2011年05月26日

『アイアンレディ』ジャーメイン・デ・ランダミー キックに復帰 キックボクシング女子

 KickBoxing

ジャーメイン・デ・ランダミー2011年5月1日(日) オランダ ユトレヒト
Next Generation Warriors 5

キックボクシングルール3分3R ヒジ打ち無し
ジャーメイン・デ・ランダミー(オランダ)
VS
レナ・ボイテンディク(オランダ)

 キック、ムエタイ系のリングでケタ違いの強さを見せて『鋼鉄の女』『第2のルシア・ライカ』と呼ばれるジャーメイン・デ・ランダミー選手が5月1日にキックのリングにあがりました。

 デ・ランダミー選手はそのあまりの強さと180センチ65キロという体格のために、すでにキック/ムエタイ界では対戦相手を探すのが困難で、最近は総合格闘技のストライクフォースと契約をしてMMAの練習に打ち込んでいました。そのストライクフォースでは1月の試合でKO勝利し、現在は次の試合スケジュールの決定を待っている状態。*追記 次回は6月24日のストライクフォースでの対ジュリア・バッド戦に出場が確定だそうです。

 ひさびさのキックボクシングの試合となった5月1日のレナ・ボイテンディク戦では、序盤こそ立ち技での試合勘を忘れたかのようにリズムが悪く、どうも調子が出ないデ・ランダミー選手でしたが、徐々にエンジンがかかりはじめます。
(動画はこの記事の 続きを読む でご覧ください)  



 そして強烈なローの連発と抱え込んでのヒザ蹴りで相手の動きを止め、最後はKO寸前に追い込んだところで時間切れ。強烈な破壊力を充分に印象づけて圧巻の判定勝利となりました(上の動画が再生されない方はちょっと画面が暗いですがYouTubeの動画をご覧ください)。

キックボクシングルール3分3R ヒジ打ち無し
○ジャーメイン・デ・ランダミー(オランダ)
判定3−0
×レナ・ボイテンディク(オランダ)
ジャーメイン・デ・ランダミー選手の判定勝利

 今後のデ・ランダミー選手は、総合ルールでクリス・サイボーグ選手との一騎打ち、あるいはムエタイの女王ジュリー・キッチン選手とのリマッチ(前回はデ・ランダミー選手の判定勝利)が期待されていますが、決定すればいずれも大変な話題となるでしょう。

関連記事 G.D.R. ジャーメイン・デ・ランダミーが1月29日のストライクフォースに登場

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 14:45│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2011.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔