ボクシングの試合:2010.1〜3

2011年02月27日

トモコSP vs エミNFC MA、M-1交流戦 結果 キックボクシング女子

icon_kickboxing


2011年2月27日 東京 ディファ有明
MAキックボクシング 「BREAK-10」〜DICE〜

EMI

フライ級 2分3R
エミNFC(ナゴヤFC/MA)
判定2−0
×トモコSP(WSR/M-1)
エミNFC選手が判定勝利。
(3ラウンドにトモコSP選手ダウン1)

*お詫びと訂正 この試合に関しまして結果をまったく反対に表記していました。エミNFC選手、トモコSP選手、関係者、ファンのみなさん、本当に申し訳ありません。たくさんのご指摘ありがとうございました。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月30日

アナ・フラトンを征してリサ・ブラウンが王者に WBAスーパーバンタム級王座決定戦 女子ボクシング

 Boxing

2010年3月27日(土)カナダ オンタリオ州 カジノ・ラーマ
"RUMBLE AT RAMA XI"

WBAスーパーバンタム級王座決定戦 10回戦
×アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ)
判定0−3
リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ/カナダ)
ユナニマスデシジョンでリサ・ブラウン選手が王座を獲得。
92−99、91−99、90−100

 現在売り出し中のWBO/IBA二冠王者のアナ・フラトン選手(フィリピン/アメリカ)が、三本目のベルト獲得を狙ってリサ・ブラウン選手(トリニダード・トバゴ/カナダ)と激突したWBAスーパーバンタム級タイトルマッチは大差でリサ・ブラウン選手の勝利に終わりました。

 プロキャリア10年のブラウン選手は打っては離れる巧みなアウトボクシングでフラトン選手を翻弄。フラトン選手は偶然のバッティングで左右の眉毛付近から流血しながらも果敢に戦いますが、ブラウン選手を捕まえることが出来ないまま試合終了。手痛い黒星を喫しました。

 リサ・ブラウン選手は39才でWBAのベルトを獲得し、健在ぶりを見せつけました。

 この試合を含む両選手の戦績は以下のとおりです。

アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ) 9戦6勝2敗1分1KO

リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ/カナダ) 24戦17勝4敗3分5KO

関連記事 『女パッキャオ』アナ・フラトンがWBO/IBAスーパーバンタム級2冠王者に

banner_02

qbar


queensofthering at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月27日

WIBAライトウェルター級タイトルマッチ ホリー・ホルム vs チベール・ホールバック 結果 女子ボクシング

boxing

2010年3月26日(金)アメリカ ニューメキシコ州 イスレタ・カジノ&リゾート

WIBAライトウェルター級タイトルマッチ 10回戦
○王者 ホリー・ホルム(アメリカ)
判定3−0
×挑戦者 チベール・ホールバック(アメリカ)
ホリー・ホルム選手がユナニマスデシジョンで勝利し王座を防衛しました。
99−91、98−92、98−92


ホルム vs ホールバックの計量を伝えるニュース

 これによりふたりの戦績は以下のようになりました。

WIBAウェルター級スーパー王者
WIBAライトウェルター級スーパー王者
ホリー・ホルム(アメリカ)31戦27勝1敗3分7KO

IFBAライト級王者
チベール・ホールバック(アメリカ)36戦27勝6敗2分11KO

前回記事 WIBAライトウェルター級タイトルマッチ ホリー・ホルム vs チベール・ホールバック 予定

banner_02

qbar


queensofthering at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

小関桃 vs シン・ゴンジュ 結果

boxing

2010年3月27日(土)東京 有明コロシアム

WBCアトム級タイトルマッチ 10回戦
○王者 小関桃(青木)
判定3−0
×挑戦者 シン・ゴンジュ[申建主](韓国)
判定3−0で小関桃選手が防衛。

この結果戦績は以下のようになります。
小関桃 こせきもも(青木) 12戦10勝2敗2KO
シン・ゴンジュ(韓国) 5戦3勝1分1敗1KO
(戦績はJBC公認以前からの通算)

関連記事 スポーツ各紙が小関桃王座確定を報道

関連記事 WBCアトム級タイトルマッチ 小関桃 vs ティーラポーン・パンニミット 結果

banner_02

qbar


queensofthering at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月21日

ローラ・エル・ハラビ KOでタイトルを防衛 WIBA/WIBFライト級タイトルマッチ 女子ボクシング

boxing


2010年3月20日(土)ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市

WIBA/WIBFライト級タイトルマッチ 10回戦
○王者 ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)
5回KO
×挑戦者 ミア・セント・ジョン(アメリカ)
KOでローラ・エル・ハラビ選手が勝利

試合の開催を予告するニュース映像

 WIBAおよびWIBFライト級王者ローラ・エル・ハラビ選手(ドイツ)が、アメリカのベテランでWBC同級9位のミア・セント・ジョン選手を挑戦者に迎え、初めての防衛戦をおこないました。

 ハラビ選手は試合開始から攻撃的なボクシングで挑戦者にプレッシャーを与え、2回からはロープに追い込み、5回1分17秒にKOで勝利。

ハラビ選手の勝利を伝えるニュース映像

 ハラビ選手は試合後のインタビューで観客のサポートに感謝し、「この勝利は本当にスゴイことです。こんなに早い回にミア・セント・ジョン選手を倒せるとは思っていませんでした」と語りました。

 これで両選手の戦績は以下のようになります。

ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)10戦10勝6KO

ミア・セント・ジョン(アメリカ)58戦45勝11敗2分18KO

関連記事 6月にWIBA/WIBFライト級タイトル戦 ローラ・エル・ハラビ VS ロリ・ムニョス 決定

banner_02

qbar

queensofthering at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月20日

WIBAライトウェルター級タイトルマッチ ホリー・ホルム vs チベール・ホールバック 予定 女子ボクシング

boxing

ホリー・ホルム vs チベール・ホールバック2010年3月26日(金)アメリカ ニューメキシコ州 イスレタ・カジノ&リゾート

WIBAライトウェルター級タイトルマッチ 10回戦
王者 ホリー・ホルム(アメリカ)
VS
挑戦者 チベール・ホールバック(アメリカ)

 昨年12月にメリッサ・ヘルナンデス選手との『パウンド・フォー・パウンド最強決戦』が組まれながら、直前のトラブルで試合が消滅するという事件の当事者となってしまったホリー・ホルム選手が、事件後初の試合を3月26日におこないます。

 今回はホルム選手の本来の階級であるウェルター級の王座ではなく、ひとつ軽いライトウェルター級でのタイトルマッチです。

 昨年までWIBAライトウェルター級王者だったデュダ・ヤンコヴィッチ選手(ブラジル)が、指名挑戦者との試合を受けなかったためにベルトを剥奪され、かわりに彼女にKO勝ちしているホリー・ホルム選手が認定王者となっているらしく、今回はその王座の初防衛戦です。

 挑戦者はIFBAライト級王者のチベール・ホールバック選手。このふたりの対戦は以前にもおこなわれており、3年ぶりのリマッチとなります。前回は判定でやぶれているホールバック選手ですが、その実力はまちがいなく世界のトップクラス。

 ホールバック選手はレイラ・マッカーター選手、ボニー・カニーノ選手、風神ライカ選手、ベリンダ・ララクエンテ選手などのそうそうたるメンバーに勝ちをおさめ、数々の名勝負を残していますが、なかでもベスト・ファイトと言われているのはメリッサ・ヘルナンデス選手との2008年の死闘。

 アマボクシングでゴールデングローブに輝く優れたテクニックに意表を突く変則スタイルを融合させたヘルナンデス選手と、それに匹敵するワザの冴えを見せるホールバック選手の激突は、まさしく「これこそボクシング!」と言える素晴らしさ。

 緊張感あふれる試合展開の中にヘルナンデス選手の『カエル飛び』や、ホールバック選手の『ノールック』がちりばめられ、最高にスリルのある一戦となっています。日本では内藤大助選手の『ノールック・フック』が有名ですが、ホールバック選手も相手から顔をずらしぎみで戦うノールック・タイムを時々つかいます。

 それでは、その試合の動画をノーカットでごらんください。
2008年2月IFBAライト級王者決定戦
チベール・ホールバック vs メリッサ・ヘルナンデス
(動画がカクカクするときは、動画ウィンドー右下の480pを360pにしてみてください)



 最後の部分にフレディー・ローチ氏とアナ・フラトン選手の姿が映っていますね。





WIBAウェルター級スーパー王者
WIBAライトウェルター級スーパー王者
ホリー・ホルム(アメリカ)30戦26勝1敗3分7KO

IFBAライト級王者
チベール・ホールバック(アメリカ)35戦27勝5敗2分11KO

WIBAスーパーフェザー級王者
メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ)15戦12勝1敗2分4KO

banner_02

qbar


queensofthering at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月19日

野口智代 VS 上田千穂 II 詳細 DANGAN19 女子ボクシング

 Boxing

2010年3月12日(金)後楽園ホール
DANGAN19

第1試合 アトム級 4回戦
野口智代(ジャパン・スポーツ)赤
VS
上田千穂(博多協栄)青

野口智代 vs 上田千穂-1
 1回 リングを広く大きく使いながら二人のスピーディーなボクシングがスタート。

野口智代 vs 上田千穂-2

野口智代 vs 上田千穂-4
 手数が多くクリンチがないノンストップ・アクション・ボクシング。

野口智代 vs 上田千穂-5
 この回は、両者とも攻める気持ちが前に出ていたぶん、被弾もあって互角。

野口智代 vs 上田千穂-1

野口智代 vs 上田千穂-2
 2回 めまぐるしく動き回り打ち合うふたり。

 前半は出てくる相手を野口選手の左がタイミングよくとらえてリードしますが、後半は上田選手が上下の打ち分けと効果的なアッパーで逆襲。

野口智代 vs 上田千穂-1
 3回 このラウンドもたくさんのパンチが飛び交います。しかし、上田選手はよく足を動かし、野口選手はよく上半身を動かしているので、おたがいにあまり被弾はしていません。

 後半の有効打で野口選手がやや優勢か。

野口智代 vs 上田千穂-2

野口智代 vs 上田千穂-3
 4回 前半は野口選手の素晴らしいカウンターブローが印象的。後半には上田選手の右のパワーショットが光りました。

野口智代 vs 上田千穂-1
 ジャッジの判定は完全に割れて、三者三様のドロー。

第1試合 アトム級 4回戦
△野口智代(ジャパン・スポーツ)
ドロー 1−1
△上田千穂(博多協栄)
(39−38、38−39、38−38)

野口智代 vs 上田千穂-2
 4回戦らしい覇気にあふれた、すがすがしい試合でした。

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。
野口智代 のぐちともよ(ジャパンスポーツ) 5戦1勝3敗1分
上田千穂 うえだちほ(博多協栄) 4戦1勝2敗1分

関連記事 野口智代 VS 上田千穂 I
関連記事 女子ボクシング メガファイト 柴田直子 vs 野口智代 詳細
関連記事 女子ボクシング 越石優 vs 上田千穂 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月17日

WBCフライ級王者 シモーナ・ガラッシ タイトル防衛戦 結果 女子ボクシング 

boxing

2010年3月12日(金)イタリア エミリア・ロマーニャ

WBCフライ級タイトルマッチ
○王者 シモーナ・ガラッシ(イタリア)
判定3−0
×挑戦者 エスメラルダ・モレノ(メキシコ)
ユナニマスデシジョンでシモーナ・ガラッシ選手が王座を防衛しました。
100−89、100−90、99−90
偶然のバッティングによりガラッシ選手が出血したためモレノ選手は減点1

シモーナ・ガラッシ選手ハイライトビデオ

 イタリアのシモーナ・ガラッシ選手がWBCフライ級王座の4回目の防衛に成功しました。

 相手はメキシコのエスメラルダ・モレノ選手でしたが、彼女は本来、二階級も下のミニフライ級の選手。最初から体格的に違い過ぎて無理な挑戦でした。ひどいマッチメイクです。

 この階級にはマリアナ・フアレス選手(メキシコ)という暫定王者がいるのですから、どうせメキシコから挑戦者を呼ぶのなら、フアレス選手と正規/暫定統一戦をすればいいようなものですが、なんで違う選手を呼ぶんでしょうね?

 ちなみに、マリアナ・ユアレス選手も今月ほぼ同時期に防衛戦をおこない4回目(!)の暫定王座防衛に成功しています。

 このままWBCさんは永遠に正規王者と暫定王者を置き続けるのでしょうね、この階級には。

 本当に権威も何にもない金儲け主義の団体です。

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになりました。
シモーナ・ガラッシ(イタリア)15戦13勝1分1無効試合3KO
エスメラルダ・モレノ(メキシコ)18戦12勝6敗4KO

banner_02

qbar

queensofthering at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月15日

ジェシカ・ボップ WBA/WBOライトフライ級タイトルマッチ 結果 女子ボクシング

boxing


2010年3月13日(土) アルゼンチン ブエノスアイレス

WBA/WBOライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)
VS
挑戦者 ディアナ・ゴンサレス(メキシコ)

 この試合の動画が早くも公開されましたのでここにご紹介します。



 ご覧のとおり、王者ジェシカ・ボップ選手(アルゼンチン)がKO勝ちで戦績を12戦全勝、WBA王座防衛記録を5回に伸ばしました。

WBA/WBOライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)
KO 2回0分20秒
×挑戦者 ディアナ・ゴンサレス(メキシコ)
ジェシカ・ボップ選手がKOで王座を防衛

この結果、両者の戦績は以下のようになりました。

WBA/WBOライトフライ級チャンピオン
ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)12戦12勝5KO

ディアナ・ゴンサレス(メキシコ)6戦4勝2敗1KO

関連記事 ジェシカ・ボップ vs アナ・アラソラ WBAおよびWBOライトフライ級タイトルマッチ動画

banner_02

qbar

queensofthering at 16:15|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

第8回全日本女子アマチュアボクシング大会結果 女子ボクシング

boxing

2010年3月14日(日)香川県 高松市亀水運動センター
第8回全日本女子アマチュアボクシング大会決勝

 香川県高松市で11日から14日にかけて第8回全日本女子アマチュアボクシング大会が開かれました。各階級の決勝戦の結果は以下のとおりです。
(ポイント≒判定、RSC=レフリーストップ、認定優勝=対戦者がいないための無試合優勝)

ライトフライ級 2分4ラウンド
村山真理(井上特許事務所)
ポイント
×門倉智亜紀(名古屋市立鳴海中教)
ポイントで村山真理選手の優勝

フライ級 2分4ラウンド
岩川美花(フジサービス)
ポイント
×藤満霞(平成国際大)
ポイントで岩川美花選手の優勝

バンタム級 2分4ラウンド
×田中知世(岐阜工業高)
ポイント
新本亜也(クリエイティブジャパン)
ポイントで新本亜也選手の優勝

フェザー級 2分4ラウンド
箕輪綾子(日体大)
RSC
×藤井里美(白鴎大足利)
RSCで箕輪綾子選手の優勝

ライト級 2分4ラウンド
×水野知里(大新東ヒューマンサービス)
ポイント
釘宮智子(奈良朱雀高)
ポイントで釘宮智子選手の優勝

ライトウェルター級
明戸司(メトロコマース)
認定優勝

ウェルター級 2分4ラウンド
小此木亜希子(安中市役所)
RSC
×川村佐貴(宝陽病院)
RSCで小此木亜希子選手の優勝

ライトヘビー級
滝本里津子(新谷産業)
認定優勝

ヘビー級
山崎静代(吉本興業)
認定優勝

banner_02

qbar

queensofthering at 01:15|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月14日

"女パッキャオ"アナ・フラトン vs リサ・"バッドニュース"・ブラウン WBAスーパーバンタム級王座決定戦 予定 女子ボクシング

boxing

2010年3月27日(土)カナダ オンタリオ州 カジノ・ラーマ
"RUMBLE AT RAMA XI"

WBAスーパーバンタム級王座決定戦 10回戦
アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ)
VS
リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ/カナダ)

武術の稽古をするアナ・フラトン選手(動画がカクカクする場合は動画ウィンドー右下の480pを360pにしてみてください)

 "女パッキャオ"のキャッチフレーズで売り出し中のWBO/IBA二冠王者アナ・フラトン選手(フィリピン/アメリカ)が、今度はWBAのスーパーバンタム級王座(現在空位)を狙ってリサ・ブラウン選手(トリニダード・トバゴ/カナダ)と激突します。

 両者ともに二団体のスーパーバンタム級ベルトを手にしたことがあるので、この試合に勝ったほうの選手が三団体めのベルトを手に入れることになります。

 リサ・ブラウン選手は昨年はアウェイの韓国でのタイトルマッチで苦杯を喫しましたが、今度はホームのカナダでの対戦。どのような試合になるのでしょうか。
 
現WBO/IBAスーパーバンタム級チャンピオン
アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ) 8戦6勝1敗1分1KO

現WIBAスーパーバンタム級チャンピオン
現IFBAスーパーバンタム級チャンピオン
リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ/カナダ) 23戦16勝4敗3分5KO

関連記事 『女パッキャオ』アナ・フラトンがWBO/IBAスーパーバンタム級2冠王者に

banner_02

qbar


queensofthering at 19:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月13日

水谷智佳 vs キム・ジユン OPBFスーパーフェザー級タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年3月9日(火)後楽園ホール
MG−1 〜W東洋太平洋タイトルマッチ〜

OPBFスーパーフェザー級王座決定戦
水谷智佳(宮田)赤
VS
キム・ジユン[キム・ジーユン](韓国)青

水谷智佳 vs キム・ジヨン-1
 このふたりの対戦は2008年12月23日におこなわれた6回戦のリマッチなのですが、カードを聞いたときに期待感はまったくありませんでした。

 というのも、両国での二人の対戦はハッキリ言ってレベルが低く、その再戦が東洋のタイトルマッチにふさわしいとはとても思えなかったことがひとつ。

 さらに、両国でのレフリングが明らかに水谷選手を助けていてフェアでなかったこと。そして、ジャッジもまたいわゆる『ジモハン』(地元判定)で、優勢だったキム・ジユン選手に黒星をつけ、非常に後味が悪かったのです。

水谷智佳 vs キム・ジユン-2

水谷智佳 vs キム・ジユン-3
 1回 試合は中央での打ち合いで押されるかたちの水谷選手が簡単にコーナーまで詰められるという前回と同じパターンではじまりました。

水谷智佳 vs キム・ジユン-4
 しかし、前回と違うのはいったん押し込まれても水谷選手はその状態から打ち返しながら脱出出来るということです。

水谷智佳 vs キム・ジユン-5
 けれども、再びプレスをかけられると同じ状態に逆戻り。この繰り返しがこの日の基本パターンとして、延々続くことになります。

水谷智佳 vs キム・ジユン
 2回 開始早々にコーナーに詰められる水谷選手。

水谷智佳 vs キム・ジユン-1

水谷智佳 vs キム・ジユン-2
 その後も追いつめられていいとこなし。

水谷智佳 vs キム・ジユン-4

水谷智佳 vs キム・ジユン
 3回 この回も簡単に詰められてしまう水谷選手。打たれながらも前に出るキム・ジユン選手と、打たれるとまっすぐに下がる水谷選手ですからこういう展開にしかなりません。

 前回より進歩があるのは事実ですが、タイトル戦としては内容が低調なことには変わりがなく、客席は試合への興味を失ってしだいに冷えていきます。

水谷智佳 vs キム・ジユン

水谷智佳 vs キム・ジユン-1
 4回 この回も何も変わりません。4回終了後に読み上げられたオープンスコアは39−38、39−37、39−37で全員がキム・ジユン選手を支持。今回のジャッジは公平なようです。

水谷智佳 vs キム・ジユン-1
 5回 自身のリードを知ったキム・ジユン選手はガンガン出てきます。

水谷智佳 vs キム・ジユン
 しかし、水谷選手は打たれても簡単には下がらないで抵抗を見せはじめました。

水谷智佳 vs キム・ジユン
 6回  下がらずに打ち返す水谷選手の姿に客席からも声が飛びます。

水谷智佳 vs キム・ジユン-1
 一方、キム・ジユン選手はスタミナが切れかけてパンチの速さが落ち、打ち負ける場面も。

水谷智佳 vs キム・ジユン-2

水谷智佳 vs キム・ジユン-3
 このラウンドは激しい打ち合い。

水谷智佳 vs キム・ジユン-11
 7回 キム・ジユン選手はいよいよ本格的にスタミナ切れ。

水谷智佳 vs キム・ジユン-1

水谷智佳 vs キム・ジユン-4
 それでも距離を取らないで突っ込んでくるので、簡単に次々に被弾。

水谷智佳 vs キム・ジユン-6

水谷智佳 vs キム・ジユン-8
 しかし、まだまだ戦意は旺盛のようです。ここで2回めのオープンスコアは67−67、67−66、67−66で、二人のジャッジがキム・ジユン選手を支持。

水谷智佳 vs キム・ジユン-2
 いよいよ問題の8回です。ポイントで負けている水谷選手に「がんばれ日本」の声が飛びます。リング中央でおたがい十数発の打ち合い。盛り上がる会場。この攻防は距離がつまっていったんブレイク。

水谷智佳 vs キム・ジユン-4
 ロープサイドで二度目の打ち合い。水谷選手が出て行こうとするところにキム・ジユン選手の左が命中。完全に上を向く水谷選手の顔。

水谷智佳 vs キム・ジユン-5
 直後に二人はほぼ同時に右を出しますが、水谷選手のパンチだけが命中。

水谷智佳 vs キム・ジユン-6
 打たれたキム・ジユン選手はすぐに反応して次のパンチをブロック。

水谷智佳 vs キム・ジユン-7
 ここで福地勇治レフリーが割って入って試合終了を宣言。どうしてストップなのか、さっぱりわかりません。

水谷智佳 vs キム・ジユン-9
 抗議する韓国側関係者(手前)、泣きじゃくるキム・ジユン選手となぐさめる水谷選手。会場からは「早過ぎる」「可哀想だよ」の声。いやな空気の流れる中でベルトを授与された水谷選手には笑顔がありません。両方の選手にとって気の毒な結末でした。

水谷智佳選手

OPBFスーパーフェザー級王座決定戦
○水谷智佳(宮田)
8回0分43秒 TKO
×キム・ジユン[キム・ジーユン](韓国)
 水谷智佳選手のTKO勝利。OPBFスーパーフェザー級チャンピオンに。

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級チャンピオン
水谷智佳(宮田)9戦8勝1敗2KO

キム・ジユン[キム・ジーユン](韓国)8戦6勝2敗3KO

(戦績はJBC公認以前からの通算です)

前回対戦記事 水谷智佳 VS キム・ジユン(キム・ジーユン) 試合結果 詳細
関連記事 水谷智佳 VS ヤン・イン 後楽園ホール 結果
関連記事 ヤン・ユーインはどこ?

banner_02

qbar

queensofthering at 22:15|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月12日

野口智代 VS 上田千穂 II DANGAN19 結果 女子ボクシング

boxing

2010年3月12日(金)後楽園ホール
DANGAN19

第1試合 アトム級 4回戦
野口智代(ジャパン・スポーツ)
ドロー 1−1
上田千穂(博多協栄)
(39−38、38−39、38−38)

上田千穂 野口智代

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

野口智代 のぐちともよ(ジャパンスポーツ) 5戦1勝3敗1分
上田千穂 うえだちほ(博多協栄) 4戦1勝2敗1分

関連記事 野口智代 VS 上田千穂 I
関連記事 女子ボクシング メガファイト 柴田直子 vs 野口智代 詳細
関連記事 女子ボクシング 越石優 vs 上田千穂 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月09日

水谷智佳 vs キム・ジユン OPBFスーパーフェザー級タイトルマッチ 結果 女子ボクシング

boxing

2010年3月9日(火)後楽園ホール
MG−1 〜W東洋太平洋タイトルマッチ〜

Chika Mizutani

OPBFスーパーフェザー級王座決定戦
水谷智佳(宮田)
8回0分43秒 TKO
×キム・ジユン[キム・ジーユン](韓国)
 水谷智佳選手のTKO勝利。OPBFスーパーフェザー級チャンピオンに。

 8回、両者が打ち合いの中、福地レフリーが突然ストップをかけ、水谷選手の勝利を宣言。二度のオープンスコアではいずれもキム・ジユン選手が勝っていただけに韓国サイドが猛抗議。観客席からも不満とキム・ジユン選手への同情の声。水谷選手の顔にも喜びの色はありませんでした。

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級チャンピオン
水谷智佳(宮田)9戦8勝1敗2KO

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級3位
キム・ジユン[キム・ジーユン](韓国)8戦6勝2敗3KO

(戦績はJBC公認以前からのものです)

前回対戦記事 水谷智佳 VS キム・ジユン(キム・ジーユン) 試合結果 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 21:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年03月08日

三好喜美佳 vs 川西友子 3月7日結果 女子ボクシング

boxing

2010年3月7日(日) 大阪IMPホール
ドラマチックボクシング

54.5kg契約 4回戦
×三好喜美佳(新田)
TKO 2回0分23秒
川西友子(大阪帝拳)
川西友子選手のTKO勝利

この結果、両者の戦績は以下のようになります。
三好喜美佳 みよしきみか(新田) 6戦2勝3敗1分1KO
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳) 1戦1勝1KO

関連記事 東郷理代 vs 三好喜美佳 II 詳細

関連記事 東郷理代 vs 三好喜美佳 詳細

関連記事 女子ボクシング 丸山礼子 vs 三好喜美佳 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote