2018年09月16日

緒方汐音 VS 塙英理加 WBOアジアパシフィック女子ライトフライ級王座決定戦 ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2018年9月2日(日)大阪 寝屋川市立市民会館 大ホール
GTI 3GYMS MATCHING

WBOアジアパシフィック女子ライトフライ級王座決定戦 8回戦
緒方汐音 おがたしおね(WBAアジア女子ライトフライ級王者/寝屋川石田)
VS
塙英理加 はなわえりか(OPBF女子ミニマム級シルバー王者/UNITED)


 9月2日のアジアタイトルマッチの動画をLaugh Boxingさんが公開してくださってますのでご覧ください。いい試合です。

 開始のゴングが鳴ると後楽園ホールよりひとまわり広いリングを身をかがめて走るように接近する塙選手。その勢いに押されるように後手に回る緒方選手。

 どこまでも追いながらパンチを放ち続ける塙選手でしたが、しだいに緒方選手が距離とタイミングをつかみ始め、命中弾が増えていきます。

 両者譲らぬ攻防が最終回まで続き、おたがいに決定的な場面がないまま試合は判定へ。

 結果は3−0で緒方選手の勝利。当てているパンチの数では塙選手だと思いますが、緒方選手のほうがいい当て方をしているので、ジャッジはそれを評価したのでしょう。

 ジャッジの基本は有効打の数ですが、詳しく言えば「より有効」な打撃の数なので、この判定は理解できます。しかし、どのパンチが「より有効」かそうじゃないかは主観の問題なので、むずかしいところです。

 試合後の緒方選手の表情をみれば「やられた感」はあったみたいですね。負けてしまった塙選手は確実にいいボクシングしてましたから残念な試合でしょう。

 両選手ともナイスファイトでした。

WBOアジアパシフィック女子ライトフライ級王座決定戦 8回戦
○緒方汐音 おがたしおね(WBAアジア女子ライトフライ級王者/寝屋川石田)
判定 3−0
×塙英理加 はなわえりか(OPBF女子ミニマム級シルバー王者/UNITED)
緒方汐音選手が判定勝利でWBOアジアパシフィック女子ライトフライ級王座を獲得しました。
(77−75、78−75、78−74)

緒方汐音 おがたしおね(WBAアジア女子ライトフライ級王者/寝屋川石田)16戦10勝(うちタイ人5)6敗2KO(うちタイ人2)
塙英理加 はなわえりか(OPBF女子ミニマム級シルバー王者/UNITED)12戦9勝(うちタイ人4)3敗3KO(うちタイ人2)

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 15:35│Comments(0)ボクシングの試合:2018.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔