2017年11月12日

小村つばさ、河野沙捺、新本亜也、黒木佳菜、メアリー・コム 第8回アジア女子ボクシング選手権 結果 ボクシング女子

  Boxing

2017年11月2日(木)〜11月8日(水)ベトナム ホーチミン市
第8回アジア女子ボクシング選手権

 今月2日から8日にかけてベトナムで開かれたアジア女子ボクシング選手権大会に日本から小村つばさ(ライトフライ級)、河野沙捺(フライ級)、新本亜也(バンタム級)、黒木佳菜(フェザー級)の各選手が出場しました。

2017年11月2日(木)
ライトフライ級1回戦
小村つばさ こむらつばさ(日本)
判定 5−0
×ジュデリン・カシム(フィリピン)
小村つばさ選手の判定勝利

バンタム級1回戦
×新本亜也 しんもとあや(日本)
判定 0−5
バン・レ・ティ(ベトナム)
バン・レ・ティ選手の判定勝利

2017年11月3日(金)
フライ級1回戦
×河野沙捺 かわのさな(日本)
判定 0−5
パン・チョルミ(北朝鮮)
パン・チョルミ選手の判定勝利

フェザー級1回戦
×黒木佳菜 くろきかな(日本)
判定 0−5
ソニア・ラサー(インド)
ソニア・ラサー選手の判定勝利

 アマチュアボクシングの場合、プロとは違ってアジアの女子は各国ともレベルが高く、日本代表が苦戦するなかで小村つばさ選手が初戦を突破。

2017年11月4日(土)
ライトフライ級準々決勝
小村つばさ こむらつばさ(日本)青
VS
アスーダ・アラクシュラゲ・コーサイ(スリランカ)赤
この試合からは動画でごらんください。


 初戦突破で勢いに乗る小村選手が次々とスタンディングダウンを奪って、ついに第2ラウンドでRSC勝利(プロでいうTKO)。準決勝進出が確定。

○小村つばさ
判定 RSC 第2ラウンド
×アスーダ・アラクシュラゲ・コーサイ(スリランカ)
小村つばさ選手のRSC勝利

2017年11月7日(火)
ライトフライ級準決勝
小村つばさ こむらつばさ(日本)赤
VS
メアリー・コム(インド)青


 小村選手が準決勝で当たったのは、軽量級の世界女王、あのメアリー・コム選手。35才にしていまだ衰えないスピーディーなボクシングで女王が小村選手を苦しめます。

×小村つばさ こむらつばさ(日本)
判定 0−5
○メアリー・コム(インド)
メアリー・コム選手の判定勝利

 結果はユナニマスでメアリー・コム選手の勝利。小村選手は残念でしたが、堂々とした戦いだったと思います。次に期待しましょう。

2017年11月8日(水)
ライトフライ級決勝
メアリー・コム(インド)赤
VS
キム・ヒャンミ(北朝鮮)青


 というわけで、こちらが決勝のメアリー・コム選手の試合です。スーパースターの優勝を見ようとインドからベトナムまで多くのファンが来ていますね。

 そして彼らの期待通り、メアリー・コム選手がライトフライ級優勝。東京オリンピックへ向かって着実に実績を積み上げました。

ライトフライ級決勝
○メアリー・コム(インド)
判定 5−0
×キム・ヒャンミ(北朝鮮)
メアリー・コム選手が判定勝利でライトフライ級金メダルを獲得。

関連記事 世界王座5度制覇のインドの国民的人気ボクシング選手メアリー・コム プロ転向せず、東京オリンピックをめざす

関連記事 第17回アジア競技大会 ボクシング女子の結果とメアリー・コム選手の伝記映画『MARY KOM』 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:15│Comments(0)ボクシングの試合:2017.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔