ボクシングの試合:2008.10〜12

2009年12月09日

女子ボクシング 石川範子 VS 稲元真理 伊藤まみ VS 黒田陽子 試合結果

boxing


伊藤まみ2009年12月9日(水) 後楽園ホール
ゴールデンチャイルドボクシング VOL.94

第7試合 スーパーフライ級 4回戦
×石川範子(イマオカ)
判定 0−3
稲元真理(熊谷コサカ)
ユナニマスデシジョンで稲元真理選手の判定勝利
(2回に石川選手ダウン1)
37−38、37−39、36−39

第8試合 46.8kg契約 4回戦
伊藤まみ(イマオカ)
判定 3−0
×黒田陽子(花形)
ユナニマスデシジョンで伊藤まみ選手の判定勝利
(1回に両者ダウン1。3回黒田選手ダウン1。)
40−36、40−36、40−36

本日の結果により各選手の戦績は以下のようになります。

OPBFバンタム級5位
石川範子 いしかわのりこ 6戦4勝1敗1分1KO

稲元真理 いなもとまり 3戦2勝1敗

OPBFアトム級7位
伊藤まみ いとうまみ 10戦7勝3敗4KO

黒田陽子 くろだようこ 6戦2勝4敗1KO
(戦績はJBC公認以前からのものです)


関連記事 G-Legend 2 伊藤まみ vs 片山由美、カイ・ジョンソン vs 稲元真理、石川範子 vs 木下春江

関連記事 女子ボクシング 黒田陽子 vs 越石優 結果

banner_02

qbar

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月31日

藤本りえ、イ・ヘリン(李恵林)にTKO勝利

boxing


2008年12月31日(水) 広島サンプラザホール

スーパーフライ級6回戦
藤本りえ(協栄)○ 3回1分47秒TKO ×イ・ヘリン(韓国)

この結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

藤本りえ 11戦7勝2敗2分3KO WBCフライ級10位 WBA同級12位

イ・ヘリン 李恵林 12戦2勝8敗2分 韓国バンタム級4位

(戦績はJBC公認以前からの通算)

banner_02

qbar

queensofthering at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月24日

水谷智佳  VS キム・ジユン 試合結果 詳細

 Boxing


2008年12月23日(火) 東京 両国国技館
内藤大助 WBC世界フライ級タイトルマッチ

第1試合 60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田) VS キム・ジユン(韓国)

mizutani_kim

 まったく防御の概念が無く、ひたすら左右を繰り出して来るキム選手、その勢いに押されて後退を続けながら、ときおり右で反撃を見せる水谷選手というパターンが多くのラウンドで続く大味な試合。

mizutani_kim
 
mizutani_kim
 
mizutani_kim

 水谷選手は何度もロープ際やコーナーに追いつめられる場面があり、決定打は受けないものの、印象は良くありません。

 水谷選手がラッシュを受けて不利な状況になると、レフリーがストップをかけて両者をわけるという場面が何度もあり、あきらかに試合をこわしています。そのタイミングでの必要性があるとも思えない注意指導のために、キム選手の流れが止められたのが5回以上。

mizutani_kim
 
mizutani_kim

60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田)○ 判定2−1 × キム・ジユン(韓国)
57−58、58−57、59−57

 判定は、2−1で水谷選手の勝利でしたが、観客席から見た限りでは、水谷選手はドローも厳しいかという出来。勝った試合には見えませんでした。

 この結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。

水谷智佳 みずたにちか 8戦6勝2敗1KO
キム・ジユン 6戦5勝1敗3KO
(JBC認可以前からの通算戦績)

banner_02

qbar

queensofthering at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月23日

両国大会 水谷智佳 VS キム・ジユン6回戦 試合結果

boxing


12.232008年12月23日(火) 東京 両国国技館
内藤大助 WBC世界フライ級タイトルマッチ

第1試合 60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田)○ 判定2−1 × キム・ジユン(韓国)

 2−1のスプリット・デシジョンで、水谷選手の僅差判定勝ちでした。

 本日の結果により両選手の戦績は以下のようになります。

水谷智佳 みずたにちか 8戦6勝2敗1KO
キム・ジユン 6戦5勝1敗3KO
(JBC認可以前からの通算戦績)

試合詳細については、追って掲載の予定です。


banner_02

qbar

queensofthering at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「ガーサイドvsアドラー戦を無効もしくはドローに」 ジャッキー・カレンが呼びかけ

boxing


 12月18日にボスニア・ヘルツェゴビナで行なわれたWIBAフェザー級タイトルマッチの判定に、大きな疑問が提出されていることは試合結果の記事でも触れましたが、ジャッキー・カレンさんがこの試合について「無効試合かドローにするべき」という文章をWOMEN BOXINGに寄稿しました。

 「すべてのボクシングファン、サポーター、記者、関係者のみなさんへ」と題した公開書簡の中で、カレンさんは、ジーニー・ガーサイド選手がダウンを奪ったラウンドの採点が、10−8となるべきところをジャッジの1人が10−9と付けていたと指摘しています。

 すると、1ポイントリードで挑戦者のイルマ・アドラー選手の勝ちに付けていた2人のジャッジのうちの1人が、本当はドロー採点だったということになり、試合そのものもドローということになります。

 あやしい判定と言われるものは、たいていはジャッジの主観の問題とされてしまって、結局は議論にならないのですが(劣勢の選手に優勢ポイントを与える判定も、ジャッジが「そう見えた」といえばそれまで)、今回の場合は、ダウンを取っても10−9というあきらかなミスがあるということで、カレンさんが言う通り無効試合かドローが適切ですね。

王者 ジーニー・ガーサイド(カナダ)× 判定1−2 ○挑戦者 イルマ・バリヤジッチ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
98−92,95−96,96−97

 カレンさんは、この日のジャッジに、地元のボスニアと近隣のクロアチアからのジャッジが含まれていたことも中立性の疑問として指摘していますが、耳が痛い関係者さんが多いでしょう。

関連記事 ジーニー・ガーサイド WIBAタイトルを失う 2008年まさかの3連敗

  『ファイティングガール』ボクシング・ビジネスに殴り込んだ女 ジャッキー・カレン

banner_02

qbar

queensofthering at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月20日

黒木優子 VS 西田久美子 西田選手の勝利

boxing


2008年12月20日(土) 福岡 百道体育館
第18回シュガーズグローブ

アトム級4回戦
黒木優子(関)× 判定0−2 ○西田久美子(マナベ)
1回に黒木ダウンあり

 順当に西田選手の勝利に終わったようですが、ダウンがあるのにドローをつけているジャッジの人がいるのが不思議です。

 西田選手が4回戦にいるのもギモンですけど。

黒木優子 くろきゆうこ 1戦1敗
西田久美子 にしだくみこ 6戦4勝2敗1KO

前回記事 女子高生ボクサー黒木優子 強豪西田久美子を相手に12.20デビュー
  世界の女子ボクシング リング・コスチューム

banner_02

qbar

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ジーニー・ガーサイド WIBAタイトルを失う 2008年まさかの3連敗 

boxing


2008年12月18日(木)
ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエヴォ オリンピックホール

WIBAフェザー級タイトルマッチ 2分10回戦
王者 ジーニー・ガーサイド(カナダ)× 判定1−2 ○挑戦者 イルマ・バリヤジッチ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
98−92,95−96,96−97

 WIBAフェザー級王者ジーニー・ガーサイド選手は、ボスニア・ヘルツェゴビナで、地元のイルマ・アドラー選手を挑戦者に迎えて防衛戦を行ないましたが、1対2のスプリット・デシジョンで判定負け。ガーサイド選手はベルトを失いました。

 ガーサイド選手の地元のCANADA.COMによりますと、ガーサイド選手は2回のダウンを奪い、優位に試合を展開しながらの判定負けだったということで、彼女と彼女のセコンド陣は非常にショックを受けているとのこと。

 実際のところは、ダウンが有ったのかも含めて、ビデオを見なければ試合の流れはわかりませんが、ボクシングが判定で決まるスポーツである以上、判定への信頼はとても大切なものです。その判定に疑問の出るような試合は、遠くない時期に再戦をすることで、ボクシングへの信頼を守ってほしいものです。

 ガーサイド選手は、アマで40勝5敗、複数の国際大会で金メダル、AIBA世界選手権で銅メダルという戦績を残してプロに転向、2007年まで8戦無敗でしたが、2008年には3戦して3敗となりました。

 6月のチベール・ホールバック戦は、二階級あげてのチャレンジだったので、敗戦もある意味、仕方のないこと。しかし、9月の韓国でのウ・ジヘ戦は全員韓国人のジャッジによる地元びいき濃厚な判定。

 今回は、ダウンを2回取ったとすると、相手には2点の減点が2回あるので、計算上は96点がマックスのはずですが、97点をつけているジャッジが一人いるなど、またしても疑惑の判定。ジーニーにとってはお気の毒な2008年でした。

 新チャンピオンのアドラー選手は国内のライト級チャンピオン以外にはタイトル歴は無く、対戦相手も無名選手ばかりで、実力は未知数です。

イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)9戦9勝5KO
ジーニー・ガーサイド(カナダ) 11戦7勝3敗1分3KO

前回記事 ウ・ジヘ vs ジーニー・ガーサイド 試合写真&動画
 


queensofthering at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月16日

天海ツナミ WBAスーパーフライ級に挑戦

boxing


2009年2月5日(木)
2009年2月26日(木) 東京 後楽園ホール
WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
王者 張喜燕チャン・シヤン] vs 挑戦者 天海ツナミ(山木)

天海ツナミ選手
 天海ツナミ選手が、WBAスーパーフライ級のベルトに挑戦。張[チャン]選手は実力も確かで、知名度もトップクラスの大物です。ツナミ選手の真価が証明できる最高のカードが実現しました。

WBAスーパーフライ級チャンピオン
張喜燕[チャン・シヤン、ジャーン・シイイエン]
9戦7勝1敗1分2KO サウスポー

IFBAバンタム級チャンピオン
天海ツナミ(山木)
16戦13勝3敗5KO

前回記事 ツナミ選手がWBA世界チャンピオンに挑戦?!動画あり

*試合スケジュールが変動し、2月26日で確定しましたので、更新いたしました。

banner_02

qbar

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月14日

ドラマチックボクシング 田中奈浦子 VS 小林悠梨 結果

boxing


2008年12月14日(日) 大阪 IMPホール
ドラマチックボクシング 第34回CHAMPION'S ROAD

第1試合 アトム級4回戦
 田中奈浦子(フュチュール)× 判定0−3 ○小林悠梨(真正)

 この結果を含む二人の戦績は次の通りです。
田中奈浦子 たなかなほこ 2戦2敗
小林悠梨 こばやしゆうり 6戦3勝1敗2分
(戦績はJBC公認以前からの通算)
banner_02

qbar

queensofthering at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月13日

水谷智佳 韓国ボクサーと両国で対戦

boxing


2008年12月23日(火) 東京 両国国技館
内藤大助 WBC世界フライ級タイトルマッチ
第1試合 60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田) vs キム・ジユン(韓国)

 内藤大助選手のタイトルマッチ興行の第1試合で、宮田ジムの水谷選手が、韓国のキム・ジユン選手と6回戦を行ないます。

 キム・ジユン選手は、5戦全勝3KOの19才。OPFBAスーパーフェザー級のタイトルを持っています。しかし、これと言って名のある相手との対戦がないので、実力は未知数。

 キム・ジユン選手(赤と白のコスチューム)のデビュー戦の動画です。2007年6月ソ・ジョンヒョン戦。

水谷智佳 みずたにちか 7戦5勝2敗1KO
キム・ジユン 5戦5勝3KO
(JBC認可以前からの通算戦績)

*メイン WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助 VS 山口 真吾
*日時 12月23日(火) 15:00開場 16:00開始
*場所 東京 両国国技館 
*料金 SRS¥105,000/RS¥52,500/アリーナ¥31,500/マス席ペア&ファミリー(大人2名+小学生以下2名)¥21,000/マス席(大人1名)¥10,500/2階S指定¥10,500/2階大人¥6,500/2階中学生¥1,000/2階小学生¥500
*問合せ先 タイトルマッチ事務局 03‐3462‐7739(祝日を除く月曜から金曜10:00〜17:00)

banner_02

qbar

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月12日

女子高生ボクサー黒木優子 強豪西田久美子を相手に12.20デビュー

boxing


2008年12月20日(土) 福岡 百道体育館
第18回シュガーズグローブ

アトム級4回戦
 黒木優子(関) vs 西田久美子(マナベ)

 17才のプロライセンス保持者、黒木優子選手がデビューします。黒木選手は現役の女子高生。

 対戦相手は西田久美子選手。西田選手はボクシング暦は5戦ですが、それ以前にキック/ムエタイのキャリアもあり、リング経験は豊富。9月には宮尾綾香選手に僅差の判定で敗れてますが、2006年に池山直選手と互角の打ち合いを見せたことで知られる強豪選手です。

黒木優子 くろきゆうこ デビュー戦
西田久美子 にしだくみこ 5戦3勝2敗1KO

*日時 12月20日(土) 14:00開場 15:00開始
*場所 福岡県福岡市立百道(ももち)体育館 
*料金 前売り自由席¥5,000(当日は¥6,000)
*問合せ先 関ボクシングジム tel.092-715-3012 (18時以降)

banner_02

qbar

queensofthering at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

フェニックスバトル 宮尾綾香 vs 相川周子 詳細

boxing


2008年12月10日(水) 横浜文化体育館
第30回フェニックスバトル 第9回富久信介杯

アトム級4回戦
 宮尾綾香(大橋)○ 判定3−0 × 相川周子(ワールドスポーツ)
 赤のグローブが宮尾選手。青が相川選手。
ayaka_chikako
 1回 普通にジャブの交換から始まりましたが、その後、宮尾選手はややハスにかまえを直します。そして、左足の大きなステップで飛び込みながら左を伸ばし、すぐにステップバック。この動きを基本に、ときおり右をまじえながら安全に手数をかせぎます。

宮尾綾香 vs 相川周子
 近距離での相川選手の反撃はクリンチなどでつぶされました。

宮尾綾香 vs 相川周子
 2回 飛び込んでの左でさらにヒットを重ねる宮尾選手。クリンチは減りました。

宮尾綾香 vs 相川周子
 完全に足を使うパターンに持ち込んだ宮尾選手。自分が打つだけ打つとサッと離れて相川選手の距離から脱出します。

ayaka_chikako
 3回 余裕の出て来た宮尾選手は、動き回って反撃をかわしながらも、けっこう打ち合いに応戦しています。

宮尾綾香 vs 相川周子
 4回 完全に波に乗る宮尾選手は、足を使って相川選手をかわしながら、クリンチや首相撲などの裏技も折り込み、ストレート、フック、アッパーを披露してやりたい放題。

宮尾綾香
 判定は39−37、39−40、39−40。全員一致で宮尾選手の勝利でした。

 打っては逃げる宮尾選手のスタイルには、いろいろと意見はあるでしょう。しかし、ひとつ明らかなのは、このスタイルは、現在のアメリカの女子ボクシングでは、メインスタイルのひとつと言っても良いほど一般的だということです。来日したアン・マリー・サクラート選手もこの戦法を使いましたね。

 次の日米対決の日に備える意味でも、宮尾選手を仮想アメリカ選手として研究するのも意味のあることです。

宮尾綾香 vs 相川周子
 ところで、宮尾選手のトランクスは、ほとんどウェストラインまでのスリットが入っているように見えて、ちょっと話題でした。

この対戦の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。
宮尾綾香 みやおあやか 11戦6勝4敗1分
相川周子 あいかわちかこ 6戦1勝5敗
(戦績はJBC公認以前からの通算です)

banner_02

qbar


queensofthering at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

フェニックスバトル 東郷理代 vs 三好喜美佳 詳細

boxing


2008年12月10日(水) 横浜文化体育館
第30回フェニックスバトル 第9回富久信介杯

56キロ契約4回戦
 東郷理代(山木)○ 1ラウンド1分34秒 KO ×三好喜美佳(新田)
赤のグローブが東郷選手、青が三好選手

東郷理代 三好喜美佳
 三好選手は積極的にジャブを打っていきます。いい感じで当たりますが、右の手数が少ない。

東郷理代 三好喜美佳
 東郷選手は、軽くジャブを出したあと、伸びのあるストレート。これが三好選手の顔面をとらえます。

東郷理代 三好喜美佳
 同じように、2度、3度とワンツーがヒット。会場から「距離取って!」の声が。しかし、三好選手は打たれながらも出ようとする構え。

東郷理代 三好喜美佳
 何発めかのストレートが入ったところで三好選手あおむけにダウン。必死に立ちますがダメージが大きく、ファイテイングポーズをとれません。東郷選手の1回KO勝ちです。

東郷理代 三好喜美佳
 今大会のMVPともいうべき富久信介杯に東郷選手が選ばれ、メイン前のセレモニーでトロフィーと賞金を授与されました。

この試合を含む両選手の戦績
東郷理代 とうごうりよ 6戦4勝2敗
三好喜美佳 みよしきみか 2戦2敗

(戦績はJBC公認以前からの通算です)

banner_02

qbar

queensofthering at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月11日

大晦日は藤本りえVSイ・ヘリン(李恵林)

boxing


藤本りえ大晦日2008年12月31日(水) 広島サンプラザホール

スーパーフライ級6回戦
藤本りえ(協栄) VS イ・ヘリン(韓国)

 藤本りえ選手の対戦相手が決定しました。韓国のイ・ヘリン選手です。

 イ選手は24才、160センチ、右利きオーソドックスタイプ。ちょっと、勝率が悪いですが、過去の対戦相手は、現WBAフライ級王者キム・ジュヒ選手や、天空ツバサ選手、山口直子選手などの強い選手が多いのです。

 イ・ヘリン選手は、藤本選手より2階級上のバンタム級なので、今回は藤本選手本来のフライ級ではなくて、イ選手に合わせて少し上の契約体重での試合になるようです。→スーパーフライ級での試合になりました。

藤本りえ ふじもとりえ 10戦6勝2敗2分2KO WBCフライ級10位 WBA同級12位

イ・ヘリン 李恵林 11戦2勝7敗2分 韓国バンタム級4位

(戦績はJBC公認以前からの通算)

*場所 広島サンプラザホール
*時間 開場14:15 開始14:45
*料金 SRS¥30,000 RS¥20,000 A指定席 ¥10,000 B指定席 ¥5,000 自由席 ¥3,000
*問い合わせ 協栄ボクシングジム 03-3205-3838
*メインイベント WBAフライ級タイトルマッチ
王者坂田健史(協栄) VS 挑戦者WBA同級1位デンカオセーン・シンワンチャー(タイ)

banner_02

qbar

queensofthering at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年12月10日

宮尾綾香、東郷理代が勝利/フェニックスバトル

boxing


2008年12月10日(水) 横浜文化体育館
第30回フェニックスバトル 第9回富久信介杯

アトム級4回戦
 宮尾綾香(大橋)○ 判定3−0 × 相川周子(ワールドスポーツ)

56キロ契約4回戦
 東郷理代(山木)○ 1ラウンド1分34秒 KO ×三好喜美佳(新田)


この結果、各選手の戦績は以下のようになりました。

宮尾綾香 みやおあやか 11戦6勝4敗1分
相川周子 あいかわちかこ 6戦1勝5敗
東郷理代 とうごうりよ 6戦4勝2敗
三好喜美佳 みよしきみか 2戦2敗

(戦績はJBC公認以前からのものです)

*この記事は写真などの資料が集まり次第、随時更新の予定です。

banner_02

qbar

queensofthering at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote