ランキング

2017年02月25日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2017年2月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛0回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛0回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年6月7日獲得 防衛0回

岩川美花OPBF東洋太平洋
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
岩川美花 いわかわみか(高砂)
2016年8月20日獲得 防衛0回

チャオズ箕輪OPBF東洋太平洋
フライ級チャンピオン (50.8kg)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)
2016年12月13日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛17回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛5回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛5回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ(ミニマム)級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛5回

古川夢乃歌WBA
ライトミニマム(アトム)級 チャンピオン (46.26kg)
古川夢乃歌 ふるかわゆのか(ワタナベ)
2016年8月13日獲得 防衛1回

satomi_nWBO
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
好川菜々 よしかわなな(堺東ミツキ)
2016年10月9日獲得 防衛0回

2017年2月25日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

重要記事 日本のボクシング界の秘密主義 と 分かっているようでまったく分かっていないボクシングファン

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 12:15|PermalinkComments(10)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月06日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2017年1月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛0回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛0回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年6月7日獲得 防衛0回

岩川美花OPBF東洋太平洋
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
岩川美花 いわかわみか(高砂)
2016年8月20日獲得 防衛0回

チャオズ箕輪OPBF東洋太平洋
フライ級チャンピオン (50.8kg)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)
2016年12月13日獲得 防衛0回

 OPBFランキングでは空位になっているスーパーバンタム級王座が、その後にJBCさんが発表したランキングでは依然として王者高野人母美となっていますので、OPBFランキングは間違いである可能性が高い・・・と思っていたのですが、どうやら高野人母美選手は本当に同王座を返上したようです。JBCさんの方が間違っていたのですね。訂正して更新いたします。

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛17回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛5回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛5回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ(ミニマム)級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛5回

古川夢乃歌WBA
ライトミニマム(アトム)級 チャンピオン (46.26kg)
古川夢乃歌 ふるかわゆのか(ワタナベ)
2016年8月13日獲得 防衛1回

satomi_nWBO
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
好川菜々 よしかわなな(堺東ミツキ)
2016年10月9日獲得 防衛0回

 最新のJBCランキングでは、日本人女子が保持する世界王座は7つになっていますが、1月30日に多田悦子選手(真正)がIBFミニマム級王座の防衛に失敗していますので、日本人女子の現有世界王座は上記6つです。

2017年2月6日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月02日

世界の女子キック 今月のランキングは? コンバットプレス 『キックボクシング・パウンドフォーパウンド・ランキング』 Combatpress p4p

 MuayThai KickBoxing ShootBoxing

 海外の格闘技サイト『コンバットプレス』のキック/ムエタイ・パウンドフォーパウンドの2月1日付け最新順位は以下のとおりです。

 今月は主要選手に動きがなかったので順位は先月とまったく同じでした。

 コンバットプレス パウンドフォーパウンド2017年2月ランキング
Combatpress-February-2017
第1位 ヨリーナ・バース(オランダ/LION FIGHT ウェルター級王者)
第2位 ジャマイマ・ベトリアン(オランダ/WBCムエタイ52kg級王者)
第3位 アニッサ・メクセン(フランス/クンルンファイト52kgトーナメント王者)
第4位 ワン・カハン(中国/武林風60kg王者)
第5位 デニス・キールホルツ(オランダ/エンフュージョン57kg級王者)
第6位 ティファニー・ヴァン・スースト(アメリカ/GLORYスーパーバンタム級王者)
第7位 イマン・バーロー(イギリス/エンフュージョン54kg級王者)
第8位 ウ・メイディエ(中国/クンルンファイト52kg8人トーナメント王者)
第9位 アントニーナ・シェフチェンコ(ペルー/LION FIGHT ライト級王者)
第10位 RENA れーな(シーザージム/ShootBoxing世界フライ級王者)

関連記事 RENA 今月のランキングは? コンバットプレス 『キックボクシング・パウンドフォーパウンド・ランキング』 Combatpress p4p

関連記事 RENAが日本人で唯一ランクイン コンバットプレス パウンドフォーパウンド・ランキング Combatpress p4p

関連記事 GLORYキックトーナメント ついに決着! ティファニー・ヴァン・スースト、ジェシカ・グラッドストーン、イシス・バービック、アメル・デビー 結果のみ キックボクシング女子

関連記事 ヨリーナ・バース VS アンジェラ・ホイットリー 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

関連記事 アニッサ・メクセン VS ファティマ・ピント ノーカット動画 Gala de Boxe Thailandaise ムエタイ女子

関連記事 アントニーナ・シェフチェンコ VS パオラ・カプッチ 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 21:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年01月12日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2016年12月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

Tomomi TakanoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級 チャンピオン (55.34kg)
高野人母美 たかのともみ(協栄)
2015年6月10日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛0回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛0回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年6月7日獲得 防衛0回

岩川美花OPBF東洋太平洋
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
岩川美花 いわかわみか(高砂)
2016年8月20日獲得 防衛0回

チャオズ箕輪OPBF東洋太平洋
フライ級チャンピオン (50.8kg)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)
2016年12月13日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛17回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛5回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛5回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ(ミニマム)級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛5回

tadaIBF
ミニマム(ミニフライ)級 チャンピオン (47.62kg)
多田悦子 ただえつこ(真正)
2015年12月11日獲得 防衛0回

古川夢乃歌WBA
ライトミニマム(アトム)級 チャンピオン (46.26kg)
古川夢乃歌 ふるかわゆのか(ワタナベ)
2016年8月13日獲得 防衛1回

satomi_nWBO
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
好川菜々 よしかわなな(堺東ミツキ)
2016年10月9日獲得 防衛0回

WBOミニフライ(ミニマム)級チャンピオンだった池原シーサー久美子選手(フュチュール)は引退を発表し同王座を返上。

2017年1月12日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 18:00|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年01月11日

WOMEN BOXING.com (WBAN/ウーバン) が選ぶ2016年ファイター・オブ・ザ・イヤーおよび各賞 ボクシング女子

 Boxing

 世界で最も権威のある女子ボクシング専門サイトWOMEN BOXING.com (WBAN) が、2016年のファイター・オブ・ザ・イヤー及び各賞を発表しています。

★ファイター・オブ・ザ・イヤー
アマンダ・セラノ(アメリカ/プエルトリコ)
アマンダ・セラノ VS オリビア・ゲルーラ

★トップ・ヨーロピアン・ファイター
セシリア・ブレークフス(ノルウェー)

★トップ・ラテン・ボクサー
マルセラ・アクーニャ(アルゼンチン)
ジェシカ・チャベス(ブラジル)

★ライジング・スター
ヘザー・ハーディー(アメリカ)

★トップ・アマチュア・ボクサー
ニコラ・アダムス(イギリス)
エステル・モッセリー(フランス)

★トップ・ファイツ・オブ・ザ・イヤー
セシリア・ブレークフス VS アン・ソフィー・マティス
ジェリーナ・マジョナヴィッチ VS エディス・ソルダート・マティッセ
エスメラルダ・モレノ VS エヴァ・フォラベルガー
藤岡奈穂子 VS 真道ゴー
ジェリーナ・マジョナヴィッチ VS ゲエレ・アモン
エリカ・ファリアス VS ヴィクトリア・ノエリア・ブストス
ジェシカ・チャベス VS エスメラルダ・モレノ
メリッサ・セント・ヴィル VS カティー・ウィルソン・カスティーリョ
ヘザー・ハーディー VS シェリー・ヴィンセント
クララ・スヴェンソン VS ミカエラ・ローレン
トリー・ネルソン VS アリシア・ナポレオン
アマンダ・セラノ VS オリビア・ゲルーラ
ジェシカ・チャベス VS 藤岡奈穂子
ロサリンダ・ロドリゲス VS ナオミ・ボスケス

★2016年に亡くなったボクシング関係功労者
モハメド・アリ(アメリカ)アリ・ザ・グレーテスト
ボビー・チャコン(アメリカ)WBCフェザー級およびスーパーフェザー級王者
タジ・フィールズ(アメリカ)アマチュアボクサー、コーチ、指導者
キム・ウニョン(韓国)IFBAバンタム級王者
キャロライン・スヴェンセン(アメリカ)70年代女子ボクシング黎明期のパイオニア

 ここでは、主な賞だけをご紹介しました。全部の賞につきましてはWOMEN BOXING.comをご覧ください。

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:40|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年01月03日

RENA 今月のランキングは? コンバットプレス 『キックボクシング・パウンドフォーパウンド・ランキング』 Combatpress p4p

 MuayThai KickBoxing ShootBoxing

1231 昨年11月から掲載が始まった海外の格闘技サイト『コンバットプレス』のキック/ムエタイ・パウンドフォーパウンドの最新順位は以下のとおりです。

 前回第8位だったティファニー・ヴァン・スースト選手が12月10日にGLORYスーパーバンタム級トーナメントに優勝したことで2ランクアップの第6位となり、そのあおりでイマン・バーロー選手とウ・メイディエ選手がそれぞれ前回より1ランクずつダウンとなりました。

 RENA選手は「年末にライジンで戦ったけど、それはMMAルールだった」とのただし書き付きで第10位変わらず。

 コンバットプレス パウンドフォーパウンド2017年1月ランキング
Combatpress-January-2017
第1位 ヨリーナ・バース(オランダ/LION FIGHT ウェルター級王者)
第2位 ジャマイマ・ベトリアン(オランダ/WBCムエタイ52kg級王者)
第3位 アニッサ・メクセン(フランス/クンルンファイト52kgトーナメント王者)
第4位 ワン・カハン(中国/武林風60kg王者)
第5位 デニス・キールホルツ(オランダ/エンフュージョン57kg級王者)
第6位 ティファニー・ヴァン・スースト(アメリカ/GLORYスーパーバンタム級王者)
第7位 イマン・バーロー(イギリス/エンフュージョン54kg級王者)
第8位 ウ・メイディエ(中国/クンルンファイト52kg8人トーナメント王者)
第9位 アントニーナ・シェフチェンコ(ペルー/LION FIGHT ライト級王者)
第10位 RENA れーな(シーザージム/ShootBoxing世界フライ級王者)

 ところで、そのRENA選手の年末の試合はテレビで見ましたが、番組の中でだれかが「RENA選手は一歩も引かないで前に出る選手なんですよ」と言ってたのがちょっと気になりました。

 というか、21世紀の格闘技で「一歩も引かないで前に出る」なんて褒め言葉にならないでしょう。相撲じゃないんですから。

 彼女の持ち味は機動力、つまり、出るときは出て、引くときは引くという戦い方。二歩さがって三歩進み、左と思わせて右に回りこむ機動戦こそがRENA選手の最大の持ち味なのです。 本来は。

 でも、最近のRENA選手を見るとその機動力が消えているようで、とても心配です。

 前のライジンさんの試合でもそうでしたし、シュートボクシングの試合でもそうでした。あの軽快なフットワークが見られませんよね・・・。

 日本の「総合格闘技」ではリングが狭いので、あのようにどっしり構えてプレッシャーをかけるやり方もありかもしれませんが、スピーディーな打撃がメインのシュートボクシングでは足を使わないと優位は作れません。海外のMMAではオクタゴンがかなり広いので、フットワークがないと話になりません。

 いまのライジンさんの仕事だけでいいなら別ですが、本来のシュートボクシングを始めとする立ち技系や、海外オクタゴンでの戦いを考えるなら、RENA選手は彼女本来の機動戦の技術と感覚を1日でも早く取り戻すべきだと思います。

 ここ数戦のRENA選手は本来の姿ではないですね。

関連記事 RENAが日本人で唯一ランクイン コンバットプレス パウンドフォーパウンド・ランキング Combatpress p4p

関連記事 GLORYキックトーナメント ついに決着! ティファニー・ヴァン・スースト、ジェシカ・グラッドストーン、イシス・バービック、アメル・デビー 結果のみ キックボクシング女子

関連記事 ヨリーナ・バース VS アンジェラ・ホイットリー 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

関連記事 アニッサ・メクセン VS ファティマ・ピント ノーカット動画 Gala de Boxe Thailandaise ムエタイ女子

関連記事 アントニーナ・シェフチェンコ VS パオラ・カプッチ 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月30日

中国のテレビ局が選ぶ女子キックボクサー ベスト7 動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

 中国で『武林風』などの格闘番組をたくさん送り出している『河南テレビ』が、キック系女子選手のベストセブンを選んだ番組を10月に放送しました。なかなか興味深いのでごらんください。


第7位 最反差萌 華DATE はなでいと(Team Date)

 「反差萌」というのは「ギャップ萌え」の中国誤訳で、見た目と実際の違いが大きくて魅力的、という意味ですね。

 ピンクのフリフリのコスチュームと、あの戦い方が衝撃的だったのでしょう。試合後には多くのファンに囲まれていたみたいですね。確かに、唯一無二の個性的な選手ですから。華DATE選手は2017年も中国での試合がある、かな?

第6位 最冷絶 マリーナ・ズエワ(ロシア/ポルトガル)

 冷絶とは、クールビューティーのような意味でしょうか?ズエワ選手も中国で人気の選手ですね。もう中国リングの常連の一人みたいな感じですよね。

第5位 最具潜力 ワン・シュエ[王雪](中国)

 去年『FG』で松田玲奈選手と戦ったワン・シュエ選手が第5位です。ちょっと意外な感じですが、評価の理由が「最具潜力」、もっとも潜在能力を持っている選手、という意味ですね。

 そう言われれば、ワン・シュエ選手、光るものはありました。今後はちょっと意識して追ってみましょうか?

第4位 最硬朗 シー・ロン(中国)

 「硬朗」というのはタフという意味らしいです。確かに強烈な攻撃を受けても打たれ強いイメージがあります。

第3位 最自信 イマン・バーロー(イギリス)

 「最自信、イマン・バーロー」はい、その通りです(笑)。こんなに自信にあふれた人はなかなかいないと思います。もしかしたら、モハメド・アリさんやブルース・リーさんに匹敵するくらいの自信家かもしれませんね。言い過ぎかな(笑)。

第2位 最冷静 マリエム・ウスル(ドイツ)

 これも意表を突かれた選出ですが、中国の人はこういう選手を評価するんですね。今年6月に若手のファン・リー選手との対戦で、相手に何もさせずに完封勝ちして観客を沈黙させたあの試合が、実は中国では評価が高いのでしょう・・・。お目が高いです。

第1位 最具爆発力 ゴン・ヤンリ(中国)

 もっとも爆発力のあるファイター、ゴン・ヤンリ選手が堂々の1位です。ワン・カハン選手もウ・メイディエ選手もはじき出しての首位獲得。

 もちろん、あのジャマイマ・ベトリアン選手を失神KOで破った衝撃の一戦が評価されたのでしょう。中国選手が一人もかなわなかったベトリアン選手をキャンバスに寝かせたのですから、それはもう当然の評価でしょう。

 ただ、このランキングの後で、ゴン・ヤンリ選手はアシュリー・ニコルズ選手に判定負けしてしまいましたから、いま選びなおしたら違う結果になるかもしれません。

 何はともあれ、いま最も活動的で、あちこちで激闘が勃発している中国格闘技界をよく表しているランキングだと思いましたが・・・皆さんの感想はいかがですか?

 最後に、中国側編集のダイジェストだけではなんか不公平なのでワン・シュエVS松田玲奈戦の日本側ダイジェストをご覧ください。


関連記事 ファン・リー VS マリエム・ウスル 結果&動画 武林風 中国対ドイツ キックボクシング女子

関連記事 マリーナ・ズエワ VS チャン・ユエン 55kg契約 3回戦 結果&動画 武林風 キックボクシング女子

関連記事 華DATE VS リン・ユンリ 結果&動画 拳星時代 キックボクシング女子

関連記事 世界最強の女は中国が決める?! 大注目の一戦! ゴン・ヤンリ VS アシュリー・ニコルズ 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

関連動画 イマン・バーロー VS シー・ロン 武林風 ノーカット動画 キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月08日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2016年7月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

Tomomi TakanoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級 チャンピオン (55.34kg)
高野人母美 たかのともみ(協栄)
2015年6月10日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

古川夢乃歌OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
古川夢乃歌 ふるかわゆのか(ワタナベ)
2016年2月21日獲得 防衛0回

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛0回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛0回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年3月6日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛16回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛4回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛3回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛4回

ikeharaWBO
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
池原シーサー久美子(フュチュール)
2014年9月20日獲得 防衛3回

l_FujiokaNaokoWBO
バンタム級 チャンピオン (53.52 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2015年10月19日獲得 防衛1回

tadaIBF
ミニマム級 チャンピオン (47.62kg)
多田悦子 ただえつこ(真正)
2015年12月11日獲得 防衛0回

2016年8月8日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 10:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年04月25日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2016年4月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
ライトフライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛 2回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

Tomomi TakanoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級 チャンピオン (55.34kg)
高野人母美 たかのともみ(協栄)
2015年6月10日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

古川夢乃歌OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
古川夢乃歌 ふるかわゆのか(ワタナベ)
2016年2月21日獲得 防衛0回

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛0回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛0回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年3月6日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛16回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛4回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛3回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛3回

ikeharaWBO
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
池原シーサー久美子(フュチュール)
2014年9月20日獲得 防衛3回

l_FujiokaNaokoWBO
バンタム級 チャンピオン (53.52 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2015年10月19日獲得 防衛0回

kosekiWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2015年10月22日獲得 防衛0回

tadaIBF
ミニマム級 チャンピオン (47.62kg)
多田悦子 ただえつこ(真正)
2015年12月11日獲得 防衛0回

2016年4月25日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 09:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年01月03日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2016年1月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
ライトフライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛 2回

mika_odaOPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
小田美佳 おだみか(宮田)
2014年9月24日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

Tomomi TakanoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級 チャンピオン (55.34kg)
高野人母美 たかのともみ(協栄)
2015年6月10日獲得 防衛0回

神田桃子OPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
神田桃子 かんだももこ(勝又)
2015年6月12日獲得 防衛0回

satomi_nPABA
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
西村聡美 にしむらさとみ(折尾)
2015年12月13日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛16回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛4回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛3回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛3回

ikeharaWBO
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
池原シーサー久美子(フュチュール)
2014年9月20日獲得 防衛3回

l_FujiokaNaokoWBO
バンタム級 チャンピオン (53.52 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2015年10月19日獲得 防衛0回

kosekiWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2015年10月22日獲得 防衛0回

tadaIBF
ミニマム級 チャンピオン (47.62kg)
多田悦子 ただえつこ(真正)
2015年12月11日獲得 防衛0回

2016年1月7日更新

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年08月05日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2015年8月

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

江畑佳代子選手OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2013年7月22日獲得 防衛0回

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
ライトフライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛1回

mika_odaOPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
小田美佳 おだみか(宮田)
2014年9月24日獲得 防衛0回

Tamao OzawaOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16kg)
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)
2015年4月3日獲得 防衛0回

Tomomi TakanoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級 チャンピオン (55.34kg)
高野人母美 たかのともみ(協栄)
2015年6月10日獲得 防衛0回

神田桃子OPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
神田桃子 かんだももこ(勝又)
2015年6月12日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛15回

miyaoWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2012年9月16日獲得 防衛5回

l_FujiokaNaokoWBA
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2013年11月13日獲得 防衛1回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛3回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛2回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛2回

ikeharaWBO
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
池原シーサー久美子(フュチュール)
2014年9月20日獲得 防衛2回

2015年8月5日更新

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 10:00|PermalinkComments(7)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年10月05日

ボクシング日本人女子王者一覧

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

江畑佳代子選手OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2013年7月22日獲得 防衛0回

リカ・トングライセーンABCOアジア
ライトフライ級 チャンピオン (48.99 kg)
リカ・トングライセーン(センチャイムエタイ)
2013年10月3日獲得 防衛0回

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛0回

神田桃子ABCOアジア
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
神田桃子 かんだももこ(勝又)
2014年6月7日獲得 防衛1回

mika_odaOPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
小田美佳 おだみか(宮田)
2014年9月24日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛14回

miyaoWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2012年9月16日獲得 防衛4回

lshindoWBC
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
真道ゴー しんどうごう(クラトキ)
2013年5月19日獲得 防衛2回

l_FujiokaNaokoWBA
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2013年11月13日獲得 防衛1回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛2回

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛1回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛0回

ikeharaWBO
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
池原シーサー久美子(フュチュール)
2014年9月20日獲得 防衛0回

 OPBFスーパーフライ級 チャンピオンの川西友子選手(防衛2回/大阪帝拳)が9月30日に引退届けを提出しました。

2014年10月6日更新

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年08月16日

日本人女子王者一覧

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

川西友子選手OPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)
2013年4月10日獲得 防衛2回

江畑佳代子選手OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2013年7月22日獲得 防衛0回

リカ・トングライセーンABCOアジア
ライトフライ級 チャンピオン (48.99 kg)
リカ・トングライセーン(センチャイムエタイ)
2013年10月3日獲得 防衛0回

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

49)OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2014年3月11日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛0回

神田桃子ABCOアジア
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
神田桃子 かんだももこ(勝又)
2014年6月7日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛13回

miyaoWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2012年9月16日獲得 防衛4回

lshindoWBC
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
真道ゴー しんどうごう(クラトキ)
2013年5月19日獲得 防衛2回

l_FujiokaNaokoWBA
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2013年11月13日獲得 防衛1回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛1回

nao_ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛0回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛0回

 WBC世界フライ級の真道ゴー選手(クラトキ)の王座返上は取り消され、同王座に復帰となりました。
[情報提供:g1j2p5i5さん] 2014年8月16日更新

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 01:30|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年07月27日

日本人女子王者一覧

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

川西友子選手OPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)
2013年4月10日獲得 防衛2回

江畑佳代子選手OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2013年7月22日獲得 防衛0回

リカ・トングライセーンABCOアジア
ライトフライ級 チャンピオン (48.99 kg)
リカ・トングライセーン(センチャイムエタイ)
2013年10月3日獲得 防衛0回

天海ツナミOPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

49)OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2014年3月11日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛0回

神田桃子ABCOアジア
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
神田桃子 かんだももこ(勝又)
2014年6月7日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛13回

miyaoWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2012年9月16日獲得 防衛4回

l_FujiokaNaokoWBA
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2013年11月13日獲得 防衛1回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛1回

nao_ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛0回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛0回

 WBO世界ミニフライ級の山田真子選手(博多協栄)が5月末に王座を返上し、7月にJBCがボクシングの引退届を受理しました。3月に王座に就いて防衛戦をしないまま7戦無敗での引退です。

 WBC世界フライ級の真道ゴー選手(クラトキ)の王座返上が7月24日付けでWBCに受理されました。

2014年7月27日更新

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:40|PermalinkComments(5)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年06月04日

日本人女子王者一覧

 Boxing

東洋太平洋/アジアチャンピオン

mizutaniOPBF東洋太平洋
スーパーフェザー級 チャンピオン (58.97 kg)
水谷智佳 みずたにちか(宮田)
2010年3月9日獲得 防衛0回

川西友子選手OPBF東洋太平洋
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
川西友子 かわにしともこ(大阪帝拳)
2013年4月10日獲得 防衛2回

江畑佳代子選手OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2013年7月22日獲得 防衛0回

28)OPBF東洋太平洋
バンタム級 チャンピオン (53.52kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2014年3月7日獲得 防衛0回

49)OPBF東洋太平洋
ミニフライ級 チャンピオン (47.62kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2014年3月11日獲得 防衛0回

30)OPBF東洋太平洋
フライ級 チャンピオン (48.99kg)
竹中佳 たけなかけい(高砂)
2014年4月4日獲得 防衛0回

世界チャンピオン

champkosekiWBC
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
小関桃 こせきもも(青木)
2008年8月11日獲得 防衛13回

miyaoWBA
ライトミニマム級 チャンピオン (46.26 kg)
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)
2012年9月16日獲得 防衛4回

lshindoWBC
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
真道ゴー しんどうごう(クラトキ)
2013年5月19日獲得 防衛2回

l_FujiokaNaokoWBA
スーパーフライ級 チャンピオン (52.16 kg)
藤岡奈穂子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2013年11月13日獲得 防衛0回

39) IBF
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
柴田直子 しばたなおこ(ワールドスポーツ)
2013年11月14日獲得 防衛1回

山田真子選手WBO
ミニフライ級チャンピオン (47.63 kg)
山田真子 やまだまこ(博多協栄)
2013年2月9日獲得 防衛0回

nao_ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛0回

yuko_kurokiWBC
ミニフライ級チャンピオン (47.62 kg)
黒木優子 くろきゆうこ(ユーケーオー)
2014年5月17日獲得 防衛0回

2014年6月4日更新

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 18:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote