2018年11月01日

日向野知恵 VS 成田佑美 日本女子ミニマム級王座決定戦 結果 Dangan10月31日 ボクシング女子

 Boxing

10月31日DANGAN2018年10月31日(水)東京 後楽園ホール
Dangan

日本女子ミニマム級王座決定戦 6回戦
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根元)
1−1 ドロー
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)
ドロー
(58−57、56−58、57−57)

 BOXING RAISEさんの有料動画での観戦となりましたが、熱戦でした。

 赤の日向野選手がしっかりと筋肉を鍛え上げたパワーパンチ派なのに対して、青の成田選手は反射神経の良さがうかがえる機動戦タイプ。韓国遠征の際に『ブルドーザー』と言われた日向野選手はこの日もガンガン攻め上がりますが、成田選手は軽快なフットワークで逃げつつ、いいタイミングで打ってきます。

 しかし、成田選手のパンチはきちんと引き手を取らず、いまある拳の位置からそのまま打つので軽い感じは否めません。対する日向野選手は右も左も体の動きと連動するので当たれば倒れるパンチ。実際、左を受けた成田選手は後方に倒れて尻もちをつきますがこれはスリップ扱いに・・。

 後半、成田選手はクリンチに逃げる場面もありましたが、終盤は持ち直して打ち合いながら試合終了。僅差で日向野選手かと思いましたが、ジャッジは3者3様のドロー。日本女子ミニマム級王座は空位のままとなりました。

日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根本)15戦7勝(うちタイ人1)7敗2KO(うちタイ人1)1分
成田佑美 なりたゆみ(姫路木下)8戦3勝(うちタイ人0)2敗3分1KO(うちタイ人0)

関連記事 激闘!世界タイトルマッチ動画 イ・ウネ VS 日向野知恵 WIBAフライ級タイトルマッチ ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 21:00│Comments(2)ボクシングの試合:2018.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by ゆめ   2018年11月02日 23:36
日本時間18日朝メキシコで、イベスサモラ対 箕輪綾子

27日 花形選手が返上したベルト
塙選手対ナガワ選手

この2試合は楽しみ
2. Posted by g1j2p5i5   2018年11月03日 02:12
心配なのは時折 女子ボクに対して放りっぱなしな面がみえるナベジムと
今月女子総会まで開く熱心さと ランク更新を怠るデタラメが同時進行しているWBC笑

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔