2017年05月19日

やっぱり完全クリーン路線は無理だったDangan Ladies Vol.5 セミはタイのアルバイトさん 予定 おまけ「タイのアルバイトさんの戦績の作り方」 ボクシング女子

 Boxing

2017年5月19日(金)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.5

2017_0519_danganladies05_web第8試合 WBO女子世界ミニフライ級王座決定戦
江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)
VS
塙英理加 はなわえりか(UNITED)

第7試合 ライトフライ級8回戦
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ/OPBF東洋太平洋フライ級王者)
VS
ソーンサワン・サラカーンジム(タイ)

第6試合 ミニフライ級 4回戦
武藤美希子 むとうみきこ(角海老宝石)
VS
小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ) 

第5試合 スーパーバンタム級 4回戦
田中智沙 たなかちさ(勝又)
VS
緑川愛 みどりかわあい(船橋ドラゴンジム)

第4試合 スーパーフライ級 4回戦
梅村飛鳥 うめむらあすか(レイスポーツ)
VS
大関沙織 おおぜきさおり(EBISU K’s BOX)

第3試合 48kg契約 4回戦
モンブランみき(reason)
VS
金子晴子 かねこはるこ(ランド)

第2試合 ライトフライ級 4回戦
鈴木なな子 すずきななこ(ワタナベ)
VS
児玉このみ こだまこのみ(岐阜ヨコゼキ)

第1試合 ライトフライ級 4回戦
内藤チサ ないとうちさ(吉祥寺鉄拳8)
VS
鈴木菜々江 すずきななえ(シュウ)

 いまの日本でオール女子ボクシングの興行打つなら「カードが良い/悪い」とか言ってる場合じゃなくて「ちゃんと競技スポーツとして成り立ってるかどうか」こそが大事になってきます。

 最初から勝つハズのないタイのカマセのアルバイトさん連れてきて「試合です」といっても、ハナっから勝ち負けが明白では競技スポーツじゃないです。つまり、ただのヤオ、見世物、いんちきですからね。

 前回はバイトさん大活躍で茶番劇の連発だったDangan Ladiesさんも、今回はタイ選手の名前がなくてカマセ汚染のないボクシングが見られそうと思ったのですが、箕輪選手の対戦者がなかなか公表されなくて「これはマズイ」「絶対バイトさん」と思っていたらやっぱりバイトさん(苦笑)。

 いままで3回日本に来ていて全部負けているソーンサワンというバイトさんが箕輪選手の相手なんですが、この人が新聞記事によれば「難敵」なんだそうです(笑)。ウソはやめましょうよ、記者さん。

 緒方汐音選手、江畑佳代子選手、秋田屋まさえ選手に全敗しているひとがどうして箕輪選手の「難敵」なんですかね。やる前からTKOなのは分かるじゃないですか。

 というわけで、このソーンサワン選手、今年の1月までは3戦全敗だったのですが、「この戦績じゃカッコつかない」ということなんでしょう、急遽2月と3月にタイでもっと弱い選手と立て続けに「試合」をして「2連勝」、現在は5戦2勝3敗となっているそうです。

 で、この2連勝はいずれも「ミーナヨーティン・キャンプ Meenayothin Camp」というところでの試合ということになっていますが、タイでキャンプというのはジムのこと。この動画を見ればお分かりのとおり、これはムエタイジムなんです。

 このムエタイジムでスパーだかなんだかわからないような「試合」をして「勝ちましたよー」ってことなんです。負けのこんだバイトさんにこうやって勝ち星をつけてまた日本に送り込もうというわけです。誰の入れ知恵か知りませんが、日本から「女子ボクサー送ってくれ」と言われたら、タイではこうでもするしかありません。だって、タイには女子ボクシングなんてありませんから。

 あ、そうそう、この「ミーナヨーティン・キャンプ Meenayothin Camp」で「試合」をした日本人選手もいました。後藤あゆみ選手(ワタナベ)です。

 ムエタイ以外したことのないワンダーガール選手とこのジムのリングに上がり、後藤選手の取り巻きの皆さん以外に誰もいない中で「試合」をして「勝った」んですよね(苦笑)。それが公式な戦績なんですよ。後藤選手、デビュー3戦目のことでした。

江畑佳代子 えばたかよこ(ワタナベ)17戦10勝(うちタイ人6)7敗2分6KO(うちタイ人3)
塙英理加 はなわえりか(UNITED)7戦7勝(うちタイ人2)2KO(うちタイ人1)
チャオズ箕輪 ちゃおずみのわ(ワタナベ/OPBF東洋太平洋フライ級王者)3戦3勝(うちタイ人1)2KO(うちタイ人1)
ソーンサワン・サラカーンジム(タイ)
武藤美希子 むとうみきこ(角海老宝石)6戦2勝(うちタイ人0)4敗
小村楓香 こむらふうか(グリーンツダ) 3戦3勝(うちタイ人1)
田中智沙 たなかちさ(勝又)6戦1勝(うちタイ人0)5敗1KO(うちタイ人0)
緑川愛 みどりかわあい(船橋ドラゴンジム)デビュー戦
梅村飛鳥 うめむらあすか(レイスポーツ)1戦1敗
大関沙織 おおぜきさおり(EBISU K’s BOX) デビュー戦
モンブランみき(reason) デビュー戦
金子晴子 かねこはるこ(ランド)2戦2敗
鈴木なな子 すずきななこ(ワタナベ)デビュー戦
児玉このみ こだまこのみ(岐阜ヨコゼキ)デビュー戦
内藤チサ ないとうちさ(吉祥寺鉄拳8)1戦1勝(うちタイ人0)
鈴木菜々江 すずきななえ(シュウ)5戦3勝(うちタイ人0)2敗1KO(うちタイ人0)

*日時 2017年5月19日(金)開始18:00
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 S指定席10000円/A指定席8000円/B指定席6000円/先着自由席4000円
*問合せ DANGAN 03-3221-8121
 当ブログのイベント告知は正式のものではありません。
 イベントの内容、日時、場所、料金については必ず主催者にお問い合わせください。

関連記事 後藤あゆみ VS キム・アクタブOPBF王座決定戦 花形冴美 VS タイ人、ノル・グロ VS 塙英理加、小関有希 VS 吉田実代 ほか 結果 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 11:20│Comments(6)ボクシングの試合:2017.4〜6 | 八百長、カマセ問題 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by nn   2017年05月19日 13:05
チャオズ選手が元アマの強豪で
日本人に試合断られ続けているのだと思いますが・・
(負けるのわかってて試合させない)

もうちょっとこう、、、なんとかならないもんですかね(笑)
2. Posted by queens of the ring   2017年05月19日 13:32
>nnさん
そうですよね。箕輪選手がプロ入りしたらそれなりの相手を用意しないといけないことは想定出来たと思うんですけど、その落とし所がこれでは・・。
プロ入り以来、箕輪選手のボクシング、雑になってますし。心配です。
3. Posted by nn   2017年05月19日 20:04
これはもう!でたらめの戦績作ってでも(笑)

世界の強豪とやったら良いですね❗

ライトフライとかフライにはいっぱい強いのいます(^^)
4. Posted by queens of the ring   2017年05月19日 22:07
>nnさん あはは。世界のトップとの試合見たいですね。この階級は強い選手ひしめいてますからね。
5. Posted by g1j2p5i5   2017年05月20日 07:40
チャオズ  順当にTKO勝ち

江畑が判定勝ち
う〜ん これはどう言ったらいいのか・・
客入りはどうだったんでしょう?   ボクシングレイズで確認できますね   せめて次戦は 黒木(次は8月!とか)以外なら 外国人としてほしい

それにしても既存の王者4人(古川 小関 池山 黒木)が 半年以上 防衛戦・試合ナシなんてちょっとどうかと思いますよ・・・怒
6. Posted by queens of the ring   2017年05月20日 08:42
>g1j2p5i5さん
きのうは行けなかったんで聞いた話ですが、客入りはやっぱり良くなくて、でも過去最低ほどではなかったようです。カードのわりには健闘したんじゃないでしょうか。
王者がそろって防衛戦無いのは良いことでは無いですが、小関選手は、ずっと無しのままがいいですね。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔