2018年05月31日

この日の女子ベストバウト モンブランみき VS 樽井捺月 アトム級 結果 DANGANオール4回戦 ボクシング女子

 Boxing

2018年5月28日(月)東京 後楽園ホール
DANGAN オール4回戦

第6試合 アトム級 4回戦
モンブランみき(reason)
VS
樽井捺月 たるいなつき(山木)

Mont_Blanc_Miki-1
 青コーナーからこんなコスチュームで入場したのはデビュー3戦目のモンブランみき選手。

Natsuki_Tarui
 赤コーナーはこれが9戦めの樽井捺月選手。ボクシングには実力と戦績が一致しない選手が時々いますが、この樽井選手がまさにそうで、戦績は2勝5敗1分という低迷状態ながらその実力は4回戦とは思えないハイレベル。しかも、前の試合ではスマイル渚選手を病院送りにしています・・。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-28
 実力者、樽井選手に猛然と攻め込んで行くモンブランみき選手は、見かけはチャラいながらも先日までは陸上自衛隊の正式隊員(現在は予備役)として訓練を受けていた武闘派。

 女優、グラビアアイドル、なんとかカフェ店長、モデルなどという肩書きで人目を引こうという女子ボクサーはたくさんいますが、それって全然ボクサーとしての期待値にはつながらないですよね。でも、陸自隊員なら戦闘的アスリートですから、やってくれるんじゃないかなー、と思っていたこの一戦。技巧派樽井捺月選手と国防女子モンブランみき選手の激突は、実は、QR的にはこの日のメインなのでした。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-27

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-26
 積極的に前に出るモンブラン選手に樽井選手はご挨拶の右ストレート。そして、パッと距離をあけて反撃をやりすごします。 やはり樽井選手は上手い。

 所属ジムはスポンサーとのジム命名権契約が切れたらしく、今回からは名前がアルファジムから山木ジムになっています。かつてはキックボクシング、いまは女子ボクシングの名門、山木ジムの名前が復活しました。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-25

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-24
 ちょっとでもスキがあると正確に飛んでくる樽井選手のパンチ。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-23

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-22
 モンブラン選手のパンチは過去の2戦に比べてだいぶ速くなってはいるですが、それでも樽井選手はサッと動いて簡単にかわしてしまいます。

 やはり実力差は大きいのかなあと思いましたが・・

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-21
 動きが読めてきたのか、第1ラウンド終盤にはモンブラン選手にもヒットがうまれます。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-20
 予想外に打撃戦になりそうな雲行きの第2ラウンド。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-19

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-18
 モンブラン選手の左に右をクロスする樽井選手。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-17

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-16
 さらに「ココあいてるよー」という感じでヒットを重ねる樽井選手。イージーな判定勝ちパターンが見えてきそうな展開・・

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-15
 しかし、そのままではいないモンブラン選手。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-14
 試合中盤、激しさを増すモンブラン選手の攻撃。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-13
 距離を詰めてやり返す樽井選手。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-12

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-11
 密着戦からのド突き合い展開となってきました。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-10

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-9
ハードヒットで削り合う両者。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-8

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-7
 モンブランみき選手の右ストレートが当たる。激闘に残された時間はあとわずか。

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-6

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-5
 終盤の接近戦での絵に描いたような相打ち。混戦の中に響く終了のゴング。

 試合は判定へ。前半の貯金で樽井選手が逃げ切ったか?それともモンブラン選手の追撃が評価されるのでしょうか?

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-2
 判定は青!

Mont_Blanc_Miki-4
 モンブランみき選手のユナニマス判定勝利。

第6試合 アトム級 4回戦
○モンブランみき(reason)
判定 3−0
×樽井捺月 たるいなつき(山木)
モンブランみき選手の判定勝利
(39−38、39−37、39−37)

Mont_Blanc_Miki_vs_Natsuki_Tarui-3
 健闘を称え合う両選手。素晴らしい試合でした。

 樽井選手はいつもよりも少し簡単な動きをしてしまった感じ。後半、打ち合いを望んだのが裏目に出て、モンブラン選手の流れになってしまったと思います。

 モンブラン選手は過去2戦から大きく進歩していました。後半に試合をひっくり返した経験は今後に生きるでしょう。

 両選手の次戦に期待します。

 ★会場に来れなかった方はBOXING RAISEさんに有料動画がありますので、これを機にどうぞ入会してみてください。

モンブランみき(reason) 3戦2勝(うちタイ人0)1敗1KO(うちタイ人0)
樽井捺月 たるいなつき(山木)9戦2勝(うちタイ人0)6敗1分

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 08:20│Comments(2)ボクシングの試合:2018.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by g1j2p5i5   2018年05月31日 12:32
5 ただ みき選手の 郷司選手2番煎じコスが残念と思ってたら
郷司選手が最後?に対戦したのは 樽井選手だったんですね
偶然かもしれませんが
2. Posted by queens of the ring   2018年05月31日 18:30
>g1j2p5i5さん
ああ、郷司利也子選手のセーラーコスプレありましたね。コレですね(http://qr.livedoor.biz/archives/51668314.html)。
でも、まあ、セーラー服、セーラームーンは人気アイテムですから。
郷司選手は赤コーナーだったので赤バージョン、モンブラン選手は青コーナーだったので青バージョン。郷司選手はスカート、モンブラン選手はトランクスで、いろいろ違っておもしろいと思います。
あと、実はモンブラン選手のマウスピースも、RENA選手のドラキュラマウスピースとかぶっているんですが(笑)、RENA選手自身が師匠の及川知浩選手の影響で使用開始したものだし、アメフト、バスケなどいろんな選手も同じようなデザインのを使っているので、もうオリジナルが誰とかわかんないです(もし、わかる人がいたら教えてください)。
樽井選手は9戦全部が日本人相手なので、いろんなひとと戦ってますね。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔