ボクシングの試合:2009.7〜9

2010年08月16日

ジェシカ・ボップ WBA王座6度目の防衛に成功 女子ボクシング

boxing

2010年8月14日(金)アルゼンチン サンタフェ

WBAおよびWBOライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)
判定3−0
×挑戦者 アナ・アラソラ(メキシコ)
ジェシカ・ボップ選手の判定勝利
100−90、100−89、100−89
アナ・アラソラ選手は6回にダウン1


ジェシカ・ボップvsアナ・アラソラ II 2回(グリーン/イエローのコスチュームがボップ選手)

 WBA/WBOライトフライ級王者ジェシカ・ボップ選手(アルゼンチン)がタイトルマッチに勝利し、6度目のWBA王座防衛に成功しました(WBOは2度目)。

 挑戦者はメキシコのアナ・アラソラ選手。彼女とは昨年11月以来のリマッチでしたがボップ選手が6回にダウンを奪うなどほぼ一方的に試合をすすめ、大差の完勝となりました。

 ボップ選手は一時、パワー重視でスピードが落ちたような時期がありましたが、動画を見ると再び速射砲のようなパンチを取り戻したようですね。

 この結果により両者の戦績は以下のようになりました。

WBA/WBOライトフライ級王者
ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)13戦13勝5KO

アナ・アラソラ(メキシコ)25戦17勝5敗3分15KO

関連記事 ジェシカ・ボップ ウルグアイでWBA王座防衛に成功

関連記事 ウルグアイでの女子メインのボクシング興行にジェシカ・ボップとクリス・ナムースが登場

関連記事 女子ボクシング ジェシカ・ボップ WBAライトフライ級防衛戦 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年06月01日

レイラ・マッカーター vs 風神ライカ 世界タイトルマッチ 試合動画 女子ボクシング

boxing

 スポーツの理解にはまずその種目を実際に目にすることが一番だと言われます。その次にいいのはテレビやビデオなどで見ることです。

 日本ではやはり一番テレビ放送の多い野球にいい選手が多いですし、かつてはマイナーだったサッカーもJリーグ発足後は比較的簡単に海外のトップ選手を見られるようになったこともあり、それ以前と以降では段違いに選手の質が向上した効果がありました。

 そういう意味で、ボクシングの試合もなるべく多くテレビで見れるといいのですが、現状ではそうではありませんので、ネットの動画がそれを肩代わりしてくれています。とくにここ数ヶ月は女子ボクシングの動画がかなりの勢いで充実してきて目が離せません。

2009年7月3日(金) ネバダ州ラスベガス サウスポイントホテル

WBA/GBUライト級タイトルマッチ 2分10回戦
王者 レイラ・マッカーター(アメリカ)
vs
挑戦者 風神ライカ(竹原&畑山)



 昨年7月のビッグマッチWBA/GBUタイトル戦『レイラ・マッカーター vs 風神ライカ』の動画の発見報告をいただきましたのでご紹介します。



 この試合はどうやら現地での話題作りに失敗したらしく、客入りが最悪だったということです。試合後のネットでの反響もさみしいもので、テレビ放送の情報をチェックしてもまったくヒットせず、QRはこの放送は中止になったものと思っていました。あきらめていた試合が見れて非常にうれしいです。



 この試合に関して日本ではライカ選手が優勢だったのに負けにされたような報道になっています。『2回には右でダウンさせたが、スリップと判断された。』『畑山トレーナーも「ダウンも減点もとってくれない。米国も地に落ちた」と怒った』と書かれています。

 実際に動画を見ると「真実がどうだったのか」が良く分かりますね。

 ネットの動画は画質に限界があるため、実際に会場で見ることはもちろん、テレビで見ることに比べても情報量では劣りますが、それでも「あると無いとでは大違い」です。

2009年7月3日(金) ネバダ州ラスベガス サウスポイントホテル

WBA/GBUライト級タイトルマッチ 2分10回戦
○王者 レイラ・マッカーター(アメリカ)
判定3−0
×挑戦者 風神ライカ(竹原&畑山)
100−90、100−90、100−90
〔情報提供:ゆめさま〕

banner_02

qbar

queensofthering at 23:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月27日

女子ボクシング ションデル・アルフレッドが無敗のコリーン・ド・グルーを破って世界王者に

boxing

2009年9月26日(土) ガイアナ ジョージタウン

WIBAバンタム級王座決定戦
×コリーン・ド・グルー(カナダ)
判定0−3
ションデル・アルフレッド(ガイアナ)
ションデル・アルフレッド選手が判定勝利で王座を獲得しました。

 プロボクサーとしては11戦全勝を誇り、映画女優、テレビ・タレントとしても知られるコリーン・ド・グルー選手(カナダ)が、長いブランクの後の復帰戦でユナニマスデシジョンで敗北しました。

 採点などはまだ情報がありませんがどんな試合だったのかに気になります。

 この試合にかけられていた空位のWIBAバンタム級王座はションデル・アルフレッド選手のものとなりました。

 この試合を含めた両選手の戦績は以下のとおりです。
コリーン・ヴァン・リック・ド・グルー(カナダ)12戦11勝1敗5KO
ションデル・アルフレッド(ガイアナ)16戦11勝5敗3KO

関連記事 コリーン・ド・グルー 2年半ぶりの復帰戦でいきなりのWIBA世界タイトルマッチが決定

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月23日

女子ボクシング OPBF東洋太平洋タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs 藤本りえ 詳細

 Boxing

2009年9月21日(月・祝)後楽園ホール
第356回 ガッツファイティング

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦 10回戦
ミッシェル・プレストン(ニュージーランド)
VS
藤本りえ(協栄)

1R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
1回 プレストン選手は藤本選手の動き出しに必ず手を出してカウンターを狙います。タイミングはバッチリ。しかし効いたといえるパンチはありません。
手数、ヒット数は両者互角。

2R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
2回 藤本選手のストレートに連打を返したプレストン選手はそのまま攻勢に出て青コーナー付近にまで追い込みます。

藤本りえvsミッシェル・プレストン
続いて、リング中央でも右の直撃を受ける藤本選手。しかし、ここは下がらずに自分からしかけることで危機を回避。

3R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
3回 ムエタイ式に体を正面に構えるプレストン選手のボディーを狙いはじめた藤本選手。

4R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
4回 ボディーと顔面を打ち分ける藤本選手。
手数では互角の両者。しかし、プレストン選手は力み過ぎなのか手打ち状態で効果が薄い感じ。
ここまでのオープンスコアは2−0で藤本選手。

藤本りえvsミッシェル・プレストン

5R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
5回 激しく打ち合う両者。勢いは藤本選手。

藤本りえvsミッシェル・プレストン
6回 左ボディーを受けて一瞬動きが止まるプレストン選手に藤本選手が襲いかかります。
プレストン選手も反撃しますが劣勢。

7R_2藤本りえvsミッシェル・プレストン
7回 どちらにもヒットはありますが、力を感じさせるのは藤本選手。
オープンスコアは3−0で藤本選手。

藤本りえvsミッシェル・プレストン

8R_1藤本りえvsミッシェル・プレストン
8回 プレストン選手が正確なラッシュで攻勢をかけます。しかし、当てても当てても止まらず前に出る藤本選手にプレストン選手は困惑の表情。
終盤は藤本選手が反撃。

9R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
9回 プレストン選手は消耗の色が濃く、被弾することが多くなります。
しかし藤本選手のパンチにカウンターを狙うことは忘れません。

10R_藤本りえvsミッシェル・プレストン
10回 両者決定打を欠きますが、下がりながら打つプレストン選手に対し、最後まで前に出ていた藤本選手。勝者はあきらかでした。

× ミッシェル・プレストン(ニュージーランド)
判定0−3
○ 藤本りえ(協栄)
98−93、99−92、99−92

rie fujimoto
藤本りえ選手が判定勝利でOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座を獲得。

 この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。
藤本りえ(協栄) 14戦9勝3敗2分4KO
ミッシェル・プレストン(ニュージーランド) 6戦3勝3敗
(戦績はJBC認可以前からの通算です)

関連記事 女子ボクシング  OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs 藤本りえ 決定

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月21日

女子ボクシング OPBF東洋太平洋タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs 藤本りえ 結果

boxing

藤本りえ vs ミッシェル・プレストン2009年9月21日(月・祝)後楽園ホール
第356回 ガッツファイティング

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦 10回戦
× ミッシェル・プレストン(ニュージーランド)
判定0−3
○ 藤本りえ(協栄)
藤本りえ選手が判定勝利でOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座を獲得しました。
98−93、99−92、99−92

藤本りえ

今日の深夜27:54〜28:24のTBSテレビ『ガッツファイティング』で試合のダイジェストが見られるかも?

 両者の戦績は以下のようになりました。
藤本りえ(協栄) 14戦9勝3敗2分4KO
ミッシェル・プレストン(ニュージーランド) 6戦3勝3敗
(戦績はJBC認可以前からの通算です)

関連記事 女子ボクシング  OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs 藤本りえ 決定

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月16日

女子ボクシング WBA/WBCウェルター級チャンピオン セシリア・ブレークフス 2度目の防衛戦 結果

boxing

2009年9月12日(土) デンマーク ヘルニング

WBA/WBCウェルター級タイトルマッチ 10回戦
王者 セシリア・ブレークフス(ノルウェー)
VS
挑戦者 ルシア・モレッリ(イタリア)

 12戦全勝のWBA/WBCウェルター級王者セシリア・ブレークフス選手が、13戦全勝のルシア・モレッリ選手を挑戦者に迎えてタイトルマッチをおこないました。以下はその試合の9回、10回、判定の動画です。(黒のトランクスがブレークフス選手)



 アマチュアで好成績を残しているブレークフス選手のパンチはさすがに無駄がありませんね。きれいな試合です。

 しかし、モレッリ選手は13戦全勝といっても無名の選手相手の試合ばかりで作った戦績なので、そんなに強い選手ではありません。

 ファンがのぞむのは、ブレークフス選手と他団体の無敵チャンピオンホリー・ホルム選手の激突ですが、両者は12月に、それぞれ別の選手とのタイトルマッチを予定しているようなので、ことし中にふたりが対戦する可能性は無くなりました。来年以降に期待しましょう。

WBA/WBCウェルター級タイトルマッチ 10回戦
○王者 セシリア・ブレークフス(ノルウェー)
 判定3−0
×挑戦者 ルシア・モレッリ(イタリア)
ユナニマス・デシジョンでセシリア・ブレークフス選手の勝利

今回の対戦の結果両者の戦績は以下のようになりました。
セシリア・ブレークフス(ノルウェー) 13戦13勝2KO
ルシア・モレッリ(イタリア) 14戦13勝1敗6KO

banner_02

qbar

queensofthering at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月14日

女子ボクシング IBAスーパーバンタム級王座決定戦 ケルシー・ジェフリーズ vs アナ・フラトン 結果

boxing

ジュラトン vs ジェフリーズ2009年9月12日(土) アメリカ カリフォルニア州 HPパビリオン

IBAスーパーバンタム級王座決定戦 10回戦
×ケルシー・ジェフリーズ(アメリカ)  
0−2
アナ・フラトン[アナ・ジュラトン](フィリピン/アメリカ)
マジョリティー・デシジョンでアナ・フラトン選手の勝利
92ー98、94ー96、95ー95

*この試合は当初、ジェフリーズ選手の所持するIFBAフェザー級王座の防衛戦と発表されましたが、空位のIBAスーパーバンタム級王座の決定戦に変更になりました。

 IFBAフェザー級王者ケルシー・ジェフリーズ選手(アメリカ)とWBCスーパーバンタム級12位アナ・フラトン選手(アメリカ/フィリピン)で争われたIBAスーパーバンタム級王座決定戦は、2対0の判定でアナ・フラトン選手が勝利してチャンピオンベルトを手にしました。

 この結果、両者の戦績は以下のようになりました。
ケルシー・ジェフリーズ(アメリカ)52戦41勝10敗1分4KO
WBCスーパーバンタム級12位
アナ・フラトン(フィリピン/アメリカ)7戦5勝1敗1分1KO

前回記事 『女パッキャオ』アナ・フラトン IFBA王者ケルシー・ジェフリーズに挑戦 決定

banner_02

qbar

queensofthering at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月10日

女子ボクシング 藤岡奈穂子 9月15日プロデビュー

boxing

fujioka2009年9月15日(火) 東京 後楽園ホール
トゥモローズチャンピオン

ライトフライ級 6回戦
藤岡奈穂子(竹原&畑山)
vs
リリー・ラチャプラチャジム(タイ)


藤岡奈穂子 ふじおかなおこ デビュー戦

OPBFミニフライ級6位
WBCアトム級15位
リリー・ラチャプラチャジム 10戦4勝6敗

*場所 東京 後楽園ホール
*日時 2009年9月15日(火)開場17時30分 開始17時50分
*料金 RS席¥10000 指定席¥5,000 先着自由席¥3,000
*問い合わせ 石川ジム 042-541-4141

関連記事 AIBA世界女子ボクシング選手権大会 速報

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月08日

女子ボクシング ボスニア・ヘルツェゴビナでイルマ・アドラー、ローラ・エル・ハラビが勝利

boxing

2009年9月4日(金) ボスニア・ヘルツェゴビナ ゼニカ市

WIBAフェザー級世界タイトルマッチ 10回戦
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
判定3−0
×ガリーナ・グムリースカ(ブルガリア)
イルマ・アドラー選手の判定勝利
試合から数週間後、WIBAは認定料の支払いがおこなわれなかったとしてこの試合のタイトル戦認定を取り消し、アドラー選手のベルトの剥奪を決定しました。

ライト級 8回戦
ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)
5回TKO
×アグネサ・ボザ(アルメニア)
ローラ・エル・ハラビ選手のTKO勝ち

*対戦相手は、当初予定されていたエヴァ・ハラシ選手からアグネサ・ボザ選手に変更されました。

 ボスニア・ヘルツェゴビナでホームのイルマ・アドラー選手が判定で王座を防衛しました。

 アンダーカードでは、WIBAおよびWIBFライト級チャンピオンのローラ・エル・ハラビ選手(ドイツ)が、ノンタイトル戦でアルメニアの選手に圧勝しています。

 1回から果敢に攻めたハラビ選手が主導権を握り、対戦相手のアグネサ・ボザ選手は4回終了時点で試合を棄権、TKOとなりました。

 各選手の戦績は以下のとおりです。

WIBAフェザー級チャンピオン
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)11戦11勝5KO

ガリーナ・グムリースカ(ブルガリア) 27戦8勝19敗1KO

WIBA/WIBFライト級チャンピオン
ローラ・エル・ハラビ(ドイツ) 9戦9勝5KO

アグネサ・ボザ(アルメニア) 7戦5勝2敗2KO

関連記事 WIBA/WIBFライト級タイトル戦 ローラ・エル・ハラビ VS ロリ・ムニョス 結果

関連記事 ステイシー・リール イルマ・アドラーとのタイトルマッチをキャンセル

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「女子ボクシングの歴史」クリスティー・マーティンがWBC王者に

boxing

2009年9月2日(水) アメリカ ニューヨーク州 シラキュース

WBCライトミドル級王座決定戦
クリスティー・マーティン(アメリカ)
判定2−0
×ダコタ・ストーン(アメリカ)

 「女子ボクシング最初のビッグスター」で「女子ボクシングの歴史」でもあるクリスティー・マーティン選手が、WBCライトミドル級のチャンピオンになりました。

 とは言っても、チャンピオンを倒して王座を奪ったわけではなく、空位の王座の決定戦を41才(マーティン選手)と40才(ストーン選手)のセミ・リタイヤ選手二人でおこなったもので、現実的には、いわゆる世界タイトルの価値はありません。早い話が、マーティン選手の名前を利用しての「話題作り」王座ですね。

 マーティン選手はこの試合の最終ラウンドに右の拳を骨折してしまい、タイトル防衛戦どころか、「生涯50勝」がかかった次の試合をいつできるのかもわからない状況になってしまいました。

 なお、両者の戦績は以下のようになりました。

クリスティー・マーティン(アメリカ)57戦49勝5敗31KO

ダコタ・ストーン(アメリカ)22戦9勝8敗5KO

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

女子ボクシング 山田紗暉 vs 竹内久子 10月18日 予定

boxing

2009年10月18日(日) 福岡県久留米
久留米櫛間ボクシングジム興行

バンタム級 4回戦
山田紗暉(フジタ)
vs
竹内久子(広島拳闘会)


竹内久子選手がケガのためこの試合は中止になり、山田紗暉 vs 上村里子 エキシビションマッチ(2ラウンド)に変更になりました。


山田紗暉 やまださき デビュー戦

竹内久子 たけうちひさこ デビュー戦

*場所 福岡県久留米県立体育館
*時間 開始 12:00
*料金 全席自由 ¥3000
*問い合わせ 久留米櫛間ボクシングジム 0942-39-3933

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月06日

女子ボクシング キム・ジュヒ 1年3ヶ月ぶりのタイトルマッチに勝利

boxing


2009年9月5日(土) 韓国京畿道 アニャン市

WIBA/WIBF/GBUライトフライ級タイトルマッチ 10回戦
キム・ジュヒ(韓国)
TKO
×ファプラタン・ルークサイゴンディン(タイ)
4回1分レフリーストップによりキム・ジュヒ選手の勝利

 WIBAライトフライ級王者、キム・ジュヒ選手がタイトル防衛に成功しました。この試合にはWIBFおよびGBUライトフライ級のベルトもかけられていたため、キム・ジュヒ選手はこの勝利で三団体の王者になりました。

 韓国での報道によりますと、この試合のキム選手は初回こそ慎重な立ち上がりを見せたものの、2回からは攻勢に出て、3回には相手をコーナーに追いつめるなど優勢となり、4回中盤にタイの挑戦者が戦意を喪失するのを認めたレフリーが試合を止め、TKOとなったということです。

 キム選手の言葉
「つぎはWBCのベルトに挑戦したいです。ホームでもアウェイでも取りに行きます」

 いま富樫直美選手が持っているベルトのことですよね。菊地奈々子選手も狙っているわけですし、面白くなってきました。

 この結果、両者の戦績は以下のようになりました。
キム・ジュヒ(韓国) 15戦13勝1敗1分6KO
ファプラタン・ルークサイゴンディン(タイ) 9戦7勝2敗2KO

関連記事 キム・ジュヒ 9月5日のタイトルマッチの挑戦者が変更に

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月05日

女子ボクシング 10月に韓国でIFBAダブル世界タイトルマッチ 予定

boxing

2009年10月15日(木) 韓国インチョン広域市 ソンドコンベンシアホール

IFBAフェザー級王座決定戦
リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ)
VS
キム・ヒョミン(韓国)

IFBAミニフライ級王座決定戦
ジョリーン・ブラックシェア(アメリカ)
VS
キム・ダンビ(韓国)

4回戦
櫻田由樹(山木)
VS
パク・ヘス(韓国)


二本のベルトを誇示するリサ・ブラウン選手

 10月に韓国でダブル世界タイトルマッチがおこなわれることになりました。

 まず、空位のIFBAフェザー級王座をめぐって、リサ・ブラウン選手とキム・ヒョミン選手が激突します。

 リサ・ブラウン選手は現在IFBAとWIBAのスーパーバンタム級王者なので、この試合に勝てば同時に2階級、3本のベルトを手にすることになります。

 対するキム・ヒョミン選手は、5月にWBAフェザー級王者チェ・ヒョンミ選手をドローに追いつめた選手で、アマチュア時代の通算戦績は27戦26勝1敗25KOとのこと。

 しかし、リサ・ブラウン選手はジーニー・ガーサイド選手とドロー、アリシア・アシュレイ選手、ジェリー・サイツ選手には勝っているという強豪世界王者。プロ4戦めのヒョミン選手には荷が重い対戦になりそうです。

 もうひとつの世界戦は、空位のIFBAミニフライ級王者を決定するジョリーン・ブラックシェア選手とキム・ダンビ選手の対決です。

 ブラックシェア選手はいまから10年ぐらい前にIFBAフライ級チャンピオンだった人で、その後、9年間ほどリングから遠ざかっていましたが、今年5月に復帰し3回のダウンを奪って勝利しています。

 キム・ダンビ選手は現役の高校生で、今回がプロ7戦め。今年1月にタイでノンムアイ・ゴーギアットジム選手とWBCライトフライ級の暫定王座を争いましたが、主審からなんと5回の減点を受けて負けにされたという異例の経験をしています。

 また、ノンタイトルとして櫻田由樹選手(山木)が地元インチョン市の新人選手と戦うカードもあるようです。

現WIBAスーパーバンタム級チャンピオン
現IFBAスーパーバンタム級チャンピオン
リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ)22戦16勝3敗3分5KO

OPBFフェザー級1位
キム・ヒョミン(韓国)3戦2勝1分1KO

元IFBAフライ級チャンピオン
ジョリーン・ブラックシェア(アメリカ)7戦5勝2敗2KO

OPBFライトフライ級1位
キム・ダンビ(韓国)6戦5勝1敗2KO

櫻田由樹 さくらだゆき(山木) 12戦4勝7敗1分

パク・ヘス(韓国)2戦2敗

(戦績はJBC公認以前からの通算です)

関連記事 WBAフェザー級王者チェ・ヒョンミ タイトル防衛戦 結果

関連記事 
大荒れのWBCライトフライ級決定戦


banner_02

qbar

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年09月04日

女子ボクシング WIBAフェザー級 イルマ・アドラー選手の防衛戦の相手はガリーナ・グムリースカ選手

boxing

2009年9月4日(金) ボスニア・ヘルツェゴビナ ゼニカ市

WIBAフェザー級世界タイトルマッチ 10回戦
王者 イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
 VS
挑戦者 ガリーナ・グムリースカ(ブルガリア)

 9月4日にボスニア・ヘルツェゴビナのイルマ・アドラー選手のWIBAフェザー級タイトルに挑戦する選手はブルガリアのガリーナ・グムリースカ選手に決定しました。

 グムリースカ選手は現在8連敗中。ホームのチャンピオンの防衛は確実でしょう。意味のない試合ですね。

イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)10戦10勝5KO
ガリーナ・グムリースカ(ブルガリア) 26戦8勝18敗1KO

関連記事 ステイシー・リール イルマ・アドラーとのタイトルマッチをキャンセル

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年08月31日

女子ボクシング WBCスーパーフライ級王者アナ・マリア・トレス  三度めの防衛に成功

boxing

2009年8月29日(土) メキシコ バハカリフォルニア州メヒカリ

WBCスーパーフライ級世界タイトルマッチ 10回戦
○王者 アナ・マリア・トレス(メキシコ)
 判定3−0
×挑戦者 エヴァ・ナイト(アメリカ)
アナ・マリア・トレス選手の判定勝利
(99−91、97−94、96−94)

 WBCスーパーフライ級王者アナ・マリア・トレス選手が三度めの防衛に成功しました。

 写真のあるページ

 両選手の戦績は以下のようになりました。

WBCスーパーフライ級王者
アナ・マリア・トレス(メキシコ)24戦19勝3敗2分11KO

WBCバンタム級2位
エヴァ・ナイト(アメリカ) 8戦5勝1敗2分2KO

前回記事 アナ・マリア・トレス 8月29日にWBC王座三度めの防衛戦

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote