参考資料

2016年04月29日

ナグラチューン・マーサM16、MIO ナグランチューンマーサM16引退試合 Blu-ray&DVD発売中 シュートボクシング女子

 Shoot Boxing

ナグランチューンマーサM16引退試合 Blu-ray&DVD発売中!

 引退試合に最強の相手を指名したNマーサ撃沈か有終か… 他にもマーサの引退を惜しみ、 名乗りを上げた関西のトップファイターが続々出場!

Blu-ray\4000(税別)
DVD\3000 2枚組(165分収録)
実況有りor 無しの選択可能
*及川道場での購入も可能です

発売: 及川道場
制作: 株式会社アースオン
協力: シュートボクシング協会

* 「下記メールアドレスから注文頂き、 入金を確認してからの発送となります
oikawa@team-oikawa.com

M16

第10試合・メインイベント/エキスパートクラスルール(スーパーフェザー
級=60kg)
元SB日本フェザー級王者
ナグラチューン・マーサM16(及川道場)
vs 
元ルンピニースタジアム2階級王者
マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI)

第6試合・エキスパートクラス特別ルール(女子ミニマム級=48.0kg)  
Girls S-cup 2015 48kg級日本トーナメント優勝                
MIO(及川道場)
vs
J-GIRLSミニフライ級7位
MARI(NJKF・ナックルズGYM)

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 11:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年03月31日

きょうの2冊 『しょこたんの秘宝遊戯 映画貪欲大全』+『語れ!ブルース・リー 貴重写真で振り返る知られざる生涯 ベストムックシリーズ28』

 この2冊、ずいぶん前に購入したんですが、ご紹介が遅れてしまいました。『しょこたんの秘宝遊戯』のほうはまだ書店にあると思いますが、『語れ!ブルース・リー』のほうは姿を消しつつあります。ジュンク堂さんでも在庫少なくなっているそうなのでファンの方はお買い忘れのないように。

『しょこたんの秘宝遊戯 映画貪欲大全』+『語れ!ブルース・リー』

 もう何年も前のことですが、AKさんというブルース・リー好きの方がやってらっしゃる『AKのHERO大好き!』というウェブページの掲示板に春巻ちゃんというアクション女優志望の女の子が出没していました。それが中川翔子さん、しょこたんです。

 彼女はアクション女優になるための準備として渡嘉敷ジムに入門したのですが、その日のうちに脱走し、結局、いまのマルチタレントしょこたんになりました。たぶん、今の路線のほうが正解でしょう(笑)。

 その彼女が大好きな映画やブルース・リーさんについて語ったものをまとめたのが『しょこたんの秘宝遊戯』です。面白いですよ。リンダ夫人と直接会うことが出来てお母さんとふたりで号泣した話とか、いろんなエピソードと、しょこたんのコスプレ写真、自筆イラストがのってます。

 しょこたんと言えばカルトなイメージがあるかもしれませんが、ここで語られている映画はそれほどカルトではなく、アクションやホラー好きの人ならほとんど抵抗のない王道セレクトになっています。

 カルトっぽいのは『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ』ぐらいでしょうか。この2作品もいいですがこの監督の作品を初めて見るのなら、まず代表作の『エル・トポ』をおすすめします(しょこたんもこの3本がお気に入り)。最強の腕を誇るガンマンが旅をする話ですが、とんでもないほうにどんどん展開していきます。常識が吹き飛んでしまいます。いろんな意味で閲覧ご注意です。

 『語れ!ブルース・リー』は昨年公開された映画『アイ アム ブルース・リー』と同系列の書籍ですが、こっちのほうが中身は濃いでしょう。ブルース・リー論よりも、関係があった当事者の方たちの証言のほうが当然価値があるわけで、その意味で『ドラゴン怒りの鉄拳』で共演した勝村淳さんへのインタビューが貴重です。敬愛する勝新太郎さんに会うために、リーさんが突然アポ無しで六本木の勝プロの事務所にやってきた話は実に生々しいです。必読。

 と言いながら、実はこの本、まだ全部は読んでいません。一気に読むのはもったいないのでちょこちょこ読んでいこうと思っています(笑)。みなさんもぜひどうぞ。

『しょこたんの秘宝遊戯 映画貪欲大全』大判(A4)フルカラー 1800円+税 出版社: 洋泉社

『語れ!ブルース・リー 貴重写真で振り返る知られざる生涯 ベストムックシリーズ28』
大判(A4)フルカラー 980円 出版社: ベストセラーズ

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月17日

DVDで見る 大石綾乃 vs ジャマイマ・ベトリアン 名古屋キック大戦争ホーストカップ1st キックボクシング女子

 KickBoxing

名古屋キック大戦争 今回ご紹介するDVDは『名古屋キック大戦争 ホーストカップ1st 〜Departure〜』。2012年5月20日のホーストカップ第一回大会〜Departure〜を記録した作品で計11試合を収録。このブログでの2012年ベストKOとなったあの一戦がここで見られます。

2012年5月20日
トリプルセミファイナル55Kg契約 3分3R 延長無し
大石綾乃(OISHI) vs ジャマイマ・ベトリアン(オランダ)

 入場シーンはありませんが試合はノーカット。画面はテレビで放映されたものとまったく同じ編集で、解説は無く会場音だけとなっています。そのため、ベトリアン選手が最初のパンチを放っただけで客席がうなり、ラッシュでどよめく様子が良く分かります。

 かつてのルシア・ライカー選手を思わせるようなベトリアン選手の破壊力と突進力にあふれるオランダ式キックボクシング、その圧力を跳ね返そうと必死に向かって行く大石選手の戦いは必見。

 画面サイズは16:9の横長。2012年12月発売 全11試合+オープニングマッチダイジェスト5試合収録 収録時間140分 税込み価格5,880円。

関連記事 大石綾乃 vs ジャマイマ・べトリアン 試合動画 ホーストカップ キックボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 18:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月03日

DVDで見る JKS48トーナメント MIO 大塚尚子 RANNA キラッ☆Yuuki eneos朱里 未知 城侑沙 MARI シュートボクシング女子

 ShootBoxing

jks48 立ち技系のおすすめDVDとして先日は神村エリカ選手(TARGET)とRENA選手(及川道場)についてよくわかる二枚をご紹介しましたが、今回は彼女たちよりもさらに若い年代の新勢力を取り上げた『JKS48女子高生シュートボクシング48kg級トーナメント』をご紹介しましょう。ジャケットに登場のMIO選手に限らず、トーナメント参加全8人の中から今後のシーンを背負って立つ選手が必ず出てくると思いますのでチェックしておきたい作品です。


 このDVDはタイトルのとおり2012年のJKS48トーナメントを記録した作品で、一回戦から決勝までの7試合+映像特典2試合の計9試合を収録。

2012年4月13日
 大塚尚子(シーザージム新小岩) vs RANNA(P-WOSH空手)
 MIO(及川道場) vs キラッ☆Yuuki(魁塾)

2012年6月3日
 eneos朱里(グラップリングシュートボクサーズ) vs 未知(志真會館)
 城侑沙(ストライキングジムAres) vs MARI(TEAM武装)

2012年8月25日
 準決勝 第一試合
 準決勝 第二試合
 決勝戦

映像特典
 2011年8月 MIO vs 山田よう子
 2011年11月 MIO vs 井上明日香

 トーナメントの一回戦から決勝まで全試合ノーカット。放送ではカットされていた準決勝もしっかり収録されています。会場音がクリアに聞こえるのでセコンドの指示などもよくわかりますね。画面サイズは16:9の横長ですが、試合場面は実質4:3サイズ(画面左右に黒い帯を入れて16:9にしています)。

 DVD全体としてはMIO選手中心の作りで、試合によっては彼女の試合前後の表情も入っています。さらに、映像特典としてMIO選手のデビュー戦と第2戦をノーカット収録。2012年10月発売。収録時間85分、税込み価格5,040円。

関連記事 DVDで見る 神村エリカ & RENA 女子格闘技トップ2の戦い キックボクシング女子 シュートボクシング女子

関連記事 Girls S-cup 2012 女子高生トーナメントJKS48  決勝 eneos朱里 vs MIO 詳細 シュートボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年12月23日

DVDで見る 神村エリカ & RENA 女子格闘技トップ2の戦い キックボクシング女子 シュートボクシング女子

 KickBoxing  ShootBoxing

 ここ数年の立ち技女子格闘技の盛り上がりはファンとして本当に嬉しいものですが、このムーブメントを引っ張ってきたのは神村エリカ選手(TARGET)とRENA選手(及川道場)というふたりの強力なライバル関係であることは皆さんご存知のとおり。

 現在も、そして今後も続くふたりの実力者の熱い戦いを、最近気になりはじめた人も、以前からのファンの人も、年末年始にまとめて楽しめるのがこちらのDVD二枚です。

RISE2011 まずは2012年4月に発売された『RISE2011』。神村選手の主戦場であるRISEの2011年の総集編DVDですが、この中に神村選手の試合が3試合収録されています。

2011年6月 対シルビア・ラノッテ
2011年7月 対ティアナ・ヴァン・ポラーナ
2011年11月 RISEクイーン決定戦 対RENA

 どれも素晴らしい激闘で、必見の試合ばかり。ノーカット。画面サイズは16:9の横長ですが、対RENA戦だけは実質4:3サイズ(画面左右に黒い帯を入れて16:9にしています)。

 対RENA戦に試合前の両選手のショートコメント付き。このRISEクイーン決定戦はテレビ放映でもダイジェスト扱いだったので、ノーカット版が見られるのはこのDVDだけ。収録時間163分、税込み価格5,880円。

RENA_DVD もう一枚は2012年8月に発売された『RENA 美しき戦士が伝説の扉を開ける RENA -レ−ナ- (仮)』。RENA選手の2009年から2011年の活躍の総集編DVD。9試合収録。

2009年S-cup 対吉田正子
2009年S-cup 対石岡沙織
2009年S-cup 対V一[V.V.Mei]戦
2010年S-cup 対渡辺久江
2010年S-cup 対ケイト・マルチネス
2010年S-cup 対高橋藍
2011年4月 対神村エリカ エキシビションマッチ
2011年8月 対サーサー・ソー・アリー
2011年11月 RISEクイーン決定戦 対神村エリカ

 試合ごとにRENA選手のコメントつき。試合場面での画面比率は実質的に4:3。神村選手とのRISEクイーン決定戦は5ラウンドの試合が3分程度にダイジェスト編集されています。

 2011年6月の対高橋藍戦(SB女王決定戦)が入っていないのが非常に残念。RENA選手が負けた試合ではありますが、ファンにとっては非常に重要なものなので、なにかの形で必ずDVD化してほしいと思います。収録時間85分、税込み価格5,040円。

Girls S-cup 2012 なお、神村エリカ選手とRENA選手が出場した2012年Girls S-cupを収録した『ツヨカワガールズ真夏の祭典 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012』が12月25日発売予定。収録時間120分で税込み価格3,990円。

 また、神村エリカ選手の試合を含む『RISE2012』は2013年2月に発売の予定です。

関連記事 神村エリカ vs ローマ・ルックブンミー 詳細 WPMFタイトル決定戦 RISE/M-1MC 〜INFINITY〜 ムエタイ女子

関連記事 RENA vs V.V.Mei 真夏の祭典 Girls S-cup 2012 WORLD TOURNAMENT 決勝(&リマッチ) シュートボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年09月29日

天海ツナミ、黒木優子、仲田三姉妹、伊藤沙月、好川菜々 週刊朝日グラビアに登場 ボクシング女子

 Boxing

週刊朝日  週刊朝日さんの10月7日号(9月27日発売 定価380円)の巻頭カラーグラビアに『Million Dollar Babies 拳で語り合う危険なスポーツ』と題して、天海ツナミ黒木優子仲田幸都子(なかたさとこ)、輪幸(りさ)、幸希七(さきな)三姉妹、伊藤沙月好川菜々の各選手が取り上げられています。

関連記事 好川菜々 リングサイドアマチュアボクシング世界選手権大会で奮戦

関連記事 黒木優子 vs ノンキャット・ロングレンギーラ・コンケーン 9月から動画配信 ボクシング女子

関連記事 天海ツナミ vs ペットサイルーン WBAスーパーフライ級タイトルマッチ 詳細 ボクシング女子

関連記事 歴史に残る激闘 天海ツナミ vs 藤本りえ WBAスーパーフライ級タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

banner_02

qbar

queensofthering at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年09月26日

あなたもジャッジだ 試合をどう見るか

boxing

あなたもジャッジだ ボクシングはふたりの人間がリング上で殴り合うだけの大変シンプルなスポーツです。両者が打ったりかわしたりして、相手を打ち倒したほうが勝ちです。

 相手を倒せなかった場合は判定になります。この判定についてよく知っていないと、ボクシングは本当には楽しめません。

 「そんな面倒なことは知らなくてもいいよ」と思う人もいるでしょう。たしかに、自分がある選手を応援に行ってその選手が判定で勝った場合は知らなくても喜べます。でも、応援していた選手が負けた場合は「どうして負けにされたのだろう」と気になってしまうのではないでしょうか。

 ボクシングのジャッジ(審判員)がどういう基準で試合に点数をつけているのかということについて、実際的に説明してくれている本(というよりはパンフレットですが)としては、トム・カズマレックという人が書いた『あなたもジャッジだ』があります。これはジョー小泉さんの親切な訳によってすごく分かりやすい日本語版が出ています。

 これ、リングジャパンさんで1050円で販売されているんですが、2011年いっぱいで絶版になるらしいんです。惜しいですね。興味のある方は早めに入手なさってください。

box77 この本では一般のファンとジャッジでは試合の見方がどう違うのかということが書かれているんですけど、まず、ジャッジはふたりの選手のどちらかを見るのではなくて、ふたりの中間地点を見るのだそうです。そうすると、どちらの選手がどれだけパンチを出しているのかが分かりやすいんですね。

 また、わたしたち普通のファンはラウンドが終わったあとに「えーと、いまのはどうだったかな?」と思い出しながらポイントをつけたりしがちですが、ジャッジの人はラウンド中につねにポイントを計算しているんですね。「いま赤が打ったからリード... でも打ち返されたからまたドローにもどった」というふうに。これであいまいな記憶にたよらずに採点出来るわけです。

 こんどちょっと時間があったらジャッジになったつもりで採点の練習をしてみてください。まず、自分の好き嫌いが入らないように、知らない選手同士の試合の動画などを用意します。そして、お客さんの歓声や実況の言葉などに影響されないように音量を絞ります。そうしてふたりの選手の中間地点に視線を置いて両者のパンチをカウントしながら試合を見ましょう。

 これを数試合やっただけでずいぶん見方が変わります。いろいろ面白い発見がありますよ。ジャッジのひとって正確に見ているんだなあ、すごいなあと思うこともありますし、ジャッジのひとも人間だからお客さんの歓声に影響されることもあるんだなあ、なんてこともあります。

 でも、ボクシングの採点はいくら練習したってほかの人と同じになるものではありません。プロのジャッジもそれぞれ違う採点を出すのが普通ですし、だからこそ3人のジャッジを置いているのです。これがボクシングの面白さであり、奥の深さと言われるものなんですね。

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年12月14日

小笠原恵子取材記事 『働く広場12月号』掲載中 女子ボクシング

boxing

小笠原恵子選手

 小笠原恵子選手(トクホン真闘)の取材記事『ゴングの音は聞こえないが女子プロボクシングに挑む』(4ページ)が高齢・障害者雇用支援機構が発行する『働く広場12月号』に掲載されています。デビュー戦、2戦め、職場の様子など。

働く広場 2010年12月号
 記事は上記ウェブサイトからPDF形式でダウンロード出来ます。

前回記事 新人対決 小笠原恵子 vs 半谷美里 詳細

関連記事 小笠原恵子第2戦決定 相手は山木の新人半谷美里

関連記事 小笠原恵子 VS 村瀬生恵 ダブルデビュー戦 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年08月20日

きょうの1枚 -003 ナムワンノーイはいま 女子ムエタイ

icon_muaythai

クラター・ジャンボヒット ムエタイ関連の記事を書くと「ナムちゃんはいまどうしてますか?」というメールをいただくことが何度かあったので、きょうはナムちゃんことナムワンノーイ・アールサヤーム選手(タイ)の近況をお伝えします。

 ナムワンノーイ選手は10代のムエタイファイターとして有名だった選手で、ムエタイでチャンピオンベルトを巻く一方、歌手としても活動。

 2003年にタイで渡邊久江(現・渡辺久江)選手にスプリットの判定で敗れましたが、敗北を告げられたリングで16才のアイドルファイターは予定通りに持ち歌を披露するプロ根性を見せて日本でも人気上昇。

 その後、2度の来日(大島椿選手に勝利、藤井惠選手とエキシ)やクイーンズカップでの活躍(勝山舞子選手に勝利)でムエタイ選手としても実力を発揮。

 しかし、人気アイドルであったナムワンノーイ選手は、その後さらに実力派歌手として大ブレイク、芸能の仕事に押されて時間が作れなくなった彼女は2007年におこなったジェット・イズミ選手とのエキシを最後にムエタイファイターとしては事実上の引退となっています。


 デビュー当時はアイドルグループ4TEENの一人として活躍していた彼女ですが、現在はご覧のようにソロとして独立。ムエタイ時代からのファンを意識してか時々このようなビデオも作ってくれています。

 さらにこちらの最新Vではミット蹴りも披露。いまでもフォームの美しさは変わりませんね。ナムちゃんもうすぐ23才です。となりで歌っている黒いコスチュームの人は実の妹さん。

 ここでご紹介した2曲はいずれもベストアルバムの『Kratae Jumbo Hit』に収録されています。しかし、歌が超絶にうまい!歌手であるお母さんの血を引いたのでしょうか?ダンスもかっこいいですね。

 Krataeというのはナムワンノーイ選手の歌手としての名前でクラテー(カテーまたはガテー)と発音するようです。シマリスという意味だとか。

 最後に4TEEN時代のヒットも一曲。


 ここではムエタイがらみのPVばかりをご紹介しましたが、これは歌手カテーさんの一面でしかなく、もっといろいろな曲を歌っているので興味のある人は Kratae でYouTube検索してみてくださいね。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

banner_02

qbar

queensofthering at 17:30|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年07月09日

ブルース・リーが世界を変えた

2010年7月10日 12:00〜14:00
ディスカバリー・チャンネル
『ブルース・リーが世界を変えた』



 QRが心から尊敬するふたりの人物、それがモハメド・アリ先生とブルース・リー先生です。

 ブルース・リーが世界を変えた

 シュガー・レイ・レナードさんも登場する必見の番組『ブルース・リーが世界を変えた』7月10日放送。

banner_02

qbar

queensofthering at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年06月05日

レギーナ・ハルミッヒ ドキュメンタリー映画『リングの女王』公開 女子ボクシング

boxing

konigin_im_Ring 今月上旬からベルリン、ハンブルグ、カールスルーエなどドイツの主要都市で元WIBFフライ級王者レギーナ(レジーナ)・ハルミッヒさんのドキュメンタリー映画が公開されました。

 ハルミッヒさんはドイツ女子ボクシングの興隆を築いたスーパースターで、プロボクシングでの生涯戦績は56戦54勝1敗1分。

 映画は彼女の唯一の敗北(顔面裂傷によるストップ負け)から、その後、世界王者になり、人気絶頂の2007年に引退するまでを実際の映像とインタビューで伝えています。

 日本ではまったく情報が無いハルミッヒさんのドキュメンタリーが出来たということで、ボクシングファンならぜひとも見ておきたい作品ですが、日本での劇場公開、あるいはDVDの発売はどうなるでしょうね。

 予告編が公開されていますのでご紹介します。


原題 『ケーニギン・イム・リンク "Königin im Ring"』(リングの女王 クイーン・オブ・ザ・リング "Queen of the Ring")
製作 2008年
監督 シモーネ・ヤング
上映時間 90分

 残念なことにこの映画についてハルミッヒさん本人と製作サイドで行き違いがあったようで、初回上映の舞台あいさつにハルミッヒさんの姿はなかったとのこと。

 ハルミッヒさんは、このドキュメンタリーの製作をテレビ番組として許可をしたけれども、映画化の話には同意していないと言っています。

 ハルミッヒさんぐらいの立場になると他にも映画化の話は来ているでしょうから、いろいろ難しい問題になるのでしょうね。ファンとしては、この映画を楽しく見るためにも円満解決をお願いしたいところです。

banner_02

qbar

queensofthering at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年01月03日

きょうの1枚 -002 女子ムエタイ ビデオCD"World Women Muay Thai Championship Challenge"

 MuayThai

World Women Muay Thai Championship Challenge

 いろんな格闘技がたくさん見られるようになった現在でも、なかなかお目にかかれないのが女子ムエタイの映像ですよね。

 現在、ネットやタイ関係の専門店で手に入るのが以前にジーナ・カラーノ選手絡みでご紹介した*ビデオCDと、このクイーンズバースデイ記念大会のビデオCDぐらいでしょうか。

 毎年8月のタイの王妃さまの誕生日には、たくさんの女子ムエタイの試合が開かれますが、これは2005年の大会です(その後は残念ながらビデオCD化されていないようです)。

 商品名は"World Women Muay Thai Championship Challenge"、収録時間74分、収録試合は以下の11戦。
 1.イマン・ジッティージム vs ノンネー・シットクルアッド
 2.カンポー・オー・サティアン vs ニッキー・カエサムリット
 3.カーラ・WPTジム vs マユラ・キートポンポン
 4.ダオプラスック・サクチャイチョット vs ジャンクラジャン・プララサラカン
 5.ソムサターン・ルークポークン vs ヌシアン・チョー・インスワン
 6.ルークナム・ソー・シリラット vs ソムイン・シッタノン
 7.オーエー・ルッカライ vs サンシーン・チョー・インスワン
 8.ルークプラ・サクチャイチョット vs ケンカーム・オー・サティアン
 9.ロザリー vs サイサモーン・シットシンゴン
10.ノンポー・サクチャイチョット vs ランプーン・オー・サティアン
11.ルキーン・ソー・ペットパヤラー vs リサ・ジッティージム

 この大会の主催者のワンソンチャイ・プロモーションさんがアップしているサンプル動画があるのでご紹介します。

 まずは1.のイマン・ジッティージム vs ノンネー・シットクルアッド。これはジュニアの試合です。

 赤のイマン・ジッティージム選手は、本名がイマン・バーローというイギリス人。彼女は現在16才ぐらいなのでこの試合のときは12才ですね。その後もタイで活躍している期待の新星。

 つぎは5.ソムサターン・ルークポークン vs ヌシアン・チョー・インスワン。

 赤のソムサターン・ルークポークン選手は、2004年のこの大会で渡辺久江選手と対戦して引き分けでした。

 青のヌシアン・チョー・インスワン選手は、2004年にやはりこの大会でグレイシャア亜紀選手と対戦して判定で勝利しています。タイではジムを移籍するとリングネームが変わるので現在の名前はヌシアン・ポー.プラムック。JーGirlsで活躍しているあの人ですね。

 最後は7.オーエー・ルッカライ vs サンシーン・チョー・インスワン。

 赤のオーエー・ルッカライ選手もいまはリングネームが変わってOA・ゴーギアットジムになっています。ボクシングとムエタイの両方をやる選手ですが、ムエタイのほうがいいですね。

 ここにあげたサンプル動画は短いですが、ビデオCDではもちろんノーカット。王妃さまの誕生日を祝うキャンドルセレモニーの映像まで入ってます。

*ビデオCDはDVDと比べるとかなり画質が悪いのですが、なにしろ低価格なのでアジア全域で普及しているメディアです。基本的に、パソコンやDVDプレイヤーで見れますが、最近は見れないDVDプレイヤーのほうが多いので注意してください(安売り店で売っている5千円ぐらいの中国・韓国製DVDプレイヤーのほうがちゃんとビデオCD対応だったりします)。

関連記事 ジーナ・カラーノ、リサ・キングのムエタイビデオCD

banner_02

qbar

queensofthering at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年11月24日

女子ボクシング WBAフェザー級世界戦 天空ツバサ vs チェ・ヒョンミ 動画完全版

boxing

pandra
 WBAフェザー級世界戦天空ツバサvsチェ・ヒョンミの完全版動画がアップロードされましたのでご紹介します。

 パンドラTVという動画サイトの「会員だけが見られる動画」ですので、残念ながらここに直接貼ることが出来ません。以下の手順にしたがって視聴してください。

 まず、パンドラTVのサイトにアクセスして会員登録してください。一般会員の登録は無料です。
http://www.pandora.tv

 会員登録が完了したらログイン。

 以下のページに行くと本来なら視聴出来るハズですが...
http://www.pandora.tv/my.jami21/36507058
ほとんどの場合視聴出来ずに有料のプレミアム会員になるようにとの告知が出ます。

 しかし、現在、パンドラTVプレミアム無料お試しサービス期間中なので「お試しで見る」というところをクリックすると無料で見れます。*お試しサービス期間は終了しました。

 回線の具合により快適な時とそうでない時があります。非常に不安定であやしい動画サービスですが、この動画は韓国のテレビとは別ソースの貴重なものなのでチャレンジする価値は充分にあると思います。

 動画を見た感想としては
★非常にいい試合
★判定に問題はない
★ツバサ選手はダウンのダメージが3回、4回にも残っている
★それにもかかわらず王者と激しく打ち合っている
★ダメージが消えた6回以降は本来の動きが見られる
★それでも総合的にチャンピオンのボクシングは挑戦者を上回った

 WBAフェザー級王者チェ・ヒョンミ選手は素晴らしい選手ですね。非常に若いですし、これからますます強くなるでしょう。

banner_02

qbar

queensofthering at 01:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年11月04日

女子シュートボクシング 2009年女子Sカップトーナメント DVD発売中

 Shoot Boxing

female_scup 2009年8月23日の第一回Girls S-cupトーナメントのDVDが発売になりました。

DVDブック 女子高生ファイターRENA 涙の初代クイーン奪取
東邦出版 価格 2,940円(税込)
A5判 48ページ/DVD120分収録

 試合の解説と写真が掲載されたミニブックと、トーナメントの様子が収録されたDVDがセットになったDVDブックという形式で、一般書店での扱いです。

 本の内容は、シュートボクシングとはなにかという紹介、各選手の紹介、及川道場による技術解説など、シュートボクシングファン入門に最適。DVDは全試合収録。そして値段もお安い。

 ただ、問題は本の表紙とタイトルからトーナメントの結末が丸わかりになっちゃうことです。レーナ選手ひとりに焦点をしぼって売りやすくしようという狙いなのかもしれませんけど、ふつうにGirls S-cupトーナメントというタイトルにして、全員の集合写真を表紙にしてほしかったですねえ。

 いくら結果を知っていても表紙が完全にそれってどうなの?っていう感じです。むかしは結果写真がパッケージに使われている格闘技ビデオっていっぱいありましたけど、最近はそういうのは無いですよね。

関連記事 決定版! 女子シュートボクシング "Girls S-cup2009"  総集編

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年04月26日

『日本女子プロボクシングの夜明け』 DVD発売中

 Boxing

女子プロボクシングの夜明け 去年の5月のJBC女子ボクシングの初興行からまもなく1年が経ちます。あの日、後楽園ホールにぎっしり並んだテレビやビデオのカメラの数はハンパじゃなかったです。でも、撮影された映像はいったいどこに行ってしまったのでしょうか?

 公開された映像は信じられないほど少しだけ。ビデオがまともに公開されたのは一試合もありません。あとからどこかで見られるよね、なんていう期待も裏切られ、長い時が過ぎました。失望を感じているファンは多いでしょう。

 今回、あの日の映像が映画になり、そしてDVDが4月24日に発売されました(レンタル屋さんやネットレンタルでも取扱中)。『日本女子プロボクシングの夜明け』がそれです。

『日本女子プロボクシングの夜明け~伝説の始まり~』
販売元: ローランズ・フィルム 税込み価格3,990円

 内容は大会全体の記録ではありません。タイトルどおりのドキュメントなんですが、正確に言えば「山木ボクシングジムの夜明け」ですね。歴史面に関することでは間違った表現は一切ありません。でも、山木ファミリー以外は一人の名前も出てこない歴史です。

 最大の目玉は、あの日の最高水準の試合だった天空ツバサVS菊川未紀ノーカット収録。これは必見です。天心アンリVS富樫直美もノーカット。ライカVSナタリー・ブラウンはパッケージに明示してあるにもかかわらず、断片的な扱いで、ほんの数十秒です。いい試合なので残念。

 隠れた見所は、プロテストの時のスパーリング映像。天心アンリVS藤本りえ、天海ツナミVS菊川未紀、天空ツバサVS古賀友子という豪華な顔合わせ。それぞれ1ラウンドのみの収録ですが、貴重です。

 この作品の清水雅美監督が、現在「日本女子プロボクシングの夜明け」公式ブログで、この作品のメイキング記事を連載中。日本ボクシング界の宝、山木シスターズを理解するための必読のブログ。要チェック!!

 最後に、JBC女子ボクシング初興行の映像を持っている関係者の皆さん、どうか、その映像をボクシングファンのために公開してください。特に、藤本りえVS四ヶ所麻美をお持ちの方、どんな形でもいいので公開お願いします。どうぞよろしくお願いします

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote