15:00 開演15:30
*場所 東京 ディファ有明
*料金 特別RS席12,000円 RS席10,000円 指定S席7,000円 指定A席5,000円 B席4,000円(各席とも当日500円増)
*問い合せ ニュージャパンキックボクシング連盟 03-6240-8410

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

高橋藍 VS ASAKO RENA[レーナ] VS ハム・ソヒ(EX.)3月19日 新宿FACE 女子シュートボクシング

icon_shootboxing


ハム・ソヒ2010年3月19日(金)東京 新宿FACE
JEWELS 7th RING

シュートボクシングルール -54kg契約
高橋藍(シーザージム)
VS
ASAKO(U-FILE CAMP岐阜)

エキシビションマッチ
RENA[レーナ](及川道場)
VS
ハム・ソヒ(韓国)[写真]

 RENA[レーナ]選手(及川道場)とハム・ソヒ選手(韓国)のエキシビションマッチマッチが追加になりました。ルールやラウンド数は未発表です。

 このところ対戦カードにめぐまれないハム・ソヒ選手ですが、SBに本格参戦してくれたらおもしろくなりますね。総合格闘技を経験して投げや関節技への対処は身につけていますし、イム・スジョン選手といっしょにタイまで特訓遠征している打撃の力は本物。ハム・ソヒ選手には一気にSBの勢力図を塗り替えるだけのパワーがあります。

*日時 2010年3月19日(金)
 オープニングファイト開始18:00 本戦開始18:30
*場所 新宿FACE(フェイス)
*料金 VIP席¥10,000 カウンター席¥10,000 RS席¥7,000 A席¥5,000 B席¥4,000
(全席別途ドリンク代500円必要)(当日料金は500円増)期日が近いので売り切れになっている席種もあります。主催者にご確認ください。
*問い合せ マーヴェラスジャパン 03-5458-2536

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:20|Permalink

2010年03月12日

NJKFアトム級王座決定戦 山田純琴 vs Mai 詳細 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年3月7日(日) 東京・新宿FACE
ニュージャパンキックボクシング/センチャイムエタイ
「Muay Thai Open 11」

NJKFアトム級王座決定戦
キックルール 3分3R(延長2分1R)
山田純琴(y-Park/J-GIRLS同級1位)赤
VS
Mai(健心塾/J-GIRLS同級2位)青

 昨年12月20日のJ-GIRLSアトム級王座決定戦では、Little Tiger選手とどっちが勝ちでもおかしくないような接戦を演じたものの、判定でやぶれベルトを逃している山田純琴選手(y-Park)。今回はホームのリングでNJKFアトム級のベルトをMai選手(健心塾)と争います。

山田純琴 vs Mai
 第1ラウンド いつもはゴング直後から速射砲のような連続パンチとしなるローキックのコンボを叩き込む山田選手ですが、この日はあまり手を出さずに相手の出方をうかがうような立ち上がり。

山田純琴 vs Mai-1
 積極的に攻めてくるのはMai選手。

山田純琴 vs Mai-2

山田純琴 vs Mai-3
 山田選手もようやく打って出ますがカウンターを取られてしまいます。

山田純琴 vs Mai-4
 キックにもきっちり合わせてきます。

山田純琴 vs Mai-5
 ジャンピングハイキックまで繰り出して序盤から試合はMai選手のペース。

山田純琴 vs Mai-8
 さらにハイキックを見せますがこれは山田選手がパンチで防御。

山田純琴 vs Mai-10
 この回はMai選手が優勢のままゴング。

山田純琴 vs Mai
 第2ラウンド あいかわらずMai選手が攻めの姿勢。

山田純琴 vs Mai-1
 山田選手がパンチ連打からローキックにつなげる攻撃を見せますが、Mai選手はしっかりガードしながらサイドに動いてほとんど被弾がありません。

山田純琴 vs Mai-2

山田純琴 vs Mai-3
 攻め手が見つからないまま、まっすぐ踏み込んで反撃を受ける山田選手。

山田純琴 vs Mai-4

山田純琴 vs Mai-5
 終盤にMai選手はパンチやハイキックをクリーンヒット。

山田純琴 vs Mai
 最終回 山田選手は猛然と攻めに出ます。

山田純琴 vs Mai-1
 しかし、Mai選手はサイドによく動くため、山田選手の攻撃は単発に。

山田純琴 vs Mai-2
 さらに追いかける山田選手をクリンチでつかまえるMai選手。

山田純琴 vs Mai-3
 あいかわらず冷静なカウンターもあり、Mai選手が優勢のまま逃げ切りました。判定は2−1のスプリットでMai選手の勝利。

mai
Mai選手の言葉
「きょうはみんな大阪から応援に来てくれて絶対勝ちたいと思ってたので夢みたいです!今度は世界チャンピオンを目指したいです。」

 番狂わせの結果でしたが、Mai選手はディフェンスがうまく、試合を組み立てるセンスがいいですね。いかにもJ-GIRLSノリの入場パフォーマンスはちょっと引いちゃいましたが、それ以外は非常に良かったと思います。

NJKFアトム級王座決定戦
キックルール 3分3R(延長2分1R)
×山田純琴 やまだすみえ(y-Park/J-GIRLS同級1位) 
判定 1−2
○Mai まい(健心塾/J-GIRLS同級2位)
Mai選手がスプリットで勝利しNJKFアトム級チャンピオンに。
29−30、30−29、28−29

関連記事 J-GIRLSアトム級王座決定戦 山田純琴 vs Little Tiger

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 15:30|PermalinkComments(0)