2012年11月29日

JBCは日本最初のWBC女子世界チャンピオン菊地奈々子の王座獲得と防衛を正式に認めるべき ボクシング女子

 Boxing

菊地奈々子選手

 日本ボクシングコミッション(JBC)さんは来年からIBFとWBOに正式加盟する方針を決定しましたが、それにともない、過去にIBFバンタム級王者となりながらJBCさんが非公認としていた新垣諭選手の王座を正式に日本ボクシング界の歴史に明記することになったそうです。

 それならわたしたちには言うべきことがあります。それは、JBCさんがWBC女子を公認する以前に菊地奈々子選手が獲得したWBC世界王座も認めてほしいということです。条件は新垣選手と同じなのですから。

 JBCさん、菊地奈々子選手が日本最初のWBC女子世界チャンピオンであるという事実を正式に認めてください。

 関係者の皆さん、後楽園ホールのチャンピオンプレートに新垣諭選手の名前を加える時に、いっしょに菊地奈々子選手の名前も刻んでください。


d895fd50

菊地奈々子 きくち ななこ

所属
代々木ブルースカイジム 白井・具志堅スポーツジム

戦績
17戦12勝4敗1分5KO

獲得タイトル
WBCミニフライ級(ストロー級)王座 2005〜2007年 防衛1回
OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座 2009〜2010年 防衛2回

関連記事 日本初のWBC女子チャンピオン菊地奈々子 引退 女子ボクシング

関連記事 菊地奈々子 対 WBC王者アナベル・オルティス 詳細

関連記事 菊地奈々子 vs ジェレミー・タバスタバス 東洋タイトルマッチ 詳細

関連記事 OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ 菊地奈々子vsヤニー・ゴーギアットジム 詳細

関連記事 G-Legend2  OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦 菊地奈々子 vs 江畑佳代子 詳細

関連記事 猪かずみ vs 菊地奈々子 エキシビションマッチ

関連記事 富樫直美VS菊地奈々子 雑感


banner_02 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ qbar

queensofthering at 22:30│Comments(3)選手:菊地奈々子 | 過去 現在 未来 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by 猫のクロ   2012年11月30日 00:03
これはいずれ認められるはずですよ。
JBCは認めないと言ってるのですか?
2. Posted by queens of the ring   2012年11月30日 00:29
認めるとも認めないとも聞いたことがありません。つまり認めていないということでしょう。JBCさん的には富樫直美選手が初の世界王者となっているはずです。後楽園ホールのプレートを先日も確認しましたが、いまだに菊地選手の名前はありません。
3. Posted by 猫のクロ   2012年11月30日 00:39
認めるとも認めないとも発言はないわけですね。
これは、案外、菊地が公認以前にチャンピオンだった事を忘れているという可能性もありますね。
または、考慮すらしていなかったという可能性も。
菊地本人またはジムが働きかければ認めてもらえるはずですよ。
ただ、チャンピオンだった事実は認められても、戦歴は公認されないかもしれませんが

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔