2017年03月13日

因縁の再戦 ナイリニ・ヘイル VS アーリー・メレイシア II UBFアジア・パシフィック及びNZヘヴィー級王座決定戦 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

 Boxing

Alrie Meleisea vs Nailini Helu2017年3月10日(金)ニュージーランド オークランド

UBFアジア・パシフィックヘヴィー級
およびニュージーランドヘヴィー級王座決定戦 6回戦
ナイリニ・ヘイル (トンガ/ニュージーランド)青コーナー
VS
アーリー・メレイシア (ニュージーランド)赤コーナー
この動画は貼り付け不可仕様のためこちらをクリックしてYouTubeのページでご覧ください
https://youtu.be/00b1IHmXK2Q?t=1m55s

 青コーナーは昨年9月のタイトルマッチでアンジ・デイビス選手に勝利して一度はベルトを巻いたナイリニ・ヘイル選手。

 しかし、試合後13日も経過してから「ジャッジの集計ミスで判定はドローに修正。王座は取り消し。」というトンデモナイ発表があり、ヘイル選手のベルトは取り上げられてしまいました。

 本来ならヘイル選手とデイビス選手でタイトルマッチのやりなおし再試合となるはずですが、その後、両選手がそれぞれトラブルにみまわれて話は複雑に。

 まず、ヘイル選手がベルト取り消し直後の試合で、そのショックからか、アーリー・メレイシア選手に判定負けを喫しランクが下がってしまいます。

 そして、デイビス選手は練習中にかなりのひどい怪我を負ってしまって当分の間は試合は無理。

 というわけで、混沌としてしまったニュージーランド女子ヘヴィー級の状況をきちんと整理するために決定されたのが、1.ヘイル選手とメレイシア選手は再戦、その勝者をチャンピオンと認定する、2.怪我の治療中のデイビス選手は完治してからチャンピオンに挑戦できる、というものでした。

 その決定の1に従っておこなわれましたのが、今回のこの試合です。

 結果は微妙なスプリット判定となり、アーリー・メレイシア選手が勝利して王者となりました。が、ナイリニ・ヘイル選手、試合内容は負けてませんよね?今回もまたスッキリしない結果となってしまいました。

UBFアジア・パシフィックヘヴィー級
およびニュージーランドヘヴィー級王座決定戦 6回戦
×ナイリニ・ヘイル (トンガ/ニュージーランド)青コーナー
判定 1−2
○アーリー・メレイシア (ニュージーランド)赤コーナー
アーリー・メレイシア選手の判定勝利
(58−59、59−55、56−58)

関連記事 ヘヴィー級の激戦が議論を呼ぶ結果に アジア・パシフィック&ニュージーランド王座決定戦 ナイリニ・ヘイル VS アンジ・デイビス 結果&ノーカット動画 ボクシング女子

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 12:30│Comments(0)ボクシングの試合:2017.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔