2015年10月21日

プレイバック 円形リングのハシリ WCL ワールドコンバットリーグ キックボクシング女子

 KickBoxing

 今回のプレイバックシリーズは、今から8年前にアメリカで旗揚げされ2007〜8年ぐらいまで活動した『WCL ワールドコンバットリーグ』です。

 この団体は結果的には成功しませんでしたが、いま世界的に流行している円形リングの先駆けでしたし、チームの中に必ずひとりは女子を入れるという団体戦のスタイルもここから始まりました。

 そういう意味で非常に印象深い団体でしたね。短い動画ですので、まずはご覧ください。

WCLルール 128ポンド(57.6キロ)級
ジェリー・サイツ(アメリカ)
VS
メリッサ・バップ(アメリカ)


WCLルール 128ポンド(57.6キロ)級
ムナー・ホーランド(アメリカ)
VS
ジェニファー・ハン(アメリカ)


 最初の動画は当時ボクシングの世界ランカーで、同時にキックボクシングでも活躍していたジェリー・サイツ選手の圧倒的なパンチ力が印象的。

 次の動画は現在IBFフェザー級王者の座に就いているジェニファー・ハン選手がキックボクサーとして登場しています。最後はスピニングバックハンドの打ち合いという劇的なシーンで終わります。

 ひと時代まえの動画なので画質が悪いのが残念。

WCLルール 128ポンド(57.6キロ)級
○ジェリー・サイツ(アメリカ)
KO
×メリッサ・バップ(アメリカ)
ジェリー・サイツ選手のKO勝利

WCLルール 128ポンド(57.6キロ)級
○ムナー・ホーランド(アメリカ)
KO
×ジェニファー・ハン(アメリカ)
ムナー・ホーランド選手のKO勝利

関連記事 ジェニファー・ハン VS ヘレン・ジョセフ IBFフェザー級王座決定戦 結果&ハイライト ボクシング女子

関連記事 世界のキックボクシング WCM WCL

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:50│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔