2017年06月03日

イベス・サモラ VS エスメラルダ・モレノ WBCライトフライ級タイトルマッチ 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

2017年4月22日(土)メキシコ メヒコ州

WBCライトフライ級タイトルマッチ
王者 イベス・サモラ(メキシコ)
VS
挑戦者 エスメラルダ・モレノ(メキシコ/同級前王者)

 おまたせしました。4月におこなわれたWBCライトフライ級タイトルマッチの動画をご紹介します。

 2008年に富樫直美選手(ワタナベ)が獲得して7回にわたって防衛したベルトを、2012年に判定勝利で奪い取ったのがエスメラルダ・モレノ選手でした。しかし、彼女は一度しか防衛しないで王座剥奪となり同王座は空位に。

 この王座をめぐってイベス・サモラ選手(メキシコ)と柴田直子選手(ワールドスポーツ)が戦い、勝利したのはイベス・サモラ選手。その後、サモラ選手は4年間8度の防衛に成功して長期政権を築いてきましたが、9度目の防衛戦に挑戦者として登場したのが前王者のエスメラルダ・モレノ選手。

 現王者対前王者の対決、どんな戦いになったでしょうか?



 いや、すごい試合でしたね。まさか初回からあんなことに・・・。ボクシングはこうじゃないとね。やっぱりね、ダウン取れるボクシングと取れないボクシングは、違う競技ですよ。

 この判定についてはいろいろ意見が分かれるかもしれませんが、ボクシングの判定基準は「どちらが有効打が多いか」ということ。有効打とは簡単に言えば「いいパンチ」です。

 手数はサモラ選手の方が断然多いけど、いいパンチはモレノ選手の方が多かったと思うので、QRとしてはこの判定には納得できるんですが、サモラ選手の初回から最終回までまったく止まらないパンチの嵐、そっちの方を評価する人も多いでしょう。ジャッジ泣かせの試合だったと思います。

 両選手に拍手ですね。プロとして、本当に素晴らしい試合。

WBCライトフライ級タイトルマッチ
×王者 イベス・サモラ(メキシコ)
判定 1−2
○挑戦者 エスメラルダ・モレノ(メキシコ/同級前王者)
エスメラルダ・モレノ選手がスプリットデシジョンで勝利。
(96−93、94−95、93−96)
(エスメラルダ・モレノ選手は第1ラウンドにダウン1)

[情報提供:ゆめさま、theock0930さま、トミー谷さま]

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:00│Comments(0)ボクシングの試合:2017.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔