2018年04月28日

ボクシング 日本人女子王者一覧 2018年4月 ボクシング女子

 Boxing

Belts_edited-1

世界チャンピオン

ikeyamaWBO
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
池山直 いけやまなお(フュチュール)
2014年5月17日獲得 防衛6回

l_FujiokaNaokoWBA
フライ級 チャンピオン (50.8kg)
藤岡奈穗子 ふじおかなおこ(竹原&畑山)
2017年3月13日獲得 防衛0回 (すでに防衛期限切れ/王座の保持には近日中の防衛予定発表が必要)

ebataWBO
ミニマム(ミニフライ)級チャンピオン(47.62 kg)
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
2017年5月19日獲得 防衛2回

天海ツナミWBO
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2018年3月8日獲得 防衛0回

★今月はWBCさんの女子ランキングが数ヶ月ぶりに発表になりました。フライ級に暫定王者の掲載はなく、好川菜々選手の名前はフライ級15位にありました。暫定王座決定戦は実際にあったので、おかしな話ですが、そういう団体なんでしょう。

東洋太平洋/アジアチャンピオン

花形冴美OPBF東洋太平洋
ミニマム(ミニフライ)級チャンピオン(47.62 kg)
花形冴美 はながたさえみ(花形)
2016年3月1日獲得 防衛1回

秋田屋まさえOPBF東洋太平洋
アトム級 チャンピオン (46.26kg)
秋田屋まさえ あきたやまさえ(ワイルドビート)
2016年3月1日獲得 防衛1回

三好喜美佳OPBF東洋太平洋
フェザー級 チャンピオン (57.15kg)
三好喜美佳 みよしきみか(川崎新田)
2016年6月7日獲得 防衛0回

岩川美花OPBF東洋太平洋
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
岩川美花 いわかわみか(高砂)
2016年8月20日獲得 防衛0回

チャオズ箕輪OPBF東洋太平洋
フライ級チャンピオン (50.8kg)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ)
2016年12月13日獲得 防衛0回

Ayumi GotoOPBF東洋太平洋
スーパーバンタム級チャンピオン (55.34kg)
後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)
2017年3月15日獲得 防衛0回

satomi_nOPBF東洋太平洋
スーパーフライ級チャンピオン (52.16kg)
ぬきてるみ(折尾)
2017年4月22日獲得 防衛0回

Ayumi GotoWBOアジアパシフィック
スーパーバンタム級チャンピオン (55.34kg)
後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)
2017年10月7日獲得 防衛0回

tadaWBOアジアパシフィック
ミニマム(ミニフライ)級チャンピオン(47.62 kg)
多田悦子 ただえつこ(真正)
2017年11月10日獲得 防衛0回

天海ツナミWBOアジアパシフィック
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
天海ツナミ てんかいつなみ(アルファ)
2017年11月29日獲得 防衛0回 世界王者となったのでこの王座は近日中に空位となるでしょう。

tadaWBAアジア
ライトフライ級チャンピオン (48.99 kg)
緒方汐音 おがたしおね(寝屋川石田)
2018年2月11日獲得 防衛0回

日本チャンピオン(日本女子王者)

吉田実代日本女子バンタム級チャンピオン (53.52kg)
吉田実代 よしだみよ(EBISU K`s BOX)
2017年10月6日獲得 防衛1回 指名防衛戦期限2018年12月

矢吹純日本女子ミニマム(ミニフライ)級チャンピオン(47.62 kg)
矢吹純 やぶきじゅん(協栄)
2017年11月20日獲得 防衛0回 2018年2月に指名防衛戦期限切れ

Nanae_Suzuki日本女子アトム級 チャンピオン (46.26kg)
鈴木菜々江 すずきななえ(シュウ)
2018年3月8日獲得 防衛0回 指名防衛戦期限2018年6月

satomi_nフライ級チャンピオン (50.8kg)
池本夢実 いけもとゆめみ(琉球)
2018年3月8日獲得 防衛0回 指名防衛戦期限2018年6月

satomi_nフェザー級 チャンピオン (57.15kg)
藤原芽子 ふじわらわかこ(真正)
2018年3月31日獲得 防衛0回 指名防衛戦期限2018年6月

日本女子王座挑戦有資格者

アトム級
荒瀬あかり あらせあかり(ヨシヤマ)A級
小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ)B級
青木沙耶香 あおきさやか(EBISU K`s BOX)B級
慶美奈代 けいみなよ(真正)B級
葉月さな はづきさな(YuKO)B級
神田桃子 かんだももこ(協栄)A級
石川海 いしかわうみ(UNITED)B級

ミニマム級
日向野知恵 ひがのちえ(スパイダー根本)A級
塙英理加 はなわえりか(UNITED)A級
緒方汐音 おがたしおね(寝屋川石田)A級
下岡由美子 しもおかゆみこ(厚木ワタナベ)B級

フライ級
小澤瑶生 おざわたまお(フュチュール)A級
小関有希 こせきゆうき(K&W)B級

バンタム級
カイ・ジョンソン かいじょんそん(竹原&畑山)A級

フェザー級
神成麻美 じんなりあさみ(カシミ)B級

★日本女子王者に挑戦出来る資格を持つ各階級の選手は以上の通りです。
JBCさんが認定する東洋や世界の現王者、元世界王者は基本的に除外されているようです。
元東洋王者は挑戦資格があるようです。
しかし、すでにA級ライセンスを持っている選手は東洋や世界への挑戦が可能ですので、日本王座に挑戦するA級選手は少ないでしょう。
よって、日本女子王者への挑戦者となるのは現実的には大部分がB級の選手だと思われます。
そう見ると、現状ではほとんど挑戦者が存在していないことがわかります。

2018年4月28日更新


前回時期 ボクシング 日本人女子王者一覧 2018年3月

参考記事 女子ボクシング 現在進行中の黒歴史 小関桃 V15のウラのいろいろな話

重要記事 日本のボクシング界の秘密主義 と 分かっているようでまったく分かっていないボクシングファン

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 13:10│Comments(0)ランキング │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔