2016年02月21日

女子ボクシング スーパーKO特集 その3 オクサンディア・カスティーヨ、アレハンドラ・オリベラス、クリスティーナ・ハマー、イナ・メンツァー KO動画特集 ボクシング女子

 Boxing

 好評の『女子ボクシング スーパーKO特集』も3回目となりました。

 今回はまず計量の動画からご覧ください。
2013年2月27日 ハンナ・ガブリエル VS オクサンディア・カスティーヨ 計量

 このゴールドのプロレスみたいなコスチュームが、WBOライトミドル級王者のハンナ・ガブリエル選手。この計量のためだけにこの金ピカの衣装を作っちゃったんですね。彼女はコスタリカで男女通算で初めての世界チャンピオン。同国ではスーパースター級の存在です。

 彼女が世界王者になった2年後の2011年に今度は同国のブライアン・バスケス選手がWBAスーパーフェザー級暫定王座を獲得し、コスタリカ初の男子世界チャンピオンが誕生しました(暫定ですが)。

 その後、なんとふたりは結婚し、世界で初めてのボクシング世界チャンピオン同士の夫婦となったのです。

 しかし、2012年12月、来日したバスケス選手が内山高志選手(ワタナベ)に敗れて暫定王座消滅。それから3ヶ月、夫婦世界王者から奥さんだけの世界王者となったガブリエル選手が4度目の防衛戦をおこないました。

 挑戦者のオクサンディア・カスティーヨ選手はまったく無名の18才。ラクな防衛戦になるだろうと思われましたが・・・。第2ラウンドからご覧ください。
2013年2月28日 ハンナ・ガブリエル VS オクサンディア・カスティーヨ

 世界王者がひとりもいなくなり静まり返るコスタリカの観衆。タイトルマッチの残酷な現実です。

 その後、カスティーヨ選手は防衛戦をせずに他団体のベルトに挑戦したためこのベルトは剥奪。現在は、再びハンナ・ガブリエル選手が他の選手に決定戦で勝ってこの階級のチャンピオンに返り咲いていますが、いつかはカスティーヨ選手と決着をつけなければならないでしょうね。

 コスタリカで初の女子世界チャンピオンの次は、時代を何年かさかのぼってWBC初の女子世界チャンピオンのお話。2005年5月に新設されたWBCスーパーバンタム級王者となったジャッキー・ナヴァ選手はボクシング王国メキシコの新しいスターでした。

 この試合は彼女の持つ同王座の3度目の防衛戦。挑戦者は『マッスルクイーン』『女超人ハルク』の異名をとるアルゼンチンのアレハンドラ・オリベラス選手(白のコスチューム)。第8ラウンド、残り50秒からご覧ください。
2006年5月20日 ジャッキー・ナヴァ VS アレハンドラ・オリベラス

 当たった瞬間にKOとわかる強烈な一撃。これで王座を追われたナヴァ選手は、その後たくさんの激闘を重ねながら、ボクシングテクニックを女子最高レベルにまで磨き、実に8年後の2014年にこのベルトを再び手にしました。

 現在はWBA同級王座も合わせて保持する統一世界王者。メキシコの国民的スターと言われるほどの人気も獲得し、自身のジムも所持する大御所となっています。

 オリベラス選手とは2007年に再戦してドロー。現在はオリベラス選手が2階級ほど上に行ってしまったので、3度目の対戦はないでしょうね。

 次の動画は現在のWBO、WBFed二団体ミドル級統一王者クリスティーナ・ハマー選手の6回戦時代の一場面です。髪を編み込んでいるほうがハマー選手。
2009年6月 クリスティーナ・ハマー VS マリー・リーデラー

 いまは大会場でメインを張っているハマー選手にも野外での前座という時代もあったんですね。一発でリング中央からロープぎわまで飛ばすこのパンチで名前を売り、世界王者にまで上り詰めましたが、現在はこれといったライバルがいないため、ちょっと存在が薄れている感じです。大きな女子選手はMMAだけでなくどんな競技でも引っ張りだこなのでこの階級は常にコマ不足になってしまうのが残念です。

 最後もドイツのスターをご紹介しましょう。3団体統一フェザー級王者、イナ・メンツァー選手です。すでに2013年に引退していますが、『女子ボクシングの理想像』として現在も多くのファンに愛されている彼女は32戦31勝11KOの輝かしい記録と、多くの感動を残しています。

 動画はWBCフェザー級の初防衛戦。挑戦者はアメリカのステイシー・リール選手。黒のワンピースがイナ・メンツァー選手です。
2008年5月31日 イナ・メンツァー VS ステイシー・リール

 スター然とした派手さは無し、コスチュームも地味、そんな彼女ですが、技術は本物、軽快なフットワークから繰り出すパンチは「ここ」という場面で仕留める威力を持ち、大流血に追い込まれても沈着冷静、勝率は実に97パーセント。クールでフェミニンで大人の空気を持ちながら、決める時にはビシッと決める、素晴らしいボクサーですね。

 お楽しみいただいた『女子ボクシング スーパーKO特集』、ひとまずこれにて終了のゴングです。

関連記事 女子ボクシング スーパーKO特集その2 ルシア・ライカー、メラニー・ツウェッカー、ジェリーナ・マジョナヴィッチ、ジェシカ・ボップ KO動画特集 ボクシング女子

関連記事 女子ボクシング スーパーKO特集 東郷理代、スージー・ケンティキアン、エイヴァ・ナイト、アン・ウルフ KO動画特集 ボクシング女子

関連記事 アルゼンチンがスパーで圧倒 ジェシカ・ボップ vs 富樫直美 & 小関桃、エリカ・ファリアス vs 風神ライカ ボクシング女子

関連記事 伝説の王者 ルシア・ライカー41歳のパンチ力 女子ボクシング

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 15:00│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔