2017年01月03日

RENA 今月のランキングは? コンバットプレス 『キックボクシング・パウンドフォーパウンド・ランキング』 Combatpress p4p

 MuayThai KickBoxing ShootBoxing

1231 昨年11月から掲載が始まった海外の格闘技サイト『コンバットプレス』のキック/ムエタイ・パウンドフォーパウンドの最新順位は以下のとおりです。

 前回第8位だったティファニー・ヴァン・スースト選手が12月10日にGLORYスーパーバンタム級トーナメントに優勝したことで2ランクアップの第6位となり、そのあおりでイマン・バーロー選手とウ・メイディエ選手がそれぞれ前回より1ランクずつダウンとなりました。

 RENA選手は「年末にライジンで戦ったけど、それはMMAルールだった」とのただし書き付きで第10位変わらず。

 コンバットプレス パウンドフォーパウンド2017年1月ランキング
Combatpress-January-2017
第1位 ヨリーナ・バース(オランダ/LION FIGHT ウェルター級王者)
第2位 ジャマイマ・ベトリアン(オランダ/WBCムエタイ52kg級王者)
第3位 アニッサ・メクセン(フランス/クンルンファイト52kgトーナメント王者)
第4位 ワン・カハン(中国/武林風60kg王者)
第5位 デニス・キールホルツ(オランダ/エンフュージョン57kg級王者)
第6位 ティファニー・ヴァン・スースト(アメリカ/GLORYスーパーバンタム級王者)
第7位 イマン・バーロー(イギリス/エンフュージョン54kg級王者)
第8位 ウ・メイディエ(中国/クンルンファイト52kg8人トーナメント王者)
第9位 アントニーナ・シェフチェンコ(ペルー/LION FIGHT ライト級王者)
第10位 RENA れーな(シーザージム/ShootBoxing世界フライ級王者)

 ところで、そのRENA選手の年末の試合はテレビで見ましたが、番組の中でだれかが「RENA選手は一歩も引かないで前に出る選手なんですよ」と言ってたのがちょっと気になりました。

 というか、21世紀の格闘技で「一歩も引かないで前に出る」なんて褒め言葉にならないでしょう。相撲じゃないんですから。

 彼女の持ち味は機動力、つまり、出るときは出て、引くときは引くという戦い方。二歩さがって三歩進み、左と思わせて右に回りこむ機動戦こそがRENA選手の最大の持ち味なのです。 本来は。

 でも、最近のRENA選手を見るとその機動力が消えているようで、とても心配です。

 前のライジンさんの試合でもそうでしたし、シュートボクシングの試合でもそうでした。あの軽快なフットワークが見られませんよね・・・。

 日本の「総合格闘技」ではリングが狭いので、あのようにどっしり構えてプレッシャーをかけるやり方もありかもしれませんが、スピーディーな打撃がメインのシュートボクシングでは足を使わないと優位は作れません。海外のMMAではオクタゴンがかなり広いので、フットワークがないと話になりません。

 いまのライジンさんの仕事だけでいいなら別ですが、本来のシュートボクシングを始めとする立ち技系や、海外オクタゴンでの戦いを考えるなら、RENA選手は彼女本来の機動戦の技術と感覚を1日でも早く取り戻すべきだと思います。

 ここ数戦のRENA選手は本来の姿ではないですね。

関連記事 RENAが日本人で唯一ランクイン コンバットプレス パウンドフォーパウンド・ランキング Combatpress p4p

関連記事 GLORYキックトーナメント ついに決着! ティファニー・ヴァン・スースト、ジェシカ・グラッドストーン、イシス・バービック、アメル・デビー 結果のみ キックボクシング女子

関連記事 ヨリーナ・バース VS アンジェラ・ホイットリー 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

関連記事 アニッサ・メクセン VS ファティマ・ピント ノーカット動画 Gala de Boxe Thailandaise ムエタイ女子

関連記事 アントニーナ・シェフチェンコ VS パオラ・カプッチ 結果&ノーカット動画 Lion Fight 31 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 22:30│Comments(0)ランキング │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔