2015年09月06日

ゲーウター VS シルヴィー・フォン・デューグラス-イトゥー、タックテーン VS ローニヤウ ほか ムエイン・アソシエーション・クイーンズ・バースデイ2015(その1) ムエタイ女子

 Muay Thai

2015年8月12日(水)タイ バンコク王宮前広場
MUAY YING ASSOCIATION QUEEN'S BIRTHDAY 2015

 8月のタイを振り返るシリーズ、今回は8月12日の王宮前広場の『ムエイン・アソシエーション・クイーンズ・バースデイ2015』です。ムエインというのは格闘女子という意味で、この大会には女子だけ24選手が登場。なお、当日、王宮前広場では佐々木蝶里選手が登場したイベントもありましたが、それとこれとは別の主催者、別のリングです。

 当日おこなわれた12試合のうち今回は最初の3試合をお伝えしましょう。

Phetchanya Kaenkaew

第1試合 43kg契約体重 2分3R
ペッチャンヤー(タイ)赤
VS
ゲンゲーウ(タイ)青

 43kgというとかなり軽い階級ですが、タイの人たちは素早く動く選手が好きなので、重い階級よりも40kg台〜50kg台の試合が男女ともに人気があります。

Phetchanya vs Kaenkaew

Phetchanya vs Kaenkaew
 この両選手、大変に若く見えますが、パンチ、キック、組みともにしっかりしていて、さすがタイの若手という感じ。実力は互角ぐらいで、打撃でも首相撲でもほとんど差が付きません。

Phetchanya vs Kaenkaew
 タイでは最終ラウンドの真ん中ぐらいに来ると、勝っていると判断しているコーナーから「充分、充分」という声とともに踊れという身振りが示されます。「もう勝っているから戦わなくていいよ、あとは踊りで時間をつぶせ」という意味です。この指示が来ると選手は相手から目を離さないまま、パンチ、キックをやめて踊りはじめます。

 この試合では両コーナーから「踊れ」の指示が出たので、どちらのセコンドも自分たちが勝っていると判断したのでしょう。

Kaenkaew
 結局、レフリーが勝者として指したのは青コーナー。僅差だったのは間違いありませんが、ゲンゲーウ選手が勝利しました。結果論で言えば赤は最後まで攻めるべきでしたけど、ムエタイではこういう場面が時々あるんですね。

第1試合 43kg契約体重 2分3R
×ペッチャンヤー(タイ)
VS
○ゲンゲーウ(タイ)
ゲンゲーウ選手の判定勝利
12th August at Royal Palace Park in Bangkok
Muay Ying Association Queen's birthday Celebration 2015
43kg 3x2mins
Phetchanya vs Kaenkaew
Kaenkaew wins on points

Taktaem Rowniyaw

第2試合 48kg契約体重 2分3R
タックテーン(タイ)赤
VS
ローニヤウ(タイ)青

Taktaem vs Rowniyaw
 手足が長いタックテーン選手とちょっと小柄なローニヤウ選手の対決。

Taktaem vs Rowniyaw

Taktaem vs Rowniyaw
 赤のタックテーン選手がリーチをいかしてロングレンジで打つのかな、と思っていたら、どうやら打撃を好むのは青のローニヤウ選手のほうで、タックテーン選手は組みからのヒザ蹴りが得意技のようです。序盤、さかんに組み付きにいくのはタックテーン選手。

Taktaem wins on points
 ローニヤウ選手は体格的な不利を感じさせずによく動いていましたが、ついに最終ラウンドに何度か捕まる場面があり、判定でタックテーン選手が勝利しました。これも僅差だったでしょう。
第2試合 48kg契約体重 2分3R
○タックテーン(タイ)
VS
×ローニヤウ(タイ)
タックテーン選手の判定勝利
48kg 3x2mins
Taktaem vs Rowniyaw
Taktaem wins on points


第3試合 46kg契約体重 2分3R
ゲーウター(タイ)赤
VS
シルヴィー・フォン・デューグラス-イトゥー(アメリカ)青


 ゲーウター選手の相手はアメリカ人ながらタイですでに100戦以上しているイトゥー選手。一年前に伊藤紗弥選手に勝ったことで日本でも知られていますね。この試合は動画でご覧下さい。

 イトゥー選手は組んでも打ってもOKのオールラウンダーですが、ゲーウター選手のキックのキレがとにかく最高で、イトゥー選手はうかつに近づけません。

 また、ゲーウター選手が要所要所でサイドステップを使いイトゥー選手の攻撃線をはずしているのも彼女が優位に立てている秘訣のようです。攻撃のときも単純に踏み込まずに一歩サイドに出ながら蹴りますね。

 組み自体もゲーウター選手が一枚上手。イトゥー選手は最後まで見せ場なく3ラウンドを使ってしまいました。

 試合後半になるにしたがってハッキリとゲーウター選手のリードが広がっていき、彼女の試合巧者ぶりが光りました。タイの若手恐るべしです。

ゲーウター VS シルヴィー・フォン・デューグラス-イトゥー

第3試合 46kg契約体重 2分3R
○ゲーウター(タイ)
VS
×シルヴィー・フォン・デューグラス-イトゥー(アメリカ)
ゲーウター選手の判定勝利
46kg 3x2mins
Kaewta vs Sylvie von Duuglas-Ittu
Kaewta wins on points

関連記事 ティチャー、ノンニーン、ドグマイパー ほか バンコクでのムエタイ女子大会 結果 ムエインアソシエーション Queen's birthday 2014 ムエタイ女子

関連記事 伊藤紗弥 VS シルヴィー・フォン・デューグラス-イトゥー、ゲーンペット VS ゴン・ヤンリ クイーンズカップ 結果 ムエタイ女子

関連記事 サオスコタイ ・ポー.プリーチャジム VS カムンギイ・チョウ.ゲトゥヴィーナー MBKムエタイ53kg級 結果 ムエタイ女子

人気ブログランキング にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 14:50│Comments(2)キック・ムエタイ・SBの試合:2015.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by クルスフィックス   2015年09月06日 18:40
これも又、質の高い試合が続いているようですね。やっぱりムエタイは面白いです。特に3つめのゲーウターvs.イトゥー戦は8/14のQRさんの記事を読んだ時から、動画が見たいと思っていたので感謝感激です。ゲーウター選手のサイドステップと、瞬発力のある蹴りは恐るべしですね。イトゥー選手のサイトに過去の戦績が載っているんですが、ゲーウター選手は過去に2回、イトゥー選手と戦っていて判定負けしていたようです。今回、見事リベンジを果たしたって感じですね。
2. Posted by queens of the ring   2015年09月06日 19:02
>クルスフィックスさん
ゲーウター選手は3度目の正直で勝ったということですか。それは知りませんでした。ひとつひとつの試合にドラマありですね。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔