2011年04月28日

タイ王国期待の次世代選手 ヨッチェリー・スィーヨットンジム ムエタイ女子

icon_muaythai

 若手の有望選手がどれだけ集まるか、ということがその種目の未来を大きく左右するのはどんなスポーツでも言えることです。日本の打撃系格闘技界ではこのところ次々に十代の素晴らしい才能が本格的に実績を積み始め、明るい未来を予感させてくれていますが、今回はタイの若い選手をご紹介しましょう。


 彼女の名前はヨッチェリー・スィーヨットンジム。現在まだ12才ながらも60戦以上を消化、その対戦者には男の子も多く含まれているとのこと。すでにこの年代のタイトルを獲得してチャンピオンと呼ばれる彼女ですが、ご覧の通り決して大柄ではありませんので体格やパワーではなくてあくまでも技術で勝っているのでしょう。

 先日、リトルタイガー選手と戦って勝利したティチャー・ゴー・アディソン選手が14才ですから、ヨッチェリー選手が日本選手の前に立ちはだかる日も案外近いかもしれません。

 成長過程のジュニアやユースの選手について、指導者の方以外の部外者がどうこう言うのはあまりいいこととは思えませんので当ブログでは基本的に扱わないのですが、外国の選手に関しては「敵を知る」意味から今後も機会があればご紹介します。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

banner_02

qbar

queensofthering at 01:30│Comments(0)トピック │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔