2018年11月06日

ノエミ・ボスケス VS クリスタル・ホイ アメリカ大陸女子スーパーフライ級王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年10月6日(土)アメリカ フロリダ州

ABF女子スーパーフライ級アメリカ大陸王座決定戦 6回戦
ノエミ・ボスケス(アメリカ)青コーナー
VS
クリスタル・ホイ(アメリカ)赤コーナー


 こちらの動画は10月におこなわれたアメリカ大陸王座決定戦です。両選手ともにアメリカ人ではありますが、青のボスケス選手が地元フロリダ州の選手、赤のホイ選手がネバダ州、ということでホイ選手にとってはアウェイでの試合です。

 35才のボスケス選手は元WIBAインターナショナル王者ですが、38才のホイ選手はタイトルマッチでは勝利したことがなく、勝てば今回が初めてのベルト。

 試合はスーパーフライ級ながら重いパンチを打ちあう展開で、どちらにしても当たれば倒れる予感。

 アップライトに高くかまえるボスケス選手と、低い位置でよく動くホイ選手という対照的なボクシングで中盤第3ラウンドが終わろうとしたところで・・、ホイ選手の右ストレートでぐらつくボスケス選手。よろめきながらクリンチに行こうとしますが左フックを浴びてダウン。

 ボスケス選手は必死に立ち上がってカウント8で試合再開。

 直後に連打を浴びたボスケス選手が再び倒れたところでレフリーが試合をストップ。ホイ選手がTKOで勝利し、初の王座獲得となりました。

 大喜びのホイ選手ですが、アウェイなのでお客さんの反応は冷たい感じ。このあたりが地元意識の強いアメリカという感じですね・・。

 ところで、この試合の終了時間がヘンですよね。リングアナは第3ラウンド1分28秒とコールしていますが、実際には確実に2分以上が経過しています。

 おそらく、ボスケス選手の最初のダウンのあたりで2分ギリギリぐらい。でも、ダウンカウント中はラウンドが延長されますから、カウントエイトで立ち上がったあたりまでは第3ラウンドが続いています。本来はここでゴングが鳴ってラウンド終了です。

 しかし、タイムキーパーが混乱したらしく、ゴングは鳴らないで試合続行。そこで打たれてボスケス選手は負けてしまいました。

 コールは1分28秒でしたが、実際には2分28秒ぐらいなので、途中で1分勘違いをしたようです。男子の3分と女子の2分が混じり合った大会ではよくタイムキーパーが間違うんですよね。男女で時間制が違う限りはこのトラブルは続くでしょう。

 それはともかく、いい試合でしたね。
 
ABF女子スーパーフライ級アメリカ大陸王座決定戦 6回戦
×ノエミ・ボスケス(アメリカ)
TKO 第3ラウンド
○クリスタル・ホイ(アメリカ)
クリスタル・ホイ選手がTKO勝利でABF女子スーパーフライ級アメリカ大陸王座を獲得しました。
(ボスケス選手は第3ラウンドにダウン2)

ノエミ・ボスケス(アメリカ)27戦11勝13敗3分2KO
クリスタル・ホイ(アメリカ)19戦6勝8敗4分3KO

関連記事 ノエミ・ボスケス VS ディアナ・フェルナンデス WBCスーパーフライ級インターナショナル王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

関連記事 マリアナ・フアレスの妹 ルルデス・フアレスは姉のあとを継げる? ノエミ・ボスケス VS ルルデス・フアレス スーパーフライ級8回戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 20:00│Comments(0)ボクシングの試合:2018.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔