2015年09月12日

必見 ペッチージャーVS ペッテー、ペッターピー VS セーンダーウ、ルークナーム VS ザ・スター ムエイン・アソシエーション・クイーンズ・バースデイ2015(その3) ムエタイ女子

 Muay Thai

2015年8月12日(水)タイ バンコク王宮前広場
MUAY YING ASSOCIATION QUEEN'S BIRTHDAY 2015

 8月のタイを振り返るシリーズ、今回は8月12日の王宮前広場の『ムエイン・アソシエーション・クイーンズ・バースデイ2015』その3です。今回は当日おこなわれた12試合のうち第6試合、第7試合、第8試合をお伝えしましょう。

ペッチージャー ペッテー選手
PhetJeeJaa vs Phettee

第6試合 38kg契約体重 2分5R
ペッチージャー(タイ)赤
VS
ペッテー(タイ)青

 本日はおまちかね、ペッチージャー選手の試合です。対戦相手はペッテー選手。こう書くと同じような名前で分かりづらいですよね。ムエタイ選手はペットとかペッのつく名前が多いですが、これはダイヤモンドという意味で日本の力士に「山」や「海」がつくのと同じく、この世界ではとても人気のあるネーミングです。男子でも多いですが女子ならもっと多いですね。ペッチージャーは「輝くダイヤのペンダント」、ペッテーは「本物のダイヤモンド」という意味らしいです。

 ペッテー選手は現在19才。7才のときが初リングといいますから、若くてもかなりのベテラン。現在、リトルタイガー選手が王座に就いているWPMFピン級の第1位がこの人。

 試合の契約ウェイトは38kgとなっていますが、実際にはその階級ではペッチージャー選手の相手はいませんので、45kg前後のペッテー選手が特例で選ばれたそうです。しかし、13才のペッチージャー選手には強すぎるんじゃないでしょうか?

 この試合は動画でごらんください。


 こっちの心配はどこ吹く風、ペッチージャー選手のキックのスピード、組みの強さ、距離感覚の鋭さは本当にすごいのひとことです。ペッテー選手も強かったので面白い試合になりましたが、やはりペッチージャー選手の実力はまだまだ底が知れません。ペッチージャー

PhetJeeJaa

第6試合 38kg契約体重 2分5R
○ペッチージャー(タイ)
判定
×ペッテー(タイ)
ペッチージャー選手の判定勝利
38kg 5x2mins
PhetJeeJaa vs Phettee
PhetJeeJaa wins on points

ペッターピー選手 セーンダーウ選手
Phedtaphee vs Saengdaw

第7試合 57kg契約体重 2分5R
ペッターピー(タイ)赤
VS
セーンダーウ(タイ)青

Phedtaphee vs Saengdaw
 後半、第7試合まで来ました。赤のペッターピー選手は平均的な身長なんですが、青のセーンダーウ選手がとにかく背が高いです。

Phedtaphee vs Saengdaw
 手も足も長くてセーンダーウ選手はまさにムエタイ向けの体型。しかし、自分から動くというよりは相手の攻撃を見切ってから反撃するタイプのようで、主導権が取れません。

Phedtaphee vs Saengdaw
 ペッターピー選手もそれほど手数を出していたわけではありませんが、セーンダーウ選手は攻撃のシーンが少なく、しかも毎回おなじような軌道のキックのためにきっちり対処されてしまってポイントにならず。

Phedtaphee vs Saengdaw

Phedtaphee vs Saengdaw
 第4ラウンドに組みから崩されてセーンダーウ選手の劣勢は決定的に。

Phedtaphee
 試合は判定でペッターピー選手の勝利。セーンダーウ選手はせっかく長いリーチと身長をもっているんだから、パンチとヒザで攻撃的に行けば楽に戦えるのにと、もったいなく思いました。

○ペッターピー(タイ)
判定
×セーンダーウ(タイ)
ペッターピー選手の判定勝利
57kg 5x2mins
Phedtaphee vs Saengdaw
Phedtaphee wins on points

第8試合 53kg契約体重 2分5R
ルークナーム(タイ)赤
VS
ドゥ・サター[ザ・スター](タイ)青

LukNaam
 この試合は前の試合とは対照的に両選手ともに同じような体型、しかも得意技も完全にかぶっていて、なかなか面白かったです。赤のルークナーム選手は現在WPMFライトフライ級第8位の世界ランカー。

The Star
 青のドゥ・サター選手の名前は英語のThe Starのタイ語読み。ザ・スター選手と言えば、2013年12月に伊藤紗弥選手に判定勝利して日本でもその名は知られていますね。彼女は現在もWPMFピン級の暫定王座を保持しています。

LukNaam vs The Star

LukNaam vs The Star
 試合は左右のミドルキックの打ち合いで始まり、そしてパンチの交換から首相撲という展開が延々5ラウンドに渡って続きました。

LukNaam vs The Star

LukNaam vs The Star
 両者ともに蹴りも強いし、組みも強く、全然優劣がつきません。

LukNaam vs The Star
 タイのレフリーは組んだあと動きがある限りはしばらくブレイクをかけないので、プラム(首相撲)の攻防をたっぷり観戦出来ます。両選手とも組みから投げにつなげるというよりも、ヒザ蹴りをひたすら狙っていました。

LukNaam
 結局、ルークナーム選手の判定勝利となりましたが、ほとんどというか、完全に互角の内容で、ドローでも良いかと思われました。QR的には後半に何回かあったサター選手のキレイな左ハイが印象的です。

○ルークナーム(タイ)
判定
×ドゥ・サター[ザ・スター](タイ)
ルークナーム選手の判定勝利
53kg 5x2mins
LukNaam vs The Star
LukNaam wins on points

関連記事 ペッチージャー、シルヴィー・フォン・イトゥー、サオスコータイ、ドグマイパー 他 24選手参加 ムエイン・アソシエーション・クイーンズ・バースデイ2015 結果 ムエタイ女子

関連記事 ムエタイ期待の星 ペッチージャー・オー・ミークン デモンストレーション動画 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへペッチージャー

queensofthering at 01:00│Comments(1)キック・ムエタイ・SBの試合:2015.7〜9 | 選手:ペッチージャー このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by クルスフィックス   2015年09月12日 11:40
これは、また、凄い試合の連続のようですね。ペッチーチャー選手は、言う事なし、盤石ですね。ペッテー選手も好試合で頑張ってますね。

ルークナームvs.ドゥ・サター戦、結果だけは知ってたのですが、試合内容はかなり濃さそうですね。
両者のミドルの写真、たまりませんね。軸足は伸ばしきらずに、バネのように、少したわませてるところ、踵を上げて右膝が最前面に出たところ、膝下が回転しながら横から飛び出してるところ、しっかり写真が押さえていますね。もし、動画があれば、見てみたい一戦ですね。(探してるんですが中々見当たらないです(悲))

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔