2011年05月11日

WBCアトム級タイトルマッチ 小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ 結果 ボクシング女子

 Boxing

2011年5月8日(日) 後楽園ホール

WBCアトム級タイトルマッチ 10回戦
王者 小関桃(青木)
VS
挑戦者 クリカノック・アイランドムエタイ(タイ)

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ
 第1ラウンド 開始直後に小関選手が軽く左、右、左を出すとその全弾が挑戦者の顔面に命中。クリカノック選手にディフェンス能力が無いことがわかります。

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ
 第2ラウンド 徐々にパンチに力を入れはじめる小関選手。顔面のガードがまったく無いクリカノック選手は次々に被弾を繰り返します。

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ
 第3ラウンド 小関選手は相手の攻撃をかわすと、ほとんど足を使わずにその場で打ち返しますがクリカノック選手は避けることが出来ません。小関選手コーナーからは「まだ行かなくていいよ」の指示。

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ
 第4ラウンド なんとか劣勢を打開しようと前に出てくるクリカノック選手ですが、これを小関選手はフットワークを使っていなしながら打ち返します。

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ

小関桃 vs クリカノック・アイランドムエタイ
 第5ラウンド 小関選手はパンチの回転数を上げて左右をハイペースで連打。棒立ちで打たれたままになる挑戦者。レフリーが割って入り試合を止めました。

小関桃選手
 小関選手、6回めの王座防衛です。

 いろんな事情があるとはいえ、このレベルの相手を迎えて防衛回数を重ねてもあまり意味が無いことは誰の目にも明らか。もうそろそろ韓国のパク・ジヒョン選手との対決が実現してもいい頃でしょう。

 パク・ジヒョン選手はこの階級ではアジアナンバーワンと言われるテクニシャンで、5年前にIFBAストロー級王座を獲得、同王座を現在まで8連続防衛中。過去の挑戦者にはホリー・ダナウェイ選手(アメリカ)、ジョディ・エスキベル選手(アメリカ)、スザンナ・ワーナー選手(アメリカ)、上村里子選手(山木)、池山直選手(中外)、クリスティーナ・ベリンスキー選手(ハンガリー)と実績のある豪華な面々が並びます。

 パク・ジヒョン選手はキャリアでも実績でも小関選手を上回りますが、WBCアトム級では小関選手のすぐ下の1位。指名試合の相手としてまさに最適の相手です。今年こそこのふたりの対戦が見たいですね。

WBCアトム級タイトルマッチ 10回戦
○王者 小関桃(青木)
TKO 5回 1分15秒
×挑戦者 クリカノック・アイランドムエタイ(タイ)
小関桃選手のTKO勝利。6度目の王座防衛に成功。

 今回の結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。
小関桃 こせきもも(青木)14戦11勝2敗1分3KO
クリカノック・アイランドムエタイ(タイ)8戦6勝1分1敗4KO

関連記事 4大タイトルマッチ TV放送予定

関連記事 小関桃 vs 秋田屋まさえ WBCアトム級タイトルマッチ 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 22:15│Comments(0)ボクシングの試合:2011.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔