2011年04月12日

ローラ・エル・ハラビ撃たれる ボクシング女子

boxing


2011年4月1日(土)ドイツ ベルリン

IFBAライト級王座決定戦 10回戦
ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)
中止
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

 前WIBFライト級チャンピオンのローラ・エル・ハラビ選手が、4月1日の試合直前に会場の控え室で義理の父親に撃たれて病院に運ばれました。命には別状はないものの、ハラビ選手は手、足、膝を撃たれたため今後のボクサー生活が続行出来るのかどうかはかなり深刻とのこと。

 義理の父親はハラビ選手のマネージャーをしていましたが、数ヶ月前にハラビ選手との契約が打ち切りとなっていたそうです。

ローラ・エル・ハラビ(ドイツ)11戦11勝6KO

イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)13戦12勝1敗5KO

関連記事 6月にWIBA/WIBFライト級タイトル戦 ローラ・エル・ハラビ VS ロリ・ムニョス 決定

banner_02

qbar

queensofthering at 00:10│Comments(0)トピック │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔