2018年05月15日

矢吹純と戦ったサオワラック・ナリーペンシーの戦績 ボクシング女子

  Boxing

31176390_248152309086634_1755050287141224448_n 5月5日に後楽園ホールで矢吹純選手(日本女子ミニフライ級王者/協栄)と戦ったサオワラック・ナリーペンシー選手(タイ)の戦績が、データベース『ボックスレック(BoxRec)』ではデビュー戦となっていましたが、それは表記ミスで、その後、メディア発表の通りの13戦7勝6敗1KOと修正されました。

 これは、『ボックスレック(BoxRec)』がもともと持っていたデータを自分たちで見つけることができずにデビュー戦と勘違いしていたために発生した混乱で、サオワラック・ナリーペンシー選手の『ボックスレック(BoxRec)』上のデータは13戦7勝6敗1KOで間違い無いようです。

 しかし、7勝のうち5勝はデビュー戦の選手が相手で、あとの2勝は1戦1敗の負け越し選手が相手。つまり、彼女はまともな戦績の選手には一度も勝ったことがありません。

 というわけで、やっぱり噛ませには違いはないのでした。ボクシング出来ませんでしたし。

 この選手にJBCさんが戦績を審査してOK出してしまうわけですから、タイのバイトさんの来日は今後も変わらずに続くでしょう。

関連記事 JBCがタイ人ボクサーの戦績がウソだったことを認め、今後タイ国ボクシングコミッションの戦績証明は受け付けないことを決定

関連記事 それさぁ、早く言ってよぉ〜 元旦に矢吹純、神田桃子と試合をしたタイの2選手 JBC許可あるまで「招聘禁止」 ボクシング女子

関連記事 祝 協栄ジム女子白星発進 矢吹純 VS タイ人、神田桃子 VS タイ人 2018年の日本女子ボクシングは元旦のカマセ鉄板2KO勝利でスタート

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:25│Comments(2)八百長、カマセ問題 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by 渡辺パンチ   2018年05月15日 00:33
JBCはやみくもに認めたわけじゃなく
矢吹の相手は4度も却下してのもの
そこを書かないのはダメ
批判する前に問い合わせぐらいすべき
2. Posted by queens of the ring   2018年05月15日 11:05
>渡辺パンチさん コメントありがとうございます!
当ブログはPC版のタイトルのところにも書いていますが「観客席視点」が基本です。
会場にいる普通のファンの目線のブログなんです。
ですから、基本的に公式発表、ファンレベルで手に入る情報しか書きません。
ウラ情報、実はこうだった的な話は、基本的に扱いません。
今回に関してはJBCさんがこの選手を「審査」して来日「認可」を出したことが問題なんです。
JBCさんが却下したかったのかどうか知りませんが、何回審査したのか知りませんが、実際に「認可」しているんだからダメですよね。
その過程の話に意味があるとは思いません。
というわけで、当ブログは今後もJBCさんに問い合わせることはありません。
JBCさんがちゃんと広報しているなら、そんな必要は無いと思いますよ。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔