2017年03月25日

約束の地には到達 But あしたはどっちだ? 後藤あゆみ VS キム・アクタブ OPBF東洋太平洋王座決定戦 試合経過 Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子

 Boxing

2017年3月15日(水)東京 後楽園ホール
Dangan Ladies Vol.4

第8試合 OPBF女子東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦
後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)赤
VS
キム・アクタブ(フィリピン)青

後藤あゆみvsキム・アクタブ-1
 ご覧のように高くて長い後藤あゆみ選手。磨けば光りそうな原石。

 それなのにここまで5戦のうち4戦がタイ人相手。デビュー直後のいちばん大事なときを無駄にすごしちゃいました。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-3
 そして迎えたOPBF王座戦。相手は自動的にアクタブ選手に決まりです。だって、OPBFスーパーバンタム級にはこの人と後藤選手しかいないんです。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-2

後藤あゆみvsキム・アクタブ-4
 アクタブ選手はまんがみたいなブルファイター。ガーッと走ってきてブーンとパンチを振り回します。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-5

後藤あゆみvsキム・アクタブ-7
 大味ながらもパワーはあるのでこれをもらうとあぶない。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-8
 しかし、後藤選手にはバスケで鍛えた足があるんです。フットワークはリングでも大きな武器。これが彼女のいちばんの強みかもしれません。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-6
 そして、距離のあるところからパンチを突き刺す後藤選手。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-9

後藤あゆみvsキム・アクタブ-10
 前半にダッシュしすぎたアクタブ選手は後半に差し掛かると明らかに失速。

後藤あゆみvsキム・アクタブ-11
 後藤選手があぶなげなくポイントを積んで判定勝利。

後藤あゆみ
 後藤あゆみ選手がOPBFスーパーバンタム級チャンピオンとなりました。

 OPBFには防衛戦の相手もいませんので、次は世界かその下のインター王座しかありませんが、このキャリアで勝てるほどガチのボクシングは甘くないでしょう。

 戦績にタイの下駄はかせて、だいじなとこでコケちゃった先例はいままでいくつもありました。まだ若いですから、今後の勝負の前に、もう一回キャリアを積み直すのが吉と思われます。

 アジアには中堅の女子ボクサーはいませんけど、ほかの国にはいくらでもいます。JBCさんの体制になるまえは、そういう選手が実際に来日してました、アメリカなどから。

 そういうマッチメイクができなくなったのは現在の関係者の利権が違うところにあるからですね。

 結局、いまの利権がある限りは、日本の女子ボクサーはインチキマッチメイカーにデビュー直後の貴重な何戦かを無駄に消費され、本当の勝負をしないまま、ガチの世界戦にぶつけられることになってしまいます。

 さて、どうやってこのモンダイは解決されるのでしょうか。されないのでしょうか。

第8試合 OPBF女子東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定戦
○後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)
判定 3−0
×キム・アクタブ(フィリピン)
後藤あゆみ選手の判定勝利
(78−75、79−73、80−73)

後藤あゆみ ごとうあゆみ(ワタナベ)6戦6勝(うちタイ人4)4KO(うちタイ人3)
キム・アクタブ(フィリピン)12戦4勝7敗1分3KO

関連記事 後藤あゆみ VS キム・アクタブOPBF王座決定戦 予定、江畑加代子WBO戦消滅 タイ人路線復活3試合 理由不明のカード差し替え Dangan Ladies Vol.4 ボクシング女子


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 23:40│Comments(0)ボクシングの試合:2017.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔