2011年06月06日

山口直子 vs リアントン OPBF東洋太平洋スーパーフライ級 結果 ボクシング女子

boxing


2011年6月6日(月)東京 後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.38 東日本大震災チャリティマッチ

山口直子 vs リアントン

山口直子選手

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 山口直子(白井・具志堅)
TKO 5回 レフリーストップ
×挑戦者 リアントン・ロングレアーンギラゴラート(タイ)
山口直子選手がTKOで王座の防衛に成功。

菊地奈々子引退記念スペシャルエキシビションマッチ 2分2回戦
具志堅用高
勝敗無し
菊地奈々子

 この結果、各選手の戦績は以下のようになります。

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者
山口直子 やまぐちなおこ 20戦15勝2敗3分13KO

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級7位
リアントン・ロングレアーンギラゴラート (タイ)13戦7勝4敗2分

元WBAライトフライ級王者
具志堅用高 ぐしけんようこう 24戦23勝1敗15KO

元WBCミニフライ級王者
菊地奈々子 きくちななこ 17戦12勝4敗1分5KO

(戦績はJBC認定以前からの通算です)

関連記事 日本初のWBC女子チャンピオン菊地奈々子 引退

関連記事 山口直子 アナ・マリア・トレスの強打の前に敗れる WBC世界タイトル戦

関連記事 菊地 & 山口 ダブルタイトルマッチはダブルKO防衛

関連記事 山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム 東洋タイトルマッチ 詳細

関連記事 アナ・マリア・トレス VS ホリー・ダナウェイ WBCスーパーフライ級タイトルマッチ

関連記事 アナ・マリア・トレス VS アリシア・グラフ これが女子ボクシング! メキシコ対ドイツ 王国どうしの激突

関連記事 日本人選手も多団体統一戦への参加が可能に? 東日本ボクシング協会がWBO、IBFへの加盟要望

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 23:00│Comments(0)ボクシングの試合:2011.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔