2017年10月03日

メキシコ遠征 天海ツナミ VS アレリー・ムシーノ II 結果&動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年9月30日(土)日本時間10月1日(日)メキシコ カンクン

スーパーフライ級 10回戦
天海ツナミ てんかいつなみ(現OPBF東洋太平洋バンタム級王者/元WBAスーパーフライ級王者/アルファ)
VS
アレリー・ムシーノ(元IBFフライ級王者/元WBCフライ級王者/メキシコ)
ハイライト
ノーカット

 期待のとおりに両選手の高い技術が噛み合った面白い試合でした。

 結果は2〜4ポイント差でアレリー・ムシーノ選手が勝利しましたが、内容的には天海ツナミ選手のいいところが伝わる好試合だったと思います。中盤以降、ムシーノ選手は苦しい戦いだったでしょう。

 それでも、ツナミ選手側にポイントが流れなかったのは、ツナミ選手が山場的なラウンドを作れなかったこと、終盤でムシーノ選手が持ち直したことが要因でしょう。

 印象に残ったのは、メキシコ選手としては細身のムシーノ選手でも、日本人と向かい合うとやっぱりゴツいということ。見た目は人種的なことだから仕方ないんですが、日本人女子はどうやったらパワフルなイメージをジャッジに与えられるかを考えないと、この先ずっと判定では苦戦すると思います。

 ホームとかアウェイとかで片付けないで、そのへんを熟慮する必要があるでしょう。

 「見た目にパワーが感じられるボクシング」が日本女子の共通のテーマだと思います。

スーパーフライ級 10回戦
×天海ツナミ てんかいつなみ(現OPBF東洋太平洋バンタム級王者/元WBAスーパーフライ級王者/アルファ)
判定 0−3
○アレリー・ムシーノ(元IBFフライ級王者/元WBCフライ級王者/メキシコ)
アレリー・ムシーノ選手の判定勝利
(93−97、93−97、95−97)

天海ツナミ てんかいつなみ(現OPBF東洋太平洋バンタム級王者/元WBAスーパーフライ級王者/アルファ)35戦23勝12敗12KO
アレリー・ムシーノ(元IBFフライ級王者/元WBCフライ級王者/メキシコ)31戦25勝3敗2分10KO

関連記事 天海ツナミ VS タンティップ、吉田実代 VS 田中智沙 結果 米国独立記念祭 at キャンプ座間 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 01:45│Comments(0)ボクシングの試合:2017.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔