選手:注目の選手

2012年08月02日

ボクシング女子優勝候補 ケイティー・テイラーとはどんな選手? ボクシング女子

 Boxing

logo オリンピックボクシングの試合が近付くにつれて、毎日のようにアクセスが増加しているのがアイルランド代表のケイティー・テイラー選手関連の記事。外国のアマチュア選手がここまで関心を集めたことは今までありませんでしたので、さすがオリンピックという感じです。彼女がどんな選手かということは文字で書いてもはじまらないので動画をご覧ください。

2009年3月21日(土) アイルランド ダブリンO2アリーナ
アマチュアボクシング ライト級 2分4ラウンド
ケイティー・テイラー(アイルランド)赤
VS
キャロライン・バリー(アメリカ)青


 オリンピックにボクシング女子が正式種目として決定される以前の試合ですが、すでにテイラー選手が絶大な人気と素晴らしい実力を持っていることがよく伝わってきます。9,000人の観客をこれほど熱狂させる選手はプロの女子王者でもなかなかいないでしょう。

アマチュアボクシング ライト級 2分4ラウンド
○ケイティー・テイラー(アイルランド)
27−3
×キャロライン・バリー(アメリカ)
ケイティー・テイラー選手の判定勝利

 このテイラー選手の実力なら優勝間違い無しという声は非常に高いのですが、しかし、そうは簡単には言い切れないほど彼女のライバルたちも実力がありますし、真剣勝負は最後までなにが起こるかわかりません。

オリンピック ボクシング女子 放送予定

 オリンピックボクシング女子は8月6日からライブストリーミングで観戦出来ます。熱戦を期待しましょう。

関連記事 ケイティー・テイラー ボクサー・オブ・ザ・イヤーに輝く

関連記事 ロンドンオリンピック ボクシング ライト級女子 選手一覧 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年12月09日

マリンスポーツの王者ローリン・イーグル ボクシングの頂点を目指してプロのリングで始動 女子ボクシング

boxing

 デビューわずか3戦めでOPBF東洋太平洋ライト級4位にランクされたローリン・イーグル選手。彼女は水上スキーの世界タイトルに何度も輝いているチャンピオンで、ミスコン優勝者でもあり、モデルとしても活躍する22才。今年のミスユニバース・オーストラリアの有望候補でもありました(交通関係のトラブルで審査過程でリタイア)。

 彼女は数年前に普段のスポーツトレーニングのひとつとしてボクシングを取り入れたところ、その魅力にはまってしまい周囲の反対を押し切ってアマチュアの試合に出場。今年9月にはついにプロデビュー。そして11月までの3ヶ月間に無敗で合計三試合をこなして東洋ランカーとなりました。

ローリン・イーグル(黒いトランクスに黄色のライン) vs アイリーン・フォレスト(黒いトランクスに白のライン) 1回〜5回

6回〜判定

 デビュー戦では新人選手を初回TKO。2戦めにはベテランのクリスティーナ・タイ選手を相手に3−0で判定勝利。3戦め[動画]にはムエタイの強豪アイリーン・フォレスト選手に苦戦しながらもなんとかドロー。

 動画を見る限りはまだ不安定なファイトではありますが、打たれても「効いてない」というように首を振って強気に打ち返す姿勢がいいですね。また、ジャブの多用とフットワークを意識しているようで、このまま行けば強い選手になる期待は十分にあるでしょう。

 「わたしはレイラ・アリ選手のようになる。ボクシングで世界チャンピオンを目指すわ。」と断言するイーグル選手。

 ライト級付近は強者が集まっている厳しいクラスではありますが、ローリン・イーグル選手の今後の活躍に期待したいと思います。

ローリン・イーグル(オーストラリア)3戦2勝1分1KO

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年01月11日

女子キックボクシング ジョアンナ(チーム・ミスター・パーフェクト) プロフィール

 MuayThai

 質問にお答えするシリーズ、今回はジョアンナ選手のプロフィールについて書きます。

Joanna Jedrzejczyk
 海外でのリングネームはジョアンナ・イェドジェイチク。国籍はポーランド。1987年生まれ(22才)。身長168センチ。ムエタイ歴6年。

 アマ・ムエタイポーランド代表。プロ、アマ問わず毎月のように試合をこなしていて、2009年12月にはIFMA世界ムエタイ選手権大会で優勝した直後に来日、佐々木仁子選手との試合に勝ってJ-Girlsフェザー級世界王者となりました。

アマチュア戦績 40戦37勝3敗0分3KO
プロ戦績 21戦19勝1敗1分7KO

 ジョアンナ選手の2010年の目標は、8月に北京で開かれる格闘技の祭典『ワールド・コンバット・ゲームズ』(IOC国際オリンピック委員会公認大会)のムエタイ部門で金メダルを獲得すること。

ジョアンナ選手

 最後にアレイド・ラワント選手との試合動画(2008年12月)をご紹介します。赤のグローブがジョアンナ選手です。



 なお、ポーランドといえば、過去にアグニエシュカ・リリクという人気選手がいました。彼女はキックボクシングとボクシングで活躍し、WIBFライトウェルター級のベルトを持っていましたが2005年に引退し、現在はテレビのニュースショーやプロポーカー(!)で活躍しているそうです。

関連記事 J-GIRLS WJCフェザー級王者決定戦 ジョアンナ vs 佐々木仁子

banner_02

qbar

queensofthering at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年04月29日

WIBAライトウェルター級王者 デュダ・ヤンコヴィッチ ハイライト動画

boxing


 タイトルマッチでホリー”ホッティー”ホルム選手(アメリカ)と戦うことになったデュダ”ダイヤモンド”ヤンコヴィッチ選手(ブラジル)とは、いったいどんなボクサーでしょうか?

 デビュー以来全戦全勝、「ホリーにとって最も厳しい相手」と紹介される彼女の実力とは? それでは、ヤンコヴィッチ選手のハイライト動画をご覧ください。



 うーん、強いですね。するどいコンビネーションの超攻撃型。まるでファイティング・マシーン。ホリー選手、危うし?

 プロモーターさんは、よくぞ、この相手とタイトル戦を組んでくれました。あなたはえらいお星さま五つあげちゃう★★★★★

 WIBAライトウェルター級王者デュダ・ヤンコヴィッチ選手と、WIBAウェルター級王者ホリー・ホルム選手の激突は、6月5日です。

前回記事 ホリー・ホルム vs デュダ・ヤンコヴィッチ WIBAウェルター級タイトルマッチ 予定

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote