2011年04月27日

花形冴美 VS 上田千穂 詳細 ボクシング女子

boxing

2011年4月26日(火)東京 後楽園ホール
第一回 花形一門会

アトム級 4回戦
花形冴美(花形)赤
VS
上田千穂(博多協栄)青

花形冴美vs上田千穂

花形冴美vs上田千穂
 第1ラウンド 軽快な動きからジャブを出し合う二人。序盤、花形選手が2発3発とヒットを奪って好調さを感じさせますが、上田選手が全身を柔らかく使って巧みなディフェンスを見せ始めると花形選手のパンチはしだいに空を切るようになります。

花形冴美vs上田千穂
 終盤、上田選手がプレスをかけて右をヒットさせると、花形選手はバックステップ。

花形冴美vs上田千穂

花形冴美vs上田千穂
 第2ラウンド 柔らかい動きからジャブ、さらに右の手数も増えてきた上田選手。押されはじめた花形選手はストッピングの左を出しながら後退。さらにフェイントをためしますが不発。

花形冴美vs上田千穂
 上田選手はジャストミートとは言えないまでもタイミングのいいパンチを当てます。

花形冴美vs上田千穂
 第3ラウンド このラウンドも上田選手がプレスをかけ続け、花形選手が逃げる展開。

花形冴美vs上田千穂

花形冴美vs上田千穂
 後半、上田選手がボディーの連打を決めますが、花形選手も左を当ててほぼ互角でしょうか。

花形冴美vs上田千穂
 第4ラウンド 追い足鋭くジャブとボディーで攻める上田選手。

花形冴美vs上田千穂

花形冴美vs上田千穂
 1分過ぎに花形選手の右がきれいにヒット。上田選手は直後に距離を詰めて左を当てます。

花形冴美vs上田千穂
 終盤にも右を決めて上田選手優勢のまま試合終了。

花形冴美選手
 僅差で上田選手かと思われましたが判定は2−0で花形選手。今回は勝ち星に恵まれなかった上田選手ですが、いいボクシングをしていました。

アトム級 4回戦
○花形冴美(花形)
判定2−0
×上田千穂(博多協栄)
花形冴美選手の判定勝利。
(40−37、39−37、38−38)

 この結果、両選手の勝敗は以下のようになります。
花形冴美 はながたさえみ(花形)8戦6勝2敗2KO
上田千穂 うえだちほ(博多協栄) 5戦2勝3敗1分

関連記事 花形冴美の復帰戦は4月26日 VS.上田千穂 決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar


queensofthering at 22:00│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔