2017年01月09日

WBOスーパーバンタム級王者 アマンダ・セラノがボクシング引退? ボクシング女子

 Boxing


 姉のシンディ・セラノ選手(WBOフェザー級王者)と共に現役世界チャンピオン姉妹として知られるアマンダ・セラノ選手(WBOスーパーバンタム級王者)が近い将来、というか、今月中にもボクシングを引退するかもしれないという話がかなりの確実性をもって語られるようになってきました。

 二人揃って強豪ボクサーであるセラノシスターズは、レイラ・アリ選手が引退して急激に人気が下がってしまったアメリカの女子ボクシングをなんとか立て直そうと頑張ってきましたが、妹のアマンダ・セラノ選手(28才)は今月のタイトル防衛戦を最後にどうやらボクシングは引退となりそうです。

 アマンダ選手はウェブ版The Ringで、ボクシングこそが大好きなスポーツであることはいまも変わらないと語りながらも、世界チャンピオンになっても生活できないアメリカの女子ボクシングの現状に見切りをつけ、MMAへの転向を決意していることを明らかにしました。

 当初は2016年中にもボクシングをやめる予定が、1月14日のタイトル防衛戦が女子ボクシングとしては約10年ぶりに全米でテレビ中継されることが決まったため、この試合まではボクシングを継続することにしたようです。

 ウェブ版The Ringでは、この試合のあとのスケジュールは語っていませんが、2月11日にアメリカのキックボクシング大会にアマンダ選手がK1ルールでデビューするという情報が数日前から流れており、ボクシングは今度で引退という見方を裏付けています。

 その情報が本当だとすると、今後アマンダ選手はキックルールで2、3戦のキャリアを積み、良好な結果が得られればその後にMMAへの進出が現実化するでしょう。

 好きなボクシングをやめて他競技に移るのは生活のため、とハッキリ語るアマンダ選手。ホリー・ホルム選手のような成功を彼女もつかめれば良いのですが。

 ボクシングファンとしてはなんとも複雑な心境です・・・。

WBOスーパーバンタム級王者
アマンダ・セラノ(プエルトリコ/アメリカ)32戦30勝1敗1分23KO

関連記事 セラノシスターズの快進撃なるか? シンディ・セラノ vs グリシア・ノヴァ 10回戦 結果&動画 ボクシング女子

関連記事 激戦動画 フリーダ・ウォルバーグ vs アマンダ・セラノ WBCスーパーフェザー級タイトルマッチ ボクシング女子
人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 16:00│Comments(2)ボクシングの試合:2017.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by g1j2p5i5   2017年01月10日 16:46
WBCがダイヤベルトかけるそうです(苦笑
贈呈のみにしておいてほしいですね・・・

それよりYリバスのインタ王座の管理をきちんとすべきでしょう   勝敗にかかわらず据え置きなんてことにならぬよう・・・
2. Posted by queens of the ring   2017年01月10日 17:09
>g1j2p5i5さん
え?ダイヤモンドベルト認定ですか?
必死の引き止め策ってことですね・・・。ちょっと遅かったかもしれません。もう、キックデビューは決まったようですし。この流れを止めるのは難しいでしょう。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔