2018年02月10日

正義なき戦い 好川菜々/デイリースポーツ同盟 対 JBC/WBC連合軍 茶番劇続報 ボクシング女子

  Boxing

 好川菜々選手が獲得した(とされる)WBC暫定王座の存在をめぐって、自分は王者だとする好川選手サイドと、王座は認定されていないとするJBCサイドが、それぞれの御用マスコミを使って正反対の報道を続けています。

認定せず

 いままでの経過は次のとおり。

 2017年12月16日 メキシコで世界ランク18位の好川菜々選手と30位(ランキング最下位)のデリア・ロペス選手がWBC女子世界フライ級暫定王座決定戦をおこない、好川選手が僅差で勝利。

 好川選手サイドはこれを以前持っていたWBO女子世界フライ級に続く「世界王座再獲得」と呼び、まるで暫定王者ではなくて正規王者であるかのようにラジオ、テレビ、wikipediaなどの媒体でアピール。

 1月12日発表のJBCさん発表のランキング表でも、12月の試合で勝利の結果、好川菜々選手がWBC暫定王者となったことが正式に記載されました。

 しかし、1月30日になると、時事ドットコムニュースさんや、そこから記事配信を受けているネットメディアが一斉に「好川菜々のタイトルをWBCが認定していない」と報道。

 その翌日、1月31日にJBCさんが発表したランキング表でもWBC暫定王者好川菜々という記載は削除され、公式に好川選手のタイトルは否定されました

 この1月30日と1月31日の成り行きを見ると、いきなりJBCさんが好川選手の王座を抹消するのではなく、前日に「WBCが認定していない」というニュースを流し、WBCが決めたことだから仕方ないという空気を作り、事情をうやむやにする狙いがあったと思われます。

 要するに、1月30日の報道はJBCさんから時事ドットコムニュースさんへのリーク(情報提供)だった可能性が大です。

 これに対して好川選手サイドはまったく動じる気配はなく、特になんのコメントも発表せず完全黙殺。関係者が書いていると思われるwikipediaの項目でも依然として王者であるという表記のまま。

 好川選手のブログや公式ページでもWBC暫定王者の表記の変更は一切なし。さらに、WBCのベルトを持っての各種営業活動、「祝勝会」に出席などの活動をいまだに継続。その様子を公式ブログなどでアピール中。

全日空

 そして、2月8日には「WBC世界女子王者の好川菜々が全日空を訪問」という記事がデイリースポーツさんに写真入りで堂々と登場。もちろんWBCのベルトのお披露目付き。

 これは、正面切ってJBCさんの公式アナウンス「好川菜々はWBC王者ではない」に刃向かうような新聞記事です。すごいですね、デイリーさん(笑)。

 JBCサイドからこれに対する反応はありませんが、好川選手サイドからも自分の王座が否定されたことへの反応はなく、お互いがまったく正反対の主張をしながら、どちらも直接相手に言及することが無いという、非常におかしな状況が続いています。

 人前でチャンピオンペルトを掲げ、王者だと名乗ることはチャンピオンにだけ許された権利なので、好川選手が王者ではないとすれば、現状は好川選手の肩書き詐称行為にあたります。つまり、詐欺ですね。

 しかし、好川選手とWBCさんの間に王座の認定証やタイトルマッチの契約書が存在するなら、WBCさんが好川選手にニセの書面を渡して騙したことになり、詐欺行為をはたらいたのはWBCさんのほうであるわけです。

 すると、WBC発表に追随して、好川選手の王座表記を一方的に削除したJBCさんは犯罪行為に加担したことになります。

 前回も書きましたが、WBCさんには勝手に世界王者のタイトルを取り消して裁判で負けた過去があり、今回、好川選手側に証拠がそろっていてWBCさんを訴えるなら、判例に従ってWBCさんは今度も敗戦濃厚です。

 好川選手は暫定王者なのか、そうじゃないのか、答えは一つしかないはずですが、暫定王者だと言う好川選手と、その言い分どうりの記事を書くスポーツ紙、違うと言うJBCさん、WBCさんとその御用メディア・・・相反することを言っている二つの勢力のいったいどちらが正しいのか?

 でも、誰が見ても好川選手のタイトルマッチは説得力も必要性も感じない胡散臭いものでしたし、御用メディアに「JBC困惑」と書かせて自身を「被害者」であるように演出したJBCさんの卑怯なやり方もとても支持出来ません。

 対立する両者が、どっちもロクなもんじゃない、正義なき戦いのあしたはどっちだ?

 しょーもない戦いですけど、世の中のことを知る上では役に立つケースかもしれません。
[情報提供:g1j2p5i5さま]

関連記事 「好川菜々は暫定王者では無い。12月の試合はノンタイトル戦だった。」とWBCが回答 必見のスーパー茶番劇展開中 ボクシング女子

関連記事 無価値&迷惑 18位と30位の暫定世界タイトルマッチ 好川菜々 VS デリア・ロペス WBC女子世界フライ級暫定王座決定戦

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 09:10│Comments(6)八百長、カマセ問題 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by g1j2p5i5   2018年02月13日 18:23
同盟軍に ボクビーが参戦!
ディリーと共に 連夜の祝勝会を報道

>祝勝会には元WBA世界バンタム級王者の六車卓也氏、元WBA世界スーパーフライ級王者の名城信男氏、ミニマム級で日本初の世界主要4団体制覇を果たした高山勝成やシドニー五輪テコンドー銅メダルの岡本依子さん、漫才師のぼんちおさむ、和泉修らが駆け付け、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長、歌手の松山千春らから祝電も届いた。
2. Posted by queens of the ring   2018年02月13日 18:38
暫定世界王者・好川菜々の祝勝会に320人 http://boxingnews.jp/news/55640/
あーあ、ボクシングビート編集部制作ボクシングニュースさんまで同盟軍入りですか(笑)。「暫定世界王者好川菜々」ってハッキリ書いてますね。きのう出たばかりの記事ですね。

ボクシング・好川菜々 祝勝会で感謝「本当に気合を入れてやってきた」 https://www.daily.co.jp/ring/2018/02/13/0010982033.shtml
こちらはデイリースポーツさんの今日の記事ですね。

六車卓也氏、名城信男氏、高山勝成選手、岡本依子氏、東京オリンピック大会組織委員会森喜朗会長・・・みなさん好川菜々同盟軍なんですね。JBC/WBC連合軍は圧倒的に押されてますなあ(笑)。これは来月のランキングあたりで「暫定世界王者好川菜々」表記復活しますかね(笑)。
3. Posted by queens of the ring   2018年02月13日 19:07
https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=20902&n=1
ボクシングモバイルさんも同盟軍。
4. Posted by マサ   2018年02月14日 18:41
ボクモバ付いとるならもう好川の勝っちやん
5. Posted by g1j2p5i5   2018年02月17日 03:57
>ボクシングの堺東ミツキジムは16日、同ジムに所属する好川菜々が世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級暫定王座を保持しているとの見解を、日本ボクシングコミッション(JBC)から示されたことを明らかにした

ついにJBCが寝返り!
残すは大本営WBCのランク発表となったが・・・
6. Posted by queens of the ring   2018年02月17日 04:25
わはは。そうですか。
JBCさんは引退勧告や権力をカサにきた選手いじめとかは得意ですが、
理詰めで反撃されるとからっきし弱いですね。
予想していたとおりに好川暫定王者表記復活となりますか(笑)。
しかし・・・、ベルト、認定証、契約書がある王座をどうして否定出来ると思ったんでしょうね?
謎ですね、あのひとたち。

JBCさーん、メヒコのWBC本部に行って好川暫定王者の地位保全と「あれはノンタイトルだった」発言の取り消しと謝罪を持ち帰ってください。あと、最新の公式ランキング表も。
あ、その前にJBCさん自身からの謝罪もね。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔