選手:富田美里

2009年08月27日

女子シュートボクシング "Girls S-cup2009" 富田美里 vs 岡田円

 ShootBoxing

2009年8月23日(日)東京 品川ステラボール
SHOOTBOXING GIRLS TOURNAMENT "Girls S-cup2009"

52kg契約ワンデートーナメント"Girls S-cup 2009"
第3試合 Girls S-cup 1回戦 2分3R(延長1R)
富田美里(シーザージム)赤
VS
岡田円(総合格闘技闇愚羅)青

富田美里 vs 岡田円
 初回 開始直後、富田選手が前蹴りとパンチで打ち込むと岡田選手が打ち返してクリンチ状態に。

富田美里 vs 岡田円
 そこから払い腰にいく富田選手ですがこの投げは崩れます。

富田美里 vs 岡田円
 中盤のクリンチ状態から、こんどは岡田選手がヒザ蹴り。当たりは浅かったものの、打点の高さは驚異的。

富田美里 vs 岡田円
 岡田選手やや優勢で第1ラウンドは終了。

富田美里 vs 岡田円
 2R 開始15秒過ぎ、岡田選手がパンチでプレッシャーをかけます。

富田美里 vs 岡田円
 富田選手がわずかに下を向いたところにヒザ蹴り。これが完璧にヒットし、崩れ落ちる富田選手。

富田美里 vs 岡田円
 岡田選手がKOで緒戦を突破しました。

×富田美里(シーザージム)
 2R KO
○岡田円(総合格闘技闇愚羅)
岡田まどか選手KO勝利
カメラ 野口昌克 (写真1、2、3、7)

関連記事 決定版! 女子シュートボクシング "Girls S-cup2009"  総集編

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年01月22日

シュートボクシング富田美里 総合のMIKUと対戦


富田美里選手
2009年2月11日(水・祝) 後楽園ホール
シュートボクシング「武志道〜bushido〜 其の壱」

51kg契約
富田美里(シーザー)VS MIKU(バーバリアン)


*時間 開場17:00 スターティングファイト17:10 本戦18:00
*料金 RS席8,000円 SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席3,000円 立見2,000円(当日券は各500円増)
*問い合わせ シュートボクシング協会 03-3843-1212

関連記事(写真あり) シュートボクシング 富田美里vs藤井惠 試合詳細

関連記事(写真あり) レーナ、富田美里が激闘

関連記事 レーナが敵地で価値あるドロー

qbar

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ


queensofthering at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年09月14日

富田美里・フジメグの一戦を振り返る

icon_shootboxing


 先日の富田美里藤井惠の一戦について、いろいろな意見・感想があるようですが、どうも発表されている記事のほとんどが、いろんな思惑や感情に左右されているようで、試合の記事としてはどうなのかな、という印象です。というわけで、ウチはウチなりにここであの試合を検証してみましょう。
富田美里対藤井惠

 まず、前回も書きましたが、一口に言って、あの試合は藤井選手の善戦です。あのルールで戦う限り、藤井選手の負けは当然であって、結果にはなんの驚きもなく、むしろ内容的には、藤井選手の勝つ可能性もかいま見ることが出来たわけで、それを評価したいと思います。藤井選手の負けをことさらに強調し、内容を否定するような論調はまったく支持できません。

 同じく総合のMIKU選手がシュートボクシングのレーナ選手とキックルールで戦ったときは、MIKU選手はキックルールで三試合目でした。そして、そのMIKU選手はレーナ選手と引き分けるのがやっとでした。今回の藤井選手はシュートボクシングでは初めての試合ですから、シュートボクシングの選手を相手にして勝てと言うのは無理な話なのです。藤井選手が総合で15戦の戦績があると言っても別競技ですし、圧倒的に多いキャリアとも言えないので参考にはなりません。

 総合にも打撃はあるとは言え、立ち技の打撃とは本質的に違います。さらに、藤井選手は総合の中でも、打撃に比重を置かないスタイルの選手ですから、打撃オンリーで戦うことには非常に無理があります。

 そこで、投げも絞めも関節技もあるシュートボクシングで戦うからには、そこに活路を見い出したいわけです。あるプロのライターは、藤井選手が投げまくって関節極めまくって圧勝すると思った、とまで書きましたが、ここでもまた総合の経験は参考にはなりません。

 藤井選手は総合の試合ではあまり投げを使っていないのです。また、藤井選手はもともとは柔道の人ですが、打撃用グローブを着用し、道着がないシュートボクシングでは、柔道の投げはそのままでは使えないのです。

 絞めや関節技も同じです。藤井選手が修得しているのはグラウンドでの絞めや関節技であって、立ちで使用した実戦経験はほとんど無いでしょう。シュートボクシング全般を見ても、立ち関節で決まった試合はごくごく少なく、非常に高度な技術が必要なのはファンなら誰でも知っている通りです。

 以上のように、どこから見ても藤井選手に有利な材料は一つもなく、その中で藤井選手は良く戦いました。後退しながらもカウンターのパンチがいくつか綺麗に決まっていました。投げるぞ、という気迫と姿勢は誰にも伝わりましたし、投げてポイントを奪ったら勝てた可能性のある試合です。逆に言えば、ポイントが入らない限り勝ちはありませんでした。判定は妥当でしょう。しかし、敵のリングで勇敢に戦った試合でした。

 そして、富田選手ですが、こちらは反対に、負けられない、勝って当然、というプレッシャーに良く耐えました。藤井選手の意表を突いた動きに良く対応しました。バックを狙われたときの逃げ方は見事でしたし、全ラウンドを通しての攻撃的な姿勢も高い評価になるでしょう。

 しかし、これは金星ではありません。デビュー戦の相手に勝っただけです。富田選手は、この一戦に満足することなく、より高い目標に向かって歩み続けて行くでしょう。期待します。
 
にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

qbar

queensofthering at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年09月13日

シュートボクシング 富田美里vs藤井惠 試合詳細

 ShootBoxing

2008年9月12日(金) 後楽園ホール
SHOOTBOXING 2008
「Road to S-cup 火魂〜たまし〜 其の伍」

51kg契約 スターティングクラスルール 2分3R
富田美里 とみたみさと(シーザージム) VS 藤井恵 ふじいめぐみ(AACC)
富田美里対藤井惠1ラウンド
 オーソドックスの富田選手に対し、サウスポースタイルから右を突いてくる藤井選手。打ち返そうとする富田選手を押し倒していいパンチを打たせません。

富田美里対藤井惠1ラウンド
 富田選手が立ち上がると、そこにタックルしてきた藤井選手がテイクダウン。タックル後に持ち上げて落とさなければ採点には反映されない行為だが、スタミナを消耗させ、相手の気持ちをゆさぶるには有効な動き。序盤にこういう技を出すことで、試合全体を撹乱しよう、という意図がうかがえます。

 それでも富田選手は意に介さずに前に出続ける。藤井選手は下がりながらもパンチとキックを出し続け、富田選手のペースにはさせない。

 富田選手の蹴り足を掴んだまま体を浴びせて押し倒す藤井選手。受け身の出来ない打撃オンリーの選手ならこれだけでも脅威でしょう。

富田美里対藤井惠1ラウンド
 富田選手の起き上がり際にバックに回ってチョークスリーパーを狙う藤井選手。倒れた選手が起き上がってファイトのコールがかかるまでは、シュートボクシングでは一切の技が禁止のはずですが、レフリーが仕切れていません。しかし、今後、シュートボクシングの選手は、総合系の選手とやる時には、ルールやレフリーには頼らず、このような事態が発生することも想定し、油断のないように戦うべきでしょう。

富田美里対藤井惠1ラウンド
 さらに組み合いからバックを取ろうとする藤井選手。スープレックス系を狙うような動き。バックからのスープレックス成功ならシュートポイント2が入る(注)ので、これだけは絶対に避けたい富田選手。腰を落としながらロックを切って脱出。

 起き上がってリスタート、前に出続ける富田選手が右を藤井選手の顔面に当てたところで第1ラウンド終了。

富田美里対藤井惠2ラウンド
 2ラウンドも、蹴り足を掴んで押し倒しを仕掛ける藤井選手だが、足を掴まれながらも富田選手がパンチを出し続けるので、それほど深い押し倒しは出来なくなって来る。藤井選手は左ストレートをメインに手を出して来るが単発。

富田美里対藤井惠2ラウンド
 このラウンドは富田選手が二、三度パンチ連打で見せ場を作ることに成功。

富田美里対藤井惠3ラウンド
 3ラウンドになってようやく藤井選手が連打、そのまま組みに行って腰投げを仕掛ける。富田選手はこれを体を横にずらしながら防御し、シュートポイントを阻止。

富田美里対藤井惠3ラウンド
 立ち上がる富田選手にさらに組み付き、ボディーを打たれながらも投げを試みる藤井選手だが、これも富田選手は防御。

富田美里対藤井惠3ラウンド
 終盤はパンチの打ち合いのあとクリンチに来た藤井選手を富田選手がフロントチョークに捕える。これをレフリーが分け、パンチが交錯したところで試合終了。

富田美里対藤井惠 判定
 判定は富田選手2、ドロー1の2ー0の判定で富田選手が難しい試合をなんとか制しました。藤井選手はこのルールの中で出来る限りの善戦と言えるでしょう。ローキックへの処置などを見ても、きちんと対応していました。富田選手にとっては粘る相手を振り切った経験が今後の糧となる一戦だったと思います。

富田美里勝利

富田美里(シーザージム)○ 判定2−0 ×藤井恵(AACC)

ジャッジの採点は以下の通り 30−28 30−30 30−29

(注)シュートポイントとは有効な投げ技に与えられるポイントのこと。相手を完全に宙に浮かせて、腰の高さ以上の位置から、柔道の一本のようにきれいに投げた場合に認められる。首投げ、腰投げ、背負い投げ、タックルから担ぎ上げての双手刈りなどで自分の前方に相手を投げた場合は1ポイント。裏投げ、バックドロップ、ジャーマンスープレックスなどで自分の後方に相手を投げた場合は2ポイントが入る。

関連記事 富田美里・フジメグの一戦を振り返る

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

qbar

queensofthering at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年09月12日

富田美里が藤井惠に判定勝利

 ShootBoxing

富田選手2008年9月12日(金) 後楽園ホール
SHOOTBOXING 2008
「Road to S-cup 火魂〜たまし〜 其の伍」

51kg契約 スターティングクラスルール 2分3R
富田美里とみたみさと(シーザージム)○ 判定2−0 ×藤井恵ふじいめぐみ(AACC)


にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

qbar

queensofthering at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote