選手:レギーナ・ハルミッヒ

2015年08月30日

一般の格闘技ファンのための100の大事なことがら その3 ミリオンダラー・ベイビー(ファイトマネー100万ドルの女子ボクサー)は実在した

 いつもご愛読ありがとうございます。当ブログ『クイーン・オブ・ザ・リング』は一般の格闘技ファンであるわたしたちが、ふだん感じていること、思っていることをもとに、業界目線ではなく、関係者目線でもなく、単なるファン目線で立ち技格闘技についていろいろ書いているページです。

 ご存知のとおり、当ブログの更新状況は不安定で、先の見通しも立たないありさまですので、いまのうちに書くべきことは書いておこうということで、この『100の大事なことがら』というシリーズをはじめます。業界のひとや関係者さんでは書きにくいこと、書けないこと、しかし、ファンにとっては大事なことを書いていきますので、どうぞ、しばらくお付き合いください。

 第3回の今回は『ミリオンダラー・ベイビー(ファイトマネー100万ドルの女子ボクサー)は実在した』です。

 映画『ミリオンダラーベイビー』はその日の食事にも困るほどの貧困のなかでボクシングに夢を見て、その才能の開花とともにファイトマネー100万ドルを稼ぐようになっていく女子ボクサーが主人公です。

 100万ドルを日本円にすると、為替の変動などにより時期によって大きく違いますがおおざっぱに1億円と思っていいですね。大変な金額です。

 ボクシングでそんなファイトマネーをもらうひとなんて男子でもほんの一握りで、日本では100万ドル超え、あるいはそれに近い金額が確認出来るボクサーは数十年の歴史の中でも、辰吉丈一郎選手、薬師寺保栄選手、西岡利晃選手、畑山隆則選手ぐらいしかいないと思います。

 日本でも知られている海外の有名女子選手は、アメリカで最初に女子ボクシング人気を爆発させたクリスティー・マーティン選手が、マイク・タイソン選手の前座で2000万円以上、モハメド・アリ選手の娘で世界王者だったレイラ・アリ選手が3000万円前後のファイトマネーだったでしょうか。

 彼女たちのようなスターがいなくなり、テレビもつかなくなった今のアメリカでは、トップクラスの女子ボクシング選手でも1万ドル(100万円)ぐらいのファイトマネーがやっとという状況になっているようです。

 一方、いま一番人気があるMMA女子のスーパースターのロンダ・ラウジー選手あたりはずいぶん景気がいいですが、それでもファイトマネーと勝利者賞などのすべての収入を合わせても1試合で2800万円程度だそうです。

 以上のようなことから、ミリオンダラー・ベイビー(ファイトマネー100万ドルの女子ボクサー)なんて実際には存在せず、映画のなかの作り話に過ぎない、と思っている人は多いでしょう。しかし、それは日本で流れている女子ボクシングの情報が偏っているための思い込みで、現実にファイトマネー100万ドル以上の女子ボクサーはいました

 ドイツのレギーナ・ハルミッヒ(Regina Halmich)選手がその人で、引退までの56試合のうち1試合あたりのファイトマネーが100万ドルを超えたのが8試合といわれています。

 これだけのスーパースターの存在を、日本のスポーツメディア、ボクシングメディアはまったくと言っていいほど伝えていません。

 この人の存在を知るか知らないかでは、女子スポーツ、女子格闘技の可能性に対する見方がすっかり変わるほどのことなのですが、それを日本では誰も伝えないのです。

 現在、ネットでハルミッヒ選手の名前を検索しても、当ブログ以外では、ウィキペディアさんが作ったページぐらいしかありません。しかし、そのウィキペディアさんのページは、彼女の名前を『レジーナ』『ハルミッヒ』と前半を英語読み、後半ドイツ語読みという奇妙なことをしている独自表記。

 どういうつもりかわかりませんが、レジーナと読みたいのなら、唯一の来日の際のリングコールだった『レジーナ・ハルミック』という全部英語読みでいいと思うのですが。わざわざ英語とドイツ語をゴッチャにして混乱させる意味がわかりません。

 まあ、ウィキペディアさんはその対象に興味があるというよりも、何かを書いてウィキペディアに貢献したいという動機の人が書いているので、ページを作ることにこそ意味があり、中身はいろいろ適当なんです。日本版ウィキペディアの特にボクシングや格闘技のページはそんなのばっかりなので気をつけましょう。

 ハルミッヒ選手は2007年に引退しましたが、その後継者のスージー・ケンティキアン選手やイナ・メンツァー選手もハルミッヒ選手にはおよばないものの1試合で3000万円前後のファイトマネーを受け取り、スポーツ・セレブと呼ばれていました。

 レギーナ(REGINA)はハルミッヒ選手の本名で、意味は女王=クイーンということらしいです。

 女子格闘技選手で誰が最強なのかは結論の出ない話ですが、誰がファイトマネーの女王なのかはハッキリしています。

 レギーナ・ハルミッヒ。

 リアル・ミリオンダラー・ベイビー。

関連記事 一般の格闘技ファンのための100の大事なことがら その1 選手のプロフィールは鵜呑みにしない

関連記事  一般の格闘技ファンのための100の大事なことがら その2 「美人」と言われて得した選手はいない

queensofthering at 15:10|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年10月12日

「わたしはレギーナ・ハルミッヒから多くを学んだ」 戦うメタルクイーン ドロ姐さんの新譜がまもなく登場

レイズ・ユア・フィスト ボクシングの女王レギーナ・ハルミッヒ選手の親友で、いっしょにCDをリリースしたこともあるメタル界のクイーン、ドロ・ペッシュさんが新譜『レイズ・ユア・フィスト Raise Your Fist In The Air 』を発表。このアルバムにはモーターヘッドレミーさんも参加。日本版も正式発売が間近に迫っています。

 本日は新譜の発売に先駆けておこなわれたインタビューの抜粋とオフィシャルPVをご紹介しましょう。

最近どうしています?
「わたしはいまパリに住んでいてとってもハッピーだわ。新しいレコードも出るしツアーも11月から始まる。
 わたしは先週映画の撮影から帰ってきたところ。『アノックAnuk - Der Weg des Kriegers(2006)』のパート2ね。わたしはこの映画のサントラも何曲か書いてるわ。
 いろんなことが同時進行していてとってもエキサイティングだわ。」


あなたの曲には現状に抗議する精神が見られるが何に対して戦えと言いたいのですか?
「わたしはここ10年以上も世界中をツアーして見てきた経験から、人々の暮らしはよりハードになってきていると言わなければなりません。しっかりと生きていくことがだんだんと困難になっているのよ。だから、拳をあげて自由とポジティブなものを守るために戦わないとね。
 音楽はいつでも国を越えた言葉だと思う。音楽の絆はわたしたちを強くし、どんなにつらい時でも生き抜く力となるわ。」


戦いはあなたにとってのメインテーマですよね。
「そうよ。それはだれにとっても同じことでしょう?わたしはずっと好きなように生きてきた。でも、ある国ではそれはとても難しいということをツアーの合間に見て知っている。自分が自分のなりたいものになることや、自分の可能性を全部引き出すような生き方に対して、あまりにも多くの弾圧や、不公正があって、たいへんな状態なのよ。本当にキツい状態だわ。」

あなたはむかしレギーナ・ハルミッヒ選手のために『She’s Like Thunder』という曲を書きましたが、スポーツ好きのあなたはロンドンオリンピックをたくさん見たんじゃないですか?
「もちろんたくさん見たわ。撮影や、ツアーや、サマーフェスの合間に出来る限りたくさん見たわ。
 わたしはいつでもスポーツからインスパイアされているの。人が持てる力をフルにぶつけ合う競技を見るのが大好き。
 わたしの友達のレギーナ・ハルミッヒは13年もの間、ボクシング王者だった。彼女はわたしに多くのことを教えてくれたわ。自分を厳しく律することや、なにかに打ちのめされたときにいかにして早く立ち直るかということを、ね。わたしたちはお互いにインスパイアしあう関係なのよ。」

インタビュー英語版全文はこちら



レイズ・ユア・フィスト Raise Your Fist In The Air

わたしは感じる この世の中のあまりの不正 不公平を
みんなが生まれたこの世界は
やるかやられるかの汚い世界
なにかのキッカケで もう安全には暮らせなくなる
あの野獣どもを始末しなければ
あいつらをすべて倒さなければ
生きている限りは戦うのよ

拳を高く振り上げろ その拳を空中高く
拳を高く振り上げろ その拳を空中高く
わたしたちは奴らを追う猟犬 炎の猟犬さ

拳を高く振り上げろ その拳を空中高く
拳を高く振り上げろ その拳を空中高く
わたしたちは炎の猟犬 やつらをどこまでも追いつめる

わたしは死ぬまで戦いをやめない
生きるためには戦うしかない
わたしは深く確信している わたしは大丈夫
そして すべては自分しだいなんだ
この世を変えるか そのままにするか

自分の立ち位置を示し そして味方に手を貸そう
戦おう 死ぬまでいっしょに戦おう

関連記事 ドイツボクシング レギーナ・ハルミッヒ ドロ アーサー・アブラハム スコーピオンズ ド派手な入場

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年10月21日

ドイツボクシング レギーナ・ハルミッヒ ドロ アーサー・アブラハム スコーピオンズ ド派手な入場

boxing

 今月17日にベルリンでおこなわれた前IBFミドル級王者"キング"アーサー・アブラハム選手(スージー・ケンティキアン選手と同じアルメニア出身)の入場が「異様にカッコいい!」と大評判ですが、その原型は"ボクシング・クイーン"レギーナ・ハルミッヒ選手の現役の頃にすでに完成されていました。

 今回はふたつの試合の入場シーンを比較しながら音量MAXでご覧ください。

all_we_are

 まずはハルミッヒ選手2007年ケルンでの入場シーンです。曲はハルミッヒ選手が姉のように慕うドイツロック界の女王ドロ・ペッシュさんの"All We Are"。

 

 そしてこちらはアブラハム選手2009年ベルリンでの入場。曲はドイツロック界の帝王スコーピオンズの"321"です。



 向かって左側でフライングVをかき鳴らすルドルフ・シェンカーさんは、このあと両国国歌の演奏も披露しました。シェンカーさん、低く構えた演奏が無茶苦茶キマッテます。

 ジミー・レノン・ジュニアさんのコールとドロねえさんのシャウトで始まるハルミッヒ選手の入場と、マイケル・バッファーさんのコールとスコーピオンズの演奏で始まるアブラハム選手の入場。あなたはどちらがお気に入りですか?

banner_02

qbar

queensofthering at 21:35|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年06月06日

レギーナ・ハルミッヒが独スポーツ界最高の栄誉に

boxing


レギーナ・ハルミッヒ
 ボクシング前世界チャンピオンで、現在はボクシング解説者のレギーナ(レジーナ)・ハルミッヒさんが、5月29日、ドイツスポーツ界最高の名誉と言われる『銀の月桂樹』を受賞しました。この賞はサッカーW杯のドイツ代表など、スポーツで非常に高い功績をあげた人のみに与えられます。

 ハルミッヒさんは「この賞はわたし個人にとっても、また、女子ボクシング全体にとっても、大きな名誉であると認識しています。」とコメントを出しました。

レギーナ・ハルミッヒ
WIBFフライ級チャンピオン
IWBFスーパーフライ級チャンピオン
WIBFライトフライ級チャンピオン
1994年3月プロデビュー。2007年11月に引退するまでの13年9ヶ月のあいだのボクシング戦績は54戦52勝1敗1分。

 今回、『銀の月桂樹』を受賞したのは、ハルミッヒさんをはじめとして、オリンピック馬術で4つの金メダルを獲得し、オリンピックの旗手もつとめたルドガー・ビアバウム選手、バドミントンの欧州女王シュー・ハイウェン選手など。

 写真はボクシング中継の解説をするレギーナ・ハルミッヒさん。


banner_02

qbar

queensofthering at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年04月30日

スター近況 レギーナ(レジーナ)・ハルミッヒ ルシア・ライカー

DORO2
 ドイツが誇る国民的チャンピオン、レギーナ(レジーナ)・ハルミッヒは昨年11月の最後の試合の直前に、メタルクイーンDOROのCDシングル『ANTHEMS FOR THE CHAMPION』にゲスト参加しました。と言うより、このCDはレギーナのために作られたレギーナの引退記念CDなんですね。
 その後はボクシング中継の解説として活躍、2月のスージー・ケンティキアンのWBA、WIBFフライ級の防衛戦の実況では、勝ったスージーに対して「まだまだ経験が足りませんね」とキツイお言葉を贈りました(笑)。

lucia1
 女優に転向して活躍中のミリオンダラー・レディ、ルシア・ライカーは、現在、『スタートレック11』の撮影が進行中。ロムラン人の通信士官の役だそうです。ルシア出演のSF作品は『ローラー・ボール』に続いて二作目ですが、今度は軍人キャラクターなので、また違ったルシアの一面が見られるでしょう。『スタートレック11』は2009年公開です。






qbar


banner_02

queensofthering at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote