2018年02月09日

ペルーの女子キックボクシング パウラ・ルナ VS ラウラ・トーレ 結果&ノーカット動画 キックボクシング女子

 KickBoxing

2018年1月27日(土)ペルー リマ
Chikas Faite

K−1ルール 3分3R
パウラ・ルナ(ペルー)青
VS
ラウラ・トーレ(ペルー)赤


 これは1月に開かれたペルーの『チカス・ファイテ』という女子だけのムエタイ大会の映像です。

 アマルールを含めて全6試合が行われたこの大会ですが、どういうわけかこの1試合だけがムエタイではありません。選手同士が組み合うとレフリーがすぐにブレイクをかけるのでどうやらK1ルールのようです。

 しかし「組むな」と注意されてもどちらの選手も反応が薄く・・、もしかしたらK1ルールだということが理解されていないのかもしません。

 普通はムエタイの大会で例外的に違うルールがある場合は、それは選手の希望と考えられるわけですが、両選手が掴みあってるのを見ると、選手の希望じゃないのかもしれません。だとすると、なんのために、だれのためにK1ルールになっちゃったのでしょうか?

 何度もブレイクをかけられながら両選手が打ちあうなか、第1ラウンドの後半にトーレ選手の額に突然大きなコブが出現、みるみるうちに腫れはヒドクなります。

 この腫れ方は?と思い、動画の設定(最近は本当に便利になりました)を再生速度25パーセントにして見直したところ、腫れる直前に偶然のバッティングが確認できました。

 インターバルにドクターからレフリーにストップの進言があって、第2ラウンド開始と同時に試合は終了。

 普通はこの場合はドローになるはずですが、レフリーは青コーナーの手を挙げてパウラ・ルナ選手の勝利を宣言。パンチによる有効なダメージと勘違いしたのかな?ひとが判断することですから、こういうこともあるんですね。

K−1ルール 3分3R
○パウラ・ルナ(ペルー)青
TKO 第2ラウンド
×ラウラ・トーレ(ペルー)赤
パウラ・ルナ選手のTKO勝利

27th January 2018, Peru
K1 3x3m
Paula Luna vs. Laura Torre
Winner Paula Luna by TKO

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 16:00│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2018.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔