2017年12月17日

ひとはこれも茶番と呼ぶ 好川菜々 VS デリア・ロペス WBC女子世界フライ級暫定王座決定戦 結果 ボクシング女子

  Boxing

PESP MOSCA2017年12月16日(土)メキシコ テカマク

WBC女子世界フライ級暫定王座決定戦
好川菜々 よしかわなな(堺東ミツキ)
判定 2−1
×デリア・ロペス(メキシコ)
好川菜々選手の判定勝利

 暫定とはいえ、18位(好川選手)と30位(ロペス選手)の世界タイトルマッチですよ。

 まともなスポーツファンならこんなものに「おめでとう」なんて言えません。

 ただただ恥ずかしいです。 

好川菜々 よしかわなな(堺東ミツキ) 10戦8勝(うちタイ人5)2敗4KO(うちタイ人3)
デリア・ロペス(メキシコ) 19戦10勝7敗2分5KO

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:30│Comments(2)ボクシングの試合:2017.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by g1j2p5i5   2018年01月31日 02:10
>昨年12月に世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級暫定王座決定戦を制した好川菜々(堺東ミツキ)のタイトルを、WBCが認定していないことが30日分かった。日本ボクシングコミッション(JBC)が東京都内で開いたランキング委員会で報告した。
>39歳の好川はメキシコで ランク最下位デリア・ロペス(メキシコ)に2―1の判定で勝ち、暫定王座に就いた。その後、正規王者キカチャベスは妊娠のためタイトルを返上。通例では暫定王者が正規へ自動昇格するが、その措置は取られず、好川以外の2選手による王座決定戦(サモラ対マクマロー)が予定されていることが判明した。
>堺東ミツキジムの要望を受けてJBCがWBCに問い合わせたところ、好川は暫定王座を保持していないとして正規王者への昇格を否定し、王座決定戦の勝者への挑戦権もないとの見解を伝えてきた。理由は不明で、JBCは重ねて説明を求めているが、返答はないという。
JBCは「こちらで勝手に暫定王者とは認定できない」と困惑。最終的にWBCの決定に従わざるを得ない状況だという。

最下位選手に勝って 正規王者昇格をアピールというのは 何かのギャグでしょうか?笑
QRさんが 日頃から仰てるように「世の中うまい話はない」という典型的な例ですね
確かにWBCも悪いですが 好川サイドはこれを機会に 足元を見つめ直してほしいですね
まだ遅くはないし ファンあってのスポーツなんだから
2. Posted by queens of the ring   2018年01月31日 03:13
>g1j2p5i5さん
うーん、さすがに絶句です・・・。
茶番劇だと思っていたものが、スーパー茶番劇だったんですね。
18位と最下位の暫定王者戦はさすがにヒドイと思いましたが、その暫定王者戦を認定していたWBCさんが、そのあと「好川選手は暫定王者ではない」と言うなんて!これまたヒドイ!
ヒドイ話なんですが・・・笑ってしまいました!

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔