2018年08月19日

ユミコ・カワノ IFMA世界大会でチョンマニーと対決 ユミコ・カワノ VS チョンマニー・ソー・テヒラン 54kg級 World Muaythai Championship 2018 ムエタイ女子

 Muay Thai

2018年5月15日(火)メキシコ カンクン
World Muaythai Championship 2018

ムエタイ 54kg級 3分3R ヒジ、ヒザ、首相撲あり
ユミコ・カワノ(カナダ/日本)赤
VS
チョンマニー・ソー・テヒラン〔ヤードルン・テヒラン〕(タイ)青


 1回戦を突破したカナダ在住日本人ムエイン(女子ムエタイファイター)ユミコ・カワノ選手が次に対戦したのは、なんと優勝候補のチョンマニー・ソー・テヒラン選手(タイ)。

 このIFMAの大会はプロも出られるアマチュア大会なので、本当にすごいメンバーがそろっています。プロとの違いは、リングネームじゃなくて本名を使うことと、ヒジパッドとヘッドギアの着用義務があることです。

 というわけで、チョンマニー選手は本名になっていますし、ヒジパッドとヘッドギアを付けているので彼女の得意ワザである顔面を切るヒジが出せません。

 しかし、ヒジパッドとヘッドギアを付けているから安全かと言えばまったくそんなことはなく、数年前の大会ではイム・スジョン選手がヒジ打ちをくらって鼻骨陥没の大怪我を負っていますし、今大会でも負傷でドクターストップが発生しており、プロの試合と危険性はほとんど変わらないのです。

 そんなリングでカワノ選手はいつものようにパンチとヒザ蹴りで果敢に突撃ファイトを仕掛けますが、チョンマニー選手はこれを鋭いキックとパンチで迎え撃ち、さらには組んでしっかり崩してきます。

 結局、チョンマニー選手が組み技の力でカワノ選手を圧倒し、堂々の判定勝利。やはり、チョンマニー選手は強かった。

ムエタイ 54kg級 3分3R ヒジ、ヒザ、首相撲あり
×ユミコ・カワノ(カナダ/日本)赤
判定 27−30
⚪︎チョンマニー・ソー・テヒラン〔ヤードルン・テヒラン〕(タイ)青
チョンマニー・ソー・テヒラン選手の判定勝利

15th May 2018 in Cancun, MEXICO
3x3mins MuayThai 54kg
Yumiko Kawano(Japan / Canada) vs. Yadrung Tehiran (a.k.a. Chommanee Sor Taehiran)(Thai)
Winner Yadrung Tehiran (a.k.a. Chommanee Sor Taehiran)(Thai) by Decision.

関連記事 ユミコ・カワノ VS ジャネット・トッド 結果&ノーカット動画 SHEfights ムエタイ女子

関連記事 チョンマニー・ソー・テヒラン & ナムターン・ポー・ムアンペット ミニインタビュー 第2回『ワールド・ムエタイ・エンジェルス/世界泰拳天使』 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 03:00│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2018.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔