2011年05月21日

日本を助ける一番の力は若い世代が健康でいること

radiation1 今回の原発事故の結果、わたしたち日本人は放射能汚染のなかで生活していくことになりました。

 汚染はまだまだ進行中で、まったく油断は出来ません。

 「がんばれ日本!」「立ち直れ日本!」本当に心からそう思います。

 では、日本を助けるために一番大事なものはなんでしょう。

 資源も国土も無いわたしたちの日本で、一番の宝は日本の人たち自身なのです。これからの日本を助ける一番の原動力は若い人たちが健康で元気に活動出来ることなのです。

 放射能汚染に関して注意しすぎるということはありません。面倒くさいとか、どうでもいいと思わないで、なるべく汚染の低いものを選び、放射能をからだに取り込まないように暮らしましょう。

 汚染の疑いのある作物を食べて被災地を助けようと言う人もいます。しかし、それはすくなくとも若い人たちの取るべき選択肢ではありません。若い人ほど放射能には弱いのです。

 若い世代には今回の原子力事故の責任は一切ありません。健康を害するリスクに近付かないでください。

 若い人たちが健康を害することはこれからの日本にとって大きな損失になるのです。

 健康と元気を絶対に手放さないで!みんなで辛抱強く戦っていきましょう。

queensofthering at 20:00│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔