2011年05月23日

WBCフライ級タイトルマッチ マリアナ・フアレス vs ガブリエラ・ブービエ 結果 ボクシング女子

boxing

2011年5月21日(土)メキシコ モレリア市
Gala de Monarcas

WBCフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 マリアナ・フアレス(メキシコ)
VS
挑戦者 ガブリエラ・ブービエ(ウルグアイ)

大会の予告ビデオ

 3月にシモーナ・ガラッシ選手(イタリア)との正規/暫定王座統一戦に勝利してWBCフライ級正規王者となったメキシコのマリアナ・フアレス選手が、ウルグアイの新鋭ガブリエラ・ブービエ選手を挑戦者に迎え、5,000人以上の観衆の前で同王座の防衛戦をおこないました。

 ブービエ選手はデビュー以来無敗、弱冠19才のウルグアイ王者。序盤から一発一発に力を込めて果敢に攻めて行きますが、まだ若すぎるのでしょうか、攻撃意識が先立って守りがおろそかな欠点を突かれて4ラウンドには鼻から流血、6ラウンドにはあきらかに劣勢となり、7ラウンドの終盤にフアレス選手のコンビネーションをまったく防御出来なくなったのを見たレフリーが試合を止めました。
今回の試合を伝える海外のサイト

 ブービエ選手は止めるのが早過ぎると猛抗議しましたが、どう見てもレフリーのストップは妥当で、ボクサーとしての力の違いはあきらかでした。しかし、この負けず嫌いのキャラクターがいいほうに出るならば、ブービエ選手は今後実力を付けていくのではないでしょうか。ちょっと楽しみな選手だと思いました。

WBCフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 マリアナ・フアレス(メキシコ)
TKO
×挑戦者 ガブリエラ・ブービエ(ウルグアイ)
マリアナ・フアレス選手がTKOで王座を防衛。

 この試合を含む両者の戦績は以下のようになります。
マリアナ・フアレス(メキシコ)37戦29勝5敗3分14KO
ガブリエラ・ブービエ(ウルグアイ)8戦6勝1敗1分1KO

関連記事 WBCフライ級正規/暫定王座統一戦 シモーナ・ガラッシ VS マリアナ・フアレス 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 00:05│Comments(0)ボクシングの試合:2011.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔