2018年08月31日

プロ顔負けのジュニアタイトルマッチ エマ・ネスビット VS ジョシー・ロッサレン WKBFジュニア南太平洋ライトアトム級王座決定戦 結果&動画 ムエタイ女子

 Muay Thai

2018年6月16日(土)ニュージーランド パンミューア

WKBFジュニア南太平洋ライトアトム級王座決定戦 2分5R
エマ・ネスビット(ニュージーランド)赤
VS
ジョシー・ロッサレン(オーストラリア)青


 6月にニュージーランドでおこなわれたジュニアの素晴らしいタイトルマッチをご覧ください。赤が地元のエマ・ネスビット選手、青がオーストラリアのジョシー・ロッサレン選手。どちらも13才です。

 パンチ、ヒジ、ヒザ、キック、首相撲・・・ムエタイの技のすべてを使って戦う両選手は本場のムエタイを変に現地化しないで忠実に再現しています。ムエタイへのリスペクトが感じられて非常に良いですね。

 欧米風のダメージ重視ムエタイじゃなくて、意識的にハイキックを多く出したり、ダブルキック見せたり、タイ本国で高ポイントになる技術の部分を抑えているのが見逃せません。

 試合は最初から圧倒的に攻めた赤のネスビット選手が後半失速してロッサレン選手に猛追されましたが、技術点の高い技を連発していたネスビット選手の勝ちは動かないだろう、と思っていましたら、なんとロッサレン選手の判定勝利。

 それにしても、両選手とも良い選手です。サウスパシフィックのムエタイはレベル高いですね。

WKBFジュニア南太平洋ライトアトム級(48.9kg)王座決定戦 2分5R
×エマ・ネスビット(ニュージーランド)赤
判定
○ジョシー・ロッサレン(オーストラリア)青
ジョシー・ロッサレン選手の判定勝利

Saturday 16th June
WKBF Junior LIght Atom Weight
Full Thai Rules South Pacific Title
Emma Nesbitt (NZ) VS Josie Rossallen (AUS)
Winner Josie Rossallen by decision

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 15:45│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2018.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔